JACKIE

Beautiful Things in My Life

アイ・アム・ジャッキー、シカゴアン -ジーン子供時代編- childhood of Gene

2011-10-30 | 旅行記

Jogging_around_neighborhood_of_gene

ジーン宅での2泊目の朝、

やっぱりジョギングに出かけた。

とにかく滞在中にいろんなとこ見たい。(走ってる時でも)

お天気はも一つ良くないが、

前日の雨に比べたらまだましや。

体感的にもそんなに寒くない。

ジョギングを終えて帰ってくると、ジーンの息子スカイラーがちょうど学校へ行くとこやった。

この滞在中にはもう会えへんと思うので、挨拶を交わした。

Nice meeting you skylar. See you again.

それからジーンが、「さあ、朝食を食べに行こ。」と言って二人で車に乗り込んだ。

A_post_office 途中、「日本にいる友人にお便りを送りたい」とジーンに言ったら、近くの郵便局に連れてってくれた。

郵便局や銀行、コンビニや散髪屋といった、そういうアメリカ人の生活に密着する経験が大歓迎なんで、嬉しかった。

ちゃんと列に並んで、用を足した。 Jackie in line

New_modern_grill それからジーンの車で少し走り、ジーンお目当てのお店に着いた。

ジーンいわく、

「この店こそ、この辺に住むアメリカ人しか知らへん穴場の店なんや。」

注文して出てきたプレートを見てそれがわかった。

オムレツにポテト、ベーコン、トーストのセットで $5.45やから400円ちょっと。

それに、パンケーキを追加して食べるんがアメリカ流らしい。

A_typical_american_braakfast パンケーキは3枚セットなんで、一枚だけいただいた。

当然ジーンは2枚。

隣りに来たニイチャンの皿を見ると、

オムレツのセットにプラス、きっちりパンケーキ3枚にシロップをヒタヒタまぶして食べてる。

すごい!すごい食欲や!すごいカロリー摂取や!

そんなんで、お腹いっぱいになってお店を出た。

ジャッキー、朝からこんな量食べたことない。

Place_in_childhood_of_gene この辺りは、プロ野球のシカゴ・カブスの本拠地リグリーフィールドがあるので有名なんや。

以前にもジャッキー1人で来て、スポーツバーで一杯飲んだことある。

バーやエンターテイメントがたくさんあって、すっごく魅力的な場所や。

昔のなんば球場の周りとイッショヤ、イッショヤ。

それからジーンが、子供時代に住んでた建物を教えてくれた。

そんな親友ジーンの歴史に触れることができて、

海を越えても存在する大きな友情を感じた。(最後はカッコイイ表現)

     -つづく-

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第一回大阪マラソンの前日 the day before memorial first Osaka marathon

2011-10-29 | 日記・エッセイ・コラム

いよいよ明日は第一回大阪マラソンが開催される。

ジャッキー、申し込んだのに

落選してもうた。(くやしい~

,

明日のお天気は雨模様。ざまあ・・(そんなん言うたら絶対アカン!なんちゅうこと考えてんねん。)

Jackie_with_no_throughfare_for_vehiくやしいからお天気の今日、そのコースの一端を走りに行った。

土佐堀通り、歩道橋には「通行止め」のバナーが付けてある。

明日は、ジャッキー、こんな歩道やなく通りを走れとったかもしれへん。

ええねん。

その分、今日走るねん。

1人で。

Toilets

大阪城公園に入ると、準備が着々と進められてた。

スタート地点近くの太陽の広場には、仮説トイレがもう設置されてる。

このトイレの後ろにいっぱい、ランナー達が並ぶんや。

明日の光景が目に浮かぶ。

シカゴマラソン完走者のジャッキーやから言わせてもらうけど、

トイレの数、ちょっと足りひんのんとちゃうやろか。

知らんでえ。ざまあ・・・(それは言うたらアカン言うてるやろ!)

For_marathon もう少し走ると、

沿道に、柵を設置してる人たちが居た。

1キロ以上の公園内を横切る道に柵を設置するんは大変や。

クソ~、ほんまやったら明日、ここをさっそうと走ってんのに。

アカン!そんなネガティブなこと考えたら!

そんなんで、くやしいから、

せめてフルマラソン半分ぐらいはと思って、2時間ちょっと走って帰ってきた。

素晴らしい秋晴れ(小春日和)の中、

明日の第一回大阪マラソンの成功を祈念して( )走った。

Along_yodo_river_3アカン!まだ邪念がある。

心からお祈りせんかい!

明日の成功を!

はい!

わかってます。

晴れますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイ・アム・ジャッキー、シカゴアン -キャディラックレコーズ編- Cadillac records

2011-10-23 | 旅行記

Cadillac_record シカゴに来て、

二日目の夜、友人のジーンはどこに連れて行こうかと迷ってた。

「どこのブルースクラブへ行く?」

そんな感じやった。

「今晩ジャッキーの好きなとこ、どこでも行くでえ。」

というようなジーンのありがたいお誘いあったけど、

「今日はゆっくり、ジーンの家でビデオでも見たいなあ。」

と言うたら、

That is good idea!  I have special DVD of Chicago blues movie.

That is called "Cadillac records"

そんなんで、ジーンファミリーと一緒に映画「キャデラックレコーズ」を見ることにした。

この映画、ジャッキーの映画ベストに入るぐらいの凄い映画やった。

For_cadillac_records 素晴らしい!great!

映画の中で演じて歌うビヨンセがメチャクチャ素晴らしい。

メチャクチャ歌がうまい。

日本人で言うたら、都はるみしか太刀打ちでけへんやろなあ。

ジーンファミリーと一緒に、こんな素晴らしい映画を見れて良かった。

犬のハリケーンも一緒に。

この映画で、ビヨンセの歌唱力が半端ではないことがわかった。

ほんもんの歌手やった。

彼女の歌を

真剣に聞くと、

涙が出てくるほど感動する。

On_tvDVDを上映するとき、

ジーンが、

「字幕(英語)付きにする?」と

聞いたので、

「お願いします。」と。

英語の字幕があったら、めっちゃ助かるねん。

アメリカでの二日目の夜、こんな素晴らしい映画を

見ながら、

メイカーズマークを飲めるとは想像もでけへんかった。

  - つづく -

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

太刀魚への恋の予感 felt destiny of seeing and tasting hairtail

2011-10-22 | 日記・エッセイ・コラム

Tabisalad 土曜日の朝は、

「おは朝土曜日」を見て、次に

「旅サラダ」を見る。

,

その「旅サラダ」の中継で、

ラッシャー板前が、和歌山で太刀魚を紹介してた。

太刀魚の造り、メッチャうまそう!

食べたい食べたいめぐり合いたい!

こんな日は、食べれるような予感がする。恋の予感がする。

今日、天気予報では雨やのに、

朝から一向に降らへん。

こんな日はジョギングに行くにも困る。

走り出して大雨になったら大変なので、

コナミに行くことにした。

もちろん京橋コナミへ。

立ち飲みマルシンの開く11時から逆算して。

コナミでたっぷり汗を流して、風呂に入って、

マルシンに向かった。

Ribbon_fish マルシンの外に、今日仕入れた魚がいっぱい置いてあった。

その中にキラキラと光る刀のようなサカナが!

ああ!

恋焦がれてた太刀魚や!

やっぱり恋の予感があたったんや。

今日はやっぱり結ばれてたんや。

お店に入って、ビンビールを頼んだ後、

「何にしますか?」と聞かれたんで、

「太刀魚ください!」と二つ返事で注文した。

Hairtail_sashimi_2 「太刀魚の焼き造りね。」とマスター。

下ろしたての太刀魚の表面だけ、さっと焼いて造りにしてくれた。

「うまい!」

ハネかえるような歯ごたえといい、

焼いた身の香ばしさといい、バツグン!

これを待っとったんや。

このために行きとったんや、今日。

旅サラダ

遠くへ行かんでも、

京橋で味わえるでえ。

ラッシャーより、

ええコメントするでえ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソルロンタンが身体を癒してくれた日 Korean hoods make me storong

2011-10-19 | 日記・エッセイ・コラム

秋真っ只中、

お天気も最高!

さあ!ボクシングしに行こ。(楽しいもんや無いけど)

今日は日曜出勤やったので、代休をもらってジムへ行った。

いつものようにすさまじい汗となったんで、

練習後は都会のオアシスを求めて、

ジムを飛び出した。

水曜日は、京橋マルシンお休みやから、

鶴橋に行くことにした。

鶴橋っちゅうたら、焼肉か韓国料理や!

今日は何か新しいお店に飛び込みたい。

そんなんで、ブラブラしてたら魔法のレストランのステッカーべたべたのお店に出会った。

ここにしょ。

入るとオモニが忙しそうに料理を作ってた。

2階が宴会場になってて、

そのお客さんらの料理を作ってんねや。忙しそうや。

それも終盤らしく、ジャッキーを1階のカウンターに受け入れてくれた。

ビンビールを頼んで、とりあえずノドを潤してると、(超特急で飲んでると)

少ししてから、

「何にしますか?」とオモニ。

Seolleongtang_lunch 「おまかせします。オススメありますか?」とジャッキー。

「じゃあ、ソルロンタン定食にしますね。」とオモニ。

まず、大きなダイコンキムチが出てきた。

その間、ビール進む進む!

ちょっとして、メインのソルロンタンが出てきた。

スープを一口いただくと、

う~ん。めっちゃうまい!

Seolleongtang_with_rice ソルロンタンやら、キムチを食べながら、

ビール、マッコリを飲んでると、

オモニが、

「ご飯とキムチをスープに入れたらええねん。」と。

言われたとおりにしてみると、、

これは、いける。

めっちゃ旨いやん。

ボトルごとマッコリ飲んで、さいこー!

オモニ、「残ったら、持って帰ったらええやん。」と。

同じように、持って帰った大好きな友人のことを思い出した。

ボクシングの疲れも吹っ飛んだ。(初めからそれを目的で飲んでる)

帰りしな、

Seoulオモニに「お店の写真撮ってもいいですか?」と聞いたら、OK。

オモニの顔も撮りたいと言うたら、

「はずかしい。」と、ちょっとだけ顔を見せてくれた。

こんな癒されるお店で、

ボクシング練習の汗を

おぎなえて、

良かった。

生きててよかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加