答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

執筆依頼

2015年03月04日 | ちょっと考えたこと

某誌から執筆依頼というやつが来て、受けた。

私の持ちネタといえば、

 三方良しの公共事業

 (建設業の)CCPM

 地場中小建設業者の情報発信

というところだろうか。

それらならば、どのような構成にするのか、筋立てには頭を使うものの、

いつものように、悪戦苦闘の経験と、その結果としての持論を展開すれば済むことだ。

なんとかなる。

だが、今度はそのいずれでもない。

にもかかわらず、二つ返事で受けた。

引き受けたのはいいが、

「書く」という現実がちらつき始めると、後先考えないおのれというものに、苦笑いをしている。

 

「いったいどんなふうに料理するつもりだ?」

と別の私が問いかけてくる。

「踏み出せばその一足が道だもの・・・」

わけのわからぬ返答をし、ボリボリとボウズ頭を掻く私。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加