football smile

the days turn into months and years

今、見ておくべきもの

2005-07-31 | football
Vodafone CUP 2005浦和レッズvsマンチェスター・ユナイテッドをTV観戦。

親善試合っていうのは、当然ながら気持ちが入りません。ダラ~っと見るだけ。この試合の楽しみは、リーズ時代から好きだったアラン・スミスのプレー。マンチェスターUでは14番を付ける彼を見て「やっぱ背番号は二桁がかっこいいよなあ」などと、どうでもよいことを考えます。へえ、中盤の底でプレーしているよ。パスさばきも上手いのね。

レアル・マドリード、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、フィオレンティーナ、ボルトン、マンチェスター・ユナイテッド、ずいぶんたくさん来たね。世界のビッグクラブを日本で見られるって?見ていて面白い?まあ、見方によっては面白いかもね。

そんなビッグクラブ来日のニュースに続いて、カズの横浜FCデビューの様子が映りました。

レッズサポーターにとって、ヴェルディ黄金期の主役であるカズが好きなわけないでしょう。その思いが少し変化したのは、カズがW杯フランス大会のメンバーから外れた時でした。時代が変わったと思いました。でもこのタイミングってありなのかなあ。それ以来、徐々に日本代表を応援しなくなりました。

カズは、現役選手として試合に出場できる環境を求めて、いくつものクラブを渡り歩いて来ました。今回はカテゴリーを落としての挑戦になります。横浜FCは、現在J2でも11位に低迷するチームです。正直言ってJ1昇格はかなり難しいでしょう。練習グランドだって持っていません。本当によく決心したものだと思います。なんたってキング・カズだよ。

「別にいつも前向きなわけじゃないよ。後ろだって振り返るし」

そんな風にインタビューに答えるカズは、とてもかっこいいなあと思います。デビュー戦となった水戸戦には、いつもの倍近い8000人の観衆が集まったそうです。先週は夏風邪をひいて微熱が下がらなかったためにスタジアム観戦を控えたのですが、体調が戻ったら絶対に三ツ沢へ行かなくちゃ。

今、見ておくべきものは、金儲けのために来日したコンディション不良の「世界のビッグクラブ」ではなく、J2横浜FCで魂込めてプレーする38歳の「キング・カズ」だと思うよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

toto175

2005-07-30 | toto
J2の結果を待つまでもなく余裕で前回のハズレを決めた。というわけで気を取り直してGOALで勝負。どうしても横浜FCに甘くなる。こんなところにもカズ効果が。

1 横浜C 12
2 水戸  1
3 甲府  0
4 仙台  1
5 京都  2
6 山形  0
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

IM日本女子vsオーストラリア女子(西が丘)

2005-07-23 | nadeshiko
国際親善試合(東アジア女子サッカー大会2005壮行試合)
2005年7月23日(土)15:00キックオフ
西が丘サッカー場
日本女子 4-2 オーストラリア女子


西が丘といえば、いつもはサブグランドで自分がプレーしているところです。スタンドで見るのは初めてですが、とても良いサッカー場です。1度入って見たかったのだ。

代表と名のつく試合をライブで見るのは、おそらく20年ぶりくらいです。今年からLリーグを見るようになったこともあって、「なでしこジャパン」の試合にも興味を持ったわけです。試合前に全員起立して国歌斉唱。おお、これは来るねえ。カズの言葉を借りれば「魂」入ります。TVでは絶対に伝わらない、この緊張感。

浦和レッズレディースからは安藤梢と北本綾子が選出されています。安藤はもちろん先発出場。青いユニフォームの背番号7もよくお似合いです。中央トップ下に澤が入るため、安藤は右の前目、3トップと言ってもいいような攻撃的なポジション。とにかく前へ前へ。右サイドから中央へ切り込んでいくドリブルは、キレとスピード共に抜群です。FKも蹴っていたし、代表でも中心選手としてがんばっています。

この日すごいなあと思ったのは、FW永里優季と左サイドDF宇津木留美。永里2得点だよ。ストライカーらしいすばらしい動き。宇津木もどんどん攻め上がる豊富な運動量。どちらも日テレ・ベレーザの選手。そりゃあベレーザ強いわな。試合後に知ったのですが、永里18歳、宇津木16歳だって。いやはや、おじさんもう何も言えません。

部屋に帰って録画しておいたビデオを見ていたら、バックスタンドで観戦する自分の姿がバッチリ映っていました。恐るべし西が丘サッカー場。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

九州14

2005-07-22 | smile
そしてまた九州である。今日は鹿児島空港から。

鹿児島暑すぎ。日差しが痛い。

鹿児島中央駅横のホテルに着いたのは昨夜10:30。近くのファミレス「ジョイフル」でひとり夕飯を食べました。そこでもらった「ドリンクサービス券」なるものを見てビックリ。なんと大分トリニータの選手カードになっているではありませんか。ちなみに私がもらったのはDF深谷友基(すみません知りません)。よ~く読むと「ジョイフルは大分トリニータ応援しています」という文字が。なるほどオフィシャル・スポンサーということか。

ここは九州最南端。思わぬところでのJリーグ選手カードとの出会いに、何だかとてもうれしくなりました。そして思いました。「鹿児島の人ってどこのチームを応援してるのかなあ?Jリーグの試合とか見に行くのかなあ?」。鹿児島実業はサッカーの名門だけど。

鹿児島のサッカー事情に想いを巡らせつつ、これから搭乗です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

toto174

2005-07-21 | toto
結構堅めだと思うけど、堅けりゃ当たるってもんでもない。こうして書いていると、もうすでに「あれっ、ここはこっちじゃないか」ってところがチラホラ。それでもこりずに浦和、川崎、徳島に勝をつける頑固者。

 1  広島×東京V 0
 2  大宮×鹿島  2
 3  千葉×川崎  2
 4 F東京×神戸  1
 5 横浜M×柏   1
 6  清水×浦和  2
 7 G大阪×C大阪 1
 8 名古屋×磐田  02
 9  大分×新潟  1
10 横浜C×水戸  1
11  甲府×仙台  0
12  徳島×札幌  1
13  福岡×湘南  1

コメント (1)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ベテラン

2005-07-20 | football
ベテランっていうのはどうなの?いつまでも現役にこだわるのは勝手だけど、チームにとっては迷惑なんじゃない?イキのいい若手が次から次へと出てくるわけだし。どう頑張っても体力は堕ちる一方。そりゃあ、たまにはベテランの経験なり存在が必要な時があるかもしれない。でもそんなのはほんのわずかだ。

そんな声も聞こえてきそうである。

「これで皆、オレが引退すると思っているのかな?サッカーは世界中でやっているんだぜ」

そう言い放ったカズのJ2横浜FCへの移籍が決まった。38歳になっても、J1神戸の戦力構想から外れても、カテゴリーを落としても、彼はサッカーをすることを止めない。これはかなりカッコイイことだと思う。

私はカズと同世代。所属するAXISではベテランという立場になってしまった。でももちろん、私もサッカーをすることを止めない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Down to Heaven

2005-07-19 | book
森博嗣

中央公論新社

「能力をすべて人に教えるなんて、そんなぎりぎりのことはしたくない。そう、周囲のみんなは、自分の能力をより大きく見せようとやっきになっていた。いつも背伸びをして、こんなに自分は凄いのだ、とアピールしようとする。それはつまり、周囲のみんなが味方だと信じている証拠だ。僕は、幸いにもそんなお人好しではなかった。」

という本を読みました。久しぶりに心を動かされました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AXISvsMHS(北千住)

2005-07-17 | axis
全日本設計事務所リーグ04-05シーズン第10節
2005年7月16日(土)15:00キックオフ
台東区営北千住グランド
AXIS 2-2 MHS


なんとグランドが確保できず、実に3ヶ月ぶりのリーグ戦。季節は夏になってしまった。どんより曇り空でもピッチ上はかなり暑い。給水用のペットボトルをいつもより多く買ってきてよかった。集まったメンバー12人ということは、交代できる選手は1人だけ。厳しいなあ。とにかく集中を切らさずに行こう。

この試合は、来春入社予定の新人のデビュー戦となりました。AXIS待望の若手DFということで、チーム全員大歓迎。特に高齢化が進むDF陣にとっては、もう本当にありがたい存在。背番号は、坪井がレッズに入団した時につけていたのと同じ20番に決定。東京大学大学院に在籍中の彼は、背が高くてとてもさわやかなナイスガイ。チャリンコで登場するという、なかなかお茶目なヤツです。

初めて一緒にプレーするとは思えないくらい、AXISのオヤジDF陣にうまく溶け込んでいたと思います。後半は相手のエース17番をマンマークして、追加点を与えませんでした。ポジションはセンターのやや前目で潰し役。これからはボランチとのバランスを考えて、もっと積極的に上がっていくのもありかな。まあいずれにせよ、これで各ポジションに有望な若手が揃ったわけです。AXISもあと10年は安泰。

さてそうなってくると、今度は自分の心配をしなければなりません。「ベテラン」という結構面倒な存在になった今、どうやってチームに関わっていくべきなのかは、かなりデリケートな問題です。体力、持久力、瞬発力、脚力、走力、キック力等々、全てが明らかに堕ちています。しかしこれは仕方のないことです。最近は、「堕ちていく自分をどこまで許容できるか」ということが、現役でプレーを続けるポイントであるような気がしています。

気持ちはあるけど体は動かず。それでもやっぱりゲームに出たい。それもAXISのメンバーとして。そのためならいくらでも「許容」しちゃうなあ。ああダメなおいら。頑張って堕ちないようにしなきゃあ。日々精進。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

背番号は10

2005-07-15 | reds
「浦和レッズはレバークーゼン(ドイツ)からMFロブソン・ポンテ選手(28歳)を獲得致しました。同選手の背番号は「10」、契約期間は2005年7月15日から2006年1月1日までです。」(浦和レッズオフィシャルサイトより)

10番がいないチームというのは、どうもしっくりこない。逆に10番が中心になっているチームというのは、すごくいい感じだ。浦和レッズレディースの安藤梢しかり。日総建AXISの岡チンしかり。それだけ重い背番号ということ。

さて、ポンテはどうだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

toto173

2005-07-14 | toto
浦和、川崎、徳島、湘南とお気に入りチームに勝をつける。そして大宮に負けをつける。もう当たらなくてもいいや!って、それじゃあ何のために買ってるんだ!っての。

 1  新潟×名古屋 2
 2  鹿島×大分  1
 3 F東京×横浜M 2
 4  川崎×C大阪 1
 5  磐田×東京V 1
 6 G大阪×清水  1
 7  神戸×柏   2
 8  浦和×広島  1
 9  千葉×大宮  1
10  札幌×京都  10
11  山形×徳島  2
12 横浜C×湘南  2
13  仙台×草津  0

コメント (3)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加