football smile

the days turn into months and years

J1 浦和 vs 横浜M(テレ玉)

2017-12-02 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第34節
2017年12月2日(土)14:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(テレ玉)

浦和レッズ 0 - 1 横浜Fマリノス

      興梠

高木  矢島  柏木  梅崎 

      青木

宇賀神 槙野  阿部  平川

      西川 

監督交代、アジアチャンピオン、良いことも悪いこともいろいろあった激動の2017シーズンも今日がリーグ最終戦。何があっても変わらず応援を続けるサポーターというのは、実に尊いものであると思う。社長は親会社から派遣され、監督は結果が出なければ解任され、選手は監督の戦術に合わせて選定される。応援するクラブを自ら選べるのはサポーターだけであるということを考えれば、最もクラブを愛しているのはサポーター以外にありえないのだ。

消化試合となった最終節とはいえ、堀監督の采配はあくまで緻密だ。選手を固定しないというポリシーは、相当強固なものである。ある意味、前任者の影響あるいは反動と言えるかも知れない。また、それだけシステムを信仰しているということか。個人の資質に頼ることなくチームを機能させたいという欲求の現れとも取れる。その意図は試合全体を通して表現されていたと思う。しかし今日の試合を客観的に評価すれば、チームとして機能していたのはFマリノスの方であった。

     ズラタン

 武藤   興梠   柏木

    長澤  青木

宇賀神 槙野  阿部  平川

      西川 

浦和はあと一歩のところまで攻め込むが、フィニッシュの精度やアイデアが不足している。これではFマリノスの強固な守備を突破することができない。現状でシーズン序盤の攻撃力を再現することは難しいだろう。それではどのように点を取るか?その形を模索するのが、来シーズンに向けた課題である。能力の高い選手が揃っている中で、4-1-4-1あるいは4-2-3-1というシステムの併用が有効なのか?まずはクラブW杯でその布石を見てみたい。

最後に大逆転で初タイトルを手にした川崎フロンターレ優勝おめでとう!J2時代から魅力的なサッカーを構築してきた努力がようやく結実しましたね。浦和もそうだったけど、初優勝というのは本当に嬉しいものです。今後もタイトルを手にする機会があると思いますが、その感動は二度と味わえないので、じっくり噛み締めてください。本当におめでとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs 川崎(テレ玉)

2017-11-29 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第33節
2017年11月29日(水)19:30キックオフ
埼玉スタジアム2002(テレ玉)

浦和レッズ 0 - 1 川崎フロンターレ

     ズラタン

高木  長澤  矢島  武藤 

      遠藤

菊池 マウリシオ 阿部 森脇

      西川 

成し遂げた浦和と成し遂げようとする川崎の対戦。当然ながら、それぞれのモチベーションは異なるわけで、どのような試合展開になるのか興味深い。タイトルがかかったファイナルとはまた違った面白さがある。浦和は中3日ということで、システムは変えずにメンバーを入れ替えてきた。だいぶ若返った感がある中で、36歳の阿部ちゃんが際立って見える。チームを引っ張るキャプテンは休まないのだ。

前半、いちばん目立っていたのは川崎の家長だった。大宮の降格は「家長ロス」によるものだと言われているが、まさにそれを証明するかのような存在感である。先制点は、その家長の突破から奪われてしまった。上手いねえ。天才はいくつになっても天才だ。高木と菊池の左サイドは前がかりになるため、その裏のスペースを自由に躍動する。

     ズラタン

梅崎  柏木  矢島  武藤 

      遠藤

槙野 マウリシオ 阿部 森脇

      西川

後半、このままではいかん!と思ったのか思わなかったのか、結構ズルズルと試合は流れてしまった。梅ちゃんを入れて、槙野を入れて、柏木君を入れて、体制を整えたかに見えたが、いずれも少々遅すぎた感じである。最後はもう完璧に逃げ切りを図った川崎のリアリティに屈する。う〜ん、決して消化試合というわけではなかったのだろうが、やはり難しい試合であった。おかげで優勝の行方は、最終節まで持ち越されることとなった。そういう空気を読むところは、さすがビッグクラブである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 鹿島 vs 浦和(DAZN)

2017-11-05 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第32節
2017年11月5日(日)14:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム(DAZN)

鹿島サッカースタジアム 1 - 0 浦和レッズ

        興梠

ラファエル シルバ 長澤 柏木 武藤

        青木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

        西川

リーグ制覇を射程圏内に捉える鹿島とACLファイナリストの浦和との対戦ではあるが、正直言って現在のチーム状態を客観的に見れば、どちらがより勝利に近いのかは明らかではないか。しかし、鹿島だけには負けたくない。どうしても絶対に負けたくない。何が何でも負けたくない。まぐれでも奇跡でもいいから勝ってほしい。というわけで、いきなり日本代表に招集された長澤をスタメンに据えて、万全の体制で挑む。

浦和はボールを保持したがる。鹿島はそこにこだわらない。浦和の守備が良くなったとはいえ、鹿島の守備とはやはり違う。平然と守りつつ、タイミングを見計らって縦へのスピードで勝負を仕掛けてくる。前半耐え抜いた浦和だけど、後半スペースができ始めるともう一杯いっぱいであった。サイドから大きく振られるクロスは、浦和の守備が最も苦手とするところ。そこを見事に突かれてしまった。

       ズラタン

  高木  興梠  長澤 ラファエル シルバ

        遠藤

槙野 マウリシオ 阿部  森脇

        西川

堀監督体制になって選手が固定されなくなったのは周知の通り。調子の良い選手を使うという方針の中で、最も替えの効かない選手がアンカーの青木である。そのことが浮き彫りになった。後半、青木が負傷で退くと、そこには長澤が入り、そのあと遠藤が入った。どちらも難なくこなしていた。しかし、全体のバランスが微妙に狂ってしまう。その微妙さ加減を調整できるのは、おそらく阿部ちゃんくらいだろうが、それでは最終ラインに不安が残る。つくづくチーム作りというのは難しいものだと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 広島 vs 浦和(DAZN)

2017-10-29 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第31節
2017年10月29日(日)16:00キックオフ
エディオンスタジアム広島(DAZN)

サンフレッチェ広島 0 - 1 浦和レッズ

        興梠

ラファエル シルバ 長澤 柏木 武藤

        青木

 宇賀神  槙野  阿部  遠藤

        西川

前回の対戦から指揮官が代わってシステムも代わった。浦和はタイトルから遠ざかり、広島は残留争いに巻き込まれている。かつてのような白熱のミラーゲームは、もはや期待できない。しかしこの両チームから根深い因縁が消え去ることもない。お互い複雑な気持ちを抱いてピッチで向き合うことだろう。それにしても、一体何が起こったというのか?昨シーズンもしくは今シーズン序盤まで、3-4-2-1という特異なシステムは、少なからずJリーグにおいて機能していたはずである。その終焉は突然訪れてしまったのか。

ボールは保持するものの攻め手が一向に見えない浦和は、それでも我慢の時間をやり過ごす。失点を避けるという意識統一は、徐々に強固になりつつあるようだ。前半はそのまま終了。後半もじっくり時間が過ぎて行く中で、チャンスをモノにしたのは、遠藤からのクロスに合わせた長澤のセンスあふれるボレーシュート。交代の準備をしていた堀監督は、これを見て迷わず長澤をピッチに残す選択をした。この機転がその後のゲームコントロールにも大きく貢献することとなった。

     ラファエル シルバ

  梅崎  長澤  矢島  ズラタン

        青木

 宇賀神  槙野  阿部  遠藤

        西川

2列目をリフレッシュして最後に守りに入った浦和は、なんとか逃げ切ることに成功した。この結果は、西川の復調に寄るところも大きい。一時は完全に調子を落として、日本代表からも外れることとなったが、徐々に本来のプレーを取り戻しつつある。チームにたったひとつしかないGKというポジションは、気持ちの調整が難しいだろうなあと思う。それにしても、ズラタンの使い方はこれで良いのか?堀監督に対する唯一の疑問である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs G大阪(DAZN)

2017-10-22 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第30節
2017年10月22日(日)17:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 3 - 3 ガンバ大阪

        興梠

ラファエル シルバ 長澤 柏木 ズラタン 

        青木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

        西川 

G大阪で5年間指揮を執った長谷川健太監督が、今シーズン限りで退任する。残した成績は立派なものだと思う。しかし、これだけの結果を残した監督であっても、5年が限界ということか。監督というのは、かくも難しい職務なのだろう。見方を変えれば、チームには変化が必要であるとも言える。浦和もしかり。監督を代えてシステムも変えた。それがACL決勝進出という結果につながった。

ピッチコンディションを考えると、ゲームの作り方は非常にデリケートにならざるを得ない。両ワイドにラファとズラタンを置いた堀監督は、相手の背後のスペースを突いた攻撃をイメージしていたと思われる。この狙いにフィットしていたのが、ラファと長澤の左サイドであった。柏木君は中央に寄るので、ズラタンが完全に浮いたしまった感じ。

浦和の先制点は、アンカーの青木が攻め上がったことから生まれた。これぞリスクを冒して勝負するというお手本のようなプレーであった。相手を背負った興梠も上手かったし、ゴールを決めたラファも上手かった。圧巻は興梠の3点目で、あそこで柏木君にフリーでボールが渡れば、あとはタイミングで決まる。

     李 ラファエル シルバ

梅崎   長澤   青木  高木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

        西川 

しかしまあ、3度のリードを守れないというのはいかがなものか。得点した後に守るのか?もう1点取りに行くのか?何だかモヤモヤしたまま時間を過ごしてしまった。これだけのパフォーマンスを見せたのだから、勝たなければならない試合であった。いくら良い試合をしても結果が出なければ意味がない。ブーイングは仕方なし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs 神戸(DAZN)

2017-10-14 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第29節
2017年10月14日(土)19:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 1 - 1 ヴィッセル神戸

       興梠

 武藤  矢島  柏木 ズラタン

       青木

宇賀神 マウリシオ 阿部  森脇

       西川 

さあ、待ちに待ったリーグ戦再開。スタメンもかなりいじってきた。ここから終盤に向けての戦い方は、チームにとって非常に大切である。試合を組み立てるという言い方をよくするけど、それは守備の構築にもあてはまる。相手の攻撃に合わせて、じわりじわりと守備ラインを整えていく感じである。ところが今日は、試合への入りがフワッとしていて、いきなり先制点を与えてしまった。まるで鳥栖戦の再現ではないか。

前半のボール支配率は、神戸の方が上回っていた。確かに神戸の中盤は、非常にバランスが良かった。必要なところにポドルフスキーが下りて来て、その穴を埋めている感じである。浦和は柏木君を中心に中盤を作るが、ズラタンを右サイドに置いているため、少々歪な感じで攻めることになる。後半、興梠とズラタンがポジションを入れ替えたりしているところを見ると、やはりしっくりこなかったのだろう。

       興梠

 梅崎  武藤  柏木 ラファエル シルバ

       青木

 平川 マウリシオ 阿部  森脇

       西川

どちらも最後まで勝負に出たし、決定的なチャンスも作り出していた。お互い手は尽くした感はある。そのおかげで観ていて面白い試合ではあったけど、決してレベルの高い試合とは言い難いのが残念なところ。矢島のシーズン初ゴールが唯一の明るい話題か。宇賀神のシュートを右足のアウトサイドに当ててコースを狙う当り、そのスキルの高さを見せつけてくれた。ああ、あと平川が元気そうだった。さすがに運動量は落ちたなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 仙台 vs 浦和(DAZN)

2017-10-01 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第28節
2017年10月1日(日)14:00キックオフ
ユアテックスタジアム仙台(DAZN)

ベガルタ仙台 2 - 3 浦和レッズ

       興梠

 梅崎  柏木  武藤 ラファエル シルバ

       青木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

       西川 

本音を言えば、もちろん今シーズンはACLに照準を絞ったわけだけど、今日のスタメンを見てもわかる通り、勝てていないリーグ戦も疎かにはできない。なぜなら、それほど器用な戦い分けができるチームなんてないからだ。そこがターンオーバーの難しいところ。前節の鳥栖から一転して、仙台は引いて守るような戦い方はしてこなかった。前へ前へと仕掛けてくる。連戦の浦和にとって、これは堪えるだろうなあと思いながら画面を眺めていた。ボール支配率は五分五分のまま試合は進む。チャンスも五分五分だろう。その中で先制点は浦和に入ったことは大きい。

      ズラタン

 梅崎  長澤  武藤  高木

       青木

槙野 マウリシオ 阿部  遠藤

       西川 

左サイドが梅ちゃんということで、前線の連携に躍動感が加味された。最近の試合では見られなかった、中央の密集地を突くような攻撃が目立った。このあたりが、柏木君と矢島のゲームコントロールの相違と言えるかも知れない。終盤はそこに長澤を使った堀監督の采配は、なかなか微妙なものであったと思う。ズラタンと高木が予定調和だとしたら、長澤の起用あるいはそのポジションには、違和感を持った人も多いのではないか。本来なら青木の位置に置くべき資質を備えている選手だから。

まあ、勝って文句は言いたくないが、やはり最後まで耐えられない守備は如何なものか?本来であれば1-3でクローズすべき試合である。その辺りは、戦術というよりメンタルの問題。チームとして、選手個人として、まだまだ課題は多い。しかし、全体的な方向性は間違っていないと思う。そこに救いがある。もっともっと頑張れるぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs 鳥栖(DAZN)

2017-09-24 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第27節
2017年9月23日(土)16:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(DAZN)

浦和レッズ 2 - 2 サガン鳥栖

       興梠

 高木  矢島  武藤  駒井

       阿部

槙野 マウリシオ 遠藤  森脇

       西川 

前節の磐田戦もそうだったけど、いまひとつピリッとしませんなあ。そんな愚痴の一つも言いたくなるような内容である。いきなり先制点が入った鳥栖のフィッカデンティ監督の采配は、関心してしまうくらい徹底していて、がっちり引いてカウンターという戦術を貫いた。最後にイバルボと豊田を並べることをしなかったということは、鳥栖にとってアウェーでドローという結果は、十分受け入れるべきものであったのだろう。非常に手堅いカルチョの国の監督ならではの采配と言える。

      ズラタン

     矢島  興梠

 梅崎  阿部  長澤  武藤

   槙野 マウリシオ 遠藤

       西川

一方、ボール支配率が70%を超えていた浦和にとってはどうだったのか?今日も堀監督は、十分魅力的な戦術を披露していた。4-1-4-1の右ワイドに駒井を配したスタメンから、長澤を投入して3-4-2-1へと移行するあたり、かなりマニアックな選手交代と布陣構成である。狙いも明確で申し分ない。試合自体は点を取られては取り返すという、後手に回った感は歪めないが、それほど悲観するものでもない。しかし、勝てなかった。最後に何かが欠けている。そこが今後の課題である。

柏木君のけがの影響もあるけれど、堀監督になってから矢島や長澤が積極的に使われている。まだまだ十分な働きができているとは言い難いが、それなりの可能性を感じることができる。しかし、実はこの布陣になって最も重要な役割を担っているのは、武藤ではないかと思う。本来のポジションであるシャドー以外に、サイドに開いたり後ろに下がったり、その状況に合わせてチームに足りない部分を補っている。こういう選手がいると、監督は助かるだろうなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 磐田 vs 浦和(DAZN)

2017-09-17 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第26節
2017年9月17日(日)16:00キックオフ
エコパスタジアム(DAZN)

ジュビロ磐田 1 - 1 浦和レッズ

       興梠

 高木  矢島  武藤  平川

       青木

槙野 マウリシオ 遠藤  森脇

       西川 

まさかの大逆転で川崎を退けたACL準々決勝の熱気も覚めやらぬまま、水曜日には天皇杯4回戦の鹿島戦も控えている浦和は、阿部ちゃんと柏木君をベンチに置くという、ミシャ監督の時にはちょっと考えられなかった流動的な選手起用を見せる。今日も布陣は4-1-4-1である。最も変わったのは、サイドの構築ではないかと思う。縦へのドリブル突破や、中央へのフリック&スルーが減って、より堅実な組立が目に付くようになった。これは守備への影響も大きい。

前回の対戦では不在だった中村俊輔がゲームを作る磐田に対して、浦和の攻撃は左サイドの高木と矢島が基点となる。裏のスペースを狙う回数が格段に増えたので、磐田のDFラインに迷いが見られる。チャンスは五分と五分だったけど、先制点を磐田に取られてしまった。ここで浦和には、ゴールに向かう推進力が求められる。しかし今日のメンバーだとそこが少々弱い。前半はそのままリードを許して終了。後半もそのまま時間が過ぎて行く。

      ズラタン

 菊池  興梠  武藤  梅崎

       青木

槙野 マウリシオ 遠藤  森脇

       西川

ボールは浦和が保持する。攻守のバランスも悪くない。さあ、どうやって点を取るか?様々なチャレンジが試みられる中、結果となって表れたのは、やはり裏狙いだった。青木のパスも良かったけど、興梠の動き出しが抜群である。解説の川勝氏曰く、興梠は相手に気づかれない静かさが良いとのこと。最後にオープンな展開となったところで、堀監督は菊池を投入して勝負をかけるも、結局ドローで試合終了。ううん、なかなか評価が難しい試合であった。まあ、悪くはない。今はそういう時なのかも知れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J1 浦和 vs 柏(テレ玉)

2017-09-09 | J1

明治安田生命Jリーグ・ディビジョン1 第25節
2017年9月9日(土)19:00キックオフ
埼玉スタジアム2002(テレ玉)

浦和レッズ 1 - 2 柏レイソル

       興梠

 高木  矢島  武藤  ラファエル シルバ

       青木

 槙野  阿部  遠藤  森脇

       西川 

先日、W杯出場を決めた日本代表の試合をTV観戦した。青い埼玉スタジアムって違和感がある。代表だからなのか、それとも時流なのか、最近はまた個の力が重視されているように思える。組織では打開できない局面があるというわけだ。浅野や井手口の爆発力は確かにすごい。こういう若手選手の台頭は喜ばしいことである。しかし、正直言って日本代表の試合ってあまり面白くないよね。チームの成熟度みたいなものを主としていないからかも知れない。

そしてやっぱり、勝手も負けても浦和の試合は面白い。今日のスターティング・フォーメーションは、ついに来たかの4-1-4-1である。今までの3-4-2-1と比較するだけでも非常に興味深い。浦和の生命線とも思えたサイド・アタッカーを置いていないので、攻撃のテンポも若干異なる。いよいよ堀監督の色を出し始めたとも言える。個人的にはとても好きな戦い方である。シーズン序盤のイケイケな攻撃は期待できないが、リスクを減らしたゲーム・コントロールを得ることができる。これとは対照的なのが、攻撃陣の数を限定してカウンターを狙う柏の戦い方だろう。それぞれのチーム成熟度が試される。

      ズラタン

 興梠   李  武藤  駒井

       青木

 槙野  阿部  遠藤  森脇

       西川

圧倒的に試合を支配していた前半のうちにゴールを奪えなかった。それが全てである。1点でも取っていれば、逃げ切るための終盤の戦い方を観ることができたはずだ。ところが今日観られたのは、何とか1点を取りに行くパワープレーだった。これでは楽しみも半減である。なぜ、こうなってしまったのか?まず、相手のブラジル人トリオのカウンターに対する守備がある。厄介な伊東純也にも、最後まで引っ掻き回されてしまった。青木、遠藤、阿部ちゃんは、絶妙なバランスで守っていたが、逆にアバウトなボールへの対応で後手に回ってしまった。

攻撃に関しては、かなり可能性が見えたと思う。左サイドの高木と矢島のトリッキーなパスと動きは、見ていてとても面白かった。しかし、決め切る力がなかったのも事実であり、そこは課題として残されている。結局最後は右サイドに駒井を入れて、KMLのコンビネーションにズラタンの高さ頼りというのも不満が残る。前へ進んでいるのか?後ろへ戻っているのか?モヤモヤした感じで終わってしまった。堀監督らしさは、さらに一歩進んだところにあるはずなのだ。もう少し時間をかける必要がある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加