危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

天皇陛下を「尊敬」が過去最高 誇りを取り戻しつつある日本人

2014-05-31 23:52:43 | 幸福実現党

天皇陛下を「尊敬」が過去最高 誇りを取り戻しつつある日本人

2014.05.31

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7933



NHK放送文化研究所が昨年の10月に行った「日本の意識」調査がこのほど発表され、天皇陛下に対して「尊敬の念を抱いている」が、過去最高の34%に達したことが分かった。



調査結果によると、最も高かったのは、「好感をもっている」の35%。「尊敬の念を抱いている」の34%がそれに続き、「無感情」は過去最低の28%になった。これについて同研究所は、「即位されて25年過ぎたことや、東日本大震災後の被災者に向けた熱心なご活動などが影響したのではないか」と分析している。



また同調査では、68%が「日本人は、他の国民に比べて、きわめてすぐれた素質をもっている」、54%が「日本は一流国だ」と答えており、それぞれ、これまでで最高だった1983年の水準にほぼ並んでいる。これらの結果からは、日本人の誇りが、徐々に復活し始めていると言えそうだ。



ただ、海外の国々と比較してみると、日本人の自国に対する評価はまだ低い。



BBCワールドサービスの最新の国際世論調査によると、「日本が国際社会に概ね良い影響を与えている」と答えた人が52%に達し、世界第4位にランクインした。調査結果を見てみると、中国・韓国を除いて、各国が日本に対してプラスの評価をしている。中でもインドネシアの評価は82%に達した。



この調査で日本と他国の違いが、明らかになった点がある。上記の「日本が国際社会に概ね良い影響を与えている」が52%だったのに対し、同じ質問に「はい」と答えた日本人は45%にとどまっている点だ。



他の国は日本と逆で、世界からの評価よりも自国に対する評価の方が高い。例えば、中国は、世界からのプラス評価は40%なのに対し、自国に対するプラス評価は77%。アメリカも、世界からのプラス評価が44%なのに対し、自国に対するプラス評価は65%だ。



このように、日本は世界からの評価が高いにもかかわらず、いまだに自分の国に自信を持てていない。



だが一方で、世界から高い評価を受けているように、日本には優れた面がたくさんある。新幹線をはじめとするインフラ整備などの科学技術はもちろん、冒頭に挙げた皇室も、現存する世界最古の万世一系の王朝と言われており、伝統・文化の面でも「世界の宝」というべきものが多い。



客観的に見れば、世界の中で日本は「大国」と呼ばれる地位を占めている。いま改めて自国に対する自信と誇りを取り戻し、自らを正しく評価すべきではないか。そうであってこそ、日本はアジアのリーダーとして、世界の平和や発展に貢献できるはずだ。(飯)



【関連記事】

2014年2月12日付本欄 建国記念日を取り戻せ 日本の存在自体が世界遺産

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7360



2013年7月26日付本欄 大川隆法総裁 談話発表「河野・村山談話は遡って無効である」 歴史問題を永遠に葬り去る

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6400




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新刊!「超訳霊言 ハイデガー「今」を語る 第二のヒトラーは出現するか」

2014-05-31 00:22:22 | 書籍

超訳霊言 ハイデガー「今」を語る 第二のヒトラーは出現するか



・著者 大川隆法 ・定価 1,512 円(税込) ・四六判 ・発刊元 幸福の科学出版 ・ISBN 978-4-86395-476-2 ・発刊日 2014-06-17

ハイデガー哲学の真髄を
“本人”がわかりやすく解説!

20世紀最大の哲学者は、
現代をどう観るのか?

生前のナチス政権への関与―――
その真相を語る。

習近平?プーチン?
現代の独裁者は誰なのか!?




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島崎氏の犯した罪   「活断層」で延期を続けてきた原子力規制委  国民に謝罪すべきだ。

2014-05-31 00:17:22 | 幸福実現党

島崎氏の犯した罪 「活断層」で延期を続けてきた原子力規制委

2014.05.30

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7931


今年9月で任期満了となる原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理の後任人事が決まり、島崎氏は再選されないことになった。規制委は津波や地震など自然災害への対策を理由に原発の再稼働を遅らせ続けてきたが、その分野を担当してきたのが、地震学者である島崎氏だ。



再稼働を遅らせる源流にいた島崎氏は、いったい何をしてきたのか。



これまでに規制委は、福井県の原子力発電所である敦賀発電所2号機の地下に活断層が走っているとして廃炉を勧告。敦賀原発を運営する日本原子力発電は、「断層に活動性はない」との調査結果を示していたものの、島崎氏は「活断層でない証拠」を求めており、現在、廃炉の可能性が高まっている。規制委は東北電力東通原発の敷地内にも活断層があるとして、再稼働を認めていない。



さらに2013年6月、規制委は「世界で一番厳しい安全基準」と銘打った新しい安全基準を決定し、この基準に沿った安全対策をとった原発の再稼働を進める方針を打ち出した。ところが、あまりに厳しい基準のため審査は難航しており、いまだに再稼働は実現していない。



特に問題なのは、原発の安全基準が改正される前に建設された原子炉にも、稼働のためには同じ条件が適用されるという、民主党政権時代に決まった措置だ。これは、原発ゼロを実現するための「事後法」とも言えるやり方であり、今の稼働停止に法的根拠もない。



しかも、島崎氏は、各原発で想定すべき地震の規模についてどのように調査するかを公開しておらず、事業者に「推測」させながら、審査のたびに小出しで指示を出している。それに加えて、再稼働がもっとも近いとされている鹿児島県の九州電力川内原発では、従来の原子炉には大きな影響がなかった「長周期地震動」が、どの程度影響するかまで評価することになっている。月刊WiLL7月号で澤田哲生氏も指摘しているが、後付けで基準を増やし続ける手法は、極めて悪質である。



そもそも、福島第一原発事故は地震による事故ではなく、津波によって電源が失われたために起きた事故だった。それは、震源地に近い宮城県の女川原発では地震直後に原子炉が安全に停止していることからも分かる。原発停止による電気料金の値上げに伴う経済的損失や、節電によって熱中症で亡くなった数多くの高齢者の存在を、島崎氏はどう考えているのか。地震を盾に「脱原発」ありきで再稼働を止めてきたことを、国民に謝罪すべきだ。



島崎氏の後任となるとみられている日本地質学会の会長である石渡明氏も、敦賀原発の「活断層」の存在などを追認しており、規制委が方向転換するかどうかは不明だ。委員会の構成員交代を期に、規制委は原発を止めたことで国民が被った経済的被害を認め、再稼働を進めるべきである。(晴)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『震災復興への道』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=38



幸福の科学出版 『アインシュタインの警告』大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=817



【関連記事】

Web限定記事 原発「活断層」調査 「活断層即廃炉」は非科学的な"魔女狩り"だ

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5531



2014年5月29日付本欄 原発の安全審査の遅れにしびれを切らす政財界 人事改革で脱原発派を"除染"

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7926




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな霊言「日蓮聖人『戦争と平和』を語る」  拉致問題再調査に込められた深慮遠謀とは?

2014-05-30 23:26:03 | 幸福実現党

この度、主より新たな霊言を賜りました。

「集団的自衛権」の是非の判断に迷うすべての信仰者たちへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「日蓮聖人『戦争と平和』を語る」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【開示日】
≪本編[91分]≫
明日5月31日(土)

≪エッセンス版[約60分]≫
6月3日(火)

【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所


◇日蓮聖人が語る「集団的自衛権と日本の未来」
「絶対平和主義」は、仏教的に正しいものなのか?

・幸福の科学の初期からの指導霊であり、現代の政治にも大きな影響を与えている日蓮宗の祖ともなった日蓮聖人による霊的指針です。

日蓮宗系の新宗教をはじめ、「戦争は絶対悪」と考える宗教者が多い日本に対して、釈尊の思想に立ち戻って、考え方の枠組みが示されます。

日蓮聖人が考える第二次世界大戦の意義や、世界における日本の使命、そして仏陀再誕の意味とは――。

信者のみならず、すべての宗教者に必要な視点が分かります。

・本霊言は、『自由の革命』『「正しき心の探究」の大切さ』『日蓮が語る 現代の「立正安国論」』とあわせて拝聴されますと、より理解がすすみます。

もちろん、同時発刊となる本霊言の経典も、ぜひお持ちください。

・本霊言につきましては、信者はもちろん、幸福実現党支持者および親和性のある保守層、宗教関係者、マスコミ関係者、政治関係者、国際関係で働く方、日蓮聖人に縁のある地にお住まいの方などにおすすめです。

・また、日蓮宗系の末寺等とご縁(檀家など)のある方は、日蓮聖人の最新の考えがわかる本霊言の経典の献本を、ぜひすすめてまいりましょう。

【Point】
◆“今、そこにある危機”に対して目を開け!

・日蓮宗の流れをくむ者たちへの一喝――日蓮宗は、国の危機を予言し、警告をしていくところから始まったのだ!

◆日本に仏陀が再誕した霊的な意味とは。

・仏教と神道が共存して、数千年続いているこの日本国は、悪魔に支配された唯物論・無神論の国に、滅ぼされてはならない!

◆日蓮聖人が語る、「大東亜戦争」の意義。

◆拉致問題再調査に込められた深慮遠謀とは?

◆侵略戦争と自衛的戦争とは意味が違う!
「戦争はすべて悪」ではなく「戦争には善悪がある」!

・仏教の「殺すなかれ」の教えと戦争との関係は?

・「戦争か平和か」の二者択一ではなく、「神の御計画に沿っているかどうか」が問題。

○下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#




日蓮聖人の霊は集団的自衛権を認めない日蓮宗信徒に一喝

2014.05.30

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7927

公開霊言抜粋レポート



日蓮聖人が宗教者の立場から語った「戦争と平和」

日本はアジアの秩序を守り、繁栄をつくれ

2014年5月30日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か





 安倍晋三首相が進める集団的自衛権の行使容認をめぐって、今国会で集中審議が行われている。安倍首相は、5月末の参院外交防衛委員会で、集団的自衛権の容認を閣議決定し、その内容を「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」に反映させたい考えを明らかにした。

 しかし、同じ与党である公明党は、集団的自衛権の行使容認に難色を示しており、同党の支持母体である創価学会も、行使を認めてこなかった従来の政府見解を支持している。また、一部のマスコミは、「集団的自衛権を認めてしまえば、日本はアメリカの戦争につき合わされてしまう」などと、激しく抵抗している。

 その一方で、最近、南シナ海では、中国が石油掘削を一方的に始め、中国の公船がベトナムの漁船を沈めるなど、事実上の"戦争状態"に突入している。

 日本を取り巻く情勢が悪化する中、集団的自衛権をどう考えるべきなのか。幸福の科学の大川隆法総裁は、日蓮聖人の霊を呼び、宗教者から見た「戦争と平和」について聞いた。





集団的自衛権に反対する者は日蓮宗信徒に非ず

 日蓮は、現在ある日蓮宗や、かつてその流れを汲んでいた創価学会などを念頭に置き、「宗教的な信念を通すというよりは、自分たちの票を伸ばすために、世論やマスコミに迎合し過ぎていて、日蓮宗の本来の姿ではない」と苦言を呈した。その上で、「日蓮宗を名乗る者、あるいはその流れを引くと称する者が、危機に反応せず、平和主義を唱えているが、日蓮の教えを学んでいる者とは言えない」と、日蓮宗信徒は信仰心を失っていると指摘した。

 また、先の大戦の反動として平和主義を唱えていることについても、日蓮は、「大東亜共栄圏の構想の中には、植民地解放という理念は入っていて、戦争の局部を見れば、悲惨な部分などがあったかもしれないが、大局的に見れば、その目的は果たし得た」と語り、太平洋戦争は、必ずしも侵略戦争ではなかったという見解を示した。

 生前の日蓮は、内憂外患の危機を訴えた預言者であり、鎌倉幕府や日本全体に警告を発していた。日蓮を信奉する信者が、危機のさなかにおいて集団的自衛権や戦争に反対することは、師の教えや生き方についての理解が不十分といえる。

創価学会も、「従来の政府見解に反するからだ」と集団的自衛権に反対しているが、それは宗教団体の発言としては価値観が弱いのではないか。





仏陀は戦争の善悪に答えている

 現代の日本では、「平和=善」「戦争=悪」という単純な図式に当てはめられた議論が多い。憲法改正の議論でも、その傾向が強く表れ、憲法9条さえ守っていれば平和が維持できると考える"9条信者"と揶揄される人まで出てきている。

 そうした背景には、暴力を忌避する考え方もあるが、このことについて、日蓮は、仏教の戒律である「不殺生(殺すなかれ)」を例示しながら、「国対国の戦いが起きるような状況では、それは必ずしも神仏の教えとは言えない」と述べ、個人と国家間では考え方が違うとした。実際、不幸なことに、不殺生戒を頑なに守った結果、釈迦が生まれた国は滅んでしまった。

 さらに、日蓮は「(仏陀は)徳治主義的な民主主義の下で、みんなが幸福に暮らしているとか、礼節を守っているか、宗教心があるかという点検があって、そういう正しい国には、攻めてはならないと明言している」と述べ、戦争には善悪の基準が明らかにあるとした。





日本はアジアのリーダーになるべきだ

 日蓮が語った点検項目に照らしてみると、近年の中国の周辺諸国を恫喝し、侵略主義的な行為は許されるものとは言い難い。安倍晋三首相が集団的自衛権に関する閣議決定を急ぐのも、中国の脅威を想定してのことであるが、このまま中国の横暴を許していては、日本とアジアの国々が飲み込まれてしまう。

 日蓮は、もし、中国の脅威を前にして、日本がベトナムやフィリピンなどの国を支援しなければ、「アジアのリーダーとしては失格になる」と述べた。実際、アジア諸国の多くの国は、安倍首相の「積極的平和主義」を評価しており、東南アジア諸国連合(ASEAN)を支援してもらいたいと考えている。集団的自衛権の憲法解釈変更についても、「やらないよりはマシだ」と語り、安倍氏の動きを評価しつつも、さらなる国防の強化を要望した。

 最後に、日蓮は、人類の命題でもある「戦争と平和」について次のように語った。

「『戦争か平和か』という二者択一の問題ではなくて、『神の御計画に沿っているか、沿っていないか』という判断であると知っていただきたい」

 自由や民主主義、宗教心を大切にする仏教的精神に反する中国の悪を押しとどめることは、神仏の意思にかなうものだ。日蓮も、「自分たちの側に神仏のご加護があると思うなら、信じて行動すべき」と語っている。生前の日蓮の言葉を軽視した当時の鎌倉幕府の二の舞を演じてはならない。日本が取るべき道は、中国の脅威に屈せず、アジアの平和と繁栄を守り抜くことだ。





他にも、日蓮は、以下の論点など、様々なことを語った。
• アメリカの「正義」は正しいのか?
• 「〇〇」に天変地異が起きる!?
• 幸福の科学の草創期ではどんな関わりをしていたか
• 「戦前の教育=悪」に対する評価
• 太平洋戦争をどう見る?



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな開示「神秘現象リーディング」  「学校の幽霊・妖怪」の正体判明他

2014-05-30 00:17:25 | UFO・宇宙人


御法話「神秘現象リーディング」が開示されます(5/30~)

2014 / 05 / 29



この度、大川隆法総裁先生より御法話を賜りました。

 

「神秘現象リーディング」
 
(95分/抜粋版約60分)

 


開示概要

5月30日(金)より全国の幸福の科学の精舎、支部、拠点、布教所にて開示
※抜粋版は6月1日(日)開示

 


開催について

この度、大川隆法総裁先生より新たなリーディング「神秘現象リーディング」を賜りました。

◇神秘の大神霊・オフェアリスによるリーディング。

自宅、学校、職場で起きた神秘現象の謎を解く!

・アブダクションや金縛り、超常現象などに続き、「神秘現象」に対するリーディングが、神秘の神・オフェアリス御指導により行われました。

身近な霊現象に、明快な回答がなされ、「宗教の原点」に立ち返る内容になっているとともに、様々な方にとって参考になるリーディングです!

・身近な神秘現象の原因がわかる本リーディングは、信者はもちろん、NHKをはじめとするマスコミ関係者、神秘現象に興味を持っている方、霊好き・宇宙人好きの方、お子さんのいじめ・不登校等で悩む方、政治関係者、医学・心理学系統で仕事をしている方などに特におすすめです。

・経典『「宇宙人によるアブダクション」と「金縛り現象」は本当に同じか』

『ダークサイド・ムーンの遠隔透視』

『宇宙からの使者』

と併せて拝聴することをおすすめします!
 

【Point】
◆宇宙人の部下(!)が、モニタリングと健康診断。

そして、宇宙人のチップをも除去する「スーパー・ベガ・ヒーリング」の効き目。

◆「学校の幽霊・妖怪」の正体判明。

子どもたちの悲しい真実と、「親の信仰心」や「供養」の大切さが明らかに。

◆原爆投下後の広島が夢に……。

高級霊がときどき起こす「○○夢」の仕組みとは?

◆政治の世界もリーディング。

そのなかで、必要とされる心構えとは?

幸福実現党による政界と国家の浄化の使命も浮き彫りになります!

◆超常現象による伝道はありうるか?

主の願われる伝道の形もわかります。





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新刊!「究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」」

2014-05-30 00:13:50 | 書籍

究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」

大川隆法 vs. 木村智重・九鬼一・黒川白雲
※幸福の科学大学[仮称]設置認可申請中


・著者 大川隆法 ・定価 1,620 円(税込) ・四六判 157頁 ・発刊元 幸福の科学出版 ・ISBN 978-4-86395-477-9 ・発刊日 2014-06-04

なぜ、いま新たな大学が、
日本に必要なのか。

建学の精神、新大学の使命、そして
「人間幸福学部」「経営成功学部」「未来産業学部」
3つの新学部設立の意義について語りあう。

「世界の人びとを幸福にする」学問を探究し、
人類の未来に貢献する人材を輩出する―――
見識豊かな大学人の挑戦がはじまった!

▽未来創造型の大学をめざして――「人づくり」の重要性
▽幸福の科学大学の設立によって人口減に対応できる  
▽世界に通用する幸福の科学大学の英語教育
▽教育の本来の使命について――大学の起源には、宗教の存在がある 
▽幸福の科学大学はアベノミクスの「成長戦略」の柱となる
▽「学問の自由」と「信教の自由」から、大学創設の意味を考える


※幸福の科学大学(仮称)は設置認可申請中のため、紹介内容は変更の可能性があります。
(なお、この文言が5月28日0時より29日12時まで表示されていなかったことをお詫び申し上げます。)


<対談者>
木村智重 (学校法人幸福の科学学園理事長)
一九八〇年京都大学法学部卒業。一九八五年米国エール大学経営大学院修了(MBA)。
信託銀行を経て、幸福の科学理事長、国際本部長などを歴任し現職。


九鬼一 (同副理事長〔大学設置構想担当〕・幸福の科学大学学長候補)
一九八四年早稲田大学法学部卒業。大手石油会社を経て、幸福の科学指導研修局長、
幸福の科学出版(株)代表取締役社長などを歴任し現職。


黒川白雲 (同理事・幸福の科学大学人間幸福学部長候補)
一九八九年早稲田大学政治経済学部卒業。東京都庁勤務を経て、幸福の科学人事局長、指導研修局長、常務理事等を歴任し現職。


■■ 関連リンク ■■
・幸福の科学大学[仮称]設置認可申請中 公式サイト≫

目次

まえがき
1.「幸福の科学大学」の意義とは
2.国家戦略としての「経営成功学」
3.未来に向けて「責任」を取る気風を
4.未来創造型の大学を目指して
5.幸福の科学大学の設立によって人口減に対応できる
6.文科省の方針を実現しつつある幸福の科学学園
7.幸福の科学学園の英語教育力について
8.幸福の科学大学の英語教育について
9.幸福の科学大学で進めるメカトロニクスの研究について
10.幸福の科学の教えが持つ「知の体系」について
11.教育の本来の使命について
12.宗教と大学の関係性について
13.幸福の科学大学は日本の成長戦略の柱
あとがき


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「公明党は必ず足手まといになる」

2014-05-29 22:25:19 | ニュース


《石原慎太郎共同代表会見全文(4)完》「公明党は必ず足手まといになる、といったとおりになってきている」

2014.5.29 20:49 (1/3ページ)[石原慎太郎]

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140529/stt14052920490013-n1.htm


 --新党の規模は。新しい党の理念は

 「それはね、繰り返しますがね、政治生命をかけて進行しなくちゃいけない。改憲の問題もあるでしょう。それから今、こういう国際情勢の中に置かれているような、私はね、事が起こるたびに内閣は『遺憾の意』を表明する。私はねえ、遺憾の意じゃなくて『怒りの意』だと思いますよ。日本人が鬱屈して持っている感情というものを沈静させ、国民を安心させるためのいろいろな措置をこれから取らなくちゃいけない。

 集団的自衛権の問題もそうでしょうけどね。

 そのはしりとして尖閣を東京都が買ってもいいと言い出したわけですけど、それが残念ながら妙な引き金になって、民主党が勝手に横から手を出してお金を積み重ねて持ち主を買収するようなことになってしまったけれど…。こういった問題も焦眉の問題だと思いますね。

 それから中国の覇権主義も防がなくちゃいけない。私は個人的にダライラマと非常に親しいんですよ。

 彼が来るたびに会っていました。このごろ会わせてもらえない。外務省が反対して。彼の代理人のペマ・ギャルポ君という人物がいますけど、この2人から私は逐次、チベットがどうやって収奪されて中国の属国になっていったか、文化を、民族を失ったかということを聞かされている。


私は日本が中国の属国にならせてはいけないと思う。子孫のためにも。

 それを講じるために私は、自分たちがある意味で自民党よりも保守的といわれても、『すべき主張』を遂げていかなくちゃいけないと思っています」

 --新党の規模は

 「これは分かりませんね。私たち主張が、党を越えてもどれだけの人たちの共感を得るかはこれから先の事で分かりません」

 --集団的自衛権の問題では、公明党は石原代表らの行動に注目しているようだが

 「私も公明党に注目しているんだよ」

 --与党協議が進まない中、こうした現状をどう見ているか。与党の協議に新党として関わる考えは

 「私はね、前の党首討論の時も申し上げたんですけどね、集団的自衛権の問題をめぐってこれからどういう展開になるかは分かりませんがね、安倍首相に申し上げた。

 『あなた、必ず公明党は足手まといになりますよ』と言ったんです。その通りになってきているんじゃないでしょうか」

 「集団的自衛権について申し上げるとね、日本には個別的自衛権は果たしてあるんですか。日本のようにね、自衛隊を構えながら交戦規定がはっきりしていない国は世界中にないんですよ。

 たとえばね、ソマリアの海賊の退治に日本の海自が出かけたときにね、ばかな何人かの議員が反対して、ピースボートを仕立てて、それに賛成する連中がでかけていって、向こうの船をチャーターして日本の海上自衛隊の艦船を監視したつもりでいたけれど、非常に不穏な状況で怖くなって、海上自衛隊に「いざというときに守ってください」という依頼をして…。



これはさすがに体裁が悪くなって、彼らはそれを引っ込めて何をしたかと言うと、本国に打電して海上保安庁ならいいだろうと、海上保安庁に「出てきて自分を守ってくれ」と。

 これは非常に防衛庁も困惑して、現地にいる海上自衛隊の艦船にどういう訓令をしたかというと、とにかく相手が不穏な行動をしたときに警察官職務執行法にのっとって相手のやったことが『禁錮6カ月以上に該当する行為だったら取り締まれ』と。

 外国に出向いている自分の国の軍隊に警察官職務法にのっとって行動しろなんてばかな訓令をせざるを得ない国ってどこにありますか?急場に臨まなくちゃいけない自衛隊員がかわいそうですよ。日本には交戦規定がないんです」

 --分党を提案したとき、橋下代表はどういう表情で、どういう答えが返ってきたか

 「なぜでしょうか、と彼は当然聞きましたね。だから私は理由を申し上げた」

 --以前、維新の会と合流する際に石原さんは橋下さんについて「総理大臣にしたい」と言っていた。今も彼を首相にしたいか

 「彼は日本の社会の中で希有(けう)な存在であると思いますね。私はね、あんなにね、演説のうまい政治家は見たことないね。

 ただ、やっぱりね、これから大成していくためにもっと幅の広い教養というか、幅の広い経験を積む必要があると思いますな。やっぱり弁護士という才覚だけではね、大きな仕事はなかなかしにくいと思いますしね。そういう点では私は今でも彼に期待しています」

 --石原、橋下の二枚看板に期待して投票した有権者にはどう説明するのか

 「だから今申し上げたことを言わざるを得ないじゃないですか。自分たちの政治生命をかけての問題について節を折るわけにはいきません。

 私たちに期待し、指示してくれた人に対する背信でしかないと思うから。同じような考えで行動する人間が何人もいると思いますよ」



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小保方氏が論文1本の撤回に同意     主要論文は依然、撤回せず STAP細胞を守れ!

2014-05-29 00:34:59 | Happy Science

小保方氏が論文1本の撤回に同意 主要論文は依然、撤回せず STAP細胞を守れ!

2014.05.28

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7919


STAP細胞をめぐる問題で、英科学雑誌「ネイチャー」に投稿された2本の論文のうち1本について、理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーが、撤回に同意した。



今回の論文は、これまで理研の調査委員会が「不正認定」した主要な論文とは別のもの。小保方氏側は、今までやり玉に挙がっていたもう1本のSTAP細胞の作製法や万能性について調べた主要な論文については、依然として撤回に反対する姿勢を崩しておらず、今回の撤回同意によってSTAP細胞の存在が完全に否定されたわけではない。



各種報道によると、撤回に同意した論文は、胎盤ができるなど従来の万能細胞にはない性質などを確認した「Letter(レター)」と呼ばれるもの。ここに使われている写真に疑義が持ち上がっていたが、「共著者の間で撤回の動きがある」として、理研は調査に着手していなかった。



小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は、会見で、共著者である山梨大学の若山照彦教授の提案を受け、小保方氏が「この論文の取り下げには、特に反対しない」意向を伝えたと説明。「消極的な同意。小保方氏にとってSTAP細胞の存在を明らかにした主論文が大切で、(今回の撤回に同意した論文は)発展型に過ぎない」と話した。今回の動きで、STAP細胞に関する状況が大きく変化したわけではない。



小保方側は最近、「不正認定」した理研に「意見書」を提出、そこにはこう記されていた。



「本件のように、研究も実験も実際に行なわれており、真正な実験の結果も存在するが、論文をまとめる際に、実験結果の掲載方法に不適切な点があったり、掲載するデータの確認を怠ったために間違ったデータを掲載したという、まさに不注意による不適切な行為に対する処分が、直ちに諭旨退職又は懲戒解雇に相当するものかという観点から見れば、その結論が明らかに誤りであることは明らかである」(27日付弁護士ドットコム)



STAP細胞をめぐっては、依然として「周辺部分」の議論が続いている。マスコミの誹謗中傷で、小保方氏本人は心身の不調が続き、ほとんど弁明の機会が与えられていない。理研はそれを無視する形で、「不正認定」したわけだが、やはり最終的には、小保方氏本人が再実験を行えるような静かな環境をつくるべきだ。



難病などで苦しむ世界中の人々が救われる可能性を秘めたこのSTAP細胞を、机上の議論だけで否定することで、一体、誰が得をするのか。この新しい技術によって多くの人々が救われる日が、一日も早く訪れることを願ってやまない。(格)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1144



【関連記事】

Web限定記事 夢の万能細胞STAP細胞の研究者 小保方氏の本心に迫る

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7655



Web限定記事 【会見レポート】小保方氏「STAP細胞はあります!」 この研究は「日本の宝」である

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7660





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集団的自衛権の行使容認を進めよ      自民党・公明党の協議加速を求める

2014-05-29 00:05:29 | 幸福実現党

集団的自衛権の行使容認を進めよ 自民党・公明党の協議加速を求める

2014.05.28

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7918


自民党と公明党は27日、集団的自衛権の行使容認を主題とする「安全保障法制整備に関する与党協議会」(座長:高村正彦・自民党副総裁)の会合で、両党の熾烈な綱引きを繰り広げた。



今回の会合で自民党は、政府が示した安全保障法制の課題事例(米国に向かうミサイル迎撃や米艦防護など)の15事例と1参考事例のうち、有事に至らない「グレーゾーン事態」(3事例と1参考事例が該当)で、公明党との合意を目指した。



しかし、集団的自衛権の議論を遅らせたい公明党の思惑もあり、両党の協議は初めの2事例の議論にとどまり、合意には至らなかった。



与党協議会の座長代理を務める、公明党の北側一雄副代表は会合後、「事例は運用にかかわる問題が多い。何らかの法制が必要とは現時点で考えない」と述べ、座長を務める自民党の高村正彦副総裁は「(両党の)認識が一致したとは必ずしもいえない」と語った。来月3日には、第3回の与党協議会が予定されており、集団的自衛権の議論に慎重な公明党の協議への対応が注目される。



大川隆法・幸福の科学総裁は5月17日に行った法話「愛が時代を動かす」の中で、公明党について「『自民党のブレーキ役を果たす』と称して、票を稼いだのは結構だけども、物事が進まない、今は障害になっているのではないか」と指摘。また、集団的自衛権の行使容認を急ぐべき理由として、日本の尖閣諸島有事のみならず「中国とベトナム、フィリピンの戦争がいつ始まってもおかしくない」と緊迫する国際情勢を挙げた。



南シナ海では、特に中国とベトナムの間で、衝突を繰り返している。26日には、パラセル(西沙)諸島で、ベトナム漁船1隻が、中国漁船約40隻に囲まれ、体当たりされて沈没。現場海域では翌27日も、中国船・ベトナムの双方で100隻を超える船がにらみ合い、一触即発の状態が続いている。



上記法話の中で、大川総裁は、不法な攻撃を受けた周辺国を救うためにアメリカが戦っているとき、日本が「集団的自衛権の行使が認められていない」という理由で何も行動しなければ、「近隣諸国の日本に対する不信感が生まれ、ASEANのリーダーとしての日本への信頼感は、大きく失われていく」と警告している。



もちろん、日本は有事の際に、東南アジアなどの海外に進出している日系企業を保護する必要にも迫られる。日本人の生命や安全が危機に陥ってからでは遅い。



憲法9条を改正するのが本筋ではあるが、現状はのんびりと憲法改正の手続きを行う状況にはない。自民・公明の両党は、協議を加速させ、集団的自衛権の行使容認への対応を早急に行うべきである。(HS政経塾 松澤力)



【関連記事】

Web限定記事 大川隆法総裁 「愛が時代を動かす」法話レポート

安倍政権 集団的自衛権容認へ 「国民を護り、世界の平和に寄与すべきだ」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7844



2014年5月27日付本欄 ベトナム漁船 中国船に体当たりされ沈没 それでもベトナムは退かない!?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7915



2014年5月23日付本欄 朝鮮半島は一触即発状態 集団的自衛権行使容認の決断を急げ

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7863





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<維新の会>二枚看板わずか1年半 「当然」や「マイナス」

2014-05-28 23:56:09 | ニュース
橋下氏には理念がなく、石原氏の政治生命も終わった、ということですね。

それにしても、石原氏の自主憲法制定は、正論だと思います。


<維新の会>二枚看板わずか1年半 「当然」や「マイナス」

毎日新聞 5月28日(水)21時35分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140528-00000127-mai-pol




 日本維新の会の「二枚看板」は合流からわずか約1年半でたもとを分かつことになった。互いの人気の相乗効果を期待して手を組んだはずの石原慎太郎、橋下徹の両共同代表。「分党は当然」「マイナスになる」。維新議員らの反応も二つに分かれた。

【「両代表の食い違い」棚上げのツケ回り】

 「えー」。28日夕の大阪府議会の議会控室。維新府議数人は分党を伝えるテレビのニュースを見て驚きの声をあげた。

 青野剛暁(よしあき)・府議団代表は「橋下氏がこれまで以上に大阪の改革に集中することにつながれば原点回帰になる。お帰りなさいと言いたい」と歓迎した。ある中堅府議も「そもそも橋下氏と石原氏の政策は違う。分党は大歓迎だ」と話した。

 大阪選出のある衆院議員は「石原氏の言う『憲法破棄』にはついていけない。維新はもともと統治機構改革から始まったから分党は良かった」と語った。

 一方、維新内の旧太陽の党系議員は「分裂ではなく、相手を尊重した結果の分党だ」と強調した。別の大阪選出衆院議員は「橋下氏についていくが、党の規模が小さくなり、もったいない」など不安を漏らした。

 大阪市議の一人は「勝手に結婚したのに離婚をアピールするのもおかしな話。憲法論で別れるのは分かりづらい」と不満そう。

 維新の会兵庫県総支部前代表の新原秀人衆院議員(近畿比例)は「石原氏は党を割ってまで、なぜ自主憲法制定にこだわるのか。維新にとっても大きなマイナスだ」と述べた。

 ただ、冷静な受け止め方をする議員も少なくない。維新の会京都府総支部幹事長の清水鴻一郎衆院議員は「分党の話はテレビを見て初めて知ったが、驚きはない」と語った。

 分党のニュースが流れた後、維新幹事長の松井一郎・大阪府知事は府庁で記者団に淡々とした表情で語った。「橋下氏からの留守電を聞いただけ。まだ橋下徹共同代表とも直接話ができてない。みんな初めて、今ごろ聞いたところでしょう」




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急対談  国家目標と連動した未来志向の学問とは? 過去の学問と全く違う進化する大学の秘密!

2014-05-28 23:34:18 | 幸福の科学大学



緊急対談 国家目標と連動した未来志向の学問とは?

2014.05.28
http://info.happy-science.jp/2014/10593/


過去の学問と全く違う進化する大学の秘密!

大川隆法総裁と幸福の科学大学(仮称・設置認可申請中)幹部の木村智重氏、九鬼一氏、黒川白雲氏が、座談形式で大学の意義を語りました。
昨日5/27(火)に収録された本対談は、本日5/28(水)に書籍『究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」』と題され、幸福の科学出版より緊急発刊されます。ぜひご一読ください。




5/28『究極の国家成長戦略としての「幸福の科学大学の挑戦」』
幸福の科学出版
Amazon
→Kindle版電子書籍


※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。
※Kindle版電子書籍も提供しておりますので、ぜひご利用ください。




教育の目的にこそ、国家成長戦略を植え込むべき
 ――アベノミクスを成功させたかったら、国は幸福の科学大学の後押しを

人間幸福学部、経営成功学部、未来産業学部という名前に込めた思いとは
 ――名前が仕事をする!? 幸福の科学大学は新しいものを創生していく

発信力を持ち、世界に通用する人材の輩出を
 ――ハーバード大学生も学園生の実力に驚愕!ホームステイ中に起こった出来事とは

幸福の科学大学に懸ける意気込み

本対談では、幸福の科学大学幹部が大学にかける「抱負」「志」「意気込み」が、力強く述べられています。対談が進む過程で、新しいものを創生していく力となる、幸福の科学大学の未来ビジョンが明確に示されていきます。

未来を創造する気概を語る

また、「人間幸福学」「経営成功学」「未来産業学」など、未来志向の全く新しい学問にチャレンジしていく幸福の科学大学は、国家の成長戦略そのもの。過去の学問にとらわれず、国家や人類の未来を創造する気概が語られています。

世界に通用する人材の輩出を

さらには、幸福の科学大学より、発信力を持ち、世界に通用する人材を輩出する決意が述べられました。「国際競争力を持つのは、まさしく、うちの卒業生だ!」――。幸福の科学学園生がホームステイ中に、その実力でハーバード大学生を驚かせたエピソードも。

学問の自由・信教の自由を訴える

幸福の科学大学に反対している人たちに対しては、「信者から見てブーイングが出るような、教え方の変更とか、名前の変更とか、カリキュラムをあまり言い過ぎるのは、どうしたものか」など、学問の自由、信教の自由を訴えていきたい思いを語っています。


木村智重(きむら・ともしげ)(幸福の科学学園理事長)
1958年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。米国エール大学経営大学院修了(MBA)。東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)ニューヨーク支店などを経て、1994年幸福の科学に奉職。理事長、国際本部長等を歴任し、2013年11月、幸福の科学学園理事長に就任。



九鬼一(くき・はじめ)(幸福の科学大学学長候補)
1962年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。大手石油会社を経て、1993年幸福の科学に奉職。指導研修局長、幸福の科学出版(株) 代表取締役社長、幸福の科学学園理事長等を歴任し、2013年11月、幸福の科学大学学長候補。



黒川白雲(くろかわ・はくうん)(幸福の科学大学副学長候補)
1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京都庁を経て、1991年幸福の科学に奉職。人事局長、指導研修局長、常務理事等を歴任し、2013年9月、幸福の科学大学副学長候補。


※本対談は法話「究極の国家成長戦略としての『幸福の科学大学の挑戦』―大川隆法 vs. 木村智重・九鬼一・黒川白雲―」公開情報と題され、2014年5月28日より幸福の科学の精舎・支部等で動画公開されます。




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

駐越日本大使、中国を「利己的でゆがんだプロパガンダを持つ」と批判 国防省関連式典

2014-05-27 23:56:33 | UFO・宇宙人
日本は、こうした正論をどんどん発していくべきですね。
本来は、マスコミがこうした意見を述べ、国民に正しく真実を
伝えるべきなのですが・・・。


駐越日本大使、中国を「利己的でゆがんだプロパガンダを持つ」と批判 国防省関連式典

2014.5.27 18:20 [日中関係]

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140527/plc14052718200014-n1.htm



 深田博史駐ベトナム大使は27日、ハノイで開かれたベトナム国防省関連の式典で「一方的に現状を変更しようとする試み」が起きていると強調、南シナ海などで活動を活発化させる中国を間接的に批判した。

 深田氏は、国防省の国連平和維持活動(PKO)担当部局設立式典でのあいさつの冒頭、「不幸なことに、利己的でゆがんだプロパガンダを持ち、武力の行使や威嚇で一方的に現状を変更しようとする試みにわれわれは直面している」と強い調子で訴えた。

 その上で地域や国際社会が一致して「不可欠な基本的原則」である「法の支配」を支持していかなくてはならないと主張した。中国を名指しはしなかった。

 式典にはベトナムのブー・ドク・ダム副首相やフン・クアン・タイン国防相、各国の駐在武官らが出席。国防省当局者によると、中国も招待したが出席はなかったという。




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウクライナのポロシェンコ新大統領は、国内分裂を終わらせられるか?

2014-05-27 22:30:47 | 幸福実現党


ウクライナのポロシェンコ新大統領は、国内分裂を終わらせられるか?

2014.05.27

リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7916



ウクライナ大統領選挙がこのほど行われ、親欧派ペトロ・ポロシェンコ元外相が当選した。同氏は、「われわれの最初の一歩は戦闘や混乱、無秩序状態を終わらせることに重点を置く」と述べ、ウクライナ東部で独立運動をする親露派の活動を速やかに収束させるとともに、ロシアと協力する意向を示した。ロシアのラブロフ外相も25日、大統領選の結果を尊重し、ウクライナ政府と対話をする用意があると表明するなど、両国は早速、歩み寄りの姿勢を見せた。



当選したポロシェンコ氏は、大手菓子メーカー「ロシェン」を創業した実業家でもあり、親欧派と親露派のどちらの政権でも閣僚を務めるなど、幅広い層と協力できると評される。両派で分裂する国内の混乱を治めるためには、ポロシェンコ氏の実務力や経験、人脈などが必要だと認められたわけだ。



しかし、仮に国内の対立を解消したとしても、ウクライナの前途は明るいものではない。ウクライナの問題は、ソ連から独立した1991年から続く汚職や経済の低成長である。



ウクライナは汚職天国と言われ、汚職を監視するNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」も、同国を「ロシアを含む欧州で汚職が最も深刻な国」とし、世界汚職ランキングでは、152位に位置づけている。家具メーカー「イケア」が、10年以上の歳月をかけても、同国に進出できないのは、政府高官に賄賂を贈らないからだという話は有名であり、ポロシェンコ氏も、「ウクライナの駄目な部分の象徴」と語っている。



ウクライナと同じく、ソ連から独立し、腐敗に悩んだポーランドは、1990年の1人当たりのGDPは、1700ドル程度であったが、2012年には、約1万3000ドルに拡大した。一方のウクライナは、約1500ドルから3800ドル程度にまでしか伸びておらず、いかにウクライナ経済が停滞しているかを示している。



結局、ウクライナは、国際通貨基金(IMF)やロシアからの融資に頼り切りになり、肝心の汚職対策も進まなかった。いつまでも自立しない体制が、大規模なデモや外国勢力の介入を招いたと言える。これらの問題を解決しない限り、国内が分裂する可能性が無くなるわけではない。



ウクライナは、「領土の一体性」と言って、ロシアを批判する前に、国内で対立し、「国民の一体性」を確保できていないことを反省すべきである。汚職や経済問題は、親欧派や親露派を問わず、国民の多くが望む問題であるのだから、ポロシェンコ氏は、これらの問題の解決に心血を注ぎ、国民の団結を促すべきだ。(慧)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『プーチン大統領の新・守護霊メッセージ』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1148



【関連記事】

Web限定記事 「独裁者」と批判される ロシア・プーチン大統領が語る大戦略

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7697



2014年5月25日付本欄 プーチン大統領が日本の制裁に「驚いた」と発言 本音では中国を警戒している

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7909



2014年5月5日付本欄 EUの戦略上の誤りがウクライナ危機の原因

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7798




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プーチン氏の今秋訪日に「何ら変更ない」 菅長官、領土交渉も

2014-05-27 20:48:50 | ニュース

日本は、ウクライナ問題に関係なく、ロシアとの関係強化に努めるべきですね。
とにかく、プーチン政権であれば、日本に友好的ですので、今がチャンスですね。


オバマのアメリカは、あまりにも情けないです。
頼りになりません。



プーチン氏の今秋訪日に「何ら変更ない」 菅長官、領土交渉も

2014.5.26 14:09 [外交]

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140526/plc14052614090005-n1.htm



 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、日本の対ロシア制裁に不快感を示したプーチン大統領の発言を受け「(今年秋に見込まれる)プーチン氏訪日について何ら変更はない」と表明した。北方領土問題を解決し、ロシアとの平和条約締結を目指す姿勢にも変化はないと強調した。

 菅氏の発言は、プーチン氏との個人的関係を重視する安倍晋三首相の意向を踏まえた。ウクライナ情勢でロシアに配慮する立場を伝えることで、日ロ関係への影響を最小限にとどめる狙いがあるとみられる。

 岸田文雄外相は都内の講演で「ウクライナ問題で対ロ関係は難しい状況にあるが、わが国としてロシアとの政治対話は続けなければならない」と強調した。

 政府筋によると、プーチン氏の来日日程調整は始まっていない。領土問題に関する日ロ外務次官級協議の次回日程も固まっていない。




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネッシーが衛星写真に写った?  よく似た生物が遠隔透視されていた

2014-05-26 23:01:28 | UFO・宇宙人


ネッシーが衛星写真に写った? よく似た生物が遠隔透視されていた

2014.05.25





リバティウェブより
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7908


アップル社が提供する地図ソフトの衛星写真のうち、英スコットランドのネス湖の写真に、ネッシーが写っていると騒ぎになっている。ネス湖北端に近い、ドリズという町付近の湖面で発見された。



衛星写真を見ると、全長およそ30メートルの流線形の影が分かる(同画像はYouTubeでも紹介されている。 https://www.youtube.com/watch?v=3uOYEapRrTc の0:38あたり)。左右対称にヒレのようなものが出ており、頭を南に向けた大きなサメのようにも見える。ネス湖の水は泥炭を含むため、視界およそ3メートルとその透明度は低いにもかかわらず、衛星写真に姿が写ったということは、この生き物が水面近くまで上がってきたからと考えられる。



発見者は2人おり、昨年末頃、それぞれがネッシー公式ファンクラブの会長、ゲイリー・キャンベル氏に連絡した。ゲイリー氏はこの写真を、約半年間かけて分析。ボートの航跡ではないかと疑ったが、肝心のボートそのものが写っていない。ゲイリー氏は英紙「メイル・オンライン」の取材に対し、「秘密の潜水艦実験でも行われていない限り、ネッシーだと考えていいと思う」と答えている。



実は、大川隆法・幸福の科学総裁は2012年、ネッシーを探すためにネス湖を遠隔透視した際、さまざまな巨大生物を発見。その内容は『遠隔透視 ネッシーは実在するか』(大川隆法著)に収録されている。



その中で、今回発見されたものによく似た、8メートルほどの生き物も見つかっていた。ジンベエザメに似て背中に白い斑点があるが、異なる点として、ナマズに似たひげを持っている。透視時には、水面下5メートルほどのところを泳いでいた。



このほか、大川総裁の透視では、首長竜に似た生き物や、首の長い巨大な亀も見つかっている。やはり、今もネス湖には何か大きな生き物がいるようである。今後の調査の結果が楽しみだ。(居)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『遠隔透視 ネッシーは実在するか』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=934


【関連記事】

2013年6月25日付本欄 ネッシーの存在めぐりネス湖で大論争 地元観光業界を二分

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6239


2012年8月24日付本欄 ネス湖のネッシーがついに見つかった?

http://the-liberty.com/article.php?item_id=4788





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で5位です!!
(OUTポイント順で2位 INポイント順で5位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加