答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

てんぺんうい

2015年03月09日 | ちょっと考えたこと

とあるメールの返信に

 

たしかに「土木」はなくならないでしょうが、

大きなスパンで考えれば

今という時代に生きる私たちが思うところの

「土木」として残っているかについては疑問です。

過去も未来もひっくるめて

なにもかにもが有為転変なのだという認識と感受性を持つことこそが

今という時代の土木技術者にとって肝要なのだと

私は思っています。

 

と書いた。

途中、「てんぺんうい」とキーボードを打ち変換すると、

「天変武夷」とGoogle日本語入力は答える。

「あれ?」といぶかしがる私が、

「てんぺんうい」と平仮名で検索してみると、

Googleさんが答えてくれたのは「有為転変」。

そこで初めておのれの間違いに気づいた。

天変地異と有為転変をごちゃまぜにしていたのである。

あゝ恥ずかしい。

エラそうなことを書いては見てもこのオヤジ、

所詮この程度なのであるよ (^_^;)

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加