ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)

2011-02-26 22:38:32 | 新作映画
(英題:Black Swan)



----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。
「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。
ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために
映画を観ているようなものだから、
立ちあがってブラボーなんて
ガラにもないことをやりたかったくらい」

----あらあら。
まだ興奮冷めやらぬって感じだけど、
ほかの映画と、どこがどう違うの?
「簡単に言えば、
<画>と<音>で語ってくれているってこと。
物語自体は、そうたいしたものじゃないんだ。
――それは、チャイコフスキーの『白鳥の湖』のプリマをめぐってのお話。
ナタリー・ポートマン扮する主人公ニナ。
彼女は、元ダンサーの母親の寵愛の元、
人生のすべてをバレエに捧げていた。
彼女は、白鳥にふさわしい可憐なバレリーナ。
しかし、プリマの座を射止めるには、
魔性に染まった“黒鳥”にもなりきらねばならない。
芸術監督ルロイ(ヴァンサン・カッセル)から、
『君には、黒鳥を演じる激しい感情を表現できていない』との
手厳しい言葉を浴びせられ、落ち込むニナ。
そんな彼女の前に、エキゾチックな色気を発散するリリー()が現れる。
自分にはない官能的な魅力を備えたリリーに
嫉妬にも似た複雑な思いを抱くニナ。
やがて、彼女の前には不可解な出来事が次々と襲いかかる」

----不可解な出来事って?
「うん。それがこの映画の最大のポイント。
途中から、目の前で起こっていることが
現実なのか、はたまた彼女の妄想なのか、
すべて混濁して分からなくなってくる」

----そういう映画って、過去にも多いよ。
「いや。
この映画では、
そのニナの脳内混乱を観客にも同化させ、
眩暈にも似た高揚感を与えるんだ。
まるで強い劇薬でも注射されたかのように、
自分の感覚がおかしくなり、
いま見ているものに対して自信が持てなくなってしまう。
たとえば、ニナの母親。
彼女のあまりの娘への溺愛に、
観客は、それが事実かどうか疑いを抱いてしまう。
もっと言えば、その母親が存在しているのかどうかさえ分からなくなる。
彼女自体も妄想ではないかと…。
一例を出してみよう。
途中、ニナの家をリリーが訪ねるシーンがあるんだけど、
ここで、キャメラは、
もしかしてリリーの目には母親が見えていないのではないかというような
絶妙のアングルを選び取るんだ。
これは、すぐに解消はされるけどね。
この映画には、いわゆる、
こういったスリリングな、
というよりも危険な瞬間が
至るところに散りばめられている。
かくして、映画は虚実の間を浮遊しながら
驚愕のクライマックスへと突き進んでいく。
このなだれ込み方は、
監督ダーレン・アロノフスキーの傑作、
映画史上、(おそらく)もっとも観客を落ち込んだ気分にさせるた、
あの『レクイエム・フォー・ドリーム』を思い起こさせる」

----あれって、ドラッグ中毒にお散った人たちの悲惨な結末を、
これ以上、救いがない描き方をしていたよね。
「うん。ドラッグの体験がない自分でも、
うわあ、これはたまらないと…。
あれをアッパーと呼ぶのか、ダウナーと呼ぶのか知らないけど、
現実から、遠く離れたところへと連れて行かれた。
この映画は
いわば、メジャー版、エンターテイメント版の『レクイエム・フォー・ドリーム』
もし、彼の映画を『レスラー』でしか観ていなかったとしたら、
かなり戸惑うことは間違いないだろうね。
描写もリアル。目を開けられないほど痛覚を刺激するシーンもあるし」

----ツイッターでは、
『ファントム・オブ・パラダイス』
『オーケストラ!』を引き合いに出していたよね。
その二本って、まったく違う感じだけど…。
「確かに。
でも、共通点がないでもないんだ。
両作品とも、クライマックスは劇場。
さらには、チャイコフスキーの音楽とともに、
ドラマが最高潮に達してゆく。
ただ、本作がそれら二作と違うのは、
その重要なクライマックスを、
ナタリー・ポートマンひとりの演技に負わせているところ。
そのシーンを観た観客だれしも思うこと、
それは『パーフェクト』の一言。
そして、それを見透かしたかのように
この映画は、“あること”を用意するんだ。
そのとき、ぼくら観客は、
ダーレン・アロノフスキーという魔術師の手の上で
自分たちも踊らされていたことに気づく。
いやあ、まさしくこれぞ映画。
ゾクゾクする瞬間がエンディングには待ち構えているよ」




                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「アカデミー賞一押しなのニャ」身を乗り出す


※『ファントム・オブ・パラダイス』にもスワンが出てきた度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

コメント (27)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『トゥルー・グリット』(ア... | トップ | 『ガリバー旅行記』 »
最新の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (dai)
2011-02-27 21:14:09
ダーレン・アロノフスキーに完全に踊らされました。本当に興奮が覚めない映画です。

個人的にはこの映画は一押しですね☆
■daiさん (えい)
2011-02-27 22:31:53
ですよね。
これは、近年の大収穫。
僕もこれほどの映画とは思いませんでした。
観た中では、ぼくもアカデミー作品賞一押しなのですが、
ちょっと過激すぎるだろうな。
受賞したらニュースです!
興奮もします (ノルウェーまだ~む)
2011-03-01 00:32:36
えいさん、こんにちは☆
オスカー出ましたね。
ナタリーが主演女優賞は当然ですが、わたしは作品賞もあげたいくらいだったので、ちょっとがっかりです。
本当に興奮さめやらずの作品でした。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2011-03-01 09:20:47
こんにちは。

この映画は、大好きですが、
まあ、アカデミー賞は無理と思っていました。
もし、取っちゃうならそれこそ大事件。
アカデミーなんて…と、
そっぽを向いていた人たちの目を
そちらに持ってくることもできたのですが…。
オスカー (minori)
2011-03-05 18:36:17
こんにちは。
えいさん、絶賛ですねぇ!
私も最後のシーンには鳥肌が立ちました~。

私は主演女優よりも作品賞で欲しかったような気がしました。確かにナタリーは素晴らしかったけど他の人もみんなよかったですし。King's Speechはある意味「妥当」な作品でしたもんね。

心理をテーマにした映画って難しいと思うんですけど、とってもよく出来ていたと思います。あの黒鳥のシーンを一観客として見れたら幸せですねぇ。

それではまた!
■minoriさん (えい)
2011-03-05 22:13:34
こんばんは。
はい。大絶賛です。
こういう、観る方の心を惑わす映画って好きなんです。

ただ、ぼくはこの映画の作品賞受賞はないと睨んでいました。
もし受賞したらそれこそ事件。
そこまでアカデミー賞は
作家の映画に対して寛容ではないという気がします。

そう、『英国王のスピーチ』が
いわゆるアカデミー賞の良識ではないでしょうか?



Unknown (mig)
2011-04-30 13:23:08
こんにちはー、
面白かったですね!
この何とも言えない雰囲気好きなんです。
アロノフスキー監督の作品は映像も見所のひとつで、
見直したばかりのレクイエム~も好きだけど
どちらもそれぞれ良かったです。
次回作も楽しみだなぁ、
■migさん (えい)
2011-05-03 12:55:05
こんにちは。

『レクイエム・フォー・ドリーム』はスゴいけど、
落ち込み№1。
一方、この映画は、感情をどんどん高揚させていく。
一つの映画の裏表のような気がしました。
Unknown (悠雅)
2011-05-11 16:17:03
予告で予想していた内容と違ってたんですが、嬉しい予想外の作品でした。
とにかくナタリーの演技が圧巻。ほぼ出ずっぱりで、これを迫真の演技というのだなぁと思いました。

女優賞を受賞しても作品賞を受賞する作品とは思わないけれど、
満足度の高さは文句なしの作品だったと思います。
■悠雅さん (えい)
2011-05-11 23:12:39
やはり、想像とは違いましたか…。
おそらく、多くの方が戸惑ったのでは?
けっこう、痛覚を刺激するし、
エロチックだしで、
カップルには向かない映画。
作品賞は、端から無理だと思いますが、
でも、ナタリー・ポートマンの演技は
うむを言わせないモノ。
映画史に残る名演だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事