ベジタリアン・マーフィーの菜食日記・日々是精進

平和を愛するベジタリアン。生命倫理、菜食、環境問題など、みんなで考えよう!

Coco Natural リニューアルオープン

2018-02-18 16:55:42 | べジ外食
先日隣に移転されてリニューアルオープンして、店内も広くなり今日はお客様もひっきりなしでした。


メニューは変わってません(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vegan インド料理 Shama

2018-02-18 11:00:07 | べジ外食
普通インド料理というと乳製品(バター、ヨーグルト)が入りますが、こちらのお店は乳製品なしのメニューも定番としてあります。



さらに五葷ぬきも対応しており、台湾からの観光客にも利用されています。




写真のセットには更にスイーツとドリンクがついて、税込1050円とお得なセットです!

しかも売上金の一部はインドで学校を作る資金に寄付されますので、食べて応援が自然と出来ますよ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パプリカ食堂VEGAN 四ツ橋、4周年

2018-02-18 10:48:37 | べジ外食
昨夜は大阪市の四ツ橋筋にある、パプリカ食堂さんのパーティーに参加しました。

準備中の風景


あれから四年たったのかーと、月日の流れを感じます。






色々な種類の菜食料理を楽しむだけでなく、集まった人同士の交流、新たな出会いも楽しみなパーティーです。

ビーガンのお店で生き残るのは大変ですが、これからも繁盛して欲しく思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四天王寺さんと関帝廟

2018-02-17 13:36:38 | Weblog
大阪市天王寺区には日本仏教の元祖的な四天王寺さんがある。



聖徳太子さんゆかりのお寺ですね。
 
またそれとは別に東側には小さいけど関帝廟がある。



関帝とは、三國志の関羽のことです。
入口にはこんな掲示板も。


関帝廟て日本なら横浜と神戸が有名ですが、大阪の方が古いらしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小曽根実さん逝去

2018-02-17 08:07:36 | Weblog
神戸新聞NEXT | 総合 | 小曽根実さん死去 神戸ジャズ発展に尽くす


ここのところ神戸の訃報が続いてます、小曽根実さんと言えば読売テレビ11PMでハモンドオルガンを演奏する姿を思い出します。

小曽根さんは若い時から須磨海岸にあったラジオ関西でジャズを紹介し、神戸ジャズの発展に貢献されました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戊戌(つちのえいぬ)年、謹賀新年

2018-02-16 23:17:02 | Weblog
明けまして
御目出とう
御座居ます



本日は旧暦の元日です。

西暦2018年
平成30年
皇紀2678年です。

戊(つちのえ)は、茂(しげる)が元になっており、草木の葉っぱが元気に茂る意味です。

しかし、戌(いぬ)は、滅ぶとか切れる…の意味を持ちます。葉っぱが落ちて秋から冬に移ろうかという様相の意味です。

はてさて、今年はいったい何が栄えて、何が脱落するのか、一年間の移ろいに注目です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインデーて命日なんだけど。

2018-02-14 21:28:33 | Weblog
バレンタインデーの由来 - バレンタインデー スタイル



今日はバレンタインさんが処刑された日だから、ハッピーバレンタインだなんて、無知で不謹慎だと思いますわー。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元ラジオ関西の西條遊児さん

2018-02-13 21:16:09 | Weblog
【訃報】西條遊児さん»お知らせ


兵庫県のローカル局で地域の情報を色々と紹介してくださいました。
大変に気さくなオジサンで、どなたにも親しくお話してくださいました。
突然のご逝去に謹んでご冥福をお祈りいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビーガン金メダリスト、メーガン・デュアメル

2018-02-13 19:01:52 | その他
スケート世界選手権、ヴィーガンが優勝!菜食のおかげ?
  

上のリンクは古い内容ですが、ピョンチャンでも金メダルに輝いたそうです!


2008年からヴィーガンとなり、強くなっていったようです。

韓国では犬肉食の文化がありますが、彼女は食肉にされる寸前の犬を引き取り、家族の一員として連れて帰った…という逸話もあるそうです!

身も心も素晴らしいフィギュアスケート選手です。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不平不満を言う人は余裕がある

2018-02-12 19:05:57 | 心の修養
ある家族の実話ですが、夫妻と三人の子供の住む家が道路拡張工事で立ち退きになり、二千数百万円の立ち退き料を受け取ります。
しかし主人が全額を持って行方不明になり、奥さんと子供たちは一転ホームレス生活に陥り、とりあえず奥さんは納屋に住み、子供たちは施設に預けられます。

月日がたち長女は中学三年生となりますが、高校には行かずに働くことを決めました。

ある方が『苦労して大変だね。高校に行きたいよね。』などと慰めの言葉をかけると、その長女は『私には不平不満を言っている暇はありません。妹や弟を養わないといけないから。不平不満を言う人は余裕のある人です。』と。


15才の少女の腹をくくった言葉です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加