危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

中国、香港トップ選の立候補制限 民主派を事実上排除

2014-08-31 21:18:02 | ニュース
今後は、香港にも自由がなくなるのでしょうか?
時代に逆行しています。認められない流れですね。


中国、香港トップ選の立候補制限 民主派を事実上排除
2014/8/31 19:55

日経
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H0L_R30C14A8FF8000/?dg=1


 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会は31日、2017年の香港行政長官選で導入する普通選挙を巡り、立候補者を最大3人までに制限する制度改革を全会一致で決めた。立候補するには、香港の各界代表から成る「指名委員会」の半数以上の委員の推薦が必要との条件も盛り込んだ。

記者会見後、香港メディアの記者らに詰め寄られる李飛・全人代常務委副秘書長(31日、北京の人民大会堂)
画像の拡大
記者会見後、香港メディアの記者らに詰め寄られる李飛・全人代常務委副秘書長(31日、北京の人民大会堂)
 指名委員会の発足はこれからだが、中国政府に近い人物が多くを占めるのは確実とされ、民主派を事実上排除することを意味する。

 中国側の決定を踏まえ、香港の立法会(議会)は選挙法改正案を審議する。親中派の議席数は可決に必要な3分の2の議席数に及ばず、なお曲折がありそうだ。

 全人代常務委員会の李飛副秘書長は記者会見で「立法会で可決できなければ現行の選挙を続けることになる」と指摘した。「普通選挙権の実現が遠のくだけだ」と強調し、香港側が中国の決定通り可決するよう求めた。

 習近平政権による今回の決定により、香港の民主化だけでなく、中国本土での政治改革の行方への懸念も高まっている。(北京=島田学)




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKが国際放送を強化 ならば朝日新聞と同じような「反日」報道を見直すべき

2014-08-31 21:10:21 | 幸福実現党
海外に発信してもはずかしくない内容にしてもらいたいですね。



NHKが国際放送を強化 ならば朝日新聞と同じような「反日」報道を見直すべき

2014.08.31

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8365



総務省はこのほど、「NHK海外情報発信強化に関する検討会」の開催を発表した。日本のプレゼンスを高め、日本の魅力や考え方を広めることで日本を好きになってもらうため、外国人向けテレビ国際放送の充実・強化を図る目的で、実施体制・財源等についての検討会を開く。メンバーは、ジャーナリストの櫻井よし子氏など14人。検討は8月から始まり、来春には取りまとめられる予定だ。



NHKテレビの国際放送は、日本で唯一、全世界を網羅する国際放送だ。中でも、外国人向けのテレビ国際放送(NHK WORLD TV)は、日本語を含め現在18カ国語で展開されている。



NHK WORLD TVは主に日本国外に住んでいる外国人を対象としており、ニュース番組の他、日本食や日本の歴史の紹介、各地をめぐる旅番組など、外国人に日本を知ってもらい、好きになってもらえるような番組を多く作っている。



諸外国もこうした自国の情報発信を強化していることから、日本もソフトパワー強化の一環として、日本の良さを多くの外国人に知ってもらう努力をすべきだろう。



ただ、NHKの海外発信の内容については、一抹の不安がある。



例えば、従軍慰安婦問題については、「河野談話」よりも、さらに踏み込んで、その存在を認めている。2014年2月13日のNHK WORLD TVでは、「Many of the women were forced into prostitution to serve Japanese soldiers during World War Two.」(原文ママ)と報道した。これは、河野談話ですらあいまいにしていた慰安婦の強制性を世界中にPRしているのに等しい。この点については、今回の検討会のメンバーになった、独立総合研究所社長の青山繁晴氏が指摘している。



また、NHKスペシャル「Japanデビュー」では、謝った歴史認識を発信している。



「Japanデビュー」は「アジア」「天皇と憲法」「貿易」「軍事」に焦点をあてた特別番組で、2009年4月から6月に4回に分けて放送された。中でも初回の「アジア」では、放送内容をめぐって日本と台湾の視聴者から抗議が殺到。「日本の台湾統治を批判するため、(台湾人の)証言をねじ曲げている」など、放送内容が捏造だとの指摘が相次ぎ、台湾人約150人を含む約1万300人による集団起訴も起きている。



なお、「Japanデビュー」は日本語の番組で日本国内でも放送されたが、海外にいる日本人を対象にしたNHKワールドプレミアムでも配信されているため、同番組の内容は、多くの外国人も視聴しているはずだ。



放送法によると、NHKは総務大臣の要請を受けて国際放送をしており、政府が交付金を支給して経費を負担している。つまり、現状は、わざわざ国民の税金を使って、日本の国益を損ねる番組を海外に発信しているというわけだ。



もちろん、国内における「反日」報道も控えるべきだが、NHKが今のままであれば、それは「従軍慰安婦」報道で、世界中に間違った情報を流し続けてきた朝日新聞と変わらない。



今後、政府とNHKが国際放送に本腰を入れていくのであれば、これまでの誤った番組内容について、深く反省し、検証する番組をつくって、国内外にその内容を訂正するところから出発してほしい。(飯)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『NHK新会長籾井勝人 守護霊本音トーク・スペシャル』

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1105



【関連記事】

2014年8月号記事 科学で証明できないものはない? NHKは傲慢な番組づくりをやめよ-The Liberty Opinion3

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8022



2014年2月14日付本欄 慰安婦強制の嘘を流すNHKの国際放送 偏向報道の改革派避けられない

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7372



2014年2月2日付本欄 【そもそも解説】NHKは公共放送?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7321



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元東電社員「命がけで戦った仲間全員への侮辱で、悔しい」朝日の「違反して撤退」との捏造報道に

2014-08-31 18:12:22 | ニュース
これが毎日新聞のニュースだというのがすごいですね。
朝日は、孤立しています。
社長の謝罪、廃刊を!


吉田調書:元東電社員「戦う所長が支え」

毎日新聞 2014年08月31日 07時00分(最終更新 08月31日 08時19分)

http://mainichi.jp/select/news/20140831k0000m040123000c.html


東京電力福島第1原発事故の発生直後、収束作業に当たった元東電社員の男性は、現場の最高責任者が何を考え、どう行動したかを記録した調書の内容が明らかになったことを「ずっと知りたかった」と歓迎する。男性は当時、本店の幹部らを相手に一歩も引かない吉田昌郎元所長の姿を自らの支えにしていたという。それだけに「9割の所員が命令に違反して撤退した」との一部報道には「命がけで戦った仲間全員への侮辱で、悔しい」と話す。【袴田貴行】

 男性は20代後半。2011年3月12日に最初の水素爆発が起きた時は、炉心への冷却水注入が続く1号機に車で向かっていた。激しい爆発音とともに車が上下に揺れ、一瞬気を失った。我に返って前を見ると、原子炉建屋が吹っ飛んでいた。わずか100メートルの距離だった。不眠不休で作業を続けたが、14日午前に3号機が爆発、夜には2号機の危機的状況が伝わった。普段は冷静な上司が誰に聞かせるともなく「もう駄目なんだからな」としきりにつぶやいた。

 日付が15日に変わる頃、免震重要棟の1階出入り口付近には数百人の所員が待機していた。明け方、吉田所長らが指揮を執る2階の緊急時対策室から人が下りてきて、退避命令を伝えた。免震重要棟の重い二重扉が開き、所員らはバスや自家用車で第2原発へ向かった。だが、2時間ほど仮眠を取った後、上司に起こされ第1原発に戻ってくれと言われた。4号機で火災が発生し、人員が必要だという。同僚が戻ると言うので一緒に従わざるをえなかった。

 「生きて帰りたい」と願う一方、「吉田所長が頑張っている間は自分も折れるわけにはいかない」とも思った。緊急時対策室でのテレビ会議で、本店の幹部に食ってかかる姿を何度も見かけた。半面、たまに資料を渡しに行くと、若い所員にも気さくに話しかけてくれるのがうれしかった。

 しかし今年5月、朝日新聞に「吉田所長の命令に違反して撤退した」と書かれた。男性は「当時、退避先が第2原発というのは全員の共通認識だった」と反論。第1原発の構内で退避先を探しても「全面マスクをした状態で何時間もいたら全員死んでいた」と話す。



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【朝日の大罪】朝日社長の謝罪なしは理解不能 虚報で世界を欺き日本を不名誉な立場に陥れた

2014-08-31 16:51:13 | ニュース
【朝日の大罪】朝日社長の謝罪なしは理解不能…日教組教育が生んだ悲劇か 元NHK記者・渡部亮次郎氏

2014.08.31

ZAKZAKより
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140831/dms1408310830004-n1.htm


なかったものを、あったと報ずるのは誤報ではなく虚報だろう。朝日新聞は虚報で世界を欺き、日本と日本人を不名誉な立場に陥れた。それなのに、32年間も訂正せずにきたこと自体、驚くべき「厚顔無恥」であり、「幼稚」さである。

 私は、陸軍将校の経験がある宇野宗佑元首相に「従軍慰安婦などは存在せず、昔の言い方にならえば、女郎屋(=売春宿)が兵隊たちを追いかけてきて、軍上層部はそれを黙認していただけだ」と教えられた。

 当然、「強制連行」なんて、あり得なかった。

 河野洋平元官房長官も私とほぼ同年代なのだから、勉強しなくても「慰安婦」と「女子挺身隊」がまったく異なるものだったことは常識として知っていたはずである。それなのに「誤り」を官房長官談話として歴史に刻むなど「政治家失格」と言われても文句は言えまい。韓国の言いなりになったに過ぎないから。

 朝日が虚報を取り消した(5日)のは遅きに失したが、輪をかけてひどかったのは謝罪がないことだ。虚報自体が、メディア史に残る大失策なのだから、木村伊量(ただかず)社長自らが先頭に立ち、歴代社長を代表して謝罪するのが筋だ。

 28日朝刊の「慰安婦問題 核心は変わらず」という記事も読んだが、「開き直り」「議論のすり替え」という感想しかなかった。見苦しい。現在の対応は理解不能だ。

 不買運動などを考慮すれば、経営策としても謝罪は当然だった。さらに不買運動が広がれば、木村社長の責任となるだろう。一部報道によると「謝らなくていい」とうそぶいているそうだが、まずジャーナリストとして責任を果たせ。

 私が記者だったのは1959年から約20年だが、そこで会った朝日の記者たちはいずれも優秀で人格的にも尊敬に値した。記事に間違いがあれば直ちに訂正していた。頬かむりをするような卑怯者はいなかった。上司にも立派な人が多かったのだろう。しかし、今回はいけない。

 それにしても、「売春婦=従軍慰安婦」という事実無根の“新語”を国内外に広め、軍需工場に動員された女子挺身隊と慰安婦を混同するという単純な誤りは、なぜ起きたのか。

 私は、日本の歴史を正しく教えようとしない日教組にも問題があると思っている。慰安婦問題の根底には、歴史教育の軽視がある。これだけの大虚報を認めながら、謝罪も記者会見も拒否するという不可解な社長をつくったのも日教組教育ではないのか。

 報道は人間が行うものである以上、間違いは避けようがない。だからこそ、事実と違う報道をすれば、すぐ取り消すのは当然だし、謝罪するのも当たり前だ。今回の朝日の対応を見る限り、ジャーナリスト以前、人間として大問題である。

 ■渡部亮次郎(わたなべ・りょうじろう) 1936年、秋田県潟上市生まれ。法政大学卒業後、59年にNHK入局。政治部記者として、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫の各内閣を取材する。77年、園田直外相の政務秘書官に抜擢され、日中平和友好条約締結に立ち会い、中国残留孤児の日本帰国の道をひらく。社団法人日米文化振興会理事長を経て、現在、政治、国際問題などの評論で活躍する。



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新霊言 若くして亡くなった方を成仏へと導く実践編「大川裕太の供養成仏説法チャレンジ編」

2014-08-31 00:59:12 | Happy Science

■新たなる霊言の開示

若くして亡くなった方を成仏へと導く実践編

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「大川裕太の供養成仏説法チャレンジ編―引導を渡すとは<2>―」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【開示日】
≪本編[約110分]≫
明日8月28日(木) ~
≪エッセンス版[約20分]≫
8月29日(金)

【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所


・この度、大川裕太さんのご友人が亡くなられ、その魂が主のもとに現れたことで、主の御導きのもと、供養と成仏に向けた説得の実例として本霊言が収録されました。

・若者が突如亡くなった場合、その魂はどのような状況にあるのか。
主エル・カンターレの御慈悲により、若者が成仏するための言葉のかけ方の実践編を賜りました。

・あの世や霊の存在を信じられない方を説得する、伝道の言葉が分かります。

・お子さんを亡くされた方、学生・青年層、宗教関係者、医療関係者、教育関係者など多くの方におすすめです。

【Point】

◆死後直後から現在までの生活――突然死を迎えた後の様子がリアルに分かる。

・死んだのはわかる。でも、ここにいる自分は何?

◆まさに対機説法! 魂をあの世へと導く、「成仏」のプロセスが示される。

・脳がないのに、話ができるってどういうこと?

・死んで魂が抜けだしたことを説明するには?

・なぜ、死者の声は、生きている人に聞こえないの?

・相手に、この世への執着を気付かせるためには?

・死者の方へ祈りは届く?

・死んだあとは、どうしたらいいの?

◆「成仏させるのは簡単ではない、だから伝道がいる」
生きている間に「霊的人生観」を知ることの大切さが分かる。

・なぜ、宗教は昔から無くならないのか?

・「一日一生」の教えの重みが分かる。

・今の日本の教育の問題点が明らかになる。


〇下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

以上


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKへの公開質問状「なぜ超常現象を否定したいのですか?」  ザ・リバティ 2014年10月号

2014-08-30 23:19:05 | 書籍

ザ・リバティ 2014年10月号

【特集】なぜ超常現象を否定したいのですか?
/異次元パワーと自力の関係


・定価 540 円(税込) ・雑誌 105頁 ・発刊元 幸福の科学出版 ・Nコード 234 ・発刊日 2014-08-30

目次

001 時代の先駆者たち
004 大川隆法【未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
   異次元パワーと自力の関係
010 ユトリノフォト
012 法話・霊言レポート
   幸福の科学の教えは高度な幸福学 「幸福学概論」
   真理に生きることが人生最大の幸福 「幸福の科学大学創立者の精神を学ぶⅠ・Ⅱ(概
   論)」
   考え方やマインドで成功への道は開ける 「『成功の心理学』講義」
   知識社会で成功し、道を開く方法とは 「超高速回転学習法」
   悪霊や悪魔から身を守るための智慧 「エクソシスト概論」
020 【霊言を読み解く】
   アイリス・チャン霊言「南京大虐殺論争」にとどめを刺した!
   ――外交評論家 加瀬英明  
022 【特集】反原発、反安倍、STAPたたきだけじゃない NHKへの公開質問状
   なぜ超常現象を否定したいのですか?
023 本誌がNHKに送った質問状
024 interview NHKの超常現象の扱い方は科学的とは言えない
   ――作家・超常現象コメンテーター 山口敏太郎
025 NHKの超常現象番組を検証する
026 column ネッシーがいないという証拠はない
   ――ネッシー監視サイト運営 ミッコ・タカラ
029 interview NHKで紹介されていたのは「検証仮説」の1つ
   ――国学院大学助教 飯倉義之
   超常現象「懐疑派」の考えを聞く
032 interview 超常現象には証拠がない
   ――懐疑主義団体「The Skeptics Society」創設者 マイケル・シャーマー
034 interview 健全な懐疑派は強引な否定論に批判的
   ――一般社団法人潜在科学研究所事務局長 若島利和
036 超常現象を否定できない4 つの理由
038 interview 臨死体験は普遍的すぎて否定できない
   ――医師・心理学者 レイモンド・ムーディー
040 真摯に神秘の世界を探究することこそ科学的態度
   ――歴史家・哲学者 エルンスト・ノルテ
042 「大学設置審議会」は現代の暗黒裁判か
   文部科学省に「学問の自由」を問う
   Part 1 不公正な「大学設置審議」
   Part 2 幸福の科学の教えには高い学問性がある
050 編集長コラム
   安倍首相、文科省による「学問の自由」侵害を放置しますか?
053 ジュネーブ・自由権規約委員会 「従軍慰安婦」への賠償を勧告
   国連は左翼言論の独壇場になっていた!
056 「ブラック 企業を目指せ!」
   ビル・ゲイツもジョブズも人の何倍も働いていた
062 ハッピー・サイエンス・ニュース
   ・釈党首が終戦の日に靖国神社を参拝
   ・幸福の科学学園中高チアダンス部 全国大会優勝・準優勝 ほか
064 ユートピア文学賞結果発表
065 ザ・リバティ オピニオン
   ・佐世保事件 命の尊さを教えるには宗教教育が必要
   ・慰安婦問題 朝日新聞は誤報の責任を取り、国民に謝罪を
   ・SYTAP論文の研究不正の証拠はない
   ・日本軍による組織的な捕虜虐待は真実か?
070 そもそも解説 戦闘が続く「ガザ地区」ってなに?
072 宇田川敬介 政界深層メモ (第53回)
   親中派のインドネシア新政権と日本はどう付き合うべきか
074 相馬勝 中南海インサイド・ウォッチ 第45回
   太子党による「一党独裁体制」の強化
076 釈量子の志士奮迅(26)
078 著者インタビュー 『実戦英語仕事学』著者 幸福の科学学園理事長 木村智重
   世界に羽ばたく人材を育てたい
080 The Liberty Web 英語版活用法(16)
082 Book Review
084 ハッピー教育相談室 学園熱血教師のアドバイス(29)
085 Movie
086 Voice
089 読者プレゼント
090 沖縄が「中国領」になる日
   11月県知事選で命運が決まる
   「琉球独立」が国際問題に発展しかねない
   ――全国防犯啓蒙推進機構理事 坂東忠信
   中国の沖縄侵略は85%進捗
   ――「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表 惠隆之介
100 心のふるさと 精舎巡り
104 art


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【一面読み比べ】読売が東電の「全面撤退」はなかったと朝日報道を批判 反省見られぬ朝日

2014-08-30 22:43:57 | 幸福実現党
日本を貶める記事を書き続ける新聞が存在し続けて
よいはずがありません。

全国民に謝罪し、廃刊にすべきですね。



【一面読み比べ】読売が東電の「全面撤退」はなかったと朝日報道を批判 反省見られぬ朝日

2014.08.30

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8361


8月30日付大手6紙の朝刊の一面記事を読み比べてみる。6紙とも取り上げたテーマが異なっており、各紙の性格や主張の方向性がよく表れている。



「全面撤退」強く否定 「第二原発への避難正しい」(読売)

福島第一原発事故で、政府の事故調査・検証委員会によって吉田昌郎元所長から聴取した記録の全容が明らかになった。吉田氏は所員が福島第二原発に避難したことを正しい判断だったと証言し、事故時に東電が「全面撤退」を検討したという事実を強く否定した。



ヘイトスピーチ対処勧告 国連委日本に法規制促す(朝日)

国連人種差別撤廃委員会は、日本政府に対して、ヘイトスピーチ問題に「毅然と対処」し、法律で規制するように勧告する「最終見解」を公表した。慰安婦問題についても、被害者への調査や謝罪を求めた。



サンフランシスコに新たな慰安婦像計画(産経)

カリフォリニア州サンフランシスコ市で中国系住民らが慰安婦像の設置計画を始動したことが明らかになった。これまでアメリカ国内の慰安婦像や碑は韓国系が推進してきたが、この計画が実現すれば中国系による初の慰安婦像設置となる。



インドでタタと水処理 パナソニックが装置(日経)

パナソニックがインド最大財閥のタタグループと地下水から有害物質を効率的に取り除く装置を共同開発する。18年度までの事業化が目標。パナソニックは水ビジネスを新規事業に掲げており、同分野で初の海外進出となる。



石破氏、地方相軸に調整 政調会長稲田氏有力(毎日)

内閣改造・自民党役員人事をめぐり、自民党の安倍晋三首相は石破茂幹事長と首相官邸で会談。会談後、石破氏は安全保障法制担当相への就任は固辞したものの、他ポストでの入閣要請を受け入れる考えを明言した。地方創生担当相への起用を軸に調整が進む見通し。



武器調達で膨張 5兆円(東京)

防衛省が2015年度の予算概算要求を発表。総額5兆545億円で過去最高。垂直離着陸輸送機オスプレイをはじめ、質量とも従来をしのぐ防衛装備品が盛り込まれた。防衛省は、まとめ買いの予算を確保できるよう特例的な法整備も検討している。





注目したいのは、読売新聞の一面記事だ。5月20日付朝刊で朝日新聞は、吉田所長の指示に反して所員が第二原発へ避難したと報道。しかし読売新聞は事実と異なると報じた。読売新聞は計6ページにわたって、吉田調書に関する記事を取り扱っている。



一方の朝日新聞が一面で伝えている、慰安婦問題に関して国連委が日本政府に調査を促したという件は、もとをただせば、吉田清治氏の「慰安婦の強制連行があった」という嘘の証言を同紙が13回も取り上げたことが原因だ。同氏は慰安婦問題に関する報道の誤りを一部認めたものの、強制連行があった事実は否定出来ないとして、国民に謝罪をしていない。



朝日新聞は間違った報道で国民の知る権利を奪っている自覚があるのだろうか。(冨)



【関連記事】

2014年10月号記事 従軍慰安婦報道 朝日新聞は誤報の責任を取り国民に謝罪を - The Liberty Opinion 2

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8314



2014年8月19日付本欄 【各紙拾い読み】 吉田調書で産経vs朝日が再び

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8293



2014年8月1日付本欄 福島原発の職員9割退避は「誤報」 「東電悪玉論」の朝日新聞

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8228





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日再弁明が大炎上…朝日報道によって傷つけられた、日本人の名誉はどうするつもりなのか

2014-08-30 00:57:16 | ニュース
謝罪した上で、廃刊によって、責任を取るべきですね。



朝日再弁明が大炎上…読売「説明責任」毎日「クマラスワミ報告触れず」

2014.08.29

ZAKZAKより
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140829/dms1408291536018-n1.htm



 朝日新聞が28日朝刊で「慰安婦問題 核心は変わらず」という、自社の大誤報を矮小(わいしょう)化するような記事を掲載したことに、永田町が反発し、メディアは大きく取り上げている。5日の検証記事への批判が盛り上がるなか、朝日として反論・弁明を試みたようだが、火に油を注いだかたちで、完全に逆効果だったようだ。

 産経新聞は29日朝刊に「また問題すり替え」という見出しの記事を掲載した。朝日は反論記事で、自社が取り上げた吉田清治氏の虚偽証言が1993年の河野洋平官房長官談話には反映していない-と主張したが、92年の韓国政府の報告書や、河野談話に影響を与えた可能性などを指摘し、「自社が積み重ねた誤報や歪曲(わいきょく)報道を枝葉末節の問題へとすり替えたいのだと読み取れる」と結んだ。

 読売新聞も同日朝刊に「朝日に説明責任」「慰安婦報道 与野党が批判」との記事を掲載。反論記事を受けた、自民党幹部の「朝日は自らの誤報記事について全く反省していない、国会で取り上げた方がいい」という発言や、民主党有志議員の「国際社会の誤解を解くため、朝日はきちんと釈明すべきだ」といった発言を披露した。

 毎日新聞も同日朝刊に「国連人権委報告影響には触れず」との見出しで、朝日の反論記事が、96年に国連人権委員会に提出された「クマラスワミ報告」に、吉田証言が証拠として言及されていることに触れていないことを指摘した。

 こうしたなか、朝日は同日朝刊で、週刊文春と週刊新潮に対し、「朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける内容があった」として抗議し、訂正と謝罪を求めたことを報じている。

 朝日報道によって傷つけられた、日本と日本人の名誉はどうするつもりなのか。





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幸福実現党の釈党首と渡部昇一氏の対談記事 日本の誇りを取り戻す  産経新聞 29日

2014-08-29 23:53:28 | UFO・宇宙人


幸福実現党の釈党首と渡部昇一氏の対談記事 日本の誇りを取り戻す

2014.08.29

リバテイゥェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8358


日本が戦後の自虐史観を払拭し、世界のリーダー国になるために活動を続ける、幸福実現党の釈量子党首が、評論家の渡部昇一・上智大学名誉教授と対談。その様子が29日付産経新聞にPR記事として掲載された。「日本の誇りを取り戻すために」をテーマに、いまだに国際社会で日本を貶めている歴史認識問題に、どう立ち向かうべきか語り合った。



先般、中国が南京大虐殺と従軍慰安婦問題に関する資料をユネスコの記憶遺産に登録申請し、韓国はアメリカ全土に慰安婦の碑や像の設置を進めるなど、歴史認識問題は深刻さを増している。



この根底にある、「日本は侵略戦争を行った」という見方に対して、渡部名誉教授は対談のなかで、「日本を裁いた東京裁判ですら、中国への開戦責任を問うことができなかった」と指摘。

さらに、東京裁判を開いたマッカーサー自身が、アメリカ議会において「したがって、日本がこの前の戦争に入ったのは主として自衛のためであった」と発言したことを紹介し、「マッカーサー自身が日本の侵略戦争を否定したことを、日本人に改めて知ってほしい」と強調した。



これに対して、河野談話の白紙撤回を求める署名活動を続けてきた釈党首は、「まさに今、1993年の『河野談話』と、95年にアジア諸国への植民地支配と侵略を認めた『村山談話』が注目されており、(渡部)先生がおっしゃった2つの事実を見直すには絶好の機会です」などと、日本の世論が変わりつつある実感を語った。



対談の中では、南京大虐殺の真相にも言及。



渡部名誉教授は、「(南京で)大虐殺があったという証拠を中国政府は持っていません(中略)。持っているわけがないのです。もともとないのですから」「中国が安全地区とした場所には日本軍は砲撃をしませんでした。ですから、市民の虐殺は限りなく0に近いのです」と断言。



釈党首も、旧日本軍の軍律の高さについて、「日本人は明治のころから、人種差別を撤廃するため、そして不平等条約を撤廃するため、自ら模範でありたいと非常に規律正しくして、海外に出たときに尊敬される日本人像を残してきています」と話した。



今後、こうした事実を海外の人に理解してもらうためには、英語による発信が重要であることにも触れつつ、2人は日本の誇りを取り戻すために、こう語った。



渡部名誉教授:「従軍慰安婦の問題に関しては、ただ1点『強制連行はなかった』と、これだけを言えばいいのです。この問題の本質は強制的に連れてきたかどうかであり、実際、そうした証拠はないわけです」



釈党首:「私たちの父母、祖父母にあたる世代や、その上の先人たちは、本当に国の行く末を考え、命に代えて日本を守ってくださいました。その方々がいわれなき罪をきせられることは断じて許せません。私たちとしましても、命に代えてでも、この国の誇りを取り戻すためにしっかり行動していかなければと思っています」



来年は戦後70周年。これまで押し付けられてきた自虐史観から日本を解放し、中国や韓国のプロパガンダを打ち返せるか否か。日本の誇りを取り戻す戦いは、大きな山場を迎えようとしている。



【関連記事】

2014年7月29日本欄 幸福実現党の釈党首と呉善花氏の対談記事 日韓関係の未来を切り開く

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8217



2014年4月号記事 「北朝鮮強制収容所に生まれて」に出演の脱北者 申東赫氏スペシャル対談 - 釈量子の志士奮迅 [拡大版]

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7405



2014年4月22日本欄 「河野談話」の白紙撤回を求める署名13万筆 幸福実現党が内閣府に提出

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7712




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また問題のすり替えとごまかしか 朝日、再度の慰安婦特集記事

2014-08-29 23:52:06 | ニュース


また問題のすり替えとごまかしか 朝日、再度の慰安婦特集記事

2014.8.29 04:00 [「慰安婦」問題]

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140829/plc14082904000002-n1.htm


 朝日新聞は28日付朝刊記事で、「河野談話、吉田証言に依拠せず」との見出しを取り、河野談話が作成されるに至ったことと、自社が執拗(しつよう)に吉田清治氏の「強制連行証言」を取り上げ、国内外に広めたこととは無関係だと印象付けようとしているようだ。その根拠の一つとして、朝日新聞は今回、こう指摘している。

 「(河野談話は)吉田氏が言うような『強制連行』ではなく、女性たちが自由意思を奪われた『強制性』を問題とした」

 朝日新聞は、5日付の特集記事でも「(平成5年8月の談話発表時に)読売、毎日、産経の各紙は、河野談話は『強制連行』を認めたと報じたが、朝日新聞は『強制連行』を使わなかった」と主張した。だが、そこには朝日新聞が触れなかった点が隠されている。

 河野談話の主役である河野洋平官房長官(当時)が、談話発表の記者会見で「強制連行があったという認識なのか」と問われ、こう答えている部分だ。

 「そういう事実があったと。結構です」

 この河野氏自身が強制連行を認めたという事実は、朝日新聞の2度にわたる慰安婦特集記事からは抜け落ちている。政府が今年6月20日に公表した河野談話の作成過程を検証した報告書でも、河野発言は1章を設けて特記されているにもかかわらずだ。

 つまり、河野氏自身は強制連行があったことを前提に河野談話を主導したのだろう。その河野氏の認識に、朝日新聞のおびただしい慰安婦強制連行に関する報道が影響を及ぼさなかったとどうしていえよう。

 朝日新聞は、平成6年1月25日付朝刊の創刊115周年記念特集記事では「政治動かした調査報道」と題し、こう書いていた。


「(慰安婦問題など)戦後補償問題に、朝日新聞の通信網は精力的に取り組み、その実像を発掘してきた」「(3年に)韓国から名乗り出た元慰安婦三人が個人補償を求めて東京地裁に提訴すると、その証言を詳しく紹介した。年明けには宮沢(喜一)首相(当時)が韓国を訪問して公式に謝罪し、国連人権委員会が取り上げるに至る」

 河野談話につながる一連の政治の動きに、自社が大きく関与してきたことを誇らしげに宣言している。

 また、朝日新聞は今回、「韓国、元慰安婦証言を重視」との見出しも取り、現役の韓国政府関係者と韓国元外交官の匿名証言をもとに、吉田証言と韓国での慰安婦問題の過熱はかかわりがないと言わんとしている。

 だが、韓国政府が1992年(平成4年)7月に発表した「日帝下の軍隊慰安婦実態調査中間報告書」で、慰安婦動員の実態について「奴隷狩りのように連行」と書いた際の証拠資料とされたのは、吉田氏の著書であり吉田証言だった。

 朝日新聞の28日付特集の主見出しは「慰安婦問題 核心は変わらず」とある。5日付記事と照らし合わせると、大事なのは女性の人権の問題だと言いたいのだろう。とはいえ、この論理も、自社が積み重ねた誤報や歪曲(わいきょく)報道を枝葉末節の問題へとすり替えたいのだと読み取れる。(阿比留瑠比)



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たなる御法話「日本神道的幸福論」 日本神道は単なる民族宗教ではなかった!

2014-08-29 23:48:23 | Happy Science


■この度、主より新たなる大学御法話を賜りました。

日本神道は単なる民族宗教ではなかった!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「日本神道的幸福論」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【開示日】
≪本編[103分]≫
明日8月30日(土)
拝聴会は、8/31(日)~
≪エッセンス版[約20分]≫
9月2日(火)

【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所



☆-☆-☆-☆-☆

◇日本神道は単なる民族宗教ではなかった!
太陽信仰の意味と、世界神とのつながりとは

・主より、「キリストの幸福論」「ムハンマドの幸福論」「仏教的幸福論」に続いて、「日本神道的幸福論」が説かれ、日本神道の本当の姿が明らかとなりました。

・本御法話は、主エル・カンターレの視点から、「比較幸福学」の一環として、他の世界宗教と比較しつつ学問的に説かれたものです。
民族宗教と思っていた今までの“常識”が完全に覆され、世界宗教と同じ構造であることがわかります。
そして、ついに日本神道における創造神が明らかに…。

・本御法話は、経典『日本神道シリーズ』や、『仏教的幸福論』『幸福論シリーズ』『仏教論シリーズ』『宗教社会学概論』などの大学シリーズとあわせて拝聴されますと、より理解がすすみます。

・本御法話は、信者はもちろん、教育関係者、宗教関係者(特に神社系統)、幸福実現党支持者と親和性のある層、政治関係者、マスコミ関係者、幸福の科学大学に興味をもつ方などなどを中心に幅広い方におすすめです。

【Point】
◆実は、多神教のほうが一神教より優れている?
一神教は、ここ2~3千年の流れ。
「幸福の科学」は、多神を認めた上で、至高神を立てる信仰。

◆日本神道における最初の神ではない天照大神が、なぜ日本の主宰神なのか、その本当の理由が史上初めて明らかに!

◆日本神道における創造神?―アメノミオヤガミとは。

◆天孫降臨の地は九州だけではなかった?
「天鳥船」「天磐船」は宇宙船なのか?

◆「大和の心」とは何か?
日の丸のデザインに秘められた霊的真実とは?
発展・繁栄の教えと調和の教えはどのような関係にあるのか?

〇下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

以上





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オスプレイ 佐賀空港配備 賛成デモ

2014-08-28 22:35:20 | 幸福実現党




オスプレイ 佐賀空港配備 賛成デモ



江夏正敏 幸福実現党・政務調査会長のオフィシャルブログ より

http://enatsu-masatoshi.com/2014/08/27/1679


8月27日(水)14時から「オスプレイ佐賀空港配備賛成デモ」に参加しました。

「幸福実現党佐賀県本部」「オスプレイを佐賀空港に迎える会」によって実施。100名弱の皆様が参加。佐賀市役所から佐賀県庁のコースを約1時間で行進し、佐賀の皆様にアピールしました。

そして、佐賀県庁において古川康佐賀県知事に対し、「陸上自衛隊オスプレイ佐賀空港配備受入れを求める署名」3452筆とともに陳情書を渡し、さらに佐賀県議長に対しても陳情書を渡しました。

その後、夕方のSTS(サガテレビ)のニュースでデモと陳情について報道されました。

http://www.sagatv.co.jp/news/

参加された皆様、暑い中、お疲れ様でした。

以下、署名と陳情の趣旨です。

近年、東アジアの安全保障環境は、中国の軍事力増強並びに、北朝鮮のミサイル・核開発を契機に、激変しております。中国公船、空軍機は、尖閣諸島周辺海域において、領海侵犯、領空侵犯を頻繁に繰り返しています。また、朝鮮半島では、いつ有事が起きるか分からない状況となっております。南シナ海では、中国がフィリピン、ベトナムの抗議を無視し、軍事力を背景にして力での領土拡大をもくろんでいます。

そんな中、佐賀空港へのオスプレイ配備は、佐世保を中心に計画されている水陸機動団の部隊輸送、並びに朝鮮半島有事の際の邦人救助の点からも、国土防衛や国民の生命、安全を守る上でも、国益に資するものと考えます。

私たちは、中国の軍事力増強による覇権主義と北朝鮮の軍事的挑発に対し、激しく抗議するとともに、アメリカ大統領も搭乗する安全性の高いオスプレイの佐賀空港配備を国益の観点から、速やかに配備することを求めます。



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンからインスピレーションを受ける本が発刊  明日はマイケルの誕生日だ!

2014-08-28 22:19:29 | 書籍


マイケル・ジャクソンからインスピレーションを受ける本が発刊

2014.08.28

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8355



8月29日は、マイケル・ジャクソンの誕生日だ。



マイケルは1958年、アメリカ・インディアナ州のアフリカ系アメリカ人街で、黒人として生まれた。幼少時から音楽活動を行い、ソロデビューしてからは社会現象になるほどの大ヒットを連発。特にアルバム「スリラー」の、全世界5100万枚という売り上げは、今も破られていない。



全世界の人々に喜びを与え、黒人たちの光となった彼の功績は、まさに「キング・オブ・ポップ」と呼ばれるに相応しい。



しかしマイケルの晩年は、あまり幸福に見えなかった。スキャンダル疑惑がかけられ、マスコミから批判を浴びたことは有名だ。2009年に急死した際には、主治医が訴えられ、暗殺説まで持ち上がるなど、悲劇性も残った。



人は死んだら、あの世に還り、天国か地獄に行く。明暗ある人生を送ったマイケルは、どちらか。



大川隆法・幸福の科学総裁はマイケルの死後、霊査を行いその行き先を探った。結果は、晴れて天国。それも、ピカソやベートーベン、モーツァルトなどがいる「芸術家系統の神様の世界」に還っていくところだった。やはり、人々に喜びを与えた人生は、「天使の条件」を満たしたようだ。



さらに大川総裁は2010年7月、マイケルの霊言を行い、エンターテイナーとして成功する方法などを聞いた。この内容を収録した書籍が、今年9月2日から全国の書店で発売される。『マイケル・イズ・ヒア!―マイケル・ジャクソン 天国からのメッセージ―』(大川隆法著)だ。



マイケルの霊は、質問者の様々な質問に答えていく。例えば、「天国でどのような姿なのか」という質問に対し、マイケルは空中にト音記号を描いて、「I' m music itself.(僕は音楽そのものだよ)」と答える。現在の仕事に関しても、「地上で生きているアーティストたちに、インスピレーションを与えること」と語る。他にも、「なぜ若くして亡くなったのか」「芸術の使命」「スターになる秘訣」「未来の音楽」などについて話した。



この霊言の大きな見どころは、マイケルと質問者・聴衆とのやり取りだ。会場の固い雰囲気や、難しい質問にマイケルは「退屈だ~!」と何度も叫ぶ。そうかと思えば突然踊り始め、話の途中で聴衆に「I love you!」と呼びかける。真面目に話しかける質問者には、「歌ってよ」とリクエストして"困らせた"。



そんなやり取りを、あっけに取られながら読んでいくうちに、現実主義で、人の目ばかり気にして、小さなことで悩んでいる自分はどこかへ吹っ飛んでしまうだろう。黒人への差別など、様々な現実を乗り越えながら、「人類史上最も成功したエンターテイナー」となったエネルギーは、それほどまでに強い。



マイケルの曲を聴きながら読めば、とてもポジティブになれて、仕事や生活の愉快なアイデアが浮かんでくるかもしれない。まさに、インスピレーションの源ともいえる一書だ。



【関連書籍】

幸福の科学出版 『マイケル・イズ・ヒア! ―マイケル・ジャクソン 天国からのメッセージ―』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1227



幸福の科学出版 『エクソシスト入門』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=98



【関連記事】

Web限定記事 スーパースターの魂の真実 マイケルは「天使」だった!

http://the-liberty.com/article.php?item_id=107




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たなる霊言「『経営成功学の原点』としての松下幸之助の発想」 ◇「経営は真剣勝負だ!」

2014-08-28 21:43:28 | Happy Science

■新たなる御法話の開示

松下幸之助の「不朽の経営哲学」が甦る!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「『経営成功学の原点』としての松下幸之助の発想」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【開示日】
≪本編[109分]≫
本日8月27日(水)~
≪エッセンス版[約20分]≫
8月30日(土)

【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所


◇「経営は真剣勝負だ!」
松下幸之助の思想が主の手によって「不朽の経営哲学」として甦る。

・この度、「経営成功学の原点」が明かされ、「経営成功学」という言葉に込められた主の真意が説かれました。
経営の神様として名高い松下幸之助の思想の普遍的部分を、経営哲学として昇華させた「経営成功学」とは、いかなるバックグランドを持っているのか――。

・具体的な「経営手法」にも踏み込んで説かれた珠玉の経営哲学は、経営者にとっても、経営を志す方にとっても、また支部活動などのマネジメントに関わる方にも必須の内容です。

・本御法話は、経典『「経営成功学」とは何か』『経営の創造』『実践経営学入門』『経営が成功するコツ』『「成功の心理学」講義』などの大学シリーズとあわせて拝聴されますと、より理解がすすみます。

・信者や教育関係者はもちろん、経営者・ビジネスパーソン、経営を志す方、青年・学生層などを中心に幅広い方におすすめです。

【Point】
◆成功を目指さなければ経営じゃない!

・多くの人が十分に理解できていない思いの力。

・「ただ経営すりゃいいってもんじゃない」―、成功するまでやりぬく強い情熱と気迫。

◆繰り返し訴えることの大切さ

・人は一度言われただけでは、重要度を理解できない。

・戦後、松下電器への財閥指定を取り消すために、GHQに抗議に行き続けた松下幸之助氏の驚きのエピソード。

◆鮮やかに蘇る「不朽の経営哲学」

・無税国家論、無借金経営、ダム経営、衆知を集める―。

・リーダーとしての器を広げる「公と私」の考え方。

・幸福の科学の発展の軌跡と共に、松下経営哲学の真髄が説かれる。

◆「経営成功学」という言葉はこうして生まれた。

・一回斬られたらそれで終わり。商売という名の戦いに臨む心構えとは。

〇下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

以上



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞、慰安婦巡り、週刊文春に続き、週刊新潮の広告も掲載拒否!!

2014-08-28 21:10:47 | ニュース


朝日、慰安婦巡り週刊新潮の広告も掲載拒否

読売新聞 8月28日(木)14時34分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00050079-yom-soci



 新潮社(東京都新宿区)は28日、同日発売の「週刊新潮」9月4日号について、朝日新聞社に新聞広告の掲載を拒否されたことを明らかにした。

 新潮社によると、9月4日号には、朝日新聞社が一部記事の誤りを認めた従軍慰安婦報道についての記事が掲載され、広告には「1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」などの見出しがある。朝日新聞社は26日以降、一部見出しの修正を求めてきたが、新潮社が拒否。27日になって、朝日新聞社が広告を掲載しない方針を伝えてきたという。新潮社は「言語道断の行為」としており、今後、今回の件について批判・検証記事を掲載していく構えを示している。

 朝日新聞社の従軍慰安婦報道を巡る週刊誌報道では、文芸春秋(千代田区)も27日、「週刊文春」9月4日号の広告掲載を拒否されたと発表している。
.
最終更新:8月28日(木)14時34分






政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加