football smile

the days turn into months and years

#255

2017-10-31 | photo



ゆっかー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風に吹かれても

2017-10-30 | music

欅坂46
25 OCT 2017
iTunes
http://www.keyakizaka46.com


待ちに待った欅坂46の新譜が登場。笑わないアイドルが笑った。色々な意味で期待を裏切るグループである。そしてそれが魅力である。iTunesでSpecial Edition全7曲を購入したら、実は王道中の王道「避雷針」という曲があった。圧倒的な存在感にやられた。これぞ欅坂46。

そんな不器用さを守るには
僕がその盾になるしかない
世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 広島 vs 浦和(DAZN)

2017-10-29 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第31節
2017年10月29日(日)16:00キックオフ
エディオンスタジアム広島(DAZN)

サンフレッチェ広島 0 - 1 浦和レッズ

        興梠

ラファエル シルバ 長澤 柏木 武藤

        青木

 宇賀神  槙野  阿部  遠藤

        西川

前回の対戦から指揮官が代わってシステムも代わった。浦和はタイトルから遠ざかり、広島は残留争いに巻き込まれている。かつてのような白熱のミラーゲームは、もはや期待できない。しかしこの両チームから根深い因縁が消え去ることもない。お互い複雑な気持ちを抱いてピッチで向き合うことだろう。それにしても、一体何が起こったというのか?昨シーズンもしくは今シーズン序盤まで、3-4-2-1という特異なシステムは、少なからずJリーグにおいて機能していたはずである。その終焉は突然訪れてしまったのか。

ボールは保持するものの攻め手が一向に見えない浦和は、それでも我慢の時間をやり過ごす。失点を避けるという意識統一は、徐々に強固になりつつあるようだ。前半はそのまま終了。後半もじっくり時間が過ぎて行く中で、チャンスをモノにしたのは、遠藤からのクロスに合わせた長澤のセンスあふれるボレーシュート。交代の準備をしていた堀監督は、これを見て迷わず長澤をピッチに残す選択をした。この機転がその後のゲームコントロールにも大きく貢献することとなった。

     ラファエル シルバ

  梅崎  長澤  矢島  ズラタン

        青木

 宇賀神  槙野  阿部  遠藤

        西川

2列目をリフレッシュして最後に守りに入った浦和は、なんとか逃げ切ることに成功した。この結果は、西川の復調に寄るところも大きい。一時は完全に調子を落として、日本代表からも外れることとなったが、徐々に本来のプレーを取り戻しつつある。チームにたったひとつしかないGKというポジションは、気持ちの調整が難しいだろうなあと思う。それにしても、ズラタンの使い方はこれで良いのか?堀監督に対する唯一の疑問である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

futsal56

2017-10-28 | axis



先週のけんぽフットサル大会に続いて、今週はSC AXISでノザワアスロック杯に出場。さすがにちょっとレベルの差を感じました。ピンクおじさん、相変わらず元気でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

toto968

2017-10-27 | toto

浦和、Jリーグどころではない。

A組シングル

1 東京V×福岡  2
2  新潟×鳥栖  2
3  甲府×神戸  2
4 G大阪×仙台  1
5  広島×浦和  2

B組シングル

1  磐田×横浜M 2
2 C大阪×大宮  1
3   柏×川崎  2
4  札幌×鹿島  2
5  京都×横浜C 2

いつも通り200円の勝負。

今シーズンの成績 0勝63敗 +¥0−¥6300=−¥6300

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TGS40

2017-10-26 | design

セ・リーグ3位の横浜DeNAベイスターズが下克上を果たし、日本シリーズに駒を進めました。それがこの現場と何の関係があるのか?定例会議前に統括所長さんと土木のPM担当が話していました。「支店の●●さん、日本シリーズのチケットの手配で忙しそうでしたねえ(笑)」「当分仕事にならないだろうなあ(笑)」そうです。この現場は、某スーパーゼネコンの横浜支店の施工なのでした。その横浜支店は、横浜スタジアムが隣接する関内駅近くにあります。聞くと横浜DeNAの活躍を受けて、社内はにわかに盛り上がりを見せているそうです。なるほど、そりゃあ大いに関係あるわけだ。現場は大詰めをむかえており、ピリピリした空気が漂っていますが、そんな中でこうした笑い話ができるというのは、非常に良い環境ではないかと思うわけです。こうした「抜け」の大切さは、わかる人にはわかるし、わからない人にはわからない感覚なのかもしれません。もちろん自分は「抜け」推進派です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#254

2017-10-25 | photo



Standing on the right.  エスカレーターで、ん?という違和感を覚える。そうだ、ここは大阪だった。というけで、大阪事務所へ日帰り出張。予定より少しだけ早く終わったので、心斎橋まで歩いてみる。ホームを照らすこの蛍光灯のデザインが独特である。20年前に半年程住んだことがあるけど、どうも関西弁はアカン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

futsal55

2017-10-23 | axis

さあ、来年の大会に向けて練習開始。ボールを蹴るのは楽しい!こういうスタンスで物事に向き合うのが好きです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs G大阪(DAZN)

2017-10-22 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第30節
2017年10月22日(日)17:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 3 - 3 ガンバ大阪

        興梠

ラファエル シルバ 長澤 柏木 ズラタン 

        青木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

        西川 

G大阪で5年間指揮を執った長谷川健太監督が、今シーズン限りで退任する。残した成績は立派なものだと思う。しかし、これだけの結果を残した監督であっても、5年が限界ということか。監督というのは、かくも難しい職務なのだろう。見方を変えれば、チームには変化が必要であるとも言える。浦和もしかり。監督を代えてシステムも変えた。それがACL決勝進出という結果につながった。

ピッチコンディションを考えると、ゲームの作り方は非常にデリケートにならざるを得ない。両ワイドにラファとズラタンを置いた堀監督は、相手の背後のスペースを突いた攻撃をイメージしていたと思われる。この狙いにフィットしていたのが、ラファと長澤の左サイドであった。柏木君は中央に寄るので、ズラタンが完全に浮いたしまった感じ。

浦和の先制点は、アンカーの青木が攻め上がったことから生まれた。これぞリスクを冒して勝負するというお手本のようなプレーであった。相手を背負った興梠も上手かったし、ゴールを決めたラファも上手かった。圧巻は興梠の3点目で、あそこで柏木君にフリーでボールが渡れば、あとはタイミングで決まる。

     李 ラファエル シルバ

梅崎   長澤   青木  高木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

        西川 

しかしまあ、3度のリードを守れないというのはいかがなものか。得点した後に守るのか?もう1点取りに行くのか?何だかモヤモヤしたまま時間を過ごしてしまった。これだけのパフォーマンスを見せたのだから、勝たなければならない試合であった。いくら良い試合をしても結果が出なければ意味がない。ブーイングは仕方なし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

futsal54

2017-10-21 | axis



毎年恒例けんぽのフットサル大会。昨年から「SC AXIS」ではなく「FC NISSOKEN」で出場している。何しろ社員で構成されたメンバーなので、まったくの素人集団である。しかしそれがまた楽しい。できないなりにみんな一生懸命プレーする。できる人はできない人をフォローする。チームプレーの基本だよね。

東洋大OBが3世代揃ったので記念に一枚。 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加