答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

イメージを伝える

2015年03月18日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

 

ゆえあってモネの庭関連の過去データをガサゴソしていたら、こんなのを発見。

あゝそうだ。こんなことをしたこともあったのだと思い出す。

エクセルでつくった完成イメージである。

ちなみに、出来あがったモノの現在はこれ。

 

 

苦心惨憺の痕跡が残る完成イメージを前に、

「ヘタクソやな」と苦笑いしつつ、

「今なら、どんなふうに伝えるんだろ?」と考える。

イメージを伝える方法はいくらでもある(たぶん)。

もちろん、その際に、テクノロジーやテクニックは必要不可欠である。

だが、伝えようとする気持ちがなければ伝わらない(伝わりにくい)。

 

と、またぞろ精神論に傾く「技術屋日記」なのである ^^;

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加