JACKIE

Beautiful Things in My Life

10月末でも高気圧オッサン too much sweat in boxing training

2008-10-31 | 日記・エッセイ・コラム

今日は前の日曜日が出勤だったので、お休みをもらった。

せっかくの平日お休みなので、やっぱりボクシングジムへ。

お昼12時から始まるので、それに合わせて家を出て、15分過ぎに着いた。

いつものように拳にバンデージを巻き、(巻いているときからだんだん気合が入ってくる)

軽いストレッチの後、縄跳びからスタートする。

シャドー、サンドバッグ、そしてトレーナーとミット打ち。

トレーナーが、「来てますよ。」と。(私の放つストレートパンチがいいという事)

そんな嬉しい言葉をもらって、単純な私は動きまくった。

いつものように、呼吸がついて行かないほど頑張った。

そして汗まにれになって、練習を終えた。

更衣室で着替えるのだが、いつまで経っても汗が治まらない。

なんとか着替えてジムを出た。

暑さが引かないのでTシャツのまま。

Ikutama ジムから地下鉄の駅までの200メートルほどの間も、地下鉄に乗ってからもまだ暑い。

誰を見ても上着やセーターを着ているのに。

Tシャツ1枚の私はそんな人達から、どない思われてんねやろ。

ちょっとおかしいオッサンやろな。

環状線の京橋駅に着く直前、

車内でやっとセーターを身に付けて、

普通のオッサンになった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刈り上げはいつもエグザイル geting my hair cut in America

2008-10-26 | 日記・エッセイ・コラム

今日は日曜出勤で、走る事も跳ぶことも打つことも、ぶら下がることもできなかった。

そのため、散髪も昨日に済ました。

またエグザイルしてしまった。

そして、それを職場の皆さんがわかってくれるか心配だ。

ジャッキー、やっぱり散髪アメリカ事情を紹介したい。

アメリカは、日本といろいろ逆なことが多い。

散髪屋さんでは、まず鏡を背中にして座り、カットしてもらう。

Chicago_023

本人見えへんやん。なんで?

確かにカットするお店の人は見やすく、やり易いかも。

それから刈り上げを頼むと、まずハサミを使う。

それからバリカンで刈り上げる。

日本ではまるで逆で、バリカンで刈り上げてから後、ハサミで仕上げる。

この時は裾だけ刈り上げてほしいと、英語でどう言うてわかれへんから、電子辞書を利用した。

アメリカでは、エグザイルは無理やろなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国境なき飲み屋さん。 my favorite bar in Chicago

2008-10-25 | 日記・エッセイ・コラム

昨日、巨人が中日に勝って、後一勝でセリーグ優勝という曲面で今戦っている。

パリーグは、ライオンズがすでに日本シリーズの切符を手に入れていて、対戦相手待ちの状態だ。

私の愛するメジャーリーグのチーム、シカゴ・カブスは地区優勝はしたものの、すでに敗退していて、今ちょうど戦っているワールドシリーズには出られなかった。

カブスの本拠地球場はリグリーフィールドと言って、アメリカではかなりの老舗だ。

あのアメリカNO1のリグリーガムの会社だ。

109

リグリーフィールドで野球観戦はできなかったけど、すぐ横にあるバーでは、めっちゃ楽しく飲むことができた。

ビールを一本飲み、おかわりを頼んだら、カウンター内の男性が、

111 "Absolutely !" と。

「まったくそのとおり」という意味だが、その場面では、「当たり前や!」という感じ。

その受け答え、めっちゃ嬉しかった。

私の行きつけはほとんど大阪市内だが、アメリカにも好きな飲み屋がある。

Chicago_052 今紹介したリグリーフィールド横の「スポーツコーナー」とシカゴ中心にある「シナニガン」。

こんな話題を書いていると、お酒がますます進む。

今も泡盛のロック片手に執筆している。執筆、そんなかっこいい表現してもええのん?

とにかくスポーツを観賞しながらのお酒は格別だ。

ただ、あんまり飲み過ぎると、

次の日、「とっちが勝ったん?」と聞くことがあるけど、

そんなんでええのん?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはハートブレイク interval training

2008-10-19 | スポーツ

昨日、箱根駅伝の代表校の予選があった。

凄まじい戦いが繰り広げられた。

わずかの差で、選ばれなかった学校の選手たちは泣きじゃくっていた。

今朝のニュースでその模様を見て、今日のジョギングはちょっとスピードトレーニングをしなあかんなと気合が入った。

Ground

7キロほど軽いジョギングをした後、インターバルトレーニングをしようと決めた。

Ground_2 自宅から、近くに大きなグラウンドがあって、その外周が500メートルある。

その半分の250メートルをほぼ全力で走り、その後、軽いジョグをし、そしてまた250メートルを全力で走る。これを4回繰り返した。

心臓の鼓動はかなりのアップビートだ。

帰宅後、ビールを飲むテンポまで、アップビートとなってしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが家の元気な植物たち plants meke me comfortable

2008-10-18 | 日記・エッセイ・コラム

今日は年に何回あるかというぐらい、ええ天気やった。

アメリカ人の言うパーフェクトデイだ。

こんな日は本当に楽しくジョギングできる。

一番好きな紅葉の時期には、まだちょっと早いが、

銀杏並木にも、その兆しが見られる。

Ginkgo

パーフェクトデイなので、わが家の植物にも命の水を与えなあかん。

私は若い時から観葉植物が好きで、常に部屋に置いていた。

ただし、うまく育てられず何回も枯らした経験がある。

Photo それが今の住宅では、日当たりが良すぎるのか、どんどん育つ。

この摩天楼という名前の植物(名前が気に入り買った)は、わずか3ヶ月でこれぐらい育った。

上のが3ヶ月前で、下が今日撮った写真。

花が咲くとは知らなかった。

October_18_021このパキラも次から次から新しい葉が出てくる。また真ん中上に小さな葉が出てきている。

買った時よりボリュームは確実に倍以上になっている。

やっぱり緑は癒してくれる。

命の水(ただの水)だけで、元気に育ってくれる。

それを適度に与え、枯らさないように気をつけたい。

私には泡立つ命の水を切らさないように、お願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加