危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ 

2017-01-30 17:46:37 | ニュース

Alex Malikov / Shutterstock

 

古い記事になりますが、ちょっと良い記事が目につきましたので、記録として

貼り付けさせて頂きます。

この世で普通に会社で働いていると、職場にこうした存在は結構いるのでは

ないでしょうか。

一般的には、嫌な人、関わりたくない人になるかと思いますが、

真理を知っている人からみると、悪霊憑き、悪魔の影響を受けている人

になるのでしょう。

書かれた方は、霊的影響が作用しているのをなんとなく理解して

書いている感じですね。

 

私もいろんな職場を経験してきましたので、そうした人を多く見てきました。

数が多いので、いちいち関わっているときりがありませんので、この記事に

書かれていますように、いかに区別して自己を防御できるかが大事に

なってきますね。

嫌な人ほど、傲慢で、身の程知らずで、人の家に土足で入り込んできますので

注意が必要です。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

具体的な内容、詳細につきましては、是非本サイトをご覧下さい。

http://forbesjapan.com/articles/detail/10244/1/1/1

Forbes JAPANより

Travis Bradberry ,

I cover emotional intelligence and leadership performance.

なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ

http://forbesjapan.com/articles/detail/10244/1/1/1

有害な人間は、ものの道理とは無縁だ。自分が周囲にどれほど悪影響を及ぼしているか気づかないおめでたいタイプもいれば、周りを混乱させたり他人を怒らせたりすることに歓びを見いだすタイプもいる。

自分とは異なる人々との付き合い方を学ぶことは大切だが、本当の意味で有害な人に時間とエネルギーを割く価値はないし、彼らはじつに多くの時間とエネルギーを浪費させる。有害な人は物事を不必要に複雑にし、争いを生み出し、そしてなによりもストレスを招く。
もっとも、どういう人が有害なのかがわからなければ、彼らから距離を置くこともできない。ちょっとイライラさせられたり、単につき合いにくかったりする人々と、真に有害な人間とを区別する必要がある。あなた自身が有害な人間にならないためにも、是が非でも距離を置かなければならない有害な人々がこの世には存在しており、彼らは以下の10のタイプに分けられる。

 

1. 噂話に目がない人

2. 気分屋

3. 犠牲者になりたがる人

4. 自分のことしか眼中にない人

5. 嫉み屋

6. 他人を利用する人

7. ディメンター

 人の魂を体から吸い取って抜け殻にしてしまう

8. 悪意に満ちた人

9. (自分のことは棚に上げ)批判したがる人

10. 威張りたがる人

 

有害な人を見つけたら、いかにしてわが身を守るか
一緒に仕事をしていたり、一緒に暮らしたりしていれば、状況をコントロールするのは不可能だと感じる人が多いが、それは違う。有害な人を特定できさえすれば、次第に彼らの行動を予測できるようになり、理解しやすくなる。そうなれば、いつ、どういう状況でなら我慢し、いつどういう状況でなら我慢する必要がないかを、論理的に考えることができるようになる。境界線を引けるようになるのだ。ただし、意識的に、能動的にやらなければならない。自然の流れに任せたりすれば、厄介な会話にしょっちゅう引きずり込まれる羽目になるだろう。

しっかり境界線を引き、いつ、どういう状況で、むずかしい相手に対処するかを決めてしまえば、混乱のかなりの部分を収めることができる。大切なのは、相手が境界線を踏み越えようとした時には妥協せず、あくまで境界線を守り続けることだ。相手はかならずや境界線を越えてこようとするだろうから。


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領 各国首脳と... | トップ | ザ・リバティ 2017年3月号 ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
批判について (Unknown)
2017-01-30 18:30:50
批判については善意や好意に基づいた建設的な意見を言うべきであり、嫉妬に駆られた揚げ足取りやライバルつぶしの批判は、第三者の立場であってさえ不快な思いをするだけでなく無用な争いを生み、ますます面倒な事態をつくり、本来やるべき正業がおろそかになり、時間が浪費されてしかも招かざる強大な敵を招きます。

無暗に批判をして排除し独善的になるのは止め、寛容さを身につけ、敵を味方にかえ友としていく徳の形成がとても大事だと思いますが。


話は変わりますが
老子のお言葉「「報怨以徳」 (怨みに報ゆるに徳を以てす). 怨みに対しては徳をもって報いることだ。

釈尊のお言葉 「怨みに対して怨みをもって返すならば、ついに怨みは鎮まることがない。怨みを捨ててこそ怨みは鎮まる。これは永遠の真理である」

※怨みを倍返しすれば、相手にも怨みが残って負の連鎖になる

Unknown (大熊猫)
2017-01-30 19:40:44
7番目は、エナジーバンパイアとも云われるもの
でしょうか。
意識的にと、無意識的にしているものとがあるとか。
Unknown (Unknown)
2017-01-30 22:15:48
このような人はたくさんいるでしょ。キリがないよ。
Unknown (泣き虫ウンモ)
2017-01-30 22:20:57
いろいろ分類していますが、根本はセルフィッシュ(利己的)かどうかですかね。

日本の場合だと、周囲に合わせないと利己的だと思われるので難しいところはあるかなぁ。

個人的な経験だと、底辺と言えば失礼だが底辺を気にしないと悪い人間とレッテルを貼られるかなぁと。

○翼的な優しさも見せないと、孤立するかなぁ。

正しいとは、思いませんけどねぇ。
Unknown (Unknown)
2017-01-30 22:27:31
こういう人に限って、人との距離感がわからないので、
(礼儀をわきまえていない)やりたい放題で、まじめな人間ほど被害に遭いやすい。
映画「エイリアン」に出てくるエイリアンが、硫酸を発して、獲物を溶かすように、相手の精神を毒したり、腐らせるエネルギーを発していると言えるのではないか。
本人自体が毒の塊のような・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。