危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

BS11 「幸福実現党は何を目指すのか」5月31日(月)22:00~22:55

2010-05-30 00:14:37 | 幸福実現党
BS11 デジタル放送のお知らせ

タイトル「幸福実現党は何を目指すのか」

http://www.bs11.jp/news/59/
放送日時・5月31日(月)22:00~22:55

二木 啓孝(BS11解説委員)
松田 喬和(毎日新聞論説委員)

ゲスト:石川 悦男(幸福実現党 党首)


2010年 5月 29日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ラ・ムーと理想政治の原点」&質疑応答2010 5 28 5月26日 西東京青年開拓拠点

2010-05-28 18:56:56 | 幸福実現党
幸福実現党 東京発 ニュースエクスプレス より
http://hrp-tokyo.jp/

2010.05.26「ラ・ムーと理想政治の原点」&質疑応答2010 5 28 5月26日、西東京青年開拓拠点、参加党員レポート
「ラ・ムーと理想政治の原点」速報版


★基本的な考え方を学習し、それを広げていくのが幸福の科学のスタイル★

政治の運動も、1年ほどやってきましたが、わずか1年で、考え方は蓄積されています。

民主党であれ、自民党であれ、一年間でこれだけの政治思想を出せたところはありません。
幸福実現党はこう考えるという、答えを出そうとして、ベーシックな教科書のところをつくろうとやってきました。
蓄積の力は結構あるものですね。
大事なところから攻めながら、論点を一個一個潰していって、テキスト、マニュアルにあたるもの、基本的な考え方に当たるものを作っていくのが私の基本的な考えなのです。
それを学習していって、学習した方、マスターした方が先生になって他の人に広げていくと。この組織型のスタイルを作ろうとやってきています。
完成したらやろうと思うといつまでたってもできないので、やってみることが大事です。
やっていくうちに勉強が進むことがあります。

★宗教のない国や、信仰心のないトップがいる国は立派にはなれない★

7月参院選があって、戦いを挑まなくてはいけない。『宗教立国の精神』も出していますが、これは実に実に大事なことです。
総合本部で公開霊言を2本録りました。
1つはアダム・スミス、2番目に、中国側の意見を聞くということで、社会主義市場経済に切り替えて繁栄に導いた、トウ小平国家主席の霊言を録ったのです
が、トウ小平が地獄に落ちていることが分かって、ショックでした。
アダム・スミスもお金を儲かる話をしているが、お金儲けによって地獄や天国が分かれるわけではない。
トウ小平も発展を成し遂げたのですが、あの世も神も信じていない。
西側世界に入ろうとしていたのではなく、西側の兵法を学んで、儲けられるものは儲けて、軍事力を拡大することが目的だと。
兵法を使って敵を倒すのが目的だと言っていました。
13億のトップが無神論では国をダメにするのです。
基本的人権は理解していない。基本的人権を理解するには神の子、仏の子の思想がいります。
人間だけではなく、国家もある意味で巨大な機械だと思っているのです。
機械の中に人間という歯車が回っているように見えているのです。いくら大きくても宗教がない国は立派ではありません。
これを見て、この世で成功するとか豊かになることは大事ですが、信仰心がないことは、どれほどダメかというか、人間としてそれ自体が失敗だということを知りました。
国家において、トップにあるものが信仰心を持っていなければ、それを下の人に教えることは難しいのです。

★左翼には、この世をいかにしてユートピアに変えようかという哲学が足りない★

宗教的な心の修行をやっている人が、国政に参加していくことが大事です。
幸福の科学で宗教的真理を学ばれ、心の面できっちりと方針を理解している人たちが、政治を行うことが大事です。
今の政権では、左翼の思想、共産主義に寄った思想が非常に強い。
支持団体に労働組合や教員組合がついているので、左翼思想が強くなって引っ張られている。
ただ、その思想に行き着く果ては、結局この世限りの世界を信じるところですので、この世だけの労働条件、待遇改善しか人生目標はないのです。
何のためにこの世に生まれて、どのようにユートピアに変えようかという積極的な姿勢がない。
哲学として思想として足りない。人から何をもらえるかということを考える国民をいっぱい作ってはいけないのです。
ケネディが言っていたように「国家があなたのために何をしてくれるかではなくて、自分が国のために何が出来るか」を考えるような国民をつくらなくてはいけない。
国のトップが、「あなた方は国のために何ができるのか」と言い切れるだけ、それだけ自分に厳しく精進する徳力のあるトップでなければいけないし、神仏に近づいてく心掛けを持った政治家でなければいけない。
そういう心ある政治家を輩出していくために、教団として力を貸すことができれば幸いです。
新しい仕事ではありますが、段々に形を作っていきます。努力精進を続ける限り、プロへの道は近づいてきます。

★失点しないことが勝利ではない。困難に立ち向かう時にこそやりがいがある。★

私は、失点しないことが勝利だとは思っていません。失点したら得点を入れるのみです。
他で点を取り返すという主義です。
昨年、300数十人立候補して全員落ちたのは大きな痛手でしたが、教団としては潰れるかもしれないということでしたが、世間的な評価は、屋台骨は揺らがないと判定しています。
実際、揺らがなかった理由は一生懸命頑張ったからであって、クシュンとなって、みんなが後ろ向きになったら揺らいでいると思います。
まだまだ、我々の志はこんなんじゃないと思っているから揺らがないのです。強くありましょう。
困難が大きければ大きいほど楽しいし、やりがいがある。まだ解けない問題があるのがうれしいじゃないですか。
困難を感じている時は、一番やりがいを感じる時です。



20100526『ラ・ムーと理想政治の原点』質疑応答

Q1.脱藩ガールズしています。秋葉原などでは一緒に踊ってくれる若い人もいて反応良いのですが、若い人の票を動かすにはどうすればよいのでしょうか?

A1.秋葉原の人たちは受けはよくても、投票に行くかどうかは分かりませんね。一定の手順が必要。短期間で知られるものはスキャンダル等ありますが、不幸につながるもの。正攻法は地味なものなのです。

メディアはまだ隠れた野心があるのではと思っているところもあります。メディアの特徴は標準化にあります。低いものを持ち上げ、高いものを引きずり降ろす。標準化とは凡人化すること。そして、世間が取り上げる時は成長が終わった時が多いのです。成長している間は世間は沈黙していて、失敗した時や無害であると認定した場合に取り上げます。この理由はリスクや責任を取りたくないからなのです。やっていることは伝わっているので焦らないことです。

マスコミは取り上げる時は一斉に取り上げます。私も東京ドームで講演会をした頃体験しています。突如、突然叩き落としにかかります。ものすごい権力者に見えたようです。ヒトラーのようだと強く批判した言論人もいましたが、ヒトラーが愛を説くかと反論したら、その言論人の娘にあちらは神様よ、たたりがあるからと批判を止められたようです。

世間は見ていないようで水面下でじっと見ています。事件性があれば使います。理解されるまで潜伏期間ありますので、焦らなくてもよいです。有名になる前のフラストレーションはあるものなのです。

くだらない小説などは取り上げますが、こちらを取り上げないのは大教団と思ってハンディーを付けているところもあります。出版物も発行しているので、自前で宣伝すればよいでしょ。のように。

週刊朝日では事業仕分けの次は宗教法人仕分けをして課税すべきとの記事がありましたが、朝日新聞社は40億円の赤字です。優遇税制の宗教に嫉妬していて、必死で嫉妬を押さえているところもあります。

マスコミは強そうに見えて実は弱いです。ハイエナのように弱いと分かると一気にみんなで報道にかかる。強いと分かると手を出さない。

マスコミの法則は2つあります。ひとつめは自ら望んで火中に入った人はプライバシーはない。もうひとつはジョーズのように潜航して沈黙している。

堅実な活動が大切。全部取り上げられる時はスキャンダルの時など。出ないということはいいこともある。メディアに取り上げられることを考えるよりも、一般の人に知ってもらうこと。効果のありすぎる兵法を狙いすぎるのは良くない。目立てばよいというものでない。世間が認める活動をする。

知っている人は知っている。91年くらいで宗教としては実績確立しているが、政治の実績はまだ時間がかかる。

内容とまともな活動が大切。前回の衆議院選はクリーンな活動だった。300人以上出馬したら100人くらいは捕まる。うちは1件のみ。しかも生活大変だろうとアルバイト代渡した行為だった。世間は100人以上の逮捕者を予想していた。

真面目なことが信用になる。意外に世間の人は知っています。奇策は意外と通じない。


責任は最終的に私にあります。やると決めた人に責任があるものなのです。私は失点があっても次得点を入れるという考え方を持っています。

300人以上出して屋台骨は揺るがなかった。マスコミもそう報道しています。ただ、負けてみんな後ろ向きになっていたら屋台骨は崩れていた。前向きに我々の志を崩さなかったことが屋台骨が揺るがなかった。

今日はアイアンマンの時計をしています。鉄のスーツに変身して、疲れ知らずでどこへでも飛んでいく。私もそうありたいと思いますし、若い人もそのように目指してなってほしいです。

困難があるということは嬉しいこと。まだ到達していないことがあることは嬉しいことです。困難を感じた時が嬉しいことであると思って下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『日米安保クライシス』講義 質疑応答2010 5 28

2010-05-28 00:40:15 | 幸福実現党

『日米安保クライシス』講義 質疑応答2010 5 28

『日米安保クライシス』講義 質疑応答
あくまで参加党員速報ですので、正式な本部発のものでご確認下さい。

質疑応答

Q.1 日米安保破棄という危機への対応、心構えについてお教えください。

A.1 危機は、鳩山の頭の中にだけなかった。日米同盟が揺れている時に限って、(中国は)やってきます。よっぽど自信持っていると思われます。近年での軍備拡張の結果について、自信を持っています。以前は、アメリカと戦っても勝ち目ないと思っていました。仮想的国もアメリカを外していました。今は、アメリカとやっても勝てるかもしれないと思いつつあります。中国は100人死んでも平気だが、アメリカは1人死んでも、死にたくないのでうろたえる。
尖閣は日本領土です。パッと島を取ってアメリカが戦争してくれるかというと、してくれないでしょう。日本が自分でやる気がないのに、動きません。無人島で既成事実をつくってくる。
中国は北朝鮮とつるんでいます。90年以降、とっくに潰れるはずが潰れていません。利害共通のところがあります。北朝鮮が潰れると、韓国が取りにくる。防波堤として潰さない。
日本は、民主党が政権を取りました。運が悪い。逆もあります。挑発されて初めて、国民が防衛に目覚めることもあります。
沖縄は昭和40年代までアメリカの支配下にありました。基地の負担が多いというのも分かります。しかし、世界最強国と同盟結ぶのが最も安全です。現時点では、独自防衛でいけるメドは立っていません。
同盟破棄になった場合、中国は2050年までに日本の西半分を東海省、東半分を日本自治区にする構想を持っているとも言われます。ゲリラ戦なんかしたくありません。その前で止めておきたい。
日本人に分からないのは、経済では依存し合っています。米中も貿易は大きいし、国債も大量に持っています。しかし、政経分離です。政治の分野では、何が正しいかの論理で動きます。経済的なことは無視してでも動きます。
地元の反対運動が強いと、米軍は引いていきます。フィリピンとかはすでに引きました。米兵は命がけで護っています。自分たちが憲法変える気がないなら、米軍は引いていきます。私は、今の状態では、日本独自では護れないと思います。自衛隊は一週間で弾がなくなるという説もあります。
日本でやるべきことは、全てアメリカ頼りにせず、ある程度、軍事産業をつくることです。
台湾問題もあります。親中といわれる馬も侵攻に備えだしました。韓国は、鳩山が訪問したいと打診しても蹴っています。日米安保が壊れると、韓国は危機に陥ります。報道されてないでしょ。韓国大統領は怒っています。まだ朝鮮半島は休戦状態で、一気に攻め込まれます。ソウルは一時間で火の海になります。沖縄から海兵隊が来なくなったら、韓国にはいないので、韓国を護る戦力が落ちるので、鳩山に不信感を持っています。アメリカは見切っています。考えを変えていません。勝手に阿波踊りやっているみたいです。何かちょっといじっただけで済ませようとしています。桟橋方式とか言ってますが、上から爆弾落としたら、穴がいてすぐには使えません。テロにも弱い。使えなくなると意味ありません。最初から話になりません。見苦しいものを見させていただきました。
日本は65年の惰眠を貪ってきたので、簡単にはいきませんが、多数のマスコミが便乗しつつあります。この政権は意外に強いので、秘書逮捕でも辞めませんし、五月決着も逃げ延びました。普通でない神経です。神経ないのかもしれません。解剖したら、サイボーグだったかも。
その都度、意見を言う積もりですが、いきなり核戦争からは始まりません。突如、自国の領土だと宣言して、実効支配します。自衛隊が動けるか。安倍内閣なら動くでしょう。国連安保理に言っても、中国が反対して動けません。どこかで誰かが毅然として立ち向かわないといけません。(幸福実現党は)勢力小さいので、思想言論レベルでやらないといけませんが、民主党内に(幸福実現党の政策の)パクリ専門の人もいます。
経済的に緊密ですが、軍事になると急に変わります。胡錦濤は、まだ軍部を掌握できていません。江沢民が2/3を握っています。軍部限りで動けます。独自に演習やっています。その辺、怖いです。
今後、軍事力のレベル差から見て、アメリカとは離れないことです。万一、最悪、米中同盟もあり得ます。これやられると、もうお手上げです。ヒラリーが大統領だったら、米中同盟もあり得たかもしれません。頭がいいので、10倍の人口では、経済的に日本より中国と結んだ方が得だと考えかねません。これをさせないのに、反対運動をさせないのは大事です。
近隣諸国、インド、ロシア、オーストラリアなどと、できるだけ交流を深くしておくことです。
アフガンが失敗したら、次はインド・パキスタン紛争が出てきます。また、イラン・イスラエル。この二カ所、火種があります。
日本の自衛隊のトップが何か言うとクビになります。自民党の時も、すぐ更迭したようで、両方ダメです。悪者になるかもしれないが、強めの意見を言っています。
時間的な問題は、政治的状況と連動します。長期政権にならないよう、祈るような気持ちです。
国民は、「宗教が応援してるんでしょ」と見ている。安全な宗教かどうかを見極めるのに10年くらいかかります。
マスコミもダメだなあ。(民主党批判の)本腰が入っていません。自分たち(が応援して政権につけたこと)の間違いが分かってしまうから。
読みとしては、中国のバブル崩壊を起こそうかなと考えています。一回バブル破裂すると、謙虚になります。天上界で計画をしています。

Q.2 これからの靖国(神社)のあり方についてお教えください。

A.2 権限がないので、言うべき立場にありません。
戦争する時に、「靖国で会おう」と言って出征し、祀られているかどうか気にしていたでしょう。イスラムと似ています。アッラーのために死んだら天国に還れる。そうした約束事で戦った人がいます。亡くなった方は、すでに生まれ変わった方もいますが、いまだに成仏できていない人も数多くいます。受け入れず、突如死んだ場合もあります。
行ってみると、すごい。「これは大変だわ」と思いました。宮司のまつりごとぐらいでは済まない。相当の数が供養を必要としています。もう一段、宗教心を持って、国のレベルで弔う必要があります。
どこの国でも、国のために戦った人を祀るのは原則です。悪い国だから、軍人は悪いということはありません。祀る権利があります。中国で祀る人を責める気はありません。自分で上がれない人は、多くの人の供養で浮力がつくことはあります。まだ現実、相当の集合霊が不成仏でいます。首相が参拝に行くだけでは話になりません。本来は天皇が行かなくてはなりません。最高の祭司なので。昭和天皇は行かなくなりました。
内政干渉というのは、その通りです。他国は言う権利はありません。中国は、それを知った上で言っています。すぐ謝罪したり、何か引き出したりできますし、軍事拡張の隠れ蓑にしています。
逆に言うと、ディベートの国であるので、こちらも、「軍事費はGDPの1%以内にしたらどうか」とか、「軍縮がいい」という必要があるかもしれません。
中国にとって最悪のシナリオは、アメリカと戦うことが起きることです。今なら絶対に負けます。
中国の方も、宇宙からの攻撃でやろうと、実験しています。人工衛星から破壊するとか。強面で強気でやらないといられないところもあります。
日本を責める論点としては、南京事件、靖国、従軍慰安婦。日本は、主権国家として十分自覚がありません。そういう意味で、日米安保を見直すというなら、わからないでもありません。
安保条約では、米軍が出動する時には相談することになっていますが、踏み倒されています。非核三原則も、守っていないのは、みんな分かっています。日米安保も変質していますし、オバマが大統領になって、変わってきました。アメリカは、世界の平和のために戦うというのから、アメリカのために戦うというのに、変わってきました。
米軍基地への反対が強くなってくると、守ってもらわないのも自由ということで、引いていきます。あれだけの軍事の穴を埋めるのは大変です。
中国は、日本の軍事力の3倍と言われます。軍の削減交渉やらないといけません。あちらの政府も、緩やかに分解に導いて、いろんな意見を言える国になってもらわないと、近隣に迷惑をかけます。国民は、豊かになると、もう少し高次なことを考え出します。バブル崩壊と、内部の政治的民主化が起きるよう、霊界から祈っています。
靖国は、供養は必要です。どこの国も、国のために戦った人を祀ります。軍事的責任は指導者にあり、下で戦った人には罪はありません。ただ、すごい空間が歪んでいました。向こうの方(中国)は、脅す材料として言っているだけです。日本としては、軍縮や核削減を言っていくべきです。「GDPが世界第2位ならば、国連分担金も当然2位でしょうね」とか、言われたら言い返すのは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極超音速機試験に成功―米=世界のどこでも1時間内で攻撃

2010-05-27 20:55:30 | ニュース

世界のどこでも1時間内で攻撃=極超音速機試験に成功―米
5月27日16時0分配信 時事通信

 【ワシントン時事】米空軍は26日、地球のあらゆる場所を1時間以内で攻撃する無人極超音速機「X51A」(全長4.2メートル)の初飛行試験を実施し、成功したと発表した。
 オバマ大統領は核兵器廃絶を目指す一方で、通常戦力による優位性と抑止力を確保するために、非核弾頭で即座に攻撃できる「通常型即応グローバル攻撃兵器(CPGS)」の開発を重視している。通常弾頭を搭載したX51Aを1時間以内に目標上空に誘導し、突入させる構想だ。
 X51Aは26日、B52戦略爆撃機に搭載され、エドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)を離陸。高度約1万5000メートルで切り離された後、高度約2万1000メートルまで上昇、マッハ5まで加速した。その後、機体は太平洋に落下した。
 開発の成否を握る新型エンジンの燃焼時間は約200秒で、目標より約100秒短かったが、空軍研究所は「試験の目的はほぼ達成した」としている。2004年に航空宇宙局(NASA)が無人極超音速機でマッハ9.6を記録したが、エンジン燃焼時間はわずか約10秒だった。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸福実現党 大韓民国海軍哨戒艦「天安」沈没事件に関する声明

2010-05-27 00:14:14 | 幸福実現党
大韓民国海軍哨戒艦「天安」沈没事件に関する声明2010 5 26

幸福実現党は大韓民国海軍哨戒艦「天安」沈没事件に際し、同艦沈没に関する国際軍民合同調査団の最終報告書、並びに大韓民国(以下「韓国」)、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)の態度を勘案した結果、朝鮮半島有事の勃発を含む事態の悪化を懸念するに至り、下記声明を発表する。



幸福実現党は、同じ東アジアの一員たる日本国民として、韓国海軍哨戒艦「天安」沈没の犠牲となった同艦乗組員に心より哀悼の意を表する。

また、幸福実現党は、東アジアの一員たる日本国民として、東アジアの平和と繁栄を望むものであり、武力紛争の生起を望まない。本件は日本を含む国際社会の協力によって、可及的速やかに解決すべきである。

幸福実現党は、日本政府に対し、韓国・北朝鮮両政府との間の調停に主導的な役割を果たすよう強く求める。併せて、朝鮮半島情勢が如何なる事態に立ち至るも、事態の早期解決に尽力することを強く求める。

幸福実現党は、半島有事が生起する可能性も見据え、日本国民の生命、安全と財産を守るべく、日本政府に対し、以下の提言を行う。

(1)普天間基地移設問題の迷走を機に弱体化した日米同盟を可及的速やかに修復し、半島有事が生起した際、日本は韓国を支持し、アメリカ合衆国との共同作戦を通じ、韓国を支援することを約するべきである。

(2)半島有事に際し、いかなる勢力も、日本の領域に武力で侵攻・攻撃し、それによって我が国国民の生命、安全、財産を奪うことは断じて許さないことを「毅然たる精神」をもって表明すべきである。

(3)日本政府は、早急に防衛力を強化すると共に、日本領域に対する侵攻に対しては、自国防衛のために断固とした措置を講じるべきである。

(4)日本政府は、半島有事が生起した場合でも、有事の早期終結に向け、最大限の努力をなすべきである。




幸福実現党  党首 石川 悦男

http://www.hr-party.jp/news/o80.html



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北、韓国との関係断絶!

2010-05-26 00:02:54 | ニュース

2010.5.25 23:36 産経ニュース
 【北京=川越一】北朝鮮の対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」は25日、韓国の李明博政権と「あらゆる関係を断絶する」との談話を発表した。中国国営新華社通信が朝鮮中央通信の報道として速報した。

 北朝鮮の魚雷攻撃で韓国哨戒艦が沈没したとの調査結果発表を受け、韓国や米国が北朝鮮への強硬姿勢を打ち出していることに反発したものとみられる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独裁国家北朝鮮での出来事?民主・小沢 言うこと聞かない静岡県連への活動費支給停止

2010-05-25 00:51:36 | 幸福実現党
まさしく独裁政治ですね。こんなことが許されるのでしょうか。
民主党とは、本当に名ばかりです。
党名を、「小沢独裁党」に改めたら解りやすいと思いますが・・・。

民主・小沢 「活動費について言う必要ない」 静岡県連への支給停止問題
2010.5.24 22:08 産経ニュース

民主党の小沢 「資金は私と財務委員長が決定している。マスコミの諸君に言う必要も理由もない」

 民主党の小沢は24日の記者会見で、静岡県連(牧野聖修県連会長)が党本部から参院選活動費の支給を止められたと反発していることへの説明を拒否した。そのうえで「(平成18年に)代表を引き継いで以来、選挙を一切任されてきた。私なりの判断で選挙戦を戦い、今、政権を任されている」と言い切り、自身の判断に誤りはないと強調した。

 活動費の支給停止は静岡県連と参院静岡選挙区(改選2)の現職、藤本祐司参院議員に対する措置。県連が小沢氏の改選2議席の選挙区での2候補擁立方針に抵抗したことへの報復と受け止めるむきもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米軍の超音速機X51Aが25日に初飛行へ 1時間以内に敵基地撃破の新兵器

2010-05-23 21:39:54 | 幸福実現党
日本も国防と経済成長のためにも、防衛力強化のための開発に投資すべきでは
ないでしょうか。
日本は、戦争になった場合、弾薬が一週間ほどしかもたないそうです。
こんなので国民を守れるのでしょうか?
中国や韓国に環境問題で、資金援助している場合ではありません。

米軍の超音速機X51Aが25日に初飛行へ 1時間以内に敵基地撃破の新兵器
2010.5.23 01:20 産経ニュース

X51ウェーブ・ライダーの完成予想図(ボーイング社提供) 【ワシントン=佐々木類】米空軍が25日、地球上のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる超音速航空機X51Aウエーブライダーの初飛行実験を行うことが分かった。巡航ミサイルをモデルとした無人攻撃機で、洞窟(どうくつ)に潜むテロリストや敵基地を軍事衛星の誘導で“奇襲攻撃”する21世紀型の新兵器だ。2020年ごろの配備を目指す。

 X51Aは米ボーイング社などが03年から開発に本格着手した。「通常即応グローバルストライク」(PGS)と呼ばれるミサイル兵器の一種で、B52戦略爆撃機に搭載。発射後、5万フィート(約1万5千メートル)の高高度まで上昇し、マッハ5(時速約6120キロ)で滑空する無人攻撃機だ。アフガニスタンの洞窟に潜むテロリストや、発射台に設置された北朝鮮のミサイル、イランの核関連施設を1時間以内に攻撃できる。

 通常兵器による攻撃の所要時間は最大で96時間かかるとされ、大幅な時間の短縮となる。

 米空軍は25日、天候が良ければ、カリフォルニア州エドワーズ空軍基地からB52に搭載、南カリフォルニア海岸沖で5分間の飛行実験を行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普天間移設 辺野古へ 地方の長はリーダーとしての決断をせよ!

2010-05-22 23:45:15 | ニュース
沖縄県知事や市長は、「とんでもない」と言っていますが、いつまで鳩山の
戯言につきあっているのでしょうか。
鳩山は、自分が浅はかであったことを認めました。

今のアジア情勢を見れば、一番危険な沖縄は率先してアメリカの駐留を歓迎すべき
ではないのでしょうか!!
県民が納得しないというのは、わかりますが、県民の安全がかかっているのなら、
それを説得していくのが長の役割ではないですか!

沖縄県知事、市長はしっかりしろ!!

日米、普天間移設で大筋合意=シュワブ沿岸部、工法は秋に結論-首相23日沖縄再訪

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で日米両政府は22日、外務・防衛担当の実務者協議で大筋合意に達した。政府筋が明らかにした。代替滑走路をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に建設するとともに、在沖縄米軍の基地機能の県外への分散移転を検討。滑走路の工法などは継続協議とし、秋までに結論を出す内容だ。これを踏まえ、鳩山由紀夫首相は23日に沖縄県を再度訪問し、県内移設へ理解を求める。
就任前に「最低でも県外」と述べた首相は昨年12月、日米が2006年に合意したシュワブ沿岸部を埋め立てて滑走路をつくる現行案を白紙としたが、結局、同案に戻る方向となった。地元沖縄の反発は必至だ。
移設問題に関連し、首相は22日、民主党北海道連のパーティーに向けた中継での講演で「少しでも沖縄の負担を全国の皆さんに分けていただきたい」と述べ、基地機能の分散移転に決意を示した。
首相の沖縄入りは4日に続き2回目。仲井真弘多知事や名護市を含む北部12市町村長らと会談し、米側との協議や政府内の検討状況などを説明する。 (2010/05/22-20:57) 時事通信

沖縄副知事、辺野古移設「とんでもない」=宜野湾市長、固定化を懸念-普天間

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる日米両政府の実務者協議で、同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設で大筋の合意に達したことについて、同県の上原良幸副知事は22日、取材に対して「とんでもない。ある程度予想はしていたが、難しい」と述べ、受け入れは困難との認識を強調した。
その上で「鳩山由紀夫首相からきちんと聞きたい」と述べ、23日に沖縄を訪問する首相に詳しい説明を求める考えを示した。
また、伊波洋一宜野湾市長は「『最低でも県外』と言った首相の下で、前政権と同じように辺野古に戻るのは許せない。この14年間、日米合意が実現しなかったように、普天間の固定化が懸念される」と語った。
稲嶺進名護市長の周辺は、22日の日米合意を受けて月内にも緊急の市民反対集会を開くとしている。(2010/05/22-21:08) 時事通信



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮が安保不安に脆弱な日本をターゲットにする可能性もある 米韓が連携し国際社会が制裁に動けば

2010-05-22 20:18:00 | ニュース
【朝鮮半島ウオッチ】一気に緊張、米韓の軍事的オプションとは
2010.5.22 18:00 産経ニュース

哨戒艦沈没事件を北朝鮮のテロと断定したことで米韓両国は、軍事オプションも含む制裁や心理作戦の実施に向けた検討を開始した。これに対し北朝鮮も「全面戦争」「本拠地を清算」と挑発度を高めており、朝鮮半島情勢は高度な緊張局面に入った。一方でこのスパイラル(連鎖)こそが「実は北朝鮮の狙い」であり、「金正日総書記の手に握られた」-と懸念を示す専門家もいる。
  (久保田るり子)


米韓、北の潜水艦基地を封鎖検討か

 関係筋によると、米韓が検討している軍事オプションとは、事件の起きた黄海付近での(1)対潜水艦能力強化のための米韓軍事演習の早期実施(2)北朝鮮の海軍潜水艦基地の監視で動きがみられた場合、米韓連合軍が公海上でこれを封じる封鎖作戦-などであるという。

 韓国軍は20日、全軍作戦司令官級指揮官会議で軍事対応強化を確認、すでに準備が完了していることを公表している。

 米オバマ政権と米議会は、事件直後から「同盟国(韓国)が武力攻撃を受けた」との認識で共同調査を実施してきた。米韓は約2カ月間、外交・防衛当局が軍事的対応も含めて対応策を検討しており、米議会も米上院でケリー議員(外交委員長)ら大物議員が「韓国への支援」をうたった決議案を提出、全会一致で採択するなど支援体制は強固で、北朝鮮をテロ支援国に再指定することの検討も現実味を帯びている。

一方、韓国で検討されている単独実施の非軍事措置は主に経済制裁と心理戦だ。南北の経済協力と交流の全面中断や、北朝鮮への委託加工の縮小、済州海峡など韓国側海域での北朝鮮船舶の通行の禁止など、「考えられるものはすべてテーブルに乗せている」(政府関係者)。

 問題となっているのは北朝鮮内にある南北交流事業、開城工業団地だ。この工業団地は現在も稼働中で約1000人の韓国人が働いている。これを引き上げれば韓国が北朝鮮に落とす現金が激減し、「宣戦布告」に相当する。韓国政府は、中断か続行かの結論を保留しているが、韓国人を止め置いておけば、北が帰路を遮断、韓国人が大量に人質となる危険性もある。

 心理戦では、軍事境界線で北に向けて非難宣伝を行う対北宣伝戦の再開が有力だが、これも実施されれば北朝鮮側からは「宣戦布告」と判断される内容だ。李明博大統領は、24日に国民向けに「決意表明」を国民談話の形で行うが、これをもって南北は事実上、「準戦時体制」に入ることになる。

金正日将軍の勝算は…

 金正日研究で知られ、韓国の北朝鮮専門サイト「デイリーNK」編集局長でもある孫光柱氏は、この哨戒艦沈没事件が朝鮮半島情勢を一変させ、「金正日総書記が北東アジアの安保を短期的に握った」と指摘している。挑発と緊張、外交努力と支援の「ゲーム」が繰り返される危険度の高いスパイラルだ。

 「第一次核危機(93年)から今回の哨戒艦事件までの17年間は、関係国は北朝鮮に核廃棄を要求し交渉を続けた核問題の『第一幕』だった。しかし、場面は変わった。第2回目の核実験(09年)以後、北朝鮮は中国の説得にも応じず、6カ国協議にも復帰せず、哨戒艦沈没事件を起こした。

 哨戒艦沈没事件は『第2幕』が開いたことを意味した。つまり、核廃棄を目指した“6カ国協議の時代”は去ったということだ。金正日の言い分は核軍縮交渉の実施である。これに応じないのであれば、中国の目の前の黄海を紛争の海にする、この地域の安保は北朝鮮が握った-と宣言したということだ。黄海は軍事的にも中国、米国、韓国、北朝鮮がそれぞれ利益を持つ特別の海域なのだ」

孫氏は、米韓が連携し国 際社会が制裁に動けば、北朝鮮はさらに強硬策に出ると予測。とりわけ北朝鮮が、関係国のなかでも安保不安に脆弱(ぜいじゃく)な日本をターゲットにする可能性もあるとも指摘している。

 ただ、経済混乱や民心不安を抱える北朝鮮にとって『第2幕』は内部崩壊のリスクを内包しており、長期戦になればなるほど不利となる。「カギを握るのは、黄海で国際社会を挑発する北の意図を十分に把握している中国だ」(孫氏)


「甘くみてはいけない」と北出身者

 哨戒艦沈没事件の特徴はふたつあるとされる。第一は北朝鮮の行動パターンが1960年代末に対南テロ事件を頻発させた当時の戦略に似ていることで、第2、第3の事件発生を心配する北朝鮮専門家が多い。
 第二は昨年来のミサイル発射、核実験にもみられた北朝鮮当局による「予告」が今回も行われた点だ。昨秋、黄海での南北海戦で敗北した北朝鮮は報復を宣言していた。宣言通り哨戒艦沈没(撃沈)事件を起こした。

 事件発生から2カ月、韓国ソウルの脱北者社会には北からの不穏な空気を指摘する軍出身者が多いという。「北の軍を甘くみないほうがいい。やると言ったら、彼らは必ずやる。北朝鮮で一番安い武器…それは人間(特殊部隊)だ。発表当日の国防委員会の声明は不気味だ」(北出身の元軍人)。朝鮮半島の冷戦は新しい構造に転換しつつある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米、最新鋭のステルス機を嘉手納に暫定配備

2010-05-21 20:18:48 | ニュース

沖縄の米空軍嘉手納基地報道部は21日、最新鋭のステルス戦闘機F22Aラプター12機が来週後半から同基地に4カ月間、配備されると発表した。平成19年以降、4回目の暫定配備となる。

報道部によると、12機は米ニューメキシコ州のホロマン空軍基地所属で、同基地から嘉手納への配備は初めてという。

F22は超音速での巡航や、レーダーに捕捉されにくいステルス性が特徴。暫定配備について報道部は「重要なパートナーである日本に対する米国の関与を強調し、太平洋全域の安定と安全を確保する決意を示すもの」とコメントした。


産経ニュース(2010.5.21 12:49)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100521/plc1005211257008-n1.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/8『宇宙人との対話―地球で生きる宇宙人の告白』が発刊!

2010-05-21 00:34:41 | 書籍
目次
第一章 プレアデス星人との対話
第二章 ウンモ星人との対話
第三章 レプタリアンとの対話
第二章 ベガ星人との対話
第二章 金星人との対話
第二章 ケンタウルスα星人との対話

衝撃のTHE FACT 第二弾!

魂のルーツ。
それは、地球以外の星だった!
今日本人として生きるプレアデス星人、ウンモ星人、レプタリアン、ベガ星人、金星人、ケンタウルスα星人が、

魂の記憶を蘇らせ、衝撃の告白!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『マルクス・毛沢東のスピリチュアルメッセージ』 6/4発刊!

2010-05-21 00:32:55 | 幸福実現党




目次
第一章 死後のマルクスを霊査する
第二章 毛沢東が語る「大中華帝国」構想

マルクスは、知らなかった。
自分の思想によって「多くの人が殺された」ことを。


毛沢東は、笑った。
中国によって日本は北朝鮮のようになると。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルマガでも『危機に立つ日本』が宣伝されています!!

2010-05-20 20:04:51 | 幸福実現党
申し込んでいるメルマガの本日号外号を見ますとなんと
『危機に立つ日本』~国難打破から未来創造へ
と総裁先生の書籍のご案内ではないですか!!

こういった方面でもタイムリーな広告をやってます!!
以下コピー

2010-05-20
メルマ!ニュース【号外】
___________________________________________________ http://melma.com/

 こんにちは、メルマ!編集部です。
 今日はメルマ!からのpick up! 情報をお届けします。
----------------------------------------------------------------------


軍備拡張を続ける中国、核実験を繰り返す北朝鮮を隣国に持ちながら、
沖縄に駐留する米軍海兵隊の「抑止力」を軽視し、
「国民の命」と「サンゴ礁の保護」を引き換えにしようとした鳩山政権。

しかし、これもまだ、
鳩山政権が招く「危機の序章」に過ぎないのかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
予言された「さらなる危機」とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●「コンクリートから人へ」で、再び構造不況に陥る
●「企業利益は悪」と考える政権によって、大量失業時代へ
●「子ども手当」によって「家庭崩壊」が増える
●「高校無償化」によって、さらなる「学力低下」と「学校の荒廃」へ
●「東アジア共同体」を推進し、核をもつ中国の「植民地」に etc...


すでに、次々と打ちだされる左翼的・社会主義的な政策によって、
タイタニックのように沈みはじめた日本。


職を失くし、家族がバラバラになる前に、
子供たちの未来が閉ざされてしまう前に、
私たちはいま、鳩山政権の招く危機にどう立ち向かうべきなのか。



■□■ 日米関係の悪化を的中させた衝撃のベストセラー ■□■

    『危機に立つ日本』~国難打破から未来創造へ

   幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法・著

    http://ad.melma.com/to?id=29910

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



本書のベースとなっている講演は、
昨年の政権発足直後に行われたもの。


鋭い洞察力と、政治経済に関する豊富な知識で、
大川隆法はいち早く鳩山政権の危険性を察知していた。


本書で暴かれた鳩山政権の正体を知り、
未来に向けて手を打たなければ、
国家も企業も、もう生き残れない。




         大川隆法 衝撃のベストセラー
╋━━━━…………………………………………………………━━━━╋
     『危機に立つ日本』~国難打破から未来創造へ
     http://ad.melma.com/to?id=29910
╋━━━━…………………………………………………………━━━━╋



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<お問い合わせ> 幸福の科学出版株式会社
〒142-0041 東京都品川区戸越1丁目6番7号
TEL(03)6384-3777  http://www.irhpress.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマ!ニュース
発行日  :毎週 月・水・金曜発行(号外あり)
発行元  :ユニティ株式会社 http://www.unitea.jp/

ご利用規約: http://melma.com/contents/law.html
プライバシーポリシー: http://www.unitea.jp/privacy/
お問い合わせ先メールアドレス: news@melma.com

●「メルマ!ニュース」は、メールマガジンを購読されている方にお届けする
 メルマ!の会報誌です。新着メルマガ、おすすめメルマガの他、メルマ!
 最新のトピックスをお届けします。

●配信がご不要の方は、下記URLより解除手続きを行ってください。
  http://melma.com/contents/taikai/index.html#unsubofficial
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2010 Unitea Inc. All Rights Reserved.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・インタビュー 幸福実現党党首 石川悦男

2010-05-19 00:04:02 | 幸福実現党
石川党首
生涯忘れられない一言
「自分の幸福だけでいいならば、この国に生まれるな。」ミラクルへの出発より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加