危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

6月2日(木) 21:00より Ustream番組《幸福実現TV》「「日本の自由を滅ぼす人権侵害救済法案の真実」

2011-05-31 23:24:21 | 幸福実現党
既に死に体の民主党政権。
この政権が続けば、日本の自由を滅ぼす人権侵害救済法案まで
どさくさにまぎれて、通されてしまいます。
絶対、阻止して参りましょう!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

6月2日(木) 21:00より Ustream番組《幸福実現TV》配信 第12回「「日本の自由を滅ぼす人権侵害救済法案の真実」~ドサクサに民主党が進める闇法案を絶対阻止!~
2011年5月31日
6月2日(木)21時の幸福実現TVは、
「日本の自由を滅ぼす人権侵害救済法案の真実!!」
~ドサクサに民主党が進める闇法案を絶対阻止~


もはや瀕死の民主党。今回は、

幸福実現党 黒川白雲政調会長
と共に、民主党がドサクサに紛れて進める

「闇法案」
の是非を問います。


番組視聴はここをクリック!
 ⇒http://bit.ly/usthrp


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沢氏、不信任案賛成を示唆  「内閣不信任決議案が提出された場合、首相退陣を目指す!!」

2011-05-30 23:16:46 | ニュース
怪物小沢の最後の祈りは届くのでしょうか!!
空き菅が変わっても、民主党政権では話になりませんので、
保守派の大連立か、解散総選挙を期待します。

小沢氏、不信任案賛成を示唆=民主執行部、造反に厳正対処
時事通信 5月30日(月)18時48分配信
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

 民主党の小沢一郎元代表は30日午後、自身を支持する同党中堅・若手議員と会い、自民、公明両党が内閣不信任決議案を提出した場合、賛成も視野に首相退陣を目指す考えを示した。一方、菅直人首相は同日、民主党の岡田克也幹事長と首相官邸で会談し、不信任案採決で造反者が出た場合は「厳正に対処する」ことで一致。不信任案への対応をめぐり、民主党内の対立が激化してきた。
 小沢氏は同日、鳩山由紀夫前首相と都内の鳩山氏の事務所で会談し、不信任案に同調する動きが党内で拡大していると指摘。鳩山氏は、首相から電話で「原発の話を聞きたい」と会談の呼び掛けがあったことを伝えた。
 小沢氏はこの後、自身を支持する中堅・若手の「一新会」の会合に出席し、「平和裏に、穏便にうまく収まるように考えていかなければならない」と述べ、首相の自発的な辞任を目指す考えを表明。「それでも駄目なら決断するときは決断する」と、不信任案に賛成する可能性を示唆した。同時に、首相から会談の打診があれば応じる意向も示した。
 これに対し、岡田氏は小沢氏と近い輿石東参院議員会長とも協議し、造反に厳しい処分で臨むことを確認。この後の記者会見で「不信任案に賛成する決意なら、党を離れるのが前提だ」と造反の動きをけん制した。また、安住淳国対委員長は記者団に「厳正対処」について、「除名(除籍)を含む」と強調した。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘラトリ第23号 『日本のピラミッド』 (その1)  実は「日本神道系の神様は、全て宇宙人でした」!!

2011-05-30 22:22:04 | UFO・宇宙人

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

★☆*+★☆*+★☆*+
未来を開拓する精舎、
北海道正心館
★☆*+★☆*+★☆*+

『世界の目を醒ます
ヘラトリ・トピックス』
(第23号)



『日本のピラミッド』
(その1)


(本稿は、2011年5月27日北海道正心館七の日講話の内容をまとめたものです。)


 皆様こんにちは。本日はようこそ、北海道正心館にお越しくださいました。今
日は、映像をふんだんに使って、映画館か視聴覚教室のような雰囲気で始めまし
ょう。
最初に、このテーマの全体像を掴んでいただくために、最近の御法話である
『天之常立神(あめのとこたちのかみ)の霊言』
から、一部抜粋を拝聴していただきます。
 今日のテーマは、ヘラトリ(私)にとっても、新しい分野の開拓です。
日本神道というのは、過去に遡ろうとしたときに、他の宗教に比べて、歴史書が
整理されてこなかったこともあって、解明が難しいと言われています。
たとえばユダヤ・キリスト教の旧約聖書と比べてみても、日本神道の正統な経典
は「古事記」と「日本書紀」のみで、それ以外は異端とされてしまっているため
に、よくわかりません。
古事記はご存知のとおり、「水滴がボテッと落ちて淡路島になった」とか、そう
いう表現で、それを解明しようと日本開闢(かいびゃく)以来の神々のリーディ
ングを録っても、余り正体を明かされないようです。
実は、
「日本神道系の神様は、全て宇宙人でした

ということになると、神社本庁はじめ、今の日本神道の枠組みが崩壊してしまう
ので、「それを明らかにしていく度合い・タイミング」は、私たちの伝道の広が
りとの兼ね合いがある、ということなのですね。
そういう状況を睨みながら、神道関係者を過度に刺激することなく、そうは言っ
ても「真理は普及したい」ですから、今日は、
『日本のピラミッド』
という、「微妙ではありますがキャッチーなネーミング」を付けて、「くせ球で
勝負しよう」というのが趣旨です。
『黄金の法』にありますように、約2800年前に天之御中主之神が降りられて、あ
る意味で、(天皇家の肉体先祖としての)日本が始まったのですが、
「それ以前にも、かなり高度な文明があったらしい」
ということが、最近のリーディングでわかってきています。
ただ、
「今の天皇家以前にも、天皇の歴史があった」
と発言することは、戦前なら不敬罪(打ち首?)に当たるでしょうから、そうい
う議論は、なかなか日の目をみることはありませんでした。
しかし、色々な方のリーディングの中で、
「今の日本の正史以前の高度な歴史・文明の中には、かつてのムー大陸からの流
れもあったが、それ以外にも、宇宙をルーツとする文明文化があった」
ということも判明してきていて、それが"こしきゆかしき"日本神道の流れからす
ると、「ついていけない話」になってしまうわけです。
そこでは、様々な文明、天文学や測量学などの学問が降ろされ、高度な鉱工業が
発達し、
「エジプトとほぼ同時期と思われるようなピラミッドも存在していた」
というリーディングが出ており、これは、ある種の考古学的研究の成果とも、後
述するように、合致します。(学界の主流派は、顔を真赤にして否定しています
が。しかしそれは、どの学問分野でも同じでしょう。)
最近のリーディングの中で、特にこの事実を体系的に説明して下さっているのが
、天之常立神です。
「数千年前の日本にもピラミッド文明があった」というのですが、一説によると
「国内には3000もあった」とも言われています。人間によって、人工的に造られたピラミッドでしたが、その後、長きに渡る自然
現象などにより、木が生え、今では三角の山にしか見えないものが沢山あります
が、その中には、「本当はピラミッドだったものがあった」というのは、以前よ
り、一部の専門家からは、指摘され続けていました。
それでは『天之常立神の霊言』より一部抜粋をご覧いただきます。

(レジメでは省略)

これにより、はっきり分かったことは、
「私たちが認識している正史より前に、3000~6000年くらい前に興隆期を迎えた
高度な文明があった」
という事実です。それはピラミッドに象徴される文明で、数多くの学問が降ろさ
れたのですが、当時の大津波を伴う天変地異によって、海辺を中心とした人々が
すべて水に流され、
また文化的にも、その後大陸から漢字が入ってきたことによって、かつて使われ
ていた「古代文字」が消滅し、文明・文化の証拠そのものが無くなってしまった
ということです。
にわかには信じ難いと思いますが、これは天御中主之神(宇宙のプロテクター)
や天照大神、国常立之神などの霊言によって、積み重なって明らかになってきた
真実で、「それらの神々が、元は宇宙からの来訪者であった」ということと併せ
て、今後徐々に明かされていくと思います。



最初に発見されたピラミッド(広島)



「日本にかつてピラミッドがあった」という研究は、かなり以前からなされてい
て、最も古いものは、1934年(昭和9年)に発表されています。
日本で最初に、「ピラミッドだった」と言及された山は、広島県にある葦嶽山(
あしたけやま)です。(ここで山の画像が上映される。)
見るからに三角形です。日本のピラミッドの特徴は、頂上にストーン・サークル
とかストーン・スクエアと言われる「石の祭壇」のようなものが造られていて、
おそらくそこで、神降ろし(&UFOとの交信?)が行われていたものと思われます

発表された当時には、山頂に祭壇のようなものがあったのですが、今現在は破壊
されていて、はっきりとした形跡が残っていません。
なぜ破壊されてしまったのでしょうか。この辺りから、歴史とリーディングの面
白い関係が始まります。
(「その2」に続く)



●お問い合わせ・ご予約などは、電話・FAX、または
こちらのアドレスhokkaido@sj.irh.jpまでお送りください。
●メール配信をご希望の方は、「メル友希望、お名前、支部名、会員番号」をご
記入の上、
hokkaido@sj.irh.jpまでメールをお送りください。

北海道正心館
Tel:011-640-7577
Fax:011-640-7578



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「たとえ緊急事態でも、総理を代えるべきときに代えることが重要だ」by拓殖大学大学院教授、遠藤浩一氏

2011-05-30 21:55:50 | ニュース
まさしく正論です。
なぜ政治家から、こうした意見がどんどん出てこないのでしょうか?


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

【名古屋「正論」懇話会】
「首相替えるのに恐れる必要なし」遠藤浩一・拓大院教授が講演
2011.5.30 17:26 産経ニュース

名古屋「正論」懇話会第10回講演会で熱っぽく語る拓殖大学大学院教授、遠藤浩一氏=30日、名古屋マリオットアソシアホテル16階タワーズボールルーム(森本幸一撮影)
 名古屋「正論」懇話会の第10回講演会が30日、名古屋市の名古屋マリオットアソシアホテルで開かれ、拓殖大学大学院教授の遠藤浩一氏が「日本政治はこの危機を脱することができるか~国難と指導者の条件」と題して講演した。東日本大震災に言及した上で、第二次大戦後に数度の政権交代を経て本格復興に至ったことを挙げ「たとえ緊急事態でも、総理を代えるべきときに代えることが重要だ」と訴えた。 遠藤氏は、民主党の小沢一郎元代表らに対する菅直人首相の対応に関し「(相手を)持ち上げるにしても、否定するにしても、自らの道具に使っている」と指摘し、指導者としての資質に疑問を呈した。

 東京電力福島第1原子力発電所事故に伴うエネルギー政策で、政治家の相次ぐ「脱原発」発言については「原発をやめれば、安全が戻るという安易な発言。原発抜きの電力需給の配分を考えていない。日本政治の病以外の何ものでもない」と強調した。


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会談求めたら「ドタ菅された」…西岡参院議長

2011-05-29 23:58:54 | UFO・宇宙人
真正面から勝負のできない空き菅総理は、逃げたようですね。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

会談求めたら「ドタ菅された」…西岡参院議長


. 西岡参院議長は26日の記者会見で、3月下旬に菅首相に会談を求めたものの、首相側が断っていたことを明らかにした。

 西岡氏は「首相に電話し、首相は『追って時間を連絡する』と言ったが、1時間半後に『会わない方がいい』と電話があった。参院議長に一回会うと言ったのに、ドタ菅(キャン)された」と、首相の対応を批判した。

(2011年5月27日00時36分 読売新聞)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月29日 大川隆法総裁先生 奥州平泉支部精舎説法「逆境の中の希望」

2011-05-29 22:50:38 | Happy Science
昨日と本日、大川隆法総裁先生より、被災地・東北への御巡錫・御法話を賜りま
した。主の御慈悲に心より感謝申し上げます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

《未来創造☆通信》より

【重要】
5/31、6/1ご法話拝聴会について

つきましては、以下のスケジュールで拝聴会を開催させていただきます(衛星配信)

①5/31(火)13時~
仙台支部精舎説法
「魂の救済について」
「質疑応答」
(62分)

②6/1(水)13時~
奥州平泉支部精舎説法
「逆境の中の希望」
「質疑応答」
(67分)


ご法話内容
①「亡くなった皆さん方にも申し上げておきたい」と震災で亡く なった方への諭
しのお言葉をはじめとして、「幸福の科学は宗派を問わずすべての人々を救済す
ることを目指している」と、救済仏の慈悲溢れる御法話をお説き頂きました。さ
らには、仙台正心館に込められた主の願いも明かしてくださっております。

②「教団の信仰心もずいぶんと高まっていたので、奇跡が数多く起きた。(被害
が少ないのは)信仰による守りがあったと考えてよい」と信仰心による奇跡をお
話されつつ、「私たちが、今、学ぶべき教訓とは、伝道が十分でなかったという
こと」「こうした災害を契機として、本来の信仰に目覚めた、宗教を大事にする
、信仰心を大事にする国なんだということを分かってもらえるようになっていく
ことが重要なこと」と、今この時期だからこそ、伝道の重要性が高まっているこ
とを、改めて説かれました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不信任案、自民・逢沢氏は2日提出を示唆 「空き菅政権に日本の将来は任せられない」

2011-05-29 12:29:52 | ニュース
一日も早い退陣を期待します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

不信任案、自民・逢沢氏は2日提出を示唆
2011.5.29 11:53 産経ニュース
 自民党の逢沢一郎国対委員長は29日午前のNHK番組で、菅直人首相の退陣に向けた内閣不信任決議案について「谷垣禎一総裁の腹は固まっている。そう遠くないときに提出する」と述べ、公明党と調整している党首討論翌日の6月2日の提出を示唆した。

 公明党の漆原良夫国対委員長も「菅政権に日本の将来は任せられない。早い時期にお出しになった方がいい。賛同する」と同調した。

 民主党の安住淳国対委員長は「憲政の常道に従って粛々と否決する自信がある」と強調。「否決されれば信任ということだ。重要法案成立にご協力いただく」とけん制した。

 共産党やみんなの党、たちあがれ日本の国対委員長らはそれぞれ不信任案への賛成を明言。社民党の照屋寛徳国対委員長は「本当に今、菅内閣を代えるのが国民のためになるのか慎重に見極める」と述べるにとどめた。


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大川隆法総裁法話「魂の救済について」質疑応答 ポイント速報 5月28日 仙台支部精舎(仙台市)

2011-05-28 21:09:30 | Happy Science
ザ・リバティwebより
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2071

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

大川総裁が被災地で法話  犠牲者に対し「魂の救済」を説く2011.05.28

.幸福の科学グループの創始者、大川隆法総裁は28日、東日本大震災後初めて被災地に入り、仙台市内の仙台支部精舎で法話「魂の救済について」を説き、行方不明者を含む震災で亡くなった2万人以上の人たちに向け、あの世に旅立つための考え方や方法について丁寧に教えた。



大川総裁はまず、震災は仏教の諸行無常の意味を教えてくれたとして、「回心(えしん)の原理で、この世的な価値観に支配されている頭を回転させて、神仏の価値観に合わせないといけない。この世的なものに執着してはいけない」と強調。



そのうえで、「この世は最終的な住み家ではない。この世を去った世界が本当の世界。(突然の死で)死んでも死に切れない気持ちだろうが、それでもあの世が本当の世界。本当の世界で人生を再設計しないといけない。(あの世の)天使、お坊さんがやって来るので、彼らの言うことを聞いてください」と、犠牲者の魂に引導を渡す言葉を次々と語った。



また大川総裁は、東日本大震災が日本人に根強い唯物論的価値観に対する警告であることを改めて指摘し、「いま感じ取るべきものがあるとすれば、『回心の原理を感じ取れ』ということかと思う」と、神仏に対する尊崇の精神を取り戻すことの重要性について訴えた。



大川総裁は震災後、「諸行無常の風に吹かれて」「震災復興への道」「破邪顕正」など、震災関連の法話を数多く説いている。


大震災は日本の唯物論的風潮への警告

大川隆法総裁法話「魂の救済について」、質疑応答 ポイント速報

2011年5月28日 幸福の科学・仙台支部精舎(仙台市)


【法話】



回心の原理を感じ取れ
•日本人は様々な宗教の信仰を持つ方は多いかと思うが、どこに所属しているかということよりも、(東日本大震災では)正しい教えを信じていたか、帰依していたかが問われている。東北の人の信仰心が落ちるとは思えないし、古い宗教には関心があった人は多かったと思うが、救済の光が降りているのに拒むものがあったように感じている。それを破りきれなかったことは、残念な気持ちでいっぱい。
•私は(東日本大震災を)単なる自然現象とは考えない。偶然の連鎖でおきているとは思っていない。裏なる事情があると考えている。いま感じ取るべきものがあるとすれば、「回心(えしん)の原理を感じ取れ」ということだと思う。日本人全体の生き方に対する警告が東北地方を通じて為されたということだと思う。
•天罰、神罰、仏罰という言い方をすると不遜ということになるが、唯物論的な思想を持っているということかと思う。日本に考え方が間違っているという警告が発されたかと思う。
•1週間前、フィリピンで40分ほどの講演をした。聴衆の中には当会の信者でない人も数千人いたが、その90数パーセントが講演を聴いて信者になった。当会のフィリピン支部長が「イエスの父がやって来る」と言っていたのを聞いて、(さらに講演を聞き)90何パーセントの人が信じたというのは、信仰に対する肯定的な価値観を感じた。(昨年11月の)ブラジルでも(今年3月の)インドでも感じた。

信仰心を立てた上での繁栄を
ここらで国のあり方、方針を考えないといけないときだと思う。2年ほど前に政治活動を開始したが、「宗教が政治に出ることは間違っている」という受け止め方が多かった。宗教的精神、神仏に対する尊崇の精神を失っているので、そうしたことをはっきり言っていくことが大事。聖徳太子以来の精神に立ち戻ろうとしている。神仏への信仰心を立てた上での繁栄を目指す国家戦略を訴えかけている。
•政治的な考え方、教育的な考え方、ジャーナリズムが作ってきた考え方に染まった価値観を当たり前の姿に戻していきたい。
•(メディアなどで)この世的なことばかり話しているのが残念。宗教を迷信と片付けているのかもしれないが、あの世が本当の世界であって、この世は仮の世という従来の教え通りなら、人間の考え方がひっくり返っている。考え方を正反対に変えていかないといけない回心の原理が働いている。


•(中略:幸福の科学の大日如来的な活動のあり方と、阿弥陀如来的な活動のあり方について)


•(中略:5月22日に行われた香港での大川総裁の講演について)


宗教的価値観に回帰する機会
•日本が唯物論に近い価値観を持っていることは反省しないといけない。震災が来ることによって宗教的価値観に回帰する機会が与えられたと思う。

•(中略:仏教の諸行無常の教えの意味について/震災で亡くなって、迷っている人たちへの導きの言葉/宗派を問わず、すべての魂の救済を目指す幸福の科学)

•どうか東日本の地が幸福の地に変わるように。神戸も大震災で壊滅的な被害を受けたが、3年もすれば復活した。東北地方もそうなると思う。爪あとがなくなった元気な姿に復活すると信じてやまない。現時点での苦しみを考えすぎず、時間が解決するものと思って、救世活動に邁進することを望む。


【質疑応答】
Q 津波の被害に遭って奇跡的に助かった者として、生きていく上での心構えは?
•(略:精神的な傷や恐怖心をどう克服するか/報道被害による恐怖心を乗り越えるには/その中での霊的価値観の役割/奇跡的に助かった命の意味)


Q 希望や未来を失い、苦しみ、悲しみ、焦燥感の中にいる被災者にどう接したらいいでしょうか?
•(略:足りないことだらけの中で幸福になる方法)

Q これから仙台市内に建立される仙台正心館を中心に東北に信仰を広げるうえで、アドバイスをいただきたい。
•フィリピン(での21日の講演会)はラジオ局が3局同時中継した。フィリピンの1100万人が聞いている。取材は国営放送、民放3局が入った。相当認知度が上がっている。•(略:天変地異の時代に幸福の科学に入る功徳について)


この速報は、大川隆法総裁の最新説法・質疑応答のうち時事問題等に関するポイントを 「ザ・リバティ」編集部が任意に抽出・要約したものです。

法話の全編は今後、全国の幸福の科学の支部・精舎等でどなたでも拝聴できる予定ですのでお問い合わせください。

幸福の科学の支部・精舎( http://www.happy-science.jp/shoja/location/index.php )

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲と雲の切れ目に現れた巨大UFO!! 

2011-05-28 19:40:41 | UFO・宇宙人
雲を隠れ蓑にして地球をウォッチしているUFOですが、
ばっちり写されています!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「菅首相は極めて稚拙」と麻生元首相 「素人なのだから現場にいちいち口は出すな!!」

2011-05-28 19:27:39 | ニュース
自分の手柄にするために、海水注入を一旦ストップさせようとした大馬鹿者です。
即刻辞職に値します。国民は猛抗議すべきでしょう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「菅首相は極めて稚拙」と麻生元首相
2011.5.28 18:36 産経ニュース

 自民党の麻生太郎元首相は28日、都内の国士舘大学で講演し、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に際しての菅直人首相の危機意識や政治姿勢について「極めて稚拙だったのではないか。内閣不信任案の対象になる一番大きな要素だ」と批判した。

 そのうえで「(発災から)2カ月も過ぎた。悲惨な状況を次にどう変えるかという絵を描かなければいけない」と述べ、復興を加速させるため首相の退陣を求め、新政権をつくるべきとの考えを強調した。
 また福島原発での海水注入問題などでの首相に対応を念頭に、「首相は素人なのだから現場でやっている人にいちいち口は出さないことだ」とも述べた。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!映画『黄金の法』岐阜放送、三重テレビ放送にて放映決定!◆6/26(日) 岐阜放送 朝  8時30分

2011-05-27 23:04:27 | Happy Science


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
◆new☆映画『黄金の法』岐阜放送、三重テレビ放送にて放映決定!◆
6/26(日) 岐阜放送《ぎふチャン》 朝  8時30分から
       三重テレビ放送《MTV》昼 12時から『黄金の法』が放映決定!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮮明に映し出される中国のUFO映像!!中国への何らかのメッセージか!!

2011-05-25 23:18:30 | UFO・宇宙人
カラパイブログより転載します。
明確に映し出された映像ですね。

これをUFOと呼ばずして何をUFOと呼ぶのかっていうくらい完璧なまでのディスク状、規則正しく並んだライトが点滅する中国の上空を飛来したとされているUFO映像が編集されていたよ。再生回数は670万回を超えており、このUFOに関する世界の関心の高さが伺えるんだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

出没場所は内モンゴルの包頭空港付近


中国のUFO映像はこちらも有名


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・リバティ 2011年7月号 「もし憲法9条で国を守れるとしたら」「今こそ憲法9 条無効宣言を!!」

2011-05-25 21:20:35 | 書籍


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
主な内容
【特集】それでも原発は必要だ 原発を救え!
    もし憲法9条で国を守れるとしたら
目 次
004 大川隆法 【人生の羅針盤】 シリーズ「家庭を守るためのヒント」④
010 大川隆法総裁 講演会レポート邪悪なるものに負けない強い心を
012 原発を救え!
原発反対 100%安全でなければ原発は止めよ 原子力資料情報室 共同代表(兼)事務局長 伴英幸
原発推進 原子力発電は本当に危険か?――報じられない「実は大丈夫」という科学的データ
原発原子力発電はさらに安全にできる 財団法人大阪科学技術センター顧問 大阪大学名誉教授 宮崎慶次
028 もし憲法9条で国を守れるとしたら
 第一部 憲法9 条で国は守れるか
9 条は日本人のアイデンティティー 伊藤塾 塾長・弁護士 伊藤真
今こそ憲法9 条無効宣言を 本誌編集部
9 条で戦争はなくならない 慶應義塾大学教授・弁護士 小林節
第二部 こんなにある!“違憲”な制度と法律
裁判員制度は国民無視の憲法違反だ 批評家 小浜逸郎
累進課税は憲法違反 上智大学名誉教授 渡部昇一
第三部 それでも改憲は必要だ
大川隆法「新・日本国憲法試案」
054 シリーズ「日本の世界遺産」③ 琉球王国のグスク及び関連遺産群
064 伊藤貫インタビュー2012年大統領選始動「オバマは冷酷で打算的」と米国民が気づき始めた
068 やる気泥棒撃退術 
やる気をなくしやすい性格は変えられる! 性格リフォーム専門心理カウンセラー心屋仁之助
076 ハッピーサイエンスニュース 幸福実現党が菅政権の即刻退陣を求めるデモを決行
078 国難をもたらしたマスコミは責任をとれ 中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね
080 リバティ ニュース・ダイジェスト イギリスで進む「二大政党離れ」と日本への教訓 日本経済の破壊をもくろむ菅政権 ほか
086 宗教課税論を糾す①──「信教の自由」を理解しない保守などありえない
088 相馬勝 中南海インサイド・ウォッチ 第6回 孔子像の撤去が暗示するもの
090 宇田川敬介 政界深層メモ 第14回 「ポスト菅」から読む政界再編 
094 奥山真司 日本人のための「戦略の格言」 第21回 米国一極世界を象徴するテロ活動
漫画 「リアルパニック~Act 14 無人航空機『ドローン』」  菊池としを
098 小説 サイン 第16話
106 Book Review
109 セルフ・ブランディング講座⑤
110 Voice
116 小林信也のクロスプレー ~心技体の新常識~57
118 Movie
119 漫画 リアルパニック 「Act15フライング・ワーム」  菊池としを
126 山口敏太郎のミステリー直言⑪ 節電都市・東京で外国人は減り妖怪が増える?
113 読者プレゼント
128 Art




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

"Master Okawa's words touched my heart!"(大川総裁の言葉は心に響く)フィリピンが歓喜に沸いた!

2011-05-25 20:02:15 | Happy Science
7月10日(日)には、千葉・幕張メッセにて「ご生誕55周年 ご生誕祭」講演会が開催される予定です。
是非この機会を逃さないように!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

フィリピンが歓喜に沸いた! 

先日、5月21日には、フィリピンにおいて、大川総裁先生による法話が説かれました。
宗教大国のフィリピンでは、まさにMaster Ryuho Okawaは大スター。空港から熱烈な歓迎を受けました。

会場のYnares Center(イナレスセンター)には5000名以上の人々が詰めかけ、直前に降った大雨に対しても、"This must be blessing!!"(祝福の雨だ!)という言葉が飛び交いました。

大川総裁がご登壇されると、会場はスタンディングオベーションとなり、その後約10分間にわたって歓声が鳴りやみませんでした。

法話は力強く威厳にあふれ、法話終了後、2,000名以上の新規入会者が誕生しました。

"Master Okawa's words touched my heart!"
(大川総裁の言葉は心に響く)
感動と感激の声が数多く聞かれました。


 香港で声をからしながらの獅子吼 

翌日の5月22日には、香港において大川総裁先生による法話が説かれました。
連日の説法で声をからされながらも獅子吼する姿に、大きな感動の声が寄せられました。
参加者は1200名を超え、多くの方が大川総裁の書籍を興味深く手に取り、購入されて行きました。

 7月10日は幕張メッセにて"ご生誕55周年 ご生誕祭"講演会 

大川総裁は、国内に戻られてからも、その歩みを止めることなく、次々と法話を説かれています。
7月10日(日)には、千葉・幕張メッセにて「ご生誕55周年 ご生誕祭」講演会が開催される予定です。
ご生誕55周年・大悟30周年・立宗25周年という、記念すべきご生誕講演会に、ぜひご参加ください。

 【 Information 】 



 ~ ご生誕55周年 ご生誕祭 ~

7月10日(日)には、千葉・幕張メッセにて「御生誕55周年 御生誕祭」講演会が開催される予定です。
詳しくは、お近くの支部精舎までお問い合わせください。


演 題 : 未定 
決まり次第、サイト上でお伝えします。
開催日時 : 7月10日(日)
本会場 : 千葉・幕張メッセ
衛星会場 : 全国の支部・拠点・精舎・衛星布教所・一部外部会場
※ 詳細情報は、
   お近くの支部・拠点・精舎までお問い合わせください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川総裁、フィリピン・香港で法話2011.05.24  ザ・リバティwebより フィリピンでは、ラジオ3局が生放送!

2011-05-24 23:54:58 | Happy Science
ザ・リバティweb
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2027
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村

大川総裁、フィリピン・香港で法話2011.05.24

.大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は21、22日にフィリピン、香港を訪れ、英語で講演を行った。

21日はフィリピンの首都マニラで、「Love and Spiritual Power(愛と霊界の秘術)」と題し、約6000人の聴衆を前に講演。

フィリピンの80%から90%の国民がカトリック教会に属していることについて触れ、「私は、日本人に信仰が第一であり、経済は二の次だと言いたいと思います。あなたがたフィリピン人は、その事実をすでに知っています。あなたがたは正しいのです」と語った。

翌22日は、イギリスから中国に返還されて14年が経った香港・九龍(クーロン)で、「The Fact and the Truth(事実と真実)」と題し、約1300人を前に出版記念スピーチ。

「香港の繁栄は、中国の未来の繁栄にとって、とても大事だということです。(中略)あなたがたは現在、とても貴重なものを持っています。その価値とは、『自由』です。(中略)人間とは、自由な考えを許されているからこそ、幸福なのだということを言っておきたいと思います」と述べた。

大川総裁のスピーチには、両国の地元メディアも注目。フィリピンでは、ラジオ3局が生放送、新聞・テレビ9社が講演の様子を報じた。また香港では、前日の夜(21日)に大川総裁が製作総指揮した映画「The Laws of Eternity(邦題・永遠の法、2006年9月に日本公開)がテレビ放映された。だが、香港在住の女性の話によると、香港と隣接する中国の深圳(シンセン)でも同映画が放映されていたが、開始30分過ぎぐらいで突然CMが始まり、以後同じCMが繰り返し流れ続け、まったく映画が観られなくなったという。

この映画は、霊界構造の真実を伝える映画のため、中国当局が放送を止めさせ、「言論統制」した疑いが強い。今後、中国の「統制」が香港に広がるのではなく、香港の「自由」が中国全土に広がることを祈りたい。(格)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加