ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)。




私はキャラゲーやギャルゲーを十把一絡げにして
「丸ごとダメ」と断ずるほど乱暴な人間ではないのだが、
最近のギャルゲーの大半はキャラクターデザインを誰にするかと
初回特典を何にするかにしか頭が働いていないように「見える」。

「ときめきメモリアル」や「サクラ大戦」が売れて
コンシューマー市場にギャルゲーブームが押し寄せてきた時、
もっと真面目にゲーム性について考えた後続のソフトが出ていれば
限定1万本生産を謳ったソフトが余って値崩れなどという
現在のような悲惨な状況にはならなかったはずなのだ。
一部では年齢制限による表現の規制が原因ではないかと言われているが、
「ときメモ」や「サクラ」がそこ(アダルト表現)を理由にして
売れたソフトでないことを考えれば、理由は別にあると思う。

何故私が今回の記事を書く気になったかと言うと、
6月にPS2で発売予定の「フタコイ オルタナティブ」というソフトを
見る機会があったからである。
登場するキャラクターが双子ばかりという設定は別に構わない。
サブタイトルと主題歌が大問題なのだ。
このソフトのサブタイトルは「恋と少女とマシンガン」となっており、
主題歌はフレンチポップを意識した、
懐かしの「シブヤ系」に仕上げられている。

「恋と少女とマシンガン」
「シブヤ系」

と聞いてピンと来る方がどれぐらいいるか分からないが、
私はすぐにピンと来た。
これはフリッパーズギターのあからさまなパクりである。
まさかと思われる方はここのページの3曲目にある
「恋とマシンガン」を視聴してみるといい(無料)。
メロディラインもアレンジもかなり似ている。
いや、似ていると言ってもレベルは遠く及ばないが。
とにかく、小山田圭吾に見つかったら
マシンガンで蜂の巣にされること確実の出来の悪いパクりだ。
現時点ではまだこの主題歌は一般公開されていないので、
公開されたら存分に驚いて欲しい。

フリッパーズギターの片割れであるオザケンこと小沢健二も
ソロになってから「あれは●●のパクりだ」とよく言われたものだが、
当時の雑誌のインタビューで

「確かに擦り切れるほど聞いたレコードの影響を
 受けた曲も中にはあると思うが、
 1曲まるごとパクるような真似はしてないし、
 そこに自分なりの味は付け加えているつもり。
 例えば『●●からのパクりだろ』と突っ込む人に
 『じゃあアンタ同じパクり方出来んのかよ』って言えば
 絶対に出来ないはずだ」
(一言一句同じではないが多分こんな感じだった)

と答えていた。
私がパクりかオマージュかを区別する時の決め手もまさにこれである。
そこに制作者なりの味や元ネタに対する愛情が見えていれば、
パクるという行為自体はさほど責められることではない。
「学ぶ」という文字は、昔は「まねぶ」と読んだぐらいだ。
しかし、自分の頭を一切使うことなく、
ただ手っ取り早いからという理由で「持ってきただけ」のパクりは
許されることではないと思う。
「フタコイ」におけるタイトル付けと主題歌は間違いなく後者だ。
「フタコイ」の主題歌の「作曲者」として
どのような名前がクレジットされるのか知らないが、
「ギャルゲー好きなオタクがフリッパーズなど知っているはずがない」
という思惑がそこに無かったか、是非聞いてみたい。

ちなみに、5月にはアイディアファクトリーから
「破滅のマルス」というギャルゲーが出る。
小説や映画に詳しい方なら、
ものの2秒で「破線のマリス」からパクったことに気づくだろう。
このタイミングでこのタイトル、まさか偶然ではあるまい。
「フタコイ」も「破滅のマルス」も限定版が出るのだが、
(「フタコイ」は9800円、「破滅のマルス」は8800円)
設定資料集だのアニラジCDだの特製BOX仕様だのと、
どちらも気合いの入った豪華な特典が予定されている。

ここで、今回の記事を最初から4行だけ読み返して欲しい。

ほらみろ、やっぱりだ。

コメント(41)Trackback(0)



« 数少ないハリ... 一寸の虫にも... »
 
コメント
 
 
 
パクリとオマージュ (s2N5)
2005-04-22 14:25:06
パクリというか、

オマージュが上手いといえば、

庵野秀明を思い浮かべますねぇ。

確かに、パクるモノに対して

「愛」があるかどうかっていうのが

大切ですよねぇ。
 
 
 
パクリとオマージュ (えんぴつ)
2005-04-22 14:53:40
忍さんお久しぶりです。

パクリとオマージュの違い、売り手買い手共に判別つけられない方も増えてますよね。

そして久しぶりにフリッパーズ聴きたくなりました。よし聴こう。
 
 
 
世の中、パクリ、パクられ (koto)
2005-04-22 15:06:03
と以前TVで、(名前忘れ)女の子が言っていたのが、頭に残っています。

また、他人の言葉ですが、



「パクってきたモノに、味の足し引きをし、

こねくり回して元の素材が判らなくなれば、

立派なオリジナルです」



日本人は発明よりも改良が得意なのも、依存体質かなと思う



オンリーワンへの評価が上がってきたのも最近だし。

チャレンジャー嫌うしね
 
 
 
Unknown (NOR)
2005-04-22 15:24:10
フリッパーズ・ギターでしたか。

私はすっかり「セーラー服と機関銃」だと思ってました。



オヤジすぎですね、私……
 
 
 
んー。 (BIRDBOY)
2005-04-22 15:43:01
なんていうか、作ってる人の性格がわかりますね。

明らかに買い手をなめてるというか

変にウケを狙ってニヤついてるというか。



でも需要あるって事は買う人間がいるて事で。



これ作る人、これ買う人。

なんかどっちも嫌です自分の場合(汗)
 
 
 
ダバダ ダバダバ ()
2005-04-22 16:10:48
はじめまして、こんぬにちは。



あれだけ日産マーチのCMで使用され、もはや耳慣れた定番メロディーなのに…。



オサレテイスツを無理矢理付け足そうとして安直にソレっぽく

やっつけようとしたのかなぁ?

一昔前のオサレを今更なタイミングで使う微妙なちぐはぐ感満載な

ニントモアイテムはヲ系でよく見受けられる様に思います。



……何というか。

実際に当該大手レコード会社にコレが伝わってもヲ系タイトルなんか黙殺しそう。

もし、それを見越したうえでの拝借だったらなおさら気分が悪いなぁ。
 
 
 
パーフリ(笑)とギャルゲー (もなもな)
2005-04-22 16:14:07
>「ギャルゲー好きなオタクがフリッパーズなど知っているはずがない」



いや、全く逆では。昔フリッパーズギターを聴いていた30過ぎのおっさんがまさにこのゲームのターゲットなのでしょう。
 
 
 
なわきゃない↑ (輪部)
2005-04-22 16:30:07
作り手がフリッパーズ世代で
今のファンなら知らないと思ってパクったんでは?
フリッパーズ聞いてたような10代を過ごした人間が
30代になってフタコイに走るとは思えないw
林原や宮村ヲタだったならわかるけど
 
 
 
音楽どころか (ぱんくすん)
2005-04-22 16:58:39
このゲームというか・・内容の方が

はるかに終わってますけど・・

音楽まだましな方ですw

忍さんつっこむ順番間違えてますよ!
 
 
 
門外漢ですが一言~ (けんしま)
2005-04-22 18:28:08
そもそもトキメモと「コレ」を同じジャンル(ギャルゲー)でくくる今の風潮の方がおかしい気がします。



トキメモはまずちゃんとしたゲームがあって、そこにギャル要素を取り込んだって感じですよね。

(だから伝説のゲームになったんでしょうし)

でも、「コレ」系統ってまずネタ(ギャルだったりアニメだったり)があって、そこにゲームを無理やりくっつけてるんですよね?



「コレ」系統ってのは所詮ファンアイテムであり、「コレ」を買う人はゲーム性が貧弱だの主題歌をパクルってるだのは全然気にしないんじゃないかと思います。





そういう意味ではこういう商売もありなんじゃないですかねぇ。

(たいして市場規模は大きくならないと思いますが)





おまけ:



ちなみに自分はトキメモはおろかギャルゲーもネタゲーも殆どやったことないので、ぶっちゃけ上記は想像です…

ただ、「ギャルゲー」と「ネタゲー」は分類を分けたほうがいいんじゃないかと提唱したい(苦笑
 
 
 
Unknown (シャノン)
2005-04-22 19:15:52
>NORさん

なんか聞いたことあるなあと思ってたら、それでしたか。思い出せてよかった。





ギャルゲーは手を出したことがありませんが、最近のがゲーム雑誌に載っていることはあるのでそれらは見ることがあります。が、何故「ときメモ」のようなステータスがなくなってしまったんでしょうか。アレがなくなってしまってから、あまりゲームと呼べなくなったように思えるんですが・・・。

もし隠れて存在しているのなら見当違いなことを言ってることになりますが。
 
 
 
Unknown (こまごま)
2005-04-22 19:38:14
そこまでパクるならいっそのことジャスラックにお金払ってオリジナルを声優に歌わせておけばいいネタにはなるのになーと…。
 
 
 
パクリか否か (ほくほく)
2005-04-22 19:47:37
一つの作品から盗むと盗作だが、

たくさんの作品から盗むのは研究である。

なんて言葉もありますな。
 
 
 
Unknown (いも)
2005-04-22 20:39:14
サクラをギャルゲーと呼ぶと、

その筋の方に怒られる危険性があります。
 
 
 
すごいです (choco)
2005-04-22 21:38:52
 はじめてコメントします、chocoと申します。



 つい先日こちらに来て、過去ログをバーッと読んだのですが、どれも主張があり、amazonにリンクばっかり張ってるblogが増えてきた中で、とても上手い記事を書く方だな、と感動していたのですが、今回の記事、記事の内容もさることながら、記事の構成の上手さに驚かされました。



 内容のほうにコメントしますと



 「フタコイ オルタナティブ」という企画自体も昨今の「異世界・パラレルワールドもの+少女ガン・アクションもの」という時流に乗ったものですから、企画力の弱さがうかがい知れます。メディアミックスなのでアニメの力次第でしょうか。



 ただ、オタクというターゲットに向けたもので音楽に関していえば、5年~10年ほど前の流行をダウングレードさせたものがリリースされる傾向がありますので、ねらいを絞ったと考えれば納得がいきます。なんにせよ一般人には受け入れらませんが・・・。
 
 
 
無題 (とうぁぁlwゎああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)
2005-04-22 21:42:56
記事タイトルを見てオレンジレンジを思い出した。

任天堂がら2つもパクるなんて、アレ最強だったな。

インタビューでも、堂々とパクってる事を認めたし。

まあ、それでもコンガ3にレンジの曲だしてるあたり、裏で金が動いたのか。

任天堂としては、勝手に金が手に入ったんだからOKか。

パクられるほど美しい音楽を作る任天堂最強!!!!!!

任天堂バンザイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



え?双恋?

味噌オムレツでも食わせとけ。
 
 
 
パクリとオマージュ (BRD)
2005-04-22 22:38:09
去年大ヒットした映画、小説とエヴァンゲリオン最終話の違いってことですかね…



企画した会社は、パクリかオマージュかなんて関係ない、勝てば官軍と言うでしょうけどね。

まあ、「フタコイ」に関しては、ゲームの中身自体が原因で負けるとは思いますけど…
 
 
 
パクリかオマージュの違いは (game64)
2005-04-22 23:23:54
違いは、作り手側というより、受けて側が感じる問題なんじゃないでしょうかね。

例えば、踊る大走査線1の映画は、色んな映画のオマージュが至る所に

散りばめられていると言うプロデューサーのインタビューでそういうコメントがありましたが、

個人的にパクリとしか、僕は受け止めなかったですね。

作品自体がつまらないうえに、そのままと言う設定が妙に腹立たしかったからです。



製作者が、元ネタにいくら愛情があっても、作った作品がつまらないなら、

愛情をアダで返す事にしかならない。

そう思います。

元ネタの製作者にこれだったら、絶叫計画の方が面白いよ、と思われますよ(笑)。



今回の件はたぶん、受けて側もパクリとしか思わないんでしょうね。

潔さで言えば、絶叫計画といい勝負しているとは思うんですが・・・。

まあ、問題はこのゲームがパロディーゲームでもなんでもない所ですね。

ギャルゲーならギャルゲーらしく、ときメモの歌をパクッとけば良かったかも(失言)
 
 
 
PS2のネギまは面白かったよ (cross)
2005-04-22 23:26:49
初回特典は食傷気味だけど、キャラデザは大事だよ?

見た目がしょっぱいとキャラが好きになれないし。

……すまん。ギャルゲ大好きな人なんだ。



パクりはねー難しいよねー

でもまあ、物を作る人間としての志の足りない○○○○(好きな罵詈雑言をお入れください)

ということでよろしいのでは。

どうせパクった本人は表には出てこないし

あと、ユーザー側も面白かったら(この場合は良い曲なら)気にしない

という風潮も少なからずある。

それに歌なんてオマケだし、それで全体を否定すんのは早計かと思った。

(そういう風に読めた)



十中八九つまんないから買う気ないけど。

この程度で釣られるほどに安くはない。
 
 
 
おわっと、今回はなんかマジだ、自分 (Mの字)
2005-04-22 23:34:40
個人的には、パクリとオマージュの違いは、

観測者の先入観や価値観の差でしかないと思っています。

翻案を受け入れられる人も拒絶する人もでます。

その差を分かつのは、結局は作品を受け入れられるか否か、

究極的には面白いか面白くないかにかかってくるんじゃないでしょうかね。

そして、人がそれを判断する時には、好みもあるでしょうが、

予断というものも大きく作用すると思うのです。



破滅のマルスとやらがどんなものか分かりませんが、

引いたものが有名で評価されてればされているほど、

それと比較され厳しい目で見られるんですよね。



なんとなくオシャレっぽい雰囲気をトッピング。

これでちょっとしたウケも取れるに違いない!

そんな作品が増えるのは不幸なことです。ゲームでも小説でも映画でも。
 
 
 
はまったなあ (らとむーん)
2005-04-23 00:30:07
PCエンジン版トキメモにははまったなあ・・・。

あれから何回かギャルげーを買ったが、ほとんどの作品が駄作だった

(君の望む永遠は、やはり、はまったが)



多分、僕は「ゲーム」が好きだからトキメモにはまり、

物語がよかったから君の望む永遠に感動したんだと思う。



決して絵ではないのです・・・。



ファイアーエムブレム買いました。序盤(4面)なので、まだまだぬるいです。

ゲームボーイウォーズは、ハードキャンペーン19面がクリアできません。ビエ。
 
 
 
パクリも才能が必要 (霧ケ峰洋平)
2005-04-23 01:40:21
パクりも「荒野の七人」が「七人の侍」をベースにしたように、パクるセンスが必要で、才能の無いヤツがパクってもダメ。やっぱ上手いヤツはパクらせても上手い。

「ときメモ」もPCエンジン版の発売日に購入し、当時は徹夜で遊んだりもしたが、どっかに「同級生」の影響があったんじゃないかとも思う。

でも、あのゲームに関しては企画を通したヤツのセンスを買いたい。
 
 
 
パクリの才能か・・ (たいれる)
2005-04-23 02:09:08
確かにオレンジレンジなんか

うまーくパクッてるなーと思う。

あのぐらいなら許せるかな・・って感じで。



これはひどそうだなー
 
 
 
残念です (ルシフェル)
2005-04-23 02:26:01
普段は数分とはいえプレイした上でのインプレッションであるのに対して、

今回は、常日頃思っていたことが

副題と主題歌の繋がりに対する脊髄反射に伴って爆発しただけのように思えました。



思い入れがあるモノが対象となっていた為に

ついカッとなってしまったのかもしれませんが、

『ゲーム本編』には一切触れず

副題と主題歌とのみ結びつけて

パクリだと発言されたのは凄く残念です。
 
 
 
単純に (すが)
2005-04-23 02:37:12
単純に、曲を発注するとき「フリッパーズギターみたいな感じで」

って言っただけでは。

パクリとかオマージュだとかいう、高尚なレベルの話ではないと思われ。
 
 
 
みたいっつうか (やん)
2005-04-23 02:59:36
タイトルからしてまんまじゃんw
ギャルゲヲタはこんな糞でもかばうんだな、いやすげーわ
カテゴリぐらい確認してから文句言えよ
脊髄反射してんのがどっちかわかるからよw
 
 
 
なんというか (YU)
2005-04-23 04:06:47
最初の四行に関しては概ね同意できますし、最近のギャルゲー、

とくにこれのような原作とかがあるものに関してはもはやファングッズのひとつであってゲームではない感じではありますが、

それとパクりとかいうものとは別物では?

タイトルとOP曲が似てただけで製作者側の熱意を否定するものではないと思いますが。

「ギャルゲー好きなオタクがフリッパーズなど知っているはずがない」

とありますが、熱心なファンならサブタイトルの元ネタを探すくらいのことはしますし、

作ってる側としてもそれ前提にしてると思いますけど。

まあこの作品が一般の人に受け入れられるとは思いませんが、

好きな人だけが楽しめるような作品があってもいいと思いますよ。

もちろんファンの人にも楽しめないような内容であるなら、叩かれるべきですけど。
 
 
 
経済的考察 (シンヤ)
2005-04-23 04:07:42
90年代から今までPCの普及に伴いギャルゲー市場は常に拡大し続けてきました。

つまり、クリエイター・タイトル共に需要に対して供給が追いつかない状態が続いていたのです。

だからこそ、非常に低レベルなソフトでも商品として成り立ってきたのです。

しかし、ここ数年の売り上げを見るに、どうやら市場の拡大は終焉を迎えようとしているようです。

なので、心配しなくても、ここから数年は低レベルなソフトの淘汰の嵐が吹き荒れることでしょう。

昔だって、ドラクエとかスト2の劣化コピーがたくさんあったじゃないですか。



また、初回限定版商法について、ゲームの評価により勝負をしない邪道な商法であるとのことですが、これは偏にギャルゲーメーカーの資本力の弱さが原因ではないかと考えられます。

ソフトの再販をかけられないメーカーが多いことから分かるように、彼らはゲームの評価による成功を待つことができないのです。

なので、心配しなくても、定期的にヒットを飛ばせるメーカーが登場し資本力が強くなれば、初回限定版商法などのゲームの評価により勝負をしない邪道な商法は減少するでしょう。

昔だって、品薄感を煽るような実質的には初回限定版商法と変わらない姑息な商法を行っていたじゃあないですか。



ギャルゲーだけが特殊なわけではないのではないかと。
 
 
 
元ネタを探すぐらいします、か(笑) (ワロタ)
2005-04-23 04:32:08
〉元ネタを探すぐらいします
つまりアレだ、
熱心なファンですら、ギャルゲーには必ずパクり元があるって
知っててやってるってわけだな。
普通パクりがあるかもなんて探しもしないだろ。
 
 
 
Unknown (影武者)
2005-04-23 07:47:17
パクリというより、ネタ(確信犯)でしょう。

わかる人だけニヤリとしてください。と。

そのネタの出来がよければオマージュと賞賛され、

ダメダメならパクリと叩かれる。

キャラデザ、初回特典にしてもそう。

ギャルゲーは、制作者も購入者もそれらの約束がわかった上での「閉じた世界」なんだと思いますよ。

ある意味、同人っぽい。
 
 
 
Unknown (じゃさあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)
2005-04-23 10:22:05
私の意見はこうだ。

確かにこれはパクってると思う。

だから、何。

以上だ、ギャルゲー市場なんて無視してかまわん。

まあ、無視してもかまわんことを書くのがblogなんだがな。

私のblogなんかすごいよ、トマトだよトマト。
 
 
 
Unknown (JOI)
2005-04-23 10:59:21
これは確信犯でしょ。



タイトルの「オルタナティブ」これもある作品のタイトルから持ってきたネタでしょ。



エロゲとかギャルゲに多いですよ。

こういうネタ入れるの。



元ネタ知ってる人だけクスッと笑うタイプ。

そもそも、コレを遊ぶ人が「フリッパーズギター」と言う物を知ってるか?というと限りなく低いでしょ。



後から、元ネタ探しでオタ同士の会話に。
 
 
 
Unknown (受け売り)
2005-04-23 13:47:18
私はパクリとオマージュの境界っていうのは

元ネタを知っていてニヤリとできるのがオマージュ

元ネタを知っていると脱力するのがパクリ

だとは思っているんでそのあたりからの考え方の違いだとは思うんですが

タイトルと曲だけを抜き出して作品全体を見ることなくパクリだと言っちゃうのはちょっとどうなのかなあ、と。

パクリと言っちゃっていい代物なのかは(例え今時のギャルゲーとはいえ、一応)まだ内容的にそれを昇華できてるかが判断できない以上は(そりゃ可能性は低いですが)未知数なモノだと思うんですが。

中身を見ずにパクリと言ってしまってはそれこそ、買ってもいない・やってもいないゲームを、ゴミだのカスだのとレッテル貼って叩いてるアンチ連中と同レベルに落ちてしまう気がするんですが・・・
 
 
 
丸ごとダメ (マグロ)
2005-04-23 14:13:20
に、限りなく近いジャンルですけどね。



ダメな子がダメな事してても普通は気にならんでしょう?

脊髄反射と言われても、仕方ないかと。
 
 
 
ギャルアニメの皮を被った不条理アニメ (トロニカ)
2005-04-23 14:45:26
忍さんのコラムに書かれていたように、手っ取り早いから取ってつけたパクリと決めつけてしまうのはちょっと早計かもしれません。

フタコイオルタネティブという作品に関しては"美少女"の皮を被ったサブカルの詰め合わせ的意欲作という認識です。



この作品の経緯としては以前放送された「双恋」というステレオタイプなラブコメ作品を元に、

制作陣を一新し、双子という枠組みだけを生かて全く別のスタイルの作品を作るというコンセプトで発表されました。

現在放送されている部分に関しては、あきらかに村上春樹の「1973年のピンボール」のオマージュです。(見方によってはパクリと言われるかもしれませんが)それ以外にも「探偵物語」の工藤俊作そのままのキャラクターが登場したり、ベスパが出てきたり・・と、いろいろな要素がわかるかい?といわんばかりに散りばめられています。



製作者の意図としてはただ引用する作品を完全に消化するのではなく、元ネタがわかる人にはわかるようにわざと足跡を残すことで視聴者がニヤリとすることを狙った構成にしていると感じられます。



このような手法は作品として成熟していないとも言えるかもしれませんが、純粋に見ていて面白いです。

作品自体の見た目のターゲットと、内容や元ネタの引用元のターゲットがあまりに不条理に乖離していて、逆にアニメを全然見ないような人のほうが愉しめるのかもしれません。



見たことが無い人は一度騙されたと思って見てみてはいかがでしょうか、作品の色としては「フリクリ」に一番近いかと思います。

 
 
 
('A`) (ウドンB)
2005-04-23 15:23:09
>「ときめきメモリアル」や「サクラ大戦」が売れて

コンシューマー市場にギャルゲーブームが押し寄せてきた時、

もっと真面目にゲーム性について考えた後続のソフトが出ていれば

限定1万本生産を謳ったソフトが余って値崩れなどという

現在のような悲惨な状況にはならなかったはずなのだ。









サクラやトキさんがマジメにゲーム性を考えた作品とも思えんのだが・・・

俺、昔はセガ信者ぽい(ぽいデスっ(重要))奴だったので

サクラも1だけは、買いましたが中身の薄い内容と言うかアニオタには、これで十分だろ と言った考えが見え隠れするストーリーやキャラ設定 オチもな。





因みにギャルゲー≠エロゲ と見るのも乱暴だけど

狙っているユーザー層は似通っていると思う。

満たされない暗い欲望を満たすジャンル。

サクラ大戦で言えば、5人?の女性から恋愛相手を選ぶ訳だが

内訳は、金髪ロリータ(18禁向けだと 今後マズイだろう)、高慢お嬢様、ヒロインタイプ、粗暴なオ姉さん、メガネ娘チャイナ服(記号ぽいの入れとけ みたい感じなんだろね)。  

エロか萌え かの違いだけじゃネーかと。

個人的には思っとります。



元々 大義名分なんざ必要としないジャンルだと思うがなぁ。







単に元ネタを知ってて その元ネタが好きな故に許せんって 騒いでるだけに見えるのだが< 管理人氏。 





ゲーム自体のパクリと云えば

俺は、鉄拳と鉄拳2は当時 リアルタイムでは許せんと思いましたけどね。

特に鉄拳2。



鉄拳1が出た頃にはアーケードでは既にバーチャ2が出ていて 新要素(ヨロケ技 投げヌケ 他)とかも盛り込んでいたのたが



半年後だったか もうちょい後かにリリースされた鉄拳2は

キャラ選択画面からしてバーチャ2ぽい

VF2の新要素も勿論入れてきて なんつーか臨戦態勢 あてつけぽくトコトンやってやるよ、みたいな嫌なオーラ全開にしてきてたな。

勿論操作体系も違うし キャラだって違うが

ソコは、コダワリがあってって訳じゃなく

同じではマズイからー な理由だろう。







>マグロ氏

>ダメな子がダメな事してても普通は気にならんでしょう?

>脊髄反射と言われても、仕方ないかと。





このジャンルでは、管理人氏が問題視してる部分が

このジャンルのゲームの売り上げに影響が出るとも思えんよなぁ





売り上げと関係なくモラル的な部分で批判ならば、また違ってくるけど

それなら、それでストレートに書けば良いのだが



OOってギャルゲ 又は、他ジャンルのゲームに使用されてるOPやらOOな部分はパクリだっ ムカツクっ

でも個人のブログと見れば無問題。



>ほらみろ、やっぱりだ



最近の話じゃなくて昔からだと思うが。

DCなんてバカデカイ箱の初回限定なギャルゲ いっぱいあったぜ しかもセガ(セガのは数える程度だったかも)の。
 
 
 
Unknown (彰秀)
2005-04-23 16:24:39
俺もウドンB氏が言うように元ネタが好きな物で、それが雑にパクられたのが不愉快だ。と言うだけの話だろう。



それでなんでコメントでギャルゲー批判されてるのかが訳が判らん。記事の方でも作品の内容に関しては触れてないし。



とりあえず初回限定版は箱がデカイのを何とかして欲しい。九龍妖魔學園紀のなんかデカくて堪らん。何か威嚇したいのだろうか? とか思ってしまう。
 
 
 
Unknown (神凪)
2005-04-23 19:49:32
主題歌がパクリってのは解りますけど、それで何で上4行に繋がるのかがさっぱり。



問題に挙げているのは主題歌のみ。

それ以外の内容については全く触れられていないのに、どこら辺が「ほらみろ、やっぱりだ。」なのでしょうか。

まぁ、実際に内容は悪いものかもしれない。

しかし、やらずして評価できるわけも無し…
 
 
 
パクリじゃなくて (noa)
2005-04-23 21:04:04
これはパクリと言うよりは「パロディー」ですね。元ネタがあからさまですから。

わかる人がニヤリとするやつです。質が高いかどうかはわかりませんが。



パクリはなっちです。悪い娘。ですね^^)。
 
 
 
む、 ()
2005-04-23 21:40:00
まぁ題材が題材であるし、

今回の記事に関してはガソリンをかぶるつもりでアップしたので

想像通りのレスもいくつかついているようだが、

少しだけ言い訳をさせていただこうかと思う。



>ルシフェル殿



いくつか誤解をされているようだが、

まず、今回の記事は「作品紹介」ではない。

いつも書いている断りも入れていないし、

記事のタイトルにソフト名も入れていないのは

あくまでも「四方山話」だからなのだ。



また、脊髄反射ではないかという指摘についてだが、

私が「フタコイ」を見たのはもう1ヶ月ほど前のことであり、

勢いで書いたものでもなければ

フリッパーズが好きだからでもない。

というか、私はフリッパーズにハマった記憶はない。

知ってはいるが、渋谷系で言えばピチの方が好きだった。

好きだから庇い、嫌いだから叩くというほどの純粋さは、

残念ながら私は持ち合わせてはいないのだ。



>すが殿



>「フリッパーズギターみたいな感じで」



こういう発注をしたとすれば、その時点からもう問題であろう。



>YU殿



私は「好きな人だけが楽しめるソフト」は

あって良いと思っているし、

「フタコイ」にそれなりの需要があることも承知している。

ただ、好きな物(人)のする事なら

全てOKという支持の仕方は如何かと思う。



>影武者殿、JOI殿



ネタ(確信犯」か。なるほど。

「いやだな~ネタですよ、ネタ!」で

パクられた側が笑って聞き流してくれれば

著作権などこの世に不要であろうな。



>受け売り殿



私はソフトの内容についてはパクりだとは書いていないと思うが。。。



>トロニカ殿



なかなか面白い意見を感謝。

しかしサブカルの意味を少し取り違えておられるのではないか。

「恋と少女とマシンガン」が

「恋とマシンガン」(ポピュラーカルチャー)に対する

サブカルチャーだと言うなら、

安倍なつみの作詞も立派にサブカルチャーになってしまう。



>ウドンB殿



私は「ときメモ」や「サクラ」はゲーム性も考えていると思う。

だからこそ、あの頃のギャルゲーは、

リュックを背負わない若者も大勢買っていたのではないか。

ギャルゲーが大義名分を必要としないジャンル、

という意見には同意だが、

最低限の礼儀・節度ぐらいは守るべきであろう。



>彰秀殿



ウドンB殿にもかかるのだが、

私は元ネタはさして好きではない。

「知っている」程度だ。

そう取られるのは私の書き方の問題であろうが。



>神凪殿



今回の記事は元記事は3倍ぐらいあったのだ。

あまりにも読みにくい故、結果的にかなり削ってしまったため、

文末と冒頭がうまく結びつかなくなったと私も感じていた。

開始4行の結びを「見える」と修正したのは、

私なりのささやかな気配りなのだが。。。

「ほらみろ」という言葉を吐き出すまでには

それ相応の積み重ねがあるのだが、

それについてはまたいずれ書こうかと思う。



>noa殿



いや、安倍も元ネタは明らかだ。

漢字を片仮名にしたレベルのパクりが

「恋と少女とマシンガン」でも行われている。

ニヤッと出来るかどうかは、

パクられた元か、パクった方か、

どちらにより肩入れしているかによるのではないか。

実際、安倍にすら肩入れするファンがいたぐらいだ。

 
 
 
ヲタ業界 (COOL CHOPPER)
2005-04-23 21:49:12
はじめまして



パクリというか、こういうの腐るほどありますよ

萌えファンの殆どは知らない(興味ない)だろうけど、わかるやつだけわかってくれって感じでやってるのかなぁ?

でも、すぐにネタ元割れますよね

やっぱ、フタコイも作り手が元ネタ好きってのが大きいんじゃないでしょうか

数年前に放送されたカウボーイ・ビバップってアニメも、サブタイトルはロックやジャズの曲名もじったり、そのままだったりしてたなぁ・・・

http://animejapan.cplaza.ne.jp/b-ch/bebop_tva/bebop_tva.html



ちょっと話が横道にそれるけど、エロゲー業界って意外とミュージシャン崩れが多いらしい

http://www.stoneheads.co.jp/

会社名のストーンヘッズは、元社長が元々パンクロッカーということで、ストーンローゼスとトーキングヘッズから取ったんだとか

ブランド名なんかPILだしね



あと、13cmって会社のエロゲ最新作なんか「僕は天使じゃないよ」ですよ

http://13cm.product.co.jp/hot.html

なんじゃこりゃ?って思って調べたら、これ作ってる人って元々テクノミュージシャンで、あがた森男の弟子(?)なんですよね

http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20020306/index.htm
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


?