危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

「沖縄を他国の植民地にはさせない」 大川隆法総裁が沖縄で大講演会「真実の世界」

2016-01-31 10:11:15 | Happy Science

説法後は、会場の全員が総立ちの大拍手だったそうです!



「沖縄を他国の植民地にはさせない」 大川隆法総裁が沖縄で大講演会「真実の世界」

2016.01.30
ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10855



米軍基地移設問題で揺れる沖縄で、大川隆法・幸福の科学総裁が30日、大講演会「真実の世界」を行った。



会場となった沖縄コンベンションセンターには約3000人が詰めかけ、約50分間の講演は、同グループの中継網を通じて日本全国に同時中継された。





「沖縄の左翼は唯物論的な左翼とは違う」

大川総裁は、沖縄の米軍基地反対の世論について、次のように語った。



「(沖縄で)左翼が強いと言われていますが、その根元をたどってみますと、日本本土の左翼と違うような気がしてなりません。沖縄の左翼は、70年前に戦死したたくさんの方々の無念の思いを受けて、反発心や不信感として出てきた左翼であって、唯物論的な左翼とは違うのではないかという気がしています」



「沖縄で20万人近く亡くなっていますから、そんなに簡単に許せることではないと思います。そうは思いますが、現在、アメリカは日本の友達になってくれています。アメリカは世界最大の経済国家であり、軍事国家です。その国と同盟関係にあるということは、日本が守られた状態にあることを意味しています」



大川総裁はこれまで、沖縄を何度も訪れており、沖縄県名護市辺野古の基地移設予定地も視察している。講演の最後に大川総裁は、日本の神々と沖縄の関係にも触れ、「二度と沖縄を他国の植民地にはさせません!」と述べると、会場からは拍手が沸き起こった。





「沖縄がアジアの平和と安定を守っている」

講演に先立ち、会場では、幸福実現党の釈量子党首と、今年7月の参院選に沖縄選挙区で立候補する、同党の金城タツロー氏が対談を行った。金城氏は2009年の幸福実現党立党以来、国防強化と沖縄県内への米軍基地移設を訴えてきた。



沖縄の海のような青のスーツで登場した釈党首は、「沖縄は海も素敵ですが人が好き」「今年、沖縄に来たのは今回が3回目。尖閣諸島開拓の日(1月14日)ということで石垣と与那国に行き、国境の島の危機感を感じた。中国が台湾をけん制して撃った砲撃の音を聞いた人や、中国船に追いかけられた漁師さんの話を聞いた」など、中国の覇権拡大に警鐘を鳴らした。



それを受けて金城氏も、「中国の侵略によって、チベットでは120万人もの人が亡くなっていると言われている。これは沖縄本島の人口が丸々なくなるくらい。中国の脅威をアジアに広めてはいけない」「私は『ウチナンチュ(沖縄人)が守っている』と言いたい。たくさんの基地を引き受けて、アジアの平和と安定を守っているのが、誇り高きウチナンチュじゃないでしょうか」と訴えた。





なお、大川総裁の講演では、他にも、以下のような論点への言及があった。


• 沖縄の地元紙2紙に対する見方
• 民主主義の強さと独裁のもろさ
• 韓国が今もっとも恐れていること
• 天皇陛下のフィリピン慰霊について
• 政治家の一番重要な資質とは
• 日銀が発表したマイナス金利について(※)
• 沖縄と日本の神々の密接な関係



(※)「大川総裁が講演でマイナス金利導入に言及『資本主義の精神を傷つける』

( http://the-liberty.com/article.php?item_id=10854 )参照




この霊言は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。



【関連記事】

2016年1月9日付本欄 「北朝鮮は新しいステージに踏み込んでいる」 大川隆法総裁 大講演会「『正義の法』講義」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10744



2016年1月15日付本欄 幸福実現党・金城氏が出馬表明 参院選・沖縄選挙区で

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10765



2016年1月14日付本欄 「尖閣諸島開拓の日」式典 幸福実現党の釈党首が来賓として出席

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10761



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川隆法総裁の大講演会「真実の世界」速報レポート

2016-01-31 10:06:13 | Happy Science


大講演会「真実の世界」速報レポート


http://info.ryuho-okawa.org/2016/402/?utm_source=newsJpn&utm_mdium=email


1月30日(土)、沖縄コンベンションセンターを本会場として、大川隆法総裁の大講演会「真実の世界」が開催され、沖縄・九州の幸福の科学の精舎・支部・拠点・衛星布教所、北海道正心館、仙台正心館、総本山・未来館、東京正心館、横浜正心館、北陸正心館、中部正心館、大阪正心館、聖地・四国正心館、中国正心館に衛星中継されました。

本会場の沖縄コンベンションセンターでは、この春に公開予定の映画「天使に”アイム・ファイン”」の特設ブースをはじめとして、幸福の科学グループによるブースが多数設けられ、約3000名もの来場者でにぎわいました。

また、講演会開始前のプレイベントとして、今夏に予定されている参議院選挙に向けて、幸福実現党の金城タツロー候補予定者と釈量子党首によるトークが行われ、会場は大きな拍手に包まれました。



いよいよ開演の時刻となり、満場の拍手とスタンディングオベーションに迎えられて、大川隆法総裁が登壇。講演で大川総裁は、次のようなことに言及しました。

中国の言論統制の実態について

他県とは違う”沖縄の左翼”の特性とは

世界最強国アメリカと同盟国であることの大きな利点

フィリピンを訪れている今上天皇の隠された本心

日銀のマイナス金利政策の問題点

財政赤字を増やす消費増税の危険性

現実のものとなってきた幸福実現党の言論と政策




本法話の動画は、1月31日より全国の支部・精舎等で公開されています。
ぜひお近くの幸福の科学でご覧ください。


本会場に参加された方の声

●沖縄は2000年前から日本でした。沖縄は絶対他国に渡しません。力強い御法話に心を打たれました。夏の参院選必ず大勝利させます。(50代・女性)

●本講演での大川隆法総裁の「絶対に沖縄を二度と植民地にしない。」というお言葉に涙が流れました。今を一生懸命に生き、正義論と神の存在論を打ち立てます。(10代・男性)

●本物を見てビビっと、きた。イメージと違って輝いていた。またお会いしたい。(20代・男性)

●父さんが米軍基地で働いています、最初の金城タツローさんのお話はまさしくその通りだと感銘をうけた。大川隆法総裁の教えが沖縄でテレビや新聞等でもっと流れるべきだと思った(30代・女性)

●「日本、世界についても嘘をつきません」という大川隆法総裁のお言葉にしびれました。外交の重要さ、マイナス金利と資本主義の精神を分かりやすく教えて下さいました。(40代・男性)

●人間本来の姿は心を見つめて、判断しないといけないと常日頃から思っていました。今日は大川隆法総裁のお話にすごく納得でき、信者になりました。自分の幸福だけでなくみんなで幸せになろうとしている気持ちが伝わりました。(60代・男性)

●沖縄独立論がある中、日本神道の話、「沖縄は日本なんです」という言葉は胸に響きました。(40代・男性)

●スカッとしました。幸福実現党が正しいことを貫いているから勇気が出ます。私も頑張ります。(50代・男性)

●「真実は強い」の一言に尽きると感じました。真実を語れる政治家が強くあらねばならない。各自の信じるところを見つけ、自分の真実だと思うことを突き進むことが大切だと感じました。(50代・男性)

●大川総裁が本当に沖縄を愛してくださっていると伝わりました。政治面でも幸福の科学は本当の事を伝えているので、もっと多くの方にこの教えを伝えて、私自身も、もっともっと勉強して伝道頑張ります。(20代・女性)



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川総裁が講演でマイナス金利導入に言及「資本主義の精神を傷つける」

2016-01-31 01:24:35 | リバティウェブ

大川総裁が講演でマイナス金利導入に言及「資本主義の精神を傷つける」

2016.01.30

ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10854



日銀が、国内の金融政策で初めてとなるマイナス金利の導入に踏み切った。



大川隆法・幸福の科学総裁は、沖縄コンベンションセンターで行われた大講演会「真実の世界」において、マイナス金利政策の過ちについて触れた。





日銀の意図は市場にお金を流すこと

通常は、お金を借りた側が利子を払うが、マイナス金利はこの逆となる。お金を金融機関に預けている側がお金を払わなくてはならなくなって損をするため、預けるのをやめて積極的に使おうとする流れができる。



現在、民間銀行は日銀に必要以上にお金を預け、金利で稼いでいる状況がある。そのため、日銀は必要以上に預けられたお金にマイナス金利を導入し、市場にお金を流そうとした。



アベノミクス「3本の矢」の1本目、金融政策の一層の拡大を目指したものと言える。





「これは資本主義の精神を傷つけている」

大川総裁はこうした日銀の意図に理解を示しつつも、「ある種のミニバブルを起こしてみんなを幻惑しようとしている」「短期的な選挙対策にはなるかもしれないが、長期的には日本の経済的発展を傷つける行為」と語った。



実際に市場にお金があふれたとしても、適切な貸出先がなければ、民間銀行は国債か企業の株を買うことになる。そうなれば、国債は消化しやすくなり、一時的に株価は上昇する。経済指標は上向き、景気がよくなったように見えるだろう。



だが、大川総裁は「最終的に、経済学的に見た場合は間違っていると言わざるを得ない。これは資本主義の精神を傷つけているから」と苦言を呈した。資本主義の精神は、二宮尊徳の説いた「積小為大」という考えに現れている。すなわち、小さな資本を積み立てて大きくし、経済規模を大きくしていくということ。マイナス金利は、「貯めたら損をする」ため、この考え方とは真逆となる。



大川総裁は「資本の蓄積ができなくなると、もっと大きな事業をやって大きな利益を上げたり大きな経済規模を作っていく方向に動かない」と警告した。



やはり一時的であったとしても、自由経済の原理原則を外した方法を選ぶべきではない。そもそも8%への消費税増税が間違いだった。増税などせず、アベノミクスを当初の予定通り3本セットで行っておけば、マイナス金利の導入は必要なかっただろう。





「お金を借りてでも使いたい」環境を整える

今なすべきは、企業や国民が「お金を借りてでも使いたい」と思えるような環境を整えることだ。具体的には、リニア新幹線の早期整備や航空・宇宙産業などの新しい基幹産業の育成を進めること、徹底的な規制緩和により民間の経済活動を活性化させることなどが挙げられる。もちろん消費増税など論外であり、むしろ減税して先行きを明るくすることが大事である。



これらの政策は、アベノミクスの元となった幸福実現党の経済政策にすでに示されている。



幸福実現党の経済政策は、自由な環境を整えて民間の力を引き出し、経済成長を目指すという考え方に貫かれている。



安倍政権が「政府の経済政策で景気は左右できる」などと考えているならば、ますます日本経済の見通しは暗くなってしまう。間違っても今回のマイナス金利で経済指標を上向かせ、消費増税の根拠などに使わないよう願いたい。(佳)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『資本主義の未来』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1353


幸福の科学出版 『創造する頭脳』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1367



【関連記事】

2015年1月号 実は「自由」でない日本―「自由の大国」を目指して(Webバージョン) - 編集長コラム

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9134


2014年6月号 自民党が選挙後 幸福実現党を後追いする理由

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7727



Web限定記事 アベノミクスはなぜ失敗した? 資本主義はもはや限界なのか?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8838



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日銀のマイナス金利導入を受けて(幸福実現党 党声明)

2016-01-30 22:30:14 | 幸福実現党



日銀のマイナス金利導入を受けて(党声明)

2016.01.29
http://info.hr-party.jp/press-release/2016/5255/


 中国経済の減速などで経済の先行きに対する不透明感が強まり、物価の伸び悩みも懸念されるなか、日銀が本日の金融政策決定会合でマイナス金利の導入を決定しました。極めて異例の金融政策であり、一時的な景気刺激の効果は見込まれるものの、長期的には資本主義の精神を傷つけかねませんが、デフレ脱却への意志を鮮明にしたものとして、わが党は日銀の決定もやむなしと考えます。

 しかしながら、マイナス金利導入という新たな金融緩和を実施したところで、安倍政権が消費税再増税に踏み切れば、内需の一層の萎縮は避けられず、デフレ克服も遠のくばかりです。

「日本の繁栄は絶対に揺るがない」という先行きへの確信が持てるような成長戦略が打ち出されてこそ、民需も回復し、民間主導の成長実現への道筋も確実になると考えます。

 金融緩和の継続はもとより、消費税率の5%への引き下げや徹底的な規制緩和などを通じて民間活力の発揮を促すとともに、航空・宇宙産業など新たな基幹産業の育成・強化を図ることで日本経済の成長力を高めるべきです。わが党はあるべき経済財政運営の実現を目指し、今後とも活動を展開する所存です。





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな御法話の開示 大川隆法先生「真実の世界」 今上天皇守護霊からのメッセージも

2016-01-30 22:26:26 | THE FACT



■重要 新たな御法話の開示

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法先生
「真実の世界」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

主の御慈悲に心より感謝申し上げます。

【開示日】
≪本編[49分]≫
明日1月31日(日)


【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所

☆-☆-☆-☆-☆

◇沖縄よ、日本を変える気概を示せ! 日本の神々の熱い念いと、外交・経済の進むべき道とは

・この度、26年ぶりの沖縄コンベンションセンターでの大講演会として、御法話「真実の世界」を賜りました。

・基地問題で揺れる沖縄において語られる「政治家の資質」「外交の原則」、そして「資本主義の原点」。さらに、今上天皇の守護霊メッセージから、日本神道の神々の御意見まで――。2016年の沖縄という視点から、日本と世界の未来を見通します!

・本御法話は、信者をはじめ、幸福実現党支持者及び親和性のある層、沖縄にご縁のある方、経営者・ビジネスパーソン、国際政治に興味のある方などに特におすすめです。

【Point】
★沖縄の左翼は唯物的ではない。本土の人たちが、理解すべき事情とは。

★主が重視する政治家の資質とは? それは、○○○戦争をしないこと。○○○国と組まないこと。

★前回の昭和天皇の霊言に続いて、今度は今上天皇守護霊からのメッセージ。はたしてその内容とは。

★さらに、日銀のマイナス金利政策にも言及。経済にはプラスなのか、マイナスなのか。キーワードは「資本主義の精神」。

★日本神道の神々から、沖縄の人さらに日本人への熱いメッセージ。ぜひ、主の言霊を映像で実感して下さい!

〇下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

○Youtube幸福の科学公式チャンネルに御法話・霊言のCM動画を一般公開しています!

【幸福の科学公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel







政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界で最も核兵器に無防備な日本 - 中国、北朝鮮の核をなくす方法 - 編集長コラム

2016-01-30 17:18:08 | リバティウェブ


世界で最も核兵器に無防備な日本 - 中国、北朝鮮の核をなくす方法 - 編集長コラム

2016.01.29
ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10830


2016年3月号記事


編集長コラム Monthly Column



世界で最も核兵器に無防備な日本

―中国、北朝鮮の核をなくす方法




日本ほど無防備な状態で、核兵器に囲まれている国はない。

 北朝鮮の核実験は今回で4回目。すでに核爆弾の小型化に成功し、東京に届くノドン・ミサイルに搭載できるという。アメリカ本土に届く大陸間弾道弾(ICBМ)にも搭載可能だと米軍は分析しており、北朝鮮はアメリカを核兵器で脅すことができる。

 この結果、アメリカはもはや北朝鮮に手出しできない。「北朝鮮を核保有国として認めない」と言いつつ、中途半端な経済制裁でお茶を濁すしかない。





「核の傘」はもうない

 北朝鮮は中国の核開発の後を追いかけてきたが、その中国は、アメリカに並ぶ「核大国」だ。

 日本やアメリカに届く核ミサイルは400基以上とされる。アメリカが中国と事を構えることは対北朝鮮以上に難しい。

 中朝の核兵器に対して、日本はアメリカの「核の傘」で守られていることになっているが、それも極めて怪しい。

「核の傘」は、例えば、中国が日本に核ミサイルを撃ったら、アメリカも核ミサイルで応戦すること。自国に核ミサイルを撃ち込まれる危険を冒してまで、日本を守ることは考えにくい(注1)。

 中国、北朝鮮の核兵器に対するアメリカの「核の傘」は、もうないと考えておくべきだろう。

(注1)戦後長く米中の橋渡し役を務めたキッシンジャー元米国務長官は冷戦時代、「同盟国が核攻撃されたからという理由で、アメリカがソ連と核戦争するような馬鹿げた自殺行為をするわけがない」と論文に書いている。





滅ぼされるリスクの高い国

図解

日本は世界で最も「滅ぼされるリスク」が高い



中国

300基以上の核ミサイルが日本に向けられている。



北朝鮮

東京に届くミサイルは200基以上。核弾頭の搭載も可能となっている。



日本

アメリカの「核の傘」はなくなっており、日本は無防備。



イランも「滅ぼされるリスク」は高いが……



イスラエル

数百発の核弾頭を保有しているとされる。最大の仮想敵国はイラン。



イラン

国を守るため、核武装を模索している。




 核で壊滅させられるリスクということでは、中東のイランが日本に近い。イスラエルがイランを最大の仮想敵国とし、核ミサイルの照準を合わせている。

 イスラエルの核兵器に対してイランは“丸裸"だったが、今は1年で核弾頭を作れる能力を持っている。

 これに対し、日本はまったくの無防備だ。日本は世界で最も滅ぼされる可能性の高い国、と言っていいのではないだろうか。

 しかも、中国、北朝鮮とも、核兵器を使うと言われている。

 例えば、中国が台湾を武力統一しようとする際、アメリカが軍事介入できないよう、「核ミサイルで米本土の主要都市を攻撃する」と脅す可能性が高い。

 威嚇ならまだいいが、中国は太平洋上空や宇宙空間で核兵器を爆発させて、米軍の通信ネットワークを破壊することを計画しているという(注2)。

 なお、日本も巻き込まれる台湾有事での米軍の戦い方は、以前とかなり変化している。数年前は空母が何隻も来援するプランだったが、中国が空母を狙い撃ちする対艦ミサイルを持ったことで、もう米空母は台湾近海に来ないそうだ。

 米軍の対中戦略の責任者は、「米軍はいったんグアムやハワイまで引き、4~6週間後に、無人機などによる中国本土への攻撃を行う。その間、日本や台湾は中国軍の猛攻に耐えて自力で戦ってくれ」と語っているという。

 日本が「滅びるリスク」がますます高まっている。

(注2)中国の核戦略をつくった建国の父・毛沢東は「中国の人口の半分が死んでも何年か経てばもっと多くなる」と述べ、核戦争も辞さないスタンス。これが今も受け継がれている。





核兵器についての善悪

 核兵器を宗教的にどう考えるべきか。幸福の科学の大川隆法総裁は、原則、核兵器を持つべきではないし、使うべきでもないという考えだ(注3)。核戦争で大量の人たちが亡くなると、あの世への旅立ちやその後の生まれ変わりに大きな支障が出るためだ。

 一方で、宗教的に「悪」である核兵器によって、平和がつくり出されているという逆説がある。「核による平和」は、大戦争が起こるよりもはるかに望ましい。

 だからこそ大川総裁は、「核兵器は、智慧をもって消していかなければならないと思います」と述べている(注3)。

 問題は、独裁国家が核兵器を持つ場合だ。民主主義国家のように国民や国際世論のチェックが効かないため、明確な「悪」と言える。権力者一人の判断で、核のボタンが押される危険性がある。それが中国、北朝鮮では起こり得る。そんな国が隣に2つもある日本は、まるで悪魔に呪われているかのようだ。

 大川総裁は悪魔の存在に関してこう述べている(本誌22ページ)。

「人間に、『「善悪とは何か」を学び取れ。感じ取れ』ということを教えているのだと思うのです」

 中国や北朝鮮の核の脅威から「善悪とは何か」を学び取り、「善」つまり「正義」を打ち立てることが日本人にいま求められている。

(注3)大川隆法著『愛、悟り、そして地球』より。



核兵器についての善悪は?


核抑止・核廃絶プラン




アメリカ本土に届く中国の核ミサイルDF-31A。写真:Imaginechina/アフロ

「正義」とは、中国、北朝鮮が核を使う「悪」を犯させないこと。そして、長期的に核兵器という「悪」を取り去ること。以下は、日本としての「核抑止・核廃絶プラン」だ(詳しくは本誌Web版に掲載)。



(1) 通常兵器でミサイルを持つ

 まずは、何の反撃手段もない状態を脱すべきだ。例えば、中国や北朝鮮に向けて潜水艦から飛ばせる弾道ミサイルや巡航ミサイルを持ち、潜水艦の数も増やす。日本が北京や平壌の中枢に反撃する能力を持てば、中朝の行動に歯止めがかかる。



(2) アメリカと核を共有

 抑止のためには、「核を持つ」選択も十分あり得る。その場合、アメリカの核兵器を共有するのがスムーズだ。

 ドイツなどは、有事の際にはアメリカの許可で使用できる「核シェアリング」を導入している。

 これは冷戦時代、ドイツなどがソ連の核ミサイルに対するアメリカの「核の傘」が信用できなかったため、アメリカと交渉し、欧州への配備を実現させたもの。日本も同じことをすべきだ。

 一方、イギリスの場合、アメリカと対等な立場で核のボタンを共有している。アメリカの核戦略と一体性があり、日本のモデルとなる。



(3) 独自の核を持つ選択も

 日本独自の核兵器を持つのは、かなりハードルが上がる。アメリカは「日本には核を持たせない」政策を採っているが、日本政府として国民の安全を守る義務を果たすために、アメリカを説得する時期がいずれくるだろう。

 60年代、フランスのド・ゴール大統領は、「核を持たない国は、核保有国にもてあそばれる」として、米大統領を説き伏せ、独自で潜水艦搭載型の核ミサイルを持った。

 近年、インドが同じことをやった。70年代からの核実験で国際的非難を浴びたが、米英仏露中以外の核保有を認めない核不拡散条約(NPT)の枠外で、核保有国の地位を認めさせた。核兵器を大量増産してNPTに違反する中国などとは違い、まじめにルールを守る日本は、インド以上に「平和的な核保有国」になり得る(注4)。

 中国や北朝鮮の出方がエスカレートするならば、(1)~(3)のステップを一つひとつ踏むしかない。「核開発をやっていきますよ」と宣言するだけでも抑止力になる。

 日本政府は憲法解釈上、核保有は可能だとしている。憲法9条の改正以前に中国と北朝鮮の核兵器に対し、打てる手はたくさんあるということになる。

(注4)日本の核保有についてアメリカを説得できたとしても、核弾頭だけでなくミサイルや潜水艦も含め、機能する核抑止体制をつくるには10年から15年はかかる。



(4) 中朝との軍備削減交渉

「核廃絶プラン」はどうなるか。

 日本として核抑止力を持つ中で、初めて中国や北朝鮮との軍備削減交渉を始める条件が整う。「中国、北朝鮮が核を全廃するならば、日本もなくしましょう」と言える。 この方式を米露など他の核保有国にも広げ、世界的な「核の刀狩り」を目指したい。



(5) 独裁体制を取り除く

 中国、北朝鮮が核軍拡路線を捨てないならば、両国の体制そのものを取り除かなければならない。

「善悪とは何か」を学び、正義を打ち立てることは、中国や北朝鮮の人々がより幸福な人生を歩めるようになることを意味する。大川総裁はこう述べている。

「私たちは中国の人々を自由にしなければなりません。北朝鮮の人々も自由にしなければなりません。彼らもまた、神に愛される権利があり、神の子として尊重される権利があり、幸福になる権利があるのです(中略)。私には何の憎しみ(hatred)もありません。あるのは世界への愛、自由と繁栄への愛のみです」(注5)

「核抑止・核廃絶プラン」は、中国や北朝鮮を憎むからではない。両国民に自由や幸福を享受してもらいたいからだ。

(注5)ザ・リバティ2012年8月号「未来への羅針盤」より。

(綾織次郎)





中国、北朝鮮に対する「核抑止・核廃絶プラン」

(1) 通常兵器で中距離ミサイルを持つ

(2) アメリカと核を共有する

(3) 独自の核を持つ選択も

(4) 中朝との軍備削減交渉を行う

(5) 中朝の軍事独裁体制を取り除く


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今こそ「憲法改正」で、国民主権を守りぬけ![HRPニュースファイル1558]

2016-01-30 15:03:07 | 幸福実現党

今こそ「憲法改正」で、国民主権を守りぬけ![HRPニュースファイル1558]

http://hrp-newsfile.jp/2016/2604/

文/幸福実現党・山口県本部副代表 かわい美和子

◆北朝鮮元工作員の証言

昨年11月29日、「特定失踪者を救う会中国地区大会」が山口県岩国市で行われ、北朝鮮元工作員の李相哲(イ・サンチョル)氏が来日し、日本人拉致の実態や工作活動について証言しました。

まず李氏は、「私は1982年6月、山口県長門市の海岸に上陸した」と告白を始めました。

「偽プレートを付けた工作船で沿岸まで近づき、他の場所では地域ごとにプレートを変える。周りには数十隻の漁船が漁をしていたが、誰にも不審に思われる事なく、いとも簡単に上陸できた。」

「大部分は、北朝鮮から『こういう人物が欲しい』という依頼に応え、日本国内の固定スパイが動き、ターゲットになった人物を誘引して海岸に連れ出す。任務途中バッタリ会った日本人も、痕跡を残さないため連れて行った。」

「韓国は、海岸線の警備が非常に厳しく鉄柵が張り巡らされ、入るのが難しい。だから、とりあえず日本に入る。日本は簡単で、上陸というより、みんな『ちょっと日本へ行ってくる』ぐらいの気持ちだった。」

「今も多くの固定スパイが、普通の日本人を装い潜んでいる。日本政府は(工作員一掃に)真剣に動くべきだ。上陸ポイントも同じ場所。警察も自衛隊も、その情報をしっかり集め、調べるべきだ。」

衝撃の激白と警鐘を聞きもらすまいと、場内は静まり返っていました。

◆なぜ、主権は侵害され続けたのか

国民主権とは、国民の生命・安全・財産・領土・領海・領空が守られてこそ成り立つものです。

日本政府も、1988年に拉致問題を「主権侵害」と認めながらも、2002年の5人の拉致被害者帰国以降、何らの進展も、効果的な策もありません。

本来なら、戦争の火種になってもおかしくない「国家犯罪」に対し、自衛隊も動く事すらままならず、さらに、尖閣諸島周辺や竹島問題など、我が国の主権は侵されっぱなしです。

手も足も出す事ができない、やられっぱなしの日本の国体の在り方をこそ、変えなければなりません。

「主権侵害」の根底に横たわるもの――それが、「日本国憲法」の存在ではないでしょうか。

第9条2項には「陸・海・空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と明記してあります。

現憲法下では、自衛隊は軍隊ではなく「自衛隊法」で決められた以外の行動は制限され、実質「9条2項」の存在が、足かせになっていると言って過言ではありません。

一方、他国の軍隊は「してはいけない事」のみ定められた「軍法」により、緊急事態発生の場合、できる限り自由に判断し、国民の主権優先で動く事ができるのです。

国民を守る為の憲法が、周辺国の蛮行を促す事につながるとは言語道断、憲法の意味を為しません。

現在の日本の実情に合わない憲法は、早急に変えて然るべきです。「憲法守って、国滅ぶ」ような事があっては、断じてなりません。

◆有事を想定し、自分の国は自分で守れ!

北朝鮮は1月6日「水爆実験が成功した」と発表し、世界の安保環境に大きな衝撃を与えました。少なくともこの実験で、核の小型化に成功した、とも言われています。

だとすれば、今後北朝鮮は、中・長距離ミサイルや潜水艦に核弾頭を搭載する事が可能となった事を意味します。

これまで我が国が国家として生存してこられたのは、日米同盟があったからです。

万が一、北朝鮮から核攻撃があったとしても「専守防衛」に徹する日本は、迎撃に頼るのみです。敵のミサイル基地を先制攻撃も、アメリカに頼る他ありません。

しかし「世界の警察ではない」と宣言し、内向きになっているアメリカが、自国に届くミサイルを持つ相手に、果たして戦ってくれるでしょうか。

「自分たちの問題は自分たちでやってね」と丸投げされたら、誰がどうやって国民の生命を守るのでしょうか。

今こそ「憲法改正」待ったなしです。

自衛隊を国防軍と明確に位置づけて、朝鮮半島の有事に対策を講じるべきです。

そして「自分の国は自分で守る」体制をつくる為、国民一人一人が「我が国をどうやって守るか」について本気で議論しなければなりません。

北朝鮮の脅威が現実的になった今、安倍政権は、今夏の参院選で、真正面から「憲法改正」を争点にかかげるべきです。
--------
◎幸福実現党公式サイト http://hr-party.jp/
◎HRPニュースファイルサイト(バックナンバーがご覧いただけます)
http://hrp-newsfile.jp/
◎購読は無料です。購読申込はこちらから(空メー ルの送信だけでOK) ⇒
p-mail@hrp-m.jp
◎新規登録・登録解除はこちらから ⇒ http://hrp-m.jp/bm/p/f/tf.php?id=mail
◎ご意見・お問い合わせはこちらから ⇒ hrpnews@gmail.com





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選 和歌山選挙区 幸福実現党公認の西本あつし氏が出馬表明

2016-01-29 23:11:00 | THE FACT

参院選 和歌山選挙区 幸福実現党公認の西本あつし氏が出馬表明

2016.01.29
ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10848



今夏の参院選を控え、和歌山選挙区の幸福実現党公認候補として立候補予定の西本あつし氏が29日、和歌山県庁で出馬表明を行った。



和歌山の人口は、2015年4月時点で約96万5千人。1年間で減ったのは約8700人で、人口は19年連続で減少している。



西本氏は和歌山で暮らす中で、人口減少や街並みの衰退に危機感を募らせてきた。



「いま必要なのは、10年後、20年後の未来を見据え、責任ある政治を行っていくこと。和歌山の経済の復活と、若者も未来に希望を持てるような社会をつくりたい」。そう考え、立候補を決意したという。



具体的な政策としては、「消費税5%への減税」「仕事が増える環境づくり」「若者が定住できる社会づくり」の3つを掲げる。



西本氏は、会見で「消費増税は、地方経済が疲弊する大きな要因の一つ」と指摘。「特に中小企業の大きな負担となっている消費税は減税し、地方経済を活性化させたい」などと主張した。



また、雇用を増やし、若者が就職しやすい環境をつくるため、新規事業やベンチャー企業への税制優遇、大規模な規制緩和、大企業の工場誘致などを行うとした。さらに、子育て世代が安心して子育てができるように、低水準家賃や医療費免除、保育料援助などの体制を整える施策を訴えた。



現在、和歌山では、人口減に歯止めをかけるため、さまざまな取り組みが行われている。



例えば、県が婚活イベントを主催し、年に24回も行っている。イベントで参加者は、ラフティングや温泉、バーベキューを楽しむという。和歌山の良さを知ってもらい、観光や定住者を増やす狙いがあるようだ。



また、同県の有田川町は、2040年には「人口30%減」と予測されている。そんな危機感の中、「有田川という未来 ARIDAGAWA2040」プロジェクトがスタート。地方創生を実現しようする有田川の住民が中心になって「参加型のイベント」を企画している。100人規模の参加者を集め、若い参加者も多いという。



人口減という問題に対し、様々な取り組みを行う和歌山。そこに、「地方活性化」への熱意にあふれた、新たな政治家が誕生することを期待したい。



創造性に富む起業家や政治家が起爆剤となり、その地域が活性化する可能性は十分ある。発展の鍵は「人」だからだ。

(山本泉)



【関連書籍】

幸福実現党刊 『いい国つくろう、ニッポン!』 大川紫央×釈量子著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1455



【関連記事】

2015年2月26日付本欄 統一地方選を前に「地域活性化」について考える 【前編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9273



2015年2月27日付本欄 統一地方選を前に「地域活性化」について考える 【後編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9276



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本物の「霊言」はどっち!? 幻冬舎・見城徹社長の守護霊が衝撃の告白!

2016-01-29 23:06:17 | リバティウェブ
本物の「霊言」はどっち!? 幻冬舎・見城徹社長の守護霊が衝撃の告白!

2016.01.29

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10850


霊言



本物の「霊言」はどっち!?
幻冬舎・見城徹社長の守護霊が衝撃の告白!

公開霊言「幻冬舎社長 見城徹の守護霊霊言『成功しなきゃ、仕事じゃない』」

2015年1月24日収録



「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か



「衝撃の霊言!」――。

そう銘打った、石原慎太郎・元東京都知事の著書『天才』が、幻冬舎から発売されたことは、本欄でも紹介した。一人称で田中角栄・元首相の人生を回想した内容で、書籍の帯や新聞広告などに冒頭のキャッチコピーがつけられている。



だが残念ながら、書籍の巻末に「すべては筆者によるフィクションであることをお断りしておきます」と記されているとおり、霊的な力を用いた本当の意味での「霊言」ではない。



真実の霊言を行い、350冊を超える霊言シリーズを発刊している、大川隆法・幸福の科学総裁がこのほど、「大人の遊びとして、多少のお相手をする」という趣旨で、見城氏の守護霊を呼んだ。この内容をまとめた書籍『幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚』が30日、全国の書店で発刊される。


「霊言」というキャッチコピーで"挑戦"

見城社長は、言わずと知れた「出版界の異端児」。角川書店を退社・独立し、その後、立ち上げた幻冬舎で、五木寛之の『大河の一滴』、石原慎太郎の『弟』、唐沢寿明の『ふたり』、郷ひろみの『ダディ』などミリオンセラーを連発してきた。



作家と濃密な関係を築いて口説き落とし、本人が書きたくない部分を引き出して書かせる点において、他の追随を許さない。自身も『編集者としての病』『たった一人の熱狂』などを出版し、圧倒的な努力を重ね、圧倒的な成果を築いてきた生き様を記している。



そんな見城氏が、今回、「霊言」というキャッチコピーを使って、本当の「霊言」を出している幸福の科学に"挑戦"した。


幻冬舎社長 見城徹 天才の嗅覚


大川隆法著

幸福の科学出版





「幸福の科学の顰蹙を買うでしょ?」

登場した見城氏の守護霊は、「衝撃の霊言!」というコピーを使ったことについて、こう話した。



「『顰蹙(ひんしゅく)は金を出してでも買え!』、これ基本ポリシーだからさ。幸福の科学の顰蹙を買うでしょ? 会員さんが、みんな買うじゃない」「偽物霊言シリーズっていうのを、あえて打っとるんや」

また、人の心をつかむコピーを書く方法について、「危険性の高いものほどよく売れる」と語り、奇抜で挑戦的であればあるほど話題になり、人の心に残るとした。





別の人になりきって書くのは「霊言」ではない

だが、幸福の科学が行っている霊言の目的は、見城氏のそれとはまったく異なる。



根本的には、「あの世が存在する」ことを証明するためであり、「人間の本質が肉体ではなく、魂である」という事実を、世界中の人々に気づかせるものだ。



ちなみに、小説『天才』に出てくる、田中元首相や石原氏をはじめ、佐藤栄作、池田勇人、大平正芳、中曽根康弘、後藤田正晴、安倍晋太郎、竹下登、宮沢喜一、小沢一郎、土光敏夫、毛沢東、周恩来、(トウ)小平、キッシンジャー、立花隆、野坂昭如などについて、大川総裁は本人の霊や守護霊の霊言を行っており、その内容はすべて書籍化されている。



見城氏が、本一冊をつくるために、多くの情熱を注いでいることには敬意を表したい。だが、作家が膨大な資料を読んで、別の人になりきって書く「小説」を「霊言」と同列に扱うことには注意が必要だ。



なお、見城氏の守護霊霊言では、次のようなテーマについても触れられた。
• 書籍『天才』の広告に潜ませた仕掛けとは?
• 作家や出版社は、大川総裁の霊言シリーズをどう見ているか
• 編集者に必要な心構えや霊感とは?
• 見城流のベストセラーを出すため4つの秘訣
• キャッチーなフレーズの創造に必要なもの
• 「なるほど」と納得できる過去世




この霊言は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中谷防衛相、北朝鮮「奇襲的な挑発行動」に出る可能性がある

2016-01-29 23:01:46 | ニュース
今年は、年初から大荒れの展開ですが、これからも続きそうです。

北朝鮮は、追い詰められていますから、本当に暴走をするかもしれません。
要注意ですね。


中谷防衛相、北朝鮮「奇襲的な挑発行動」に出る可能性がある

TBS系(JNN) 1月29日(金)21時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160129-00000058-jnn-pol



 北朝鮮で弾道ミサイル発射の兆候があることをめぐり、中谷防衛大臣は北朝鮮が事前の予告なく「奇襲的な挑発行動」に出る可能性があると指摘しました。

 北朝鮮北西部の東倉里(トンチャンリ)では、長距離弾道ミサイルの発射準備とも、とれる動きが確認されています。これまでのところ、北朝鮮側は、過去の発射の際に行ったような国際機関に対する事前の通告を行っていませんが、防衛省は警戒を強めています。

 「(北朝鮮が)事前の予告なく、弾道ミサイル発射を含む何らかの挑発行動に出る可能性は、否定できないという状況にある」(中谷元防衛相)

 中谷防衛大臣は、北朝鮮が6日の核実験の際にも、過去の核実験の場合とは違い、事前に実験の実施を示唆していなかったと指摘し、金正恩(キム・ジョンウン)政権の動きが予測しにくくなっているとの認識を示しました。

 また、中谷大臣は東倉里の発射場以外の場所から、発射台付きの車両を使ったり潜水艦を使ったりして、弾道ミサイルが奇襲的に発射される可能性もあると述べました。(29日14:34).
最終更新:1月29日(金)21時11分



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東京・品川にて大川隆法総裁による大講演会「世界を導く力」を2/15に開催!

2016-01-28 22:25:15 | Happy Science


東京・品川にて大講演会「世界を導く力」を2/15に開催!


来たる2月15日(月)に大川隆法総裁による大講演会を開催いたします。

本講演は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点・衛星布教所 等に衛星中継されます。


日時:2016年2月15日(月) 19:00 開演(予定)

衛星中継会場:全国の幸福の科学の精舎・支部・拠点・衛星布教所 等

※本会場(TKPガーデンシティ品川)は完全予約制となっております。

お申し込み:参加をご希望の方は完全予約制となります。

参加方法のお問い合わせ等はお電話でどうぞ。
03-5793-1727
幸福の科学サービスセンター
受付時間【火~金】10時~20時【土日祝】10時~18時





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CIAが新たな“Xファイル”とUFO調査方法を公開

2016-01-28 22:22:46 | リバティウェブ


CIAが新たな“Xファイル”とUFO調査方法を公開

2016.01.27
ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10841




アメリカのCIAが1940年代後半から50年代のUFO調査に関する新たな機密文書をホームページ上で紹介し話題を呼んでいる。



アメリカでは、過去に大ヒットしたUFOなどの超常現象にまつわる事件を描いたテレビドラマ『Xファイル』が今年1月に再開され、大きな話題となった。それを受ける形で、CIAはツイッターで、「私たちのXファイルの中を覗いてみて」「5つ(の文書)はモルダーに、もう5つはスカリーに」とつぶやいている。『Xファイル』に登場する超常現象に肯定的なモルダー捜査官と懐疑的なスカリー捜査官に触れたツイートどおり、それぞれUFO肯定論者とUFO懐疑論者が喜びそうなUFO調査の文書5つずつが、21日に公開された。



それらはアメリカに限らず1940年代後半から50年代前半のドイツ、スペイン、北アフリカ、コンゴなど世界で目撃されたUFOの調査文書だ。CIAのホームページには、情報公開法のもとに開示請求されたUFO文書のアーカイブがあり、その紹介も兼ねて、今回新しい10の文書が公開されたようだ。



◆CIAのUFOアーカイブ

http://www.foia.cia.gov/collection/ufos-fact-or-fiction




また、同じ21日のCIAのホームページには、「UFOを調査する10のヒント」も紹介されている。例えば、まずはUFO目撃を調査できる組織を作ること、調査の目的を明確にすること(50年代のCIAによるUFO調査の目的はソビエトの脅威など国防上の理由だった)、専門家に相談する、報告制度を作る、偽情報やUFOと間違えやすい他のモノと区別する方法論の確立、様々なテクノロジーを使った分析・実験、証拠集め、ジャンクな報告の排除など、それぞれ詳しく紹介されている。



日本国内でもさっそくあちこちのメディアが伝えているが、英ミラー紙は、「CIAはずっとUFOには関心が無いと言ってきたが、そうではなかった。」「本当はずっと真剣に調査してきたのだ。しかし、彼らの真の動機は誰も知らない」というUFO研究家の声を紹介。また、イングランドの地方紙コーニッシュ・ガーディアンは、残念なことに本物の"リトル・グリーン・メン"(エイリアン)の情報や、米政府はエリア51で本当は何をしているのか、など最も知りたい核心の部分をついた情報はない、と伝えている。



政府機関が小出しに小さなUFO情報を出してくるという、いつものパターンのようにも見えるが、何らかの戦略が隠れているのかもしれない。(純)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『ザ・コンタクト』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1531


【関連記事】

2015年10月17日付本欄「UFO学園の秘密」が好評 続々と寄せられるUFO目撃情報

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10318



2016年1月11日付本欄 ヒラリー・クリントン氏「UFOの真相を探るつもり」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10750


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

税収が増えた分は、国民にも「減税」で還元しよう!(HRPニュースファイル)

2016-01-28 10:07:50 | 幸福実現党


税収が増えた分は、国民にも「減税」で還元しよう!

2016.01.27


http://hrp-newsfile.jp/2016/2600/

文/幸福実現党青年局部長 兼 HS政経塾部長

幸福実現党東京都第9選挙区支部長 吉井としみつ

◆「国民への配当」という発想

「国民への配当」―。

生前、松下幸之助氏は、「無税国家論」の中で提唱されていました。

国の税収は2012年度から2016年度にかけて1.31倍になっており、早くも税収が増えた分を、歳出の増加に充てられないかという議論も出てきています。

しかし、ここで立ち止まって、この増えた税収を、国民に還元することを真剣に検討してはどうでしょうか?

(参考):「税収増、はや歳出増?」(1/27朝日朝刊7面)
・2012年度の税収、43.9兆円
・2016年度の税収、57.6兆円(当初予算案)

◆行政コストはバカにならない

もちろん、還元する方法も大事です。

なぜなら、政策を実行するには行政コストがかかるからです。

例えば、軽減税率の導入を検討していますが、これには1兆円の財源が必要と議論していますが、本当は軽減税率の行政コストも計算されなければなりません。

ちなみに、個人情報の漏洩など、リスク満載のマイナンバー制度を推し進めていますが、導入コストは数千億円ともいわれています。

では、「安く」そして「平等」に還元する方法は何かというと「減税」なのです。

◆財政赤字の解消に本気ですか?

日本政府の財政赤字の解消に向けての一里塚として、政策を実行するために必要な歳出(プライマリー・バランス)が、国の税収と均衡することを目標としています。

しかし、2020年度にプライマリー・バランス黒字化を掲げている割には、経済成長を前提としたシミュレーションでも、2020年は6.5兆円(GDP比1.1%)の赤字です。

26日に公表された平成18年度第1回目の経済財政諮問会議の議事録では、「子ども・子育て」関連の歳出増加の要因にも言及しており、2020年度のプライマリー・バランス黒字化は達成しなくても仕方ないという「言い訳」は、既に始まっています。

(参考)『平成 28 年第1回経済財政諮問会議 議事要旨』

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/0121/gijiyoushi.pdf

◆そもそもの前提を変えてみては?

社会保障費への対応と財政の健全化を旗印に、消費税の増税を進めているにもかかわらず、財政の健全化目標の達成には、あまり熱心ではないようです。

本来であれば、目標に届かないならば、日本経済を成長させるためにさらに何が必要なのか?あの手この手を尽くすべきです。

それでも足りないのであれば、そもそもの前提を疑ってみるべきではないでしょうか。

見直すべきは、経済成長を妨げている「消費税の増税」です。

◆消費税の「減税」を現実的な選択肢に

ぜひ、税収の増加分を国民に還元するという減税シミュレーションもしていただきたいと思います。

政府が支出を増やすことだけが福祉ではありません。

「減税こそ、最大の福祉」という新しい発想が必要です。

手取りが増えたら、「できること」も増えます。そして、中国をはじめ新興国の経済成長が鈍化する中、日本経済を支える内需の拡大が鍵です。

経済成長戦略の決め手を欠いている今、「日本経済活性化のための投資」として、国民の「手取り」を増やす「減税」政策を真剣に考えるべきではないでしょうか。


吉井 利光

執筆者:吉井 利光

HS政経塾部長(兼)党事務局部長



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊!「遠藤周作の霊言  遠藤周作の霊界談義 新・狐狸庵閑話」

2016-01-27 23:29:20 | 書籍


遠藤周作の霊界談義

新・狐狸庵閑話


・著者 大川隆法 ・定価 1,512 円(税込) ・四六判 193頁 ・発刊元 幸福の科学出版 ・ISBN 978-4-86395-758-9 ・発刊日 2016-02-04
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1618

ユーモアを、
もっと大切に。

真面目なのか、不真面目なのか。
冗談なのか、本気なのか。
あの世にかえって20年――
つかみどころのない
巧みな話術はいまも健在!

キリスト教をテーマに
多くの純文学を発表し、
ユーモア小説やエッセイスト
としても知られる作家。

劣等感や恋愛に悩む人、
病気に苦しむ人、
高齢者の方々へ。
ユーモアたっぷりの
心癒されるアドバイス。

■■ 遠藤周作の人物紹介 ■■
1923~1996年。作家。東京に生まれる。両親の離婚のため10歳より神戸で育ち、12歳のときにキリスト教の洗礼を受ける。旧制灘中学校を卒業後、3年間の浪人の後、慶應義塾大学文学部予科に入学した。仏文科卒業後、戦後初の留学生としてフランスのリヨン大学に学び、帰国後、処女エッセイ集『フランスの大学生』を出版。『白い人』で芥川賞を受賞した。また、38歳のとき、肺結核のため3度の手術を受け、2年に渡る闘病生活を送る。主な作品は、『沈黙』『キリストの誕生』『深い河』など。狐狸庵山人を名乗り、ユーモアに富むエッセイも数多く発表した。

目次

まえがき
1 遠藤周作について振り返る
2 遠藤周作の死んだあとの体験
3 劣等感にどう対処すればよいか
4 はたしてイエス・キリストに会えたのか
5 あの世で周りにいる人々
6 ユーモアは神の武器の一つ
7 信仰の奇跡について思うこと
8 遠藤周作の過去世を探る
9 狐狸庵流・人生アドバイス
10 遠藤周作の霊言を終えて
あとがき





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸福実現党・島根・鳥取選挙区の国領氏が出馬表明

2016-01-27 21:48:43 | 幸福実現党
鳥取県庁記者クラブで会見を行う幸福実現党・国領ぶんた氏(右)と釈量子党首。



幸福実現党・島根・鳥取選挙区の国領氏が出馬表明

2016.01.27
ザ・リバティWebより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10839



今年7月に行われる参院選に向け、幸福実現党・公認候補である国領ぶんた氏が27日、鳥取県庁と島根県庁の各記者クラブで出馬表明の記者会見を開いた。国領氏は、幸福実現党の事務局長と青年局長を兼任しており、島根・鳥取選挙区で選挙戦を戦う。両会見には、同党の釈量子党首も同席した。



国領氏は、山陰地方で、経済の停滞や人口の減少が年々深刻化していることへの危機感を抱き、経済を復活させ、若者も増える社会づくりを目指したい、と決意を表明。具体的政策として、「消費税5%への減税」「事業を起こしやすい環境づくり」「若者が希望を持てる社会づくり」の3つを掲げた。



若者の県外流出や人口減少は、山陰地方を取り巻く大きな問題となっている。島根県と鳥取県では、それぞれ年間5千人、年間4千人ずつ人口が減っており、雇用を生む産業も少ないのが実情だ。



こうした現状を打破すべく、幸福実現党は、地方活性化のカギとして、「新産業の育成」「交通網の充実」を政策として掲げている。ベンチャー企業への税制優遇などを通じて雇用を生み出し、同時に交通インフラを整備し、人やモノの移動が増えれば、地方はまだまだ発展できる。



地方の過疎化に頭を抱えているのは、山陰地方だけではない。幸福実現党は今後、全選挙区で候補者を擁立し、地方活性化策を訴えていく。

(冨野勝寛)



【関連記事】

2016年1月21日付本欄 幸福実現党・福岡選挙区のよしとみ氏、佐賀選挙区の中島氏が出馬表明

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10787



2016年1月15日付本欄 幸福実現党・金城氏が出馬表明 参院選・沖縄選挙区で

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10765



2015年2月26日付本欄 統一地方選を前に「地域活性化」について考える 【前編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9273



2015年2月27日付本欄 統一地方選を前に「地域活性化」について考える 【後編】

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9276



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加