透明な気圏の中から

日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。

第四回「はがき絵 姉妹展」のお知らせ

2013-09-30 20:03:27 | 日記

曇りのち雨。最低気温14.8℃、最高気温18.1℃。

九月も今日で終わりです。雨降りでしたが、風もなく暖かで、傘をさして職場まで往復しました。

さて、この度、第4回目の姉妹3名による「はがき絵展」を開催する運びとなりました。網走信用金庫のロビーにての展示となります。一人ではできないことも三人寄れば、少々のハードルは乗り越えられるものですね。先ずは、みんながそこそこ元気でいられることからの出発です。そう考えると、まあまあ健康で、ささやかながら毎日を暮し続けていられることに感謝しなければならないと改めて感じています。

第四回「はがき絵 姉妹展」のお知らせ
日時:2013年10月2日(水)~10月31日(木)
   午前9時~午後3時(土日.祝祭日休み)

場所:網走信用金庫駒場支店(網走市駒場南4丁目4番3号) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賢治の姪の方の裂き織り展示会

2013-09-29 17:30:27 | 日記

曇り時々雨。最低気温12.8℃、最高気温21.9℃。

宮沢賢治の姪にあたる花巻市在住の佐々木フミ氏(賢治の妹シゲさんの娘さん)による、裂き織りの展示会が、札幌市中央区の石谷通商にて開催との記事が掲載されていた。

賢治も薬品を用いて糸をきれいな紫色に染めていたという。そのエピソードに、科学者の姿を思い浮かべる。また、「優しいおじさんだった」という言葉は私の中の賢治像とぴったり重なった。

                                      《本日付北海道新聞から》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読とギターによる宮澤賢治の世界

2013-09-28 20:45:56 | 日記

晴れ。最低気温4.6℃、最高気温20.2℃。

郷音(さとね)主催の田嶋扶二子氏より、今年で5回目となる「朗読とギターによる宮澤賢治の世界」のお知らせが届きました。ありがとうございます。今回は『雪渡り』『なめとこ山の熊』の二作品を取り上げての公演予定です。

二作品のキーワードである「雪」と「熊」。先日は大雪山系の高い山で初冠雪があったと、雪の便りが届きました。また、札幌周辺ではクマが公園や住宅街で目撃されたとのニュースが連日報道されました。数日前には、ついに子熊が駆除という形で銃で撃たれてしまいました。どんぐりが不作のようだとの識者の見解もあり、心がちくりとしました。「雪」はもちろんですが、今年は「熊」もずいぶん身近な存在になっているようで複雑な思いです。

ー 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芒揺れる秋

2013-09-27 18:31:42 | 日記

晴れ。最低気温2.6℃、最高気温18.2℃。

夕暮れも近い時間帯にふれあいコースを散歩する。秋めいてきた景色が、傾き始めた日の光を浴びていっそう美しい輝きを放っていた。

ところで、午前4時22分に2.6℃と冷え切ったわが町だったが、道内では17地点で氷点下を記録したと(北海道新聞本日付夕刊)いう。旭川市では平年より11日早く初霜が観測されたそうだ。冬将軍が雲の向こうで、出番を待つばかりだと私たちに合図を送り始めたようだ。                          

                                        《ふれあいコース 15:31》

                                       《ふれあいコース 15:52》

                                        《ふれあいコース 15:52》

                                       《ふれあいコース 15:53》                                       《ふれあいコース 15:57》                                                      

                                       《ふれあいコース 16 :01》

                                       《ふれあいコース 16:11》

                                        《ふれあいコース 16:12》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百年記念塔

2013-09-26 21:11:37 | 日記

晴れ。最低気温5.7℃、最高気温17.4℃。

午前、野幌森林公園を散歩する。青い空に映える百年記念塔を経由して大沢口へ。気温はぐんと下がり、最高気温も20℃を切るようになった。雪の便りも聞こえ始め、近所の方々と除雪の業者を頼まなければと切実な話が飛びかう。季節は違うことなく巡るが、人も事態も同じからず。昨年度の雪も多かったが、今年度は・・・・・・・・。

                                          

                        

                        

                        

                         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストーブをつける

2013-09-25 21:46:27 | 日記

雨。最低気温11.3℃、最高気温15.6℃。

一日中雨降りとなりました。気温も下がり、秋の深まりを感じさせます。ついに我家では一時ストーブをつけました。夕方になっても、雨は止まず、傘をさしてふれあいコースを大沢口まで散歩しました。雨の日に長靴をはいて歩くのも久しぶりでした。水溜りに落ちた雨粒が次々に輪を作っていました。雨降りの日には雨降りの日の楽しさがあるものです。

                       

                              《ふれあいコース16:04》

                       

                             《ふれあいコース16:05》

                       

                              《ふれあいコース16:07》

                       

                                 《大沢口 16:20》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白秋の野幌森林公園

2013-09-24 20:54:15 | 日記

晴れ。最低気温14.5℃、最高気温20.3℃。

久しぶりに朝早めの散歩に出かけました。樹木の間から白い光が差し込み、清々しさが辺りを包んでいました。中国古来の五行説による「白秋」という秋の呼び名は、この情景にぴったりだと感じました。光の当たり方で景色が様々に移り変わる不思議さに、静かな感動を覚えながらの素敵なひとときとなりました。

                             

                                     《大沢口までの道 6:07》

                             

                                     《ふれあいコース 6:09》

                             

                                     《ふれあいコース 6:10》

                              

                                      《ふれあいコース 6:10》

                             

                                     《ふれあいコース 6:16》

                             

                                      《大沢口へ 6:19》

                             

                                      《大沢口 6:21》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「宮沢賢治 博識の証し」というコラム

2013-09-23 17:23:26 | 日記

晴れ時々雨時々曇り。

今日の北海道新聞日刊紙に「宮沢賢治 博識の証し」というコラムが掲載されていた。地質調査に出かけるなどをしていたとは記憶にあったけれど、その調査を裏付けるものが22日までに見つかったという。地図に地質分布ごとに色分けし、欄外に専門用語の書き込みがされているもので、その書き込みがほぼ賢治自筆であることが国立科学博物館が筆跡鑑定して判明したという。専門用語を使用するなど博識さが証明されたわけで、なんだか嬉しくなった。

この書き込みのある地図は、賢治の学友の旧家が解体された時に廃棄物を買い取った、盛岡市の沢井敬一氏(88)が所有していたそうだ。賢治さんゆかりの地図がこうした過程で見つかったというのも興味深いと思う。

                

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野幌森林公園

2013-09-22 14:39:36 | 日記

晴れ。最低気温8.8℃、最高気温20.0℃。

朝方は一桁の気温となってきました。いよいよ秋も近づいてきたようです。朝ご飯は秋刀魚でした。脂がのっていて、旬のものは美味しい。体中に元気が湧いてきました。

午前、久しぶりに野幌森林公園、ふれあいコースから百年記念塔経由大沢口までを歩きました。からっとした空気、木々の良い香り、木漏れ日を浴びながら歩いていると心がほぐれました。キノコもあり、バッタが道端に飛び跳ね、トンボが群れていました。明日は秋分の日。

                          

                                 《ふれあいコース10:07》

                          

                                  《ふれあいコース10:08》

                          

                                   《百年記念塔 10:26》

                          

                                    《大沢口 10:53》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賢治の命日

2013-09-21 19:02:50 | 日記

晴れ。最低気温15.9℃、最高気温23.2℃。                                 

  今日は宮沢賢治さんの命日です。花巻では賢治詩碑の前で賢治祭が行われることでしょう。没後80年となるこの日もまた、イーハトーブの田んぼには稲が頭を垂れ、黄金色に染まっているでしょうか。午後1時30分には静かに手を合わせて賢治さんを偲びたいと思います。

本日、北海道新聞日刊紙の「卓上四季」に、賢治さんが取り上げられていました。

                                                                                                                                                               

午前中、ずいぶん前(2013年4月27日NHK)に録画しておいた、「音で聴く〈賢治の宇宙〉~富田勲×初音ミク」を午前に見ました。私の賢治デイの過ごし方の一コマです。

賢治さんの生き方とついダブらせてしまうのですが、「優しさ」が「強さ」と同じように建前ではなく本当に尊ばれる世の中ならば、道理が目に見える形で生活の中に息づいていれば・・・・・・・・・と思う今日この頃です。

                                               〈昨年10月に訪れた賢治詩碑とそこからの眺望です。〉

                                        

               昨年(2012年)10月5日  《賢治詩碑 15:14》           《賢治詩碑からの眺望15:15》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我家のコスモス

2013-09-20 21:27:09 | 日記

晴れのち曇り。最低気温11.2℃、最高気温20.8℃。

                    

                          《9月13日の我が家のコスモス》

花壇の隅に自力で芽をだし、そのままにしておいたところ、見事に咲いてくれました。この後、2日間にわたり、降り続いた雨に打たれて、花はぼろぼろになってしまいました。つまり、在りし日の美しかった我家のコスモスはこの写真1枚だけとなったのでした。夕暮れ時に何気なく撮ったのですが、今となっては貴重なものとなりました。

何気なくやり過ごすか、それとも立ちどまって心や目に焼き付けようと試みるかどうかで、その後に得るものの何かが違ってくるのかもしれない と思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の名月

2013-09-19 21:09:05 | 日記

晴れ。最低気温8.1℃、最高気温20.6℃。

19日、旭川地方気象台では大雪山の旭岳(2291メートル)山頂付近で初冠雪を観測したとのことです。これは、史上2番目に遅かった昨年より25日早く、平年より6日早かったそうです。(北海道新聞・19日付日刊紙)

高い山頂は別として、今は秋。そして、今日は中秋の名月です。満月を久しぶりにしみじみ見ました。しっとりとして美しいものです。雲間から顔をのぞかせるのを待って、シャッターを切りました。

ところで、2011年、2012年、そして今年の中秋の名月は満月ですが、次に名月で満月となるのは8年後の2021年になるとのことです。なおさら、目にしっかり焼き付けたいと思いました。 8年後・・・・・・、私は何をしているのでしょうか。                             

                                                                        

                                            《20:08》 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爽やか野幌森林公園

2013-09-18 15:58:12 | 日記

晴れ。最低気温9.1℃、最高気温20.8℃。

爽やかな秋の一日となりました。野幌森林公園、エゾユズリハコース、大沢コースを久しぶりに散歩しました。森林浴とはよく言ったものだと思います。良い香りに包まれ、涼しい風に吹かれると、どんよりした心もさーっと透明になるような気がしました。どんよりの程度によるかとも思いますが・・・・。

嬉しいことに散歩から戻るまで、天気は変わらず、洗濯物が思い切り風に吹かれて乾いていました。風も日光も今日は良いお仕事をしてくれました。有難いことです。

                      

                           《サラシナショウマ 9:57》

                      

                                  《?10:21》

                      

                              《大沢口付近10:28》

                      

                               《大沢口 10:29》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コラム「幼稚化する社会」

2013-09-17 19:45:29 | 日記

晴れ。最低気温11.5℃、最高気温23.9℃。

先日、北海道新聞(夕刊)に興味深いコラムがあった。「幼稚化する社会」、なるほど・・・・・・、確かに・・・・・、身につまされながら、「”仕方ない”と思う大人」の一人かななどとも自問してみた。

このコラムの後半「社会が幼稚化するにつれ、世の中に”遊び”がなくなっている。遊びとは、自分で責任をもち、自分で裁量し、自分で決断することを、社会が任せている部分である。」

そして、「一方、現代社会は、不祥事やクレームが発生すると規則で縛ろうとする。その多くは”禁止”措置である。成熟した社会では遊びを認め、話し合いを通じた解決をはかることができるが、幼稚化した社会では、自らの責任を恐れ、何か問題が発生すると、対話による解決よりも禁止で対抗しようとする。」

それで、年々、何か得体のしれない圧迫感や閉塞感に息が詰まりそうになるわけかなどと自分なりに(自分の都合が良いように)思った次第。

       

本日付北海道新聞の日刊紙には、JR北海道の運転士が今月7日、自動列車停止装置の操作ミスで非常停止した特急列車のATSのスィッチをハンマーでたたいたり、足で蹴ったりして、レバーを折るなどしたとの記事が掲載されていた。JRは相次ぐ事故や不祥事が重なっていた。「『次に何か起きればまずい』というピリピリした中で、問題の運転士は思わずパニックになったのでは」との別のある若手運転士の話が気になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨・風・雷

2013-09-16 15:16:31 | 日記

雨。最低気温17.4℃、最高気温19.9℃。

                                                                                      

                              《野幌森林公園大沢口 14:11》

                        

                              《野幌森林公園大沢口 14:11》

                        

                             《野幌森林公園大沢口 14:06》

昨日から雨が降り続いている。

道内でも昨日は雷雨により、信号故障や火災、停電もあったと今日の北海道新聞で報じられていた。落雷により、恵庭市内では15日午前9時半頃から午後1時頃にかけ、約100個で停電となった。また、この落雷で恵庭市内にある運行管理機器が焼けたことにより、千歳線の北広島ー島松間で信号が赤のまま青に変わらない状態となり、約5時間にわたり運転見合わせや徐行運転が続いたという。JRでは新千歳空港発着の快速エアポート42本を含む計92本が運休となった。

今日も台風の接近に伴って雨足が強まるとの報道がなされている。国内のあちこちで「かつて経験したことがない」被害の様子が伝えられ、自然の脅威に驚くばかりだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加