答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「もしドラ」を読んでみた

2015年03月26日 | 読む(たまに)観る

遅ればせながら「もしドラ」である。

とは言いつつも、ほんのこの前まで、ま~ったく読む気なぞなかったのだから、

遅ればせも何もないもんだ。

とかナントカ言いながら、とにもかくにも、「もしドラ」を読んだのである。

 

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎夏海
ダイヤモンド社

 

で、物語の良し悪しは別にして気づいたこと。

「建設業のプロジェクト・マネジメント」

が云々かんぬんと利いたふうな口をたたく 私だが、

「マネジメントの父」ピーター・ドラッカーが書いた物を、

ただの一冊も読んだことがなかったということ。

さっそく、

 

マネジメント[エッセンシャル版]

 

を注文。

明日から、読んでみようと思うのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加