危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

ザ・リバティ 2011年8月号 【特集】日本人よ、目を覚ませ! 宇宙開国論

2011-06-30 21:36:12 | 書籍


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

ザ・リバティ 2011年8月号
2011-06-30発行
定価 520円(税込)

主な内容
【特集】日本人よ、目を覚ませ! 宇宙開国論

目 次
004 大川隆法 【人生の羅針盤】 シリーズ「家庭を守るためのヒント」⑤ガンは自分で治せる(前編
010 大川隆法総裁 海外巡錫Love and Spiritual Power(邦題:愛と霊界の秘術)ほか
014 日本人よ、目を覚ませ! 宇宙開国論
Part1 激論 UFOと宇宙人を語る!あの「オカルト否定」教授が登場早稲田大学名誉教授・理学博士大槻義彦×UFO 科学問題研究家竹本良
040 日本は国家社会主義をやめ真の民主主義を目指せ
公開対談抜粋レポート幸福実現党創立者 兼 名誉総裁×幸福実現党党首立木秀学
044 原発を救え!第2弾 放射線量調査 ルポ「福島の住民に
健康被害は起きない」
052 街が記憶する偉人伝 第2回 二宮尊徳
056 学校では教わらないお金を引き寄せる人の考え方
プレミアム・インベストメント&パートナーズ代表取締役 午堂登紀雄
FP事務所フライフアレンジメント代表        小山信康
068 現代にも奇跡は起こる 大津波がわが家だけ避けていった!
076 ハッピーサイエンスニュース世界が注目する7・10 大川隆法総裁御生誕祭
076 民主党政権をつくったマスコミの責任を問う 「国難」は09年衆院選の報道から始まった
084 伊藤貫インタビューアメリカが日本を守れない時代が来る 自主的な核抑止力を持て
086 宗教課税論を糾す①──「信教の自由」を理解しない保守などありえない
089 やはり「真実とはいえない」週刊新潮の記事
090 リバティ ニュース・ダイジェスト 米国アフガン撤退で激化する米中のパキスタン争奪戦、消費税増税で始まった自殺大国ニッポン ほか
098 宗教課税論を糾す②──政治参加型宗教への課税は「神仏の口封じ」
100 相馬勝 中南海インサイド・ウォッチ 第7回 90周年で激化する権力闘争
102 宇田川敬介 政界深層メモ 第15回不信任案否決に見る民主党メルトダウン
106 奥山真司 日本人のための「戦略の格言」 第22回 米国の一極時代は最長で2020年代末まで
110 小説 サイン 第17話
118 Voice
121 読者プレゼント
124 小林信也のクロスプレー ~心技体の新常識~58
126 Book Review
132 セルフ・ブランディング講座⑥ 
130 Movie
132 セルフ・ブランディング講座⑥
134 山口敏太郎のミステリー直言⑪ 乱世を生き抜きたい自分とじっと手を見る自分がいる
136 Art



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍元首相「復興のために増税するのが道徳的に正しいという考えが蔓延(まんえん)している」と批判!

2011-06-30 21:17:59 | ニュース
その通りです。
このデフレで不景気のなか、増税したら、経済はさらに失速し、
税収が減るのは目に見えています。
日銀引き受けか、政府発行通貨で対応すべきです。
政府発行通貨であれば、返済義務がなく、無制限に発行できるため、
こうした復興時にはうってつけなのですが・・・。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

安倍元首相、復興増税を批判 日銀引き受け検討を
2011.6.30 12:05 産経ニュース
 自民党の安倍晋三元首相は30日午前、党本部で開いた会合で、東日本大震災の復興財源として所得税など「基幹税」の臨時増税が浮上していることに関し「復興のために増税するのが道徳的に正しいという考えが蔓延(まんえん)している」と批判した。

 会合は、超党派議員連盟「増税によらない復興財源を求める会」の自民党メンバーの勉強会。この日は、財源確保に向けた復興債の償還は増税ではなく、日銀引き受けで対応できるとの認識で一致。今後、党でも検討するよう政務調査会に働き掛ける。

 安倍氏は勉強会の会長。中川秀直元幹事長、小坂憲次参院幹事長ら20人が出席した。



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「脱原発は争点にならぬ」西岡議長が首相を牽制!!

2011-06-30 21:12:20 | ニュース
もともとマスゴミが、そうした空き菅のたくらみをおかしいとはっきり言わないで、
あおっているのが問題があります。
マスゴミが、何が正しくて、正しくないかの判断ができない。
正当な批判もできない。

西岡議長が言われていることは、まったくもって、その通りですね。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「脱原発は争点にならぬ」西岡議長が首相を牽制
2011.6.30 17:19 産経ニュース

 西岡武夫参院議長は30日午後の記者会見で、菅直人首相が28日の民主党両院議員総会で原発の是非を争点に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性に言及したことについて、「『脱原発』は衆院選の争点にならない。自然エネルギーへの転換という大きなテーマは、どの党も反対しない」と牽(けん)制(せい)した。


 その上で、「いくらこれまで場当たり的な思いつき政策を乱発してきた首相でも、まさか基幹エネルギーと地域の家庭の消費電力の『地産地消』を一緒くたにした議論はしないだろう」と当てこすった。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年御生誕祭 【 動画で紹介 】youtube 奇跡の大講演会 7/10 演 題 : 『救世の時は今』

2011-06-29 23:35:58 | Happy Science
今年2011年は、大川総裁の大悟30年、御生誕55周年、幸福の科学立宗25周年、という節目の年です。
幸福の科学では、大川総裁の御生誕55周年をお祝いする 2011年御生誕祭 を7月10日 に開催いたします。 また、千葉幕張メッセの会場を越え、幸福の科学の施設でも衛星中継されるほか、多くの外部会場でも衛星中継をいたします!
皆様のご参加をお待ちしております。

なお、ご参加の際は、必ず幸福の科学管轄支部へご連絡ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村




演 題 : 『救世の時は今』 (仮題)

開催日時 : 2011年7月10日(日) 
13:30~14:30(予定)


場 所 : 千葉県 幕張メッセ 国際展示場4・5・6ホール
衛星会場 : 全国・全世界の幸福の科学精舎・支部・拠点・衛星布教所 (海外拠点一覧)
※ 衛星会場へはどなたでもご参加いただけます。
  ご参加に関しましては、お近くの精舎・支部・拠点までお問い合わせください。


 【プログラム(予定)】 

13:30~開演 奉納歌「Come what may」
御法話『救世の時は今』(仮題)
14:30 終了予定


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人格・識見・能力については「史上最悪」という評価が定着している空き菅総理!!阿比留氏ブログより

2011-06-28 21:57:20 | ニュース
毎日毎日、国民に恥をさらし続ける空き菅ですが、
これほどひどいのに、マスゴミの批判が手ぬるいのではないでしょうか?
麻生元総理にくらべて、本当にお粗末な総理なのに、全然ゆるすぎます。

阿比留瑠比さんブログより
http://abirur.iza.ne.jp/blog/

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「脱原発解散」が現実味を帯びてきてげんなり
2011/06/27 15:21

 …もうため息しかでません。国民をどこまでも疲弊させ、絶望のどん底に突き落としつつひたすら元気な我らが宰相、菅直人氏のことや、現下の政局の件など汚らわしくて考えたくないし、触れたくもないのですが、日々あれこれと情勢がムダに動いているので、追っかけざるをえません。


 で、現在、永田町で「大いにありうる」と語られているのが、菅首相による延命を懸けた「脱原発解散」です。ふつう、勝算なく衆院解散はできるものではありません。周囲も止めますし、何より首相自身が「大敗して同志議員を大量に討ち死にさせた首相」との汚名を歴史に残すことにプレッシャーを感じざるをえないということがあります。

 しかし、菅直人首相の場合はどうでしょうか。どうせこのまま行けるところまで粘ったとしても、8月中には行き詰まるのだから、もう失うものはありません。最近は盛んに、輿石東参院議員会長らが万が一にも菅首相が8月中に辞めないということがないように、対外発信して「たが」をはめようとしていますしね。もうすでに人格・識見・能力については「史上最悪」という評価が定着しているので、これ以上評判を落とすはありませんから。

 今のところ民主党幹部連中は打ち消しに懸命ですが、これは確たる根拠があってそうしているというより、そんなの困る、それは筋が違うという意味で、一応否定しているという感じです。誰も菅首相の暴走は止められないのですから。


 菅首相としては、このままではじり貧である一方、脱原発を掲げて解散・総選挙を行い、何か致命的な間違いか運命の悪質ないたずらで勝ってしまったら、選挙で信任された首相として、堂々と大好きな「延命」「保身」を果たすことができ、しばらくは首相官邸の執務室で「我が身可愛やほ~やれほ~」と意味不明のことを口走っていることができます。

 己を知らず、ことこの期に及んでも、オレは本当は人気者であるはずだ、などど本気で信じていかねない菅首相のことですから、解散という選択肢はとても魅力的、蠱惑的、誘惑的であるはずです。

 そして、解散に打って出るには掲げるべき「大義」が必要なのですが、それが脱原発の是非であれば、確かに国民に問うに値する重大なテーマだということもできます。最近、この脱原発と再生エネルギーという有効なキーワードを思いついたらしい首相は、おそらくこれこそオレの歴史的使命だとばかりに例の誇大妄想に陥って、周囲の困惑をよそにいよいよ他者とかかわりのない世界で遊ぶようになったようです。

 私も国民の信を問うこと自体は大賛成です。菅首相自身、野党時代は「衆院選を経ていない首相は『仮免許』だ」と主張していましたしね。ただ、私は菅直人首相には脱原発をテーマに解散に出る資格がないと考えているだけに、何だかイヤな雰囲気だなあと感じているのです。

 例えば、自民党の小池百合子総務会長は24日の記者会見で、最近、急に菅首相が成立に意欲を示しだした再生エネルギー特別措置法案について、こんな話をしていました。

「例えば3月11日に例の再生エネルギー法案、これについて役所から総理の元にブリーフィーングに行ったところ、3月11日の時点で再生エネルギーについて菅総理は何も興味を示さなかったそうだ。突然火がついたのが、たぶん(ソフトバンク社長の)孫正義さんとの話があってからのことではないかと。何か再生エネルギーをすることが正義の味方みたいなところがあるけれども、正義は正義でも孫正義の正義ではないか」

 例の、孫氏に「なんていい人なんだ」と激賞された会合以降、菅首相が俄然やる気になっていることを言っているのでしょうが、「孫の正義」とはうまいですね。でも、これがあまり洒落や冗談では済まされないところが心配です。

 そもそも菅首相は、当選以来、時折、思い出したように国会質問などで再生エネルギーについて言及してきたのは事実ですが、少なくとも政権交代以降、この問題に特に取り組んできた様子はありません。それどころか、今年1月の施政方針演説で「私自らベトナムの首相に働きかけた結果、原発施設の海外進出が初めて実現します」と原発ビジネス成功を手柄誇りしていました。

 菅首相、鳩山由紀夫前首相、仙谷由人官房副長官は競うように原発ビジネスの国際展開を行ってきましたし、菅政権は今もそのビジネスを進めています。それなのに、脱原発をテーマに解散するとしたら、それは国際的ペテン以外の何物でもないと愚考します。

 というより、将来的に再生エネルギーの方にシフトしていくということ自体には、与野党ともに反対する党はないはずです。あまり急進的にやろうとすると、国民生活にも日本経済にも大きな影響が出るとの懸念は当然出ていますが、解散時に「脱原発」が大義として振りかざされると、そうした穏健な意見も、すべてを単純化して善悪二元論に持ち込む人たちによって「原発利権屋の反抗」として排除されかねない怖さがあります。

 そしてその結果、人類よりもダニ、ムカデ、ナメクジ、ヒル、毛虫、寄生虫…などと並べて分類した方がぴったりくるようなナントカが勝利を収めて居座りを決めるなんてことになれば世の中真っ暗ですから。まさか有権者がそんな判断を下すとは思いませんが、もしそんなことになったら、日本は社会正義に反した非道徳的・非倫理的国家として世界に指さされることでしょう。
 きょう発表の産経とフジニュースネットワークの合同世論調査で、菅政権について「評価する」人の割合を見ると、「首相の指導力」(8.0%)、「景気・経済対策」(11.0%)、「外交・安保政策」(13.0%)、「福島第1原発事故への対応」(13.5%)…と軒並み低評価であるにもかかわらず、「原発への依存度を減らす方針」については、68.4%が評価していました。

 菅首相もそのスタッフも、こうした数字はチェックするでしょうから、うんうんと意を強くする可能性がありますね。というより、これしかないと思い詰めていく危険性だって否定できません。菅首相のようなポピュリストは、先日のイタリアの国民投票結果なども間違いなく脳裏に刻んでいることでしょうし、どうもなあ。

 繰り返しますが、原発への依存度を漸次減らしていくことに関しては、与野党とも特に反対はないと思います。それなのに、菅首相が「見えない敵」として勝手に守旧派・既得権益派を勝手に想定してそれをたたくことで選挙に勝とうとしているとしたらどうでしょうか。

 菅首相は、本当に恐るべき「人災」そのものであり、日本に災厄をもたらす「禍日神」、あるいは「大貧乏神」であると感じています。あの不景気面を1年以上も見続けてきたせいか、なんか私の精神も少し病んできたのではないかとそんな気も…。


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<空き菅退陣時期>3法案の成立をめど!  国民、国家無視の最悪政権!思いつき法案が解散条件?

2011-06-27 23:34:54 | ニュース
この期に及んで、よくもまー無理な難題を出すものです。
野党は絶対に協力はしませんので、お互いの醜態をさらすことになるでしょう。
空き菅は、なんとか支持率を回復させ、解散、総選挙にとたくらんでいるんでしょうか?

はっきり言って、いかれています。国民、国家無視の最悪政権です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

<首相退陣時期>3法案の成立をめど
毎日新聞 6月27日(月)22時22分配信
 菅直人首相は27日夜、首相官邸で記者会見し、首相退陣の時期について「11年度第2次補正予算案の成立、再生可能エネルギー法案の成立、特例公債法案の成立が一つのめどになると考えている」と述べ、3法案の成立を条件とする考えを示した。また閣僚人事について「震災に対する復旧・復興を進め、原発事故の再発を防止する態勢をつくる、この二つに目的は尽きている」と語った。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「大衆迎合的政治をしてはいけない」 前原氏が空き菅の「脱原発」をけん制

2011-06-26 19:56:58 | ニュース
正論ですね。国会議員から、何故こうした意見がどんどん
でてこないのでしょうか?


産経新聞ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110626/stt11062619100002-n1.htm

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「大衆迎合的政治をしてはいけない」 前原氏が首相の「脱原発」をけん制
2011.6.26 19:09
 民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市内で講演し、中部電力に対する浜岡原発停止要請などを引き合いに菅直人首相の「脱原発」に向けた動きをけん制した。「ポピュリズム(大衆迎合)政治をしてはいけない。一時的な国民受けをあてにするのは絶対に慎まなければならない」と述べた。 

その上で「急に『脱原発』となれば電気料金は跳ね上がり、極端な節電が必要になる。日本でものづくりはできなくなり、働く場所もなくなる」とも強調した。

 東日本大震災の復興財源として消費税率の引き上げ案については「デフレを脱却し、安定した経済成長に移るまでは増税すべきでない」と指摘。首相に早期退陣を重ねて要求した。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

政治混乱の責任はどこにあるか?菅及び民主党に73%。空き菅内閣を支持しない72.6%!

2011-06-26 12:30:27 | ニュース
大多数が民主党政権を支持していないなか、
空き菅総理はまだ居座ろうというのでしょうか!


新報道2001より
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/index.html

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

(6月23日調査・6月26日放送/フジテレビ)
【問1】菅首相の退陣時期をめぐる混乱で与野党の対立は深まっています。この責任はどこにあると思いますか。
菅首相 37.2%
民主党執行部 26.6%
執行部以外の民主党 9.2%

自民党 14.0%
その他の政党 4.4%
(その他・わからない) 8.6%

【問2】菅首相は、風力や太陽光などの自然エネルギーを、一定期間、通常の電気料金より高い価格で電力会社が買い取ることなどを柱とした、“再生可能エネルギー法案”の成立を目指しています。あなたは、この法案の成立を急ぐべきだと思いますか。
はい 45.8%
いいえ 50.8%
(その他・わからない) 3.4%
【問3】現在、菅首相の退陣時期が不明確ですが、いつ退陣すべきだと思いますか。
今すぐ 32.8%
8/31までの会期内 26.0%
8/31の会期末後から年内 14.4%
来年9月の任期満了時 22.6%
(その他・わからない) 4.2%
【問4】あなたは次の衆院選でどの党の候補に投票したいですか。

民主党 15.0%(↓) みんなの党 6.6%(↓)
自民党 27.8%(↑) たちあがれ日本 0.2%(↓)
公明党 3.2%(↓) 新党改革 0.2%(↑)
共産党 2.6%(↓) 無所属・その他 6.0%
社民党 0.8%(―) 棄権する 6.8%
国民新党 0.4%(↓) (まだきめていない) 30.2%
新党日本 0.2%(↓)
【問5】あなたは菅内閣を支持しますか。
支持する 24.0%
支持しない 72.6% (その他・わからない) 3.4%
首都圏の成人男女500人を対象に電話調査



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『もし空海が民主党政権を見たら何というか』公開(6/28~)菅さんに四国巡礼を禁ずる法!政党法話

2011-06-26 00:34:12 | 幸福実現党
演 題 : 『もし空海が民主党政権を見たら何というか』
―菅さんに四国巡礼を禁ずる法  (120分)
開催日 : 2011年6月28日(火) 10:30~ ※以降、随時開催

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

2011/6/25 政党法話『もし空海が民主党政権を見たら何というか』公開(6/28~)


幸福実現党の大川名誉総裁より、『もし空海が民主党政権を見たら何というか』―菅さんに四国巡礼を禁ずる法―を賜りました。

本法話は、名誉総裁によって空海の霊言として収録され、経済・教育政策へのアドバイス、宗教政党として戦ってゆく上での大切な心構え等について説かれました。

6/28(火)10:30より、政党セミナーとして、全国の支部・拠点・精舎にて拝聴会を開催いたします。

詳しくは、お近くの 支部・拠点 ・ 精舎 までお問い合わせください。



場 所 : 全国の 支部・拠点 ・ 精舎
※以下の精舎は28日(火)が休館日のため、拝聴会はございません。
下記精舎で拝聴をご希望の方は、29日(水)以降より拝聴可能となります。

 ・ 東京正心館
 ・ 箱根精舎
 ・ 聖地四国正心館
 ・ 沖縄正心館


※ 法話拝聴についての詳細情報は、お近くの 支部 までお問い合わせください。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拝啓 菅直人首相 阿比留瑠比 「国際的ペテン師」になりかねない、無謀な原発解散!!

2011-06-25 00:49:32 | ニュース
国際社会に対して、大変失礼な空き菅総理への手紙ですね。

産経新聞ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110624/plc11062422570022-n1.htm

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

拝啓 菅直人首相 阿比留瑠比
2011.6.24 22:56

 夏本番を前にはや酷暑の様相ですが、菅直人首相におかれては深刻な電力不足の懸念もどこ吹く風と、涼しい顔で首相の椅子に座っていることと思います。

 電力事情はあなたが5月に、国内の他の原発と異なる根拠を明確に説明しないまま、唐突に中部電力浜岡原発の停止を要請したため急激に悪化しました。これが国民の不安をあおり、一時停止していた全国の他の原発も再稼働が困難化しました。
 にもかかわらず、あなたは直面する危機には知らん顔で、将来の課題である再生エネルギーの普及ばかり熱心に語っていますね。 

あなたの無責任ぶりは今に始まったことではありませんが、来春には全国の54基の原発すべてが停止します。電力不足は企業も各家庭も、何より被災地の復旧・復興も直撃します。

 再生エネルギー特別措置法案を自分の手で成立させたいと執念を燃やすのは勝手ですが、この法律がうまく奏功しても、成果が出るのはまだまだ先の話です。

 もう少し、物事の軽重と優先順位について考えてみたらいかがでしょうか。

 「自分も燃え尽きるまで全力でやりたい」

あなたは24日の閣僚懇談会でこう述べました。ですが、あなたが首相でなければ法案が成立しないわけでも、復旧・復興ができないわけでもありません。むしろあなたが居座っているからすべてが滞っているのが実態ではありませんか。

 そもそも、昨年6月の最初の所信表明演説を読み返しても、あなたが「30年来取り組んできた」という「再生エネルギー」の文字は出てきません。エネルギーに関しては「原子力産業を含むエネルギー部門」という言及があるだけです。

 今年1月の施政方針演説には確かに「再生エネルギーの全量買い取り制度の導入」とあります。ですが、むしろ「私自らベトナムの首相に働きかけた結果、原発施設の海外進出が初めて実現します」と原発ビジネス推進を強調していましたね。

 この点は重要です。このままではあなたは、下手をすると国際的ペテンを働くことになりかねないからです。

 菅首相、あなたと長年にわたり政治行動をともにしてきた民主党重鎮も現閣僚も、「菅さんの口から再生エネルギーだなんて聞いたことがない」と首をひねっています。 

やはり、今回も「今の時代は再生エネルギーがウケる」との「ひらめき」「思いつき」を、年来の信念であるかのようにすり替えているだけなのでしょう。

それだけならともかく、永田町では現在、あなたが「脱原発」を旗印に8月に衆院解散に打って出るのではとささやかれています。

 国民の信を問うこと自体には異論はありません。とはいえ、あなたは「ベトナムに2基の原発を売りつけた」と自慢したばかりです。それなのに舌の根も乾かないうちに「脱原発」を大義に掲げるとしたら、国民だけではなく諸外国に対してもペテンを働くことになってしまいます。

 枝野幸男官房長官は24日の記者会見で、ベトナムが福島第1原発の事故後も日本から原発を購入する考えを変えていないことについて「ありがたいことだ」と歓迎しました。

 そんなところに、あなたが「脱原発」を選挙の争点とすれば、日本の国際的な信用も地に落ちます。
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件、ロシア大統領の北方領土訪問、韓国閣僚の竹島訪問…と、国民はあなたのために、これまでも何度も恥ずかしい思いをしてきました。これ以上、国際社会に顔向けできないようなことはしないでください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

UFOs Top 10 Best UFO sightings 2011 星型UFO等!!

2011-06-24 22:20:21 | UFO・宇宙人


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『中国は脅威だ』と日米が宣言したも同然!!日米安全保障協議委員会(2プラス2)共同声明の核心

2011-06-22 22:47:44 | ニュース
2012年を前に、ようやく日本も中国に対する危険性を認識しだしたのでしょうか。
早急に具体的な対策に行動してもらいたいですね。

読売新聞ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110622-00000203-yom-pol

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「中国は脅威」日米が宣言したも同然…政府筋
読売新聞 6月22日(水)9時15分配信

 度重なる延期の末、4年ぶりにようやく開かれた「日米安全保障協議委員会(2プラス2)」の協議の焦点は、地域と摩擦を起こしながら海洋進出を続ける中国への対応と、2014年の移設完了を正式に断念した沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の扱いだった。

 事前の調整では、日本側の政局の不安定さも影を落とした。

 「名指しこそしていないが、『中国は脅威だ』と日米が宣言したも同然だ」

 日本政府筋は共同声明の核心をこう解説した。
 

共通戦略目標の前提となる東アジアの安全保障環境について、共同声明の序文は、「ますます不確実になっている」としたうえで、「宇宙、公海及びサイバー空間などに対するその他の変化する脅威が含まれる」とし、国際社会に対する挑戦を「脅威」と位置づけた。「これらの分野で他国に最も懸念を与えているのは中国だ、と誰にでもわかる」(同筋)というわけだ。 .最終更新:6月22日(水)9時15分




にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「とにかく小沢にしちゃいけないというので、みんな菅に入れたけど、本当にひでえのにやらせちゃったな」

2011-06-22 20:43:24 | ニュース
by渡部恒三最高顧問

本当に、ひどいのに総理をやらせてしまいましたね。

阿比留瑠比さんブログより
http://abirur.iza.ne.jp/blog/

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

もうげんなりして書きたくもないのですが、今回の菅直人首相についてです。こんな人モドキであっても、現在のわが国の首相であるので、やはり触れざるを得ません。自民党の逢沢一郎国対委員長は今朝の会合で、次のようにあいさつして朝日新聞の今朝の朝刊に掲載された曽我豪編集委員のコラム「身を引いて信の回復を」を激賞しました。

「今日の朝日新聞のコラムに、朝日にしてはというと大変恐縮ですから今の発言、撤回をしますけれども、素晴らしいコラムが載っております。私も改めて思い起こす訳ですが、先週、菅さんはエネルギー関係の会議に出て、この顔が、自分の顔が見たくなければ自然エネルギー法案を通せ、通しなさいと、そういう趣旨の発言をしました。とんでも無い発言です。考えて見れば、国会に対する最大限の侮辱というか、立法府をどう考えているのか。一国の総理として、宰相としての見識といいますか、考え方が本当に厳しく問われる。それに近いことはこの1年、種々あったと思いますけれども、極めつけの発言ではないか。その一言を取ってみても、もう十分、十分、不信任に値をする、あるいは問責に値をする。そう我々は厳しく受け止めなければならないのではないかと思います」

 曽我氏のコラムは、確かに大変論理的で説得力のある内容でした。見出しはまだおとなしいのですが、中身を読むといきなり冒頭から「もはや限界を超えた」という一文で始まるかなり激烈な調子でもあり、私も朝日を読んでこれほど頷いたことはこれまでそうはありません。まあ、さんざん菅政権を擁護しておいていまさら…という感もありますが、それはそれとして。

本当は全文、ここに掲載したいぐらいですが、それは著作権の問題があり無理なので、一部引用してお茶を濁します(太字は私が入れました)。

 《自分の顔を見たくないなら早く通せ。再生エネルギー促進という脱原発の明日に直結する法案について、最高権力者がこんな脅かしめいたことを言い放つ国に住む不幸を私たちに甘受せよというのか。》

 《それは熟議を旨とする議会制民主主義の根幹を踏みにじるものであり、出処進退をここまで軽く扱う首相もかつてない。協調を損ねる乱雑な政治作法と自己の責任に無頓着な言葉の軽さ。それが菅政治の本質だ。》
 《首相がもっと謙虚で、冷静に丁寧に正確に手順を踏んで与野党の合意形成を育てていれば、幾多の課題処理が進んだ別の幸せな日本になっていたはずだ。
それを全面協力か、さもなければ「歴史に対する反逆行為」かといった対立図式でしか政治を動かそうとせず、結果、合意の芽を摘んだのが菅首相である。》

 《今最も肝要なのは、電力不足はじめ多くの負担や不便を強いられる国民からいかに信を取り付け続けるか、その地道で真面目な政治の作法である。
それは菅政治とは逆の道だ。》

 …まあ、この菅首相の発言については、読売新聞も18日の社説で「見苦しい」と書いていましたし、公明党の山口那津男代表は最近、菅首相について「おぞましい」という表現を使って酷評しています。なんでこの誰の目にも明らかであるように思える菅首相のいやらしさ、醜い実態が2~3割の国民には伝わらないのか、本当に不思議なくらいです。

ただ、菅政権が「自由と民主主義の敵」であることは、私は昨年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で菅内閣が国民を裏切り、隠蔽体質を見せつけた時点で明らかだったと考えますし、実際、そう書いてきました。

 また、菅内閣の本質がその徹底した「卑怯さ」「姑息さ」であり、その政治手法が「思いつき」「場当たり主義」であること、その姿は大人の品格が欠落した「下劣の見本」であることも、たびたび指摘してきたことであります。やっと朝日新聞もその当たり前の事実を正視する気になったのかという気がします。毎日新聞はまだ必死に目をそらしているようですが。

 民主党の渡部恒三最高顧問は最近、公明党幹部との会談で、昨年9月の代表選を振り返ってこう語りました。

 「とにかく小沢一郎代表にしちゃいけないというので、みんな菅に入れたけど、本当にひでえのにやらせちゃったな」
 …国民は本当に不幸です。私もここしばらく、ずっと気分が優れません。本当に菅首相の顔などこれ以上見たくありません…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相による日本経済壊滅作戦!最後のお仕事か!! 愛想を尽かす産業界 再生エネ買い取りで

2011-06-21 23:06:41 | ニュース
いったい、日本経済をどうしようというのでしょうか?
買取の負担を負うのは、国民です。
それでなくとも電気料金は値上がりそうなのに・・・!!

単なる思い付きで、政治をしてもらいたくありませんね。

産経新聞ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110621/trd11062122290025-n1.htm

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

首相の“固執”に愛想を尽かす産業界 再生エネ買い取り、電気料金に全転嫁で 
2011.6.21 22:29
 菅直人首相が、成立するまで退陣しないと固執する「再生エネルギー特別措置法案」。電力会社に対し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気の全量買い取りを義務づける制度だが、買い取り費用はそのまま電気料金に上乗せされる。原発事故を受け、大幅な電気料金の値上げが避けられない状況となる中、家計や企業にはダブルパンチだ。コスト増を嫌った製造業の日本脱出で産業空洞化が加速する懸念も拭えない。

 「今でも日本企業は円高や国際的に高い法人税で苦しんでいる。このうえ電気料金をさらに引き上げるというのか」。大手自動車メーカー首脳は、特措法への反発を隠さない。

 そもそも、法案は震災前に民主党政権が重視する地球温暖化対策の一環として策定されたもの。すでに、太陽光発電の一部を買い取り対象としているが、「対象を広げることで、再生可能エネルギーの導入を促す」(経済産業省)のが狙いだ。

 ただ、割高な電気の購入費用を料金に上乗せすることが認められている。家庭や事業者からの買い取り価格は、太陽光発電は1キロワット時あたり40~42円、風力などは同15~20円を基準にして決まる。資源エネルギー庁の試算では、制度導入から15年目の買い取り費用は年約8100億円に上り、単純計算で約6%の値上げになる。

首相の“固執”に愛想を尽かす産業界 再生エネ買い取り、電気料金に全転嫁で 
2011.6.21 22:29 (1/2ページ)
 菅直人首相が、成立するまで退陣しないと固執する「再生エネルギー特別措置法案」。電力会社に対し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気の全量買い取りを義務づける制度だが、買い取り費用はそのまま電気料金に上乗せされる。原発事故を受け、大幅な電気料金の値上げが避けられない状況となる中、家計や企業にはダブルパンチだ。コスト増を嫌った製造業の日本脱出で産業空洞化が加速する懸念も拭えない。

 「今でも日本企業は円高や国際的に高い法人税で苦しんでいる。このうえ電気料金をさらに引き上げるというのか」。大手自動車メーカー首脳は、特措法への反発を隠さない。

 そもそも、法案は震災前に民主党政権が重視する地球温暖化対策の一環として策定されたもの。すでに、太陽光発電の一部を買い取り対象としているが、「対象を広げることで、再生可能エネルギーの導入を促す」(経済産業省)のが狙いだ。

 ただ、割高な電気の購入費用を料金に上乗せすることが認められている。家庭や事業者からの買い取り価格は、太陽光発電は1キロワット時あたり40~42円、風力などは同15~20円を基準にして決まる。資源エネルギー庁の試算では、制度導入から15年目の買い取り費用は年約8100億円に上り、単純計算で約6%の値上げになる。



にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Aliens UFO in Kazakhstan!  TVのリポーターが解説中も上空で静止し続ける!!!

2011-06-20 22:22:08 | UFO・宇宙人



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加