僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

大切なもの

2017年06月10日 | 日記
檀家さんに、「新ジャガ」(じゃが芋)をいただいた。

レンジでチンして、マヨネーズをつけて、食べました。

「おいしい~」
なんとも言えない香ばしさが、口に広がりました。

月忌回向で、檀家さんのお宅にお伺いするたびに、季節のお野菜や新米、お菓子などを頂くことがあります。
大根、レタス、ピーマン・・・・。

それがどんなにありがたく、僕を励ましてくれたことか。

「お上人さん、これ・・・」
車の窓に差し入れられた、おばあちゅんの皺だらけの、手。

にっこり微笑んで、僕の手に渡された、ビニール袋。
どっさりと詰まった愛情に、心が熱くなります。

田舎の小さなお寺だから、檀家さんとの付き合いは、すごく濃い。

気を落としていれば、励まして。
嬉しいことがあれば、一緒に喜ぶ。

他人事とは、思えない。
父や母の面影と、重なってしまう。

九州にいたなら、こんなことは思わなかっただろう。
一生、気がつかなかっただろう。


僕にとって、一番大切なもの。
それは、吹けば飛ぶような、この小さなお寺にあります。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スッポンポン | トップ | 女々しい »

日記」カテゴリの最新記事