goo

嶋臺


写真は、外観(絲店と蔵)

嶋臺(しまだい)は、江戸初期に糸割符商として創業し、江戸中期からは酒問屋も兼業していました。
今はギャラリーとして利用されており、建物は国の登録有形文化財です。

アクセス
地下鉄の烏丸御池駅の1番出口から地上に出ます。
御池通を約50m進んだ左手に、嶋臺があります。

現存の建物は、明治16 年(1883年)建築です。
まずは外観から。
1番左手にあり「嶋臺」の大きな額が掛かっているのが、絲店(いとてん)です。
平入の切妻造で,西側の屋根が一段高くなっています。2階は虫籠窓です。

絲店の右手には蔵が2つあります。
右側が巽蔵のようです。
そしてその右手、東洞院通との角にあるのが酒店です。
東洞院通側が正面で、巽蔵を囲むL字型になっています。

内部は絲店と本陣で別々のギャラリーになっており、本陣の方は東館とも云われています。
内部には展示会などがあれば入れます。

まず絲店から入ります。これが絲屋ギャラリーです。
平面に土間があり、両脇に広い部屋が2つあります。
このあたりの内部はきれいに改装されています。
時計回りに進むと中央に中庭があり、奥が書院(古硯堂)です。
中庭の鎮守神の台石は、平安宮大極殿の礎石の1つだそうです。

さらに時計回りに進むと左手(玄関から見て右手)に蔵の入口があります。
時計回りに進む1周し、玄関向かって右手に戻ってきます。

本陣ギャラリーは、入口が東洞院通にあります。
入ってすぐ左手に井戸、正面奥は蔵、右手は広い土間のようなスペースで作品が展示されていました。
土間の右手奥には下足して上がる展示スペースでした。
また正面奥の蔵の内部も入れて、こちらも展示スペースです。

洛中マイナー散策の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 京都ハリスト... わざ永々棟 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。