That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

THIRD STAR Deleted scene その1

2016-09-22 18:29:54 | 映画+Benedict Cumberbatch
ご存知の方も多いかと思いますがWe Are Colonyは登録制の配信サイトで、
映画やクリップ、ビハインドシーンなど様々なコンテンツを公開しています。
クリップやビハインドシーンは一部無料になっていて、Youtubeでも公開されています。
「Little Favour」の撮影場面を一部公開して寄付を募っていたこともありましたが
コンテンツの収益で映画制作の支援をしている・・・でしたよね、確か。
(最近、物忘れがヒドイ)

そこで公開されているThird Starの削除シーンをいくつか訳してみましたが
毎度の拙訳ですので、いろいろとご容赦くださいませ。
※は有料コンテンツですが登録して250円払えば全てのコンテンツを見ることができます。
We Are Colony


Deleted-scene:The Presents
「プレゼント」※


ビルがみんなに呼びかけクロエに撮影してもらっています。


そのあとにビルがどこかに走っていくのをジェームズが目で追います。

「ビルは張り切ってプレゼントを用意したのよ。」とクロエ。
「ビルのプレゼントがイースト菌感染症なら
僕はAuntie Janeのレッグウォーマーでも興奮するようになるよ。」とジェームズ。


木を抱えてきたビルに「Oh Christ」とつぶやきます。


B:俺が種から育てた。バラファンドル湾に持っていくんだ。


B:そこでこいつは成長し続けていくと思うんだ。


そんなビルにジェームズは笑顔で「最高だよ、ありがとう。」と言いますが


「何とかしろ、デイヴィー」とマイルズに言われたデイヴィーが一言。


D:どうやって運ぶんだよ。ブリリアントなアイデアだけど。
M:ブリリアント・・・
D:ブリリアントだしラブリーだ。だけど他にもたくさん運ぶものがあるし。
M:ラブリーアイデア・・・
B:カートで運ぶから大丈夫だよ。
C:今回の旅を甘く見てるんじゃない?
B:俺たちはお前をこの地上で一番気に入っている場所に連れて行って
この木が大地に埋められるのを見せたいんだ。誰にも阻止させないからな。
ビルの宣言にため息をつきながら「俺のプレゼントは小さいぞ」とジェームズに小さな包みを渡します。


それは使い古されたペンナイフでした。


J:これは貰えないよ、デイヴィー。僕が彼にあげたやつだ、僕たちが確か・・・


D:10歳。


ふたりともしばらく黙ったままでした。
クロエが「なになに?」というような目で見ています。

B:(ジェームズに)スポーツカーが好きだといいな。お前、ラッキーな奴だよ。

マイルズはジェームズに封筒を渡します。
ジェームズがそれを開けると笑い出します。


J:プレイボーイの年間予約購読・・と、2012年支払い期日の1000万ポンドの小切手かよ。


M:俺にできるのはこれくらいだよ。
D:そうだな。


ここで終わりますが、ペンナイフの意味ありげな会話がイマイチよくわかりません。
過去に何かあったとか?

Deleted-scenes:The-kart
「カート」

マイルズはジェームズたちと離れ、電話をかけています。

M:マック。何があった?・・・金がないって事以外で。
取締役会に言うわけには・・・
俺の責任だよ、マック。できることはやったんだ・・・
じゃあ、また。


電話を切りテキストを送ろうと「I Love You」と文字を打ち始めますが
悩んだあげく結局、削除してしまいます。


車庫に場面が変わり、ジェームズパパがジェームズをカートに乗せて調整しています。
デイヴィーとビルがその様子を見ているとマイルズが戻ってきます。


「ここ数週間のジムは見違えるほど体調が良さそうだった。よく食べてたしな。」と
デイヴィーがビルに話しています。


B:これまでに荘厳な風景を見た事ある?
M:真面目に?ナイアガラの滝かな。


デイヴィーの時計のアラームが鳴り、「薬の時間だ、ジム。」とデイヴィーがその場を離れます。
ビルも出ていき、マイルズをふたりになったジェームズは小声でお礼を言います。

J:来てくれてサンキュー

マイルズはゴルフクラブでボールを軽く打ちながら言います。
M:何言ってるんだ、バカじゃねーの。


その言葉に思わず笑うジェームズでした。


マイルズ演じるJJフィールドは実際にゴルフの大会にもよく出てるくらいお好きなんだそうです。

その2へ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SHERLOCK is coming to SHERL... | トップ | THIRD STAR Deleted scene その2 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑顔が… (マラカイト)
2016-09-23 10:25:59
なんだか笑顔なのに寂しそうで、胸がきゅんとするのよ。
こういうとこにベネファンは落とされるんだろうなぁ

そういえばあの「木」を持って行くっていうシーンはあったけどプレゼントシーンはカットされてたんですね。
カートもこれだとお父さんが作ったみたいに見えちゃいますね。
うむ、こうやって見るとうまいことつなぎ合わせてるなぁと思いますね。
全部観たような観てないような…自分の記憶がぼやけてしまいました。
それにしてもベネさんがココだけの話、若くてかわいい…よだれがでそうです。
Unknown (WINT)
2016-09-23 17:11:53
うひぃ~~~かーわーいーいー。
こんなかわいい表情が一杯のところをカットするなんて許せないですね!
私もよだれが…。

「third star」はピーター・パン由来なんですね。
なぜか星の王子様と勘違いしてました。
みなさんのコメント読んで間違いに気が付きました。
で、あちこちフラフラしていて見つけた映画の感想でなるほどなーと感じたものがあったんですが紹介してもいいでしょうか。
まずかったら消してください。
http://eiga.com/movie/78962/review/0878445/

「Jamesは、『The 2nd Star』を通ってネバーランド(子供の国)へみんなを連れて行くピーターパンではなく、『The Third Star』を越えて現実へとみんなを連れて行く大人への道案内人」
私はピーターパン由来なのを知らなかったわけですが、似たようなことを思っていたんです。
あの旅はジェイムズの最後の我儘であると同時に、生きることに行き詰った友人たちを前進させるためのきっかけとするものだったのではないか、と。

それから皆さんのコメントをざっと読ませていただいたんですが、
スタートレックのセリフから?っていうのもありましたね。
これについて書かれている方の感想も読んだんですが、
年代的にジェームズ達が小学校高学年くらいの時に映画が公開されているし、ジェイムズが最後にとった行動もスタトレからの引用と考えたほうがしっくりくるのでは、とのことでした。
スタトレは(ベネ・カーンがでるまで)じっくり見たことがないのですが、ジェイムズの心境を理解するデータとして見ておいたほうがいいかも!?

ノベライズ、注文して届くのを待っているところです。楽しみです。
Unknown (WINT)
2016-09-23 17:27:26
何度もすみません!

高学年と書きましたが、
スタトレ公開が1991年、この作品が2010年公開でジェイムズ29歳ですから
10歳の時に見たかもしれないですね。
ペンナイフも10歳の時の事ですから
この年代の時に大事な思い出がたくさんありそうな気がしました。
ペンナイフ、なにがあったんでしょうね。
Re.笑顔が… (dico)
2016-09-23 23:42:18
マラカイトさん
こんばんは!
早速ありがとうございます。
そうそう、そうなんですよねー、この表情は本当に卑怯です。
これでやられてしまうんですよ。

みんなちゃんとジェームズにプレゼントを用意してたんですよね。
男の子らしいプレゼントですけど(笑)
カートの場面、ここだけだとそう見えちゃいますね。
多分、カートを見たお父さんが少し手を入れた感じなんだと思います。
時間の関係で端折ったのかもしれませんが何かもったいないですよね。
どうせなら全部見せてほしいわ。

この頃のベネさんのかわいさと言ったら、もうねー。大好物です。あ、よだれが・・・
Re.Unknown (dico)
2016-09-24 00:34:12
WINTさん
こんばんは!
ですよねー、ホント許せないですよ。
カットした場面全部公開してくれーと思います。

リンク、ありがとうございます!
いやー、もう私の言いたいことが全部書いてありましたよ。
本当にこれなんです。
シヴェルさんの意図している事もこれなんですよね。
タイトルを決める時にピーターパンがひらめいたそうですが、
大人になることなく去っていくジェームズをピーターパンになぞらえ、
ネバーランドならぬバラファンドル湾に連れて行くということから決めたそうですが、
私も無理に邦題をつける必要がないし、つけるならせめて3番目の星くらいにしてほしかったですねー。

スタトレ、なるほどー。
1991年というとスタートレックVI 未知の世界ですか?
私もスタートレックはドラマ版を時々見ていた程度で映画版はほとんど知らないんです。
ジェームズの最後の行動の引用とか、何だかすごく気になります。
余談ですが、この映画の監督&脚本はホームズのパスティーシュ作家で、
映画の中でも有名な「不可能を排除すれば~」が出てくるんですよね。
ホームズ好きのとってもちょっとニヤニヤできそうなので一度観てみようかしら。

ノベライズ、購入ですか!
楽しみですね、ぜひぜひ感想などお待ちしております。
追記もありがとうございます。
10歳ごろ、彼らに何があったのか・・・益々気になるんですけどー。
いいですね~ (Misty)
2016-09-24 12:59:38
こんにちは。
削除シーンの紹介、ありがとうございます!
出発前の、もしかして一番ワクワクしてる時だからでしょうか…ホントにジェームズの笑顔が楽しそうで最高です!いや~ベネさん、よく考えたらまだ10年も経ってないのになんですが、若い~可愛い~!!

これらのシーンが入ると、友人たちの性格とかジェームズとの関係がよく分かって、深みが増す気がします。クロエやお父さんの存在感ももうちょっと増すし…削除されちゃったのは残念~

ΓThird Star」を見直したのですが、 最初の方は結局テンポよく話を進めることにしたのかもですね。一定時間内に納めるためかもしれないけど、こういう削除シーンを見たりノベライズを読んだりすると、もう少し長めに掘り下げた映画にできたら、より深い作品になったかも…?という気もしました。今でももちろんいい作品なんですけど。個人的には、最後に3人が再びバラファンドル湾に行くシーン入れてほしかったな~とか。

映画を見直すと、dicoさんが補足してくださったおかげでホントにより深く味わえたし、元々の脚本はもっと掘り下げてあったんだなと感じました。最後にマイルズが弱音を吐くシーン、映画にはなかったんですね!あそこは本当に好きなので、紹介してくださって、大感謝です。

映画では、色々詳しく描くよりも、雰囲気や映像から行間を読んでほしいという方向になってるのかな…という気もしたのですが、その裏にあった色々を知って私はより感動しました。ホントに最後は切なかったです~

削除シーンその2も楽しみにしてますね。
Re.いいですね~ (dico)
2016-09-24 19:24:38
Mistyさん
こんばんは~
出発前、そうですよね、ワクワクしているのかもですね。
そうなんですよ、まだ10年も経っていないのにこの可愛さと言ったら・・・!
最近、ストレンジしか見ていないから余計でしょうか。

そうなんですよね、オリジナル脚本では更にクロエとマイルズとか、
お父さんの心情も掘り下げていて物語に深みが増しています。

映画、観なおしたのですね~
あー、確かにテンポを重視したのかもですね。
出発前をあまり引っ張ってしまうと初見では辛いかも。ホビットとか(笑)
でもやはり端折りすぎ感はありますよね。
映画も、もう少し掘り下げてくれたらもっと深い作品になったと私も思います。
3人がバラファンドルに行く場面、ですよねー。
これが入ればかなり救われたと思うのですが・・・

マイルズの弱音、そうなんです。
映画ではほとんどセリフがありませんでしたよね。
実際の撮影ではどうだったんでしょ。
わーい、そう言っていただけて嬉しいです。
あの場面で私もマイルズがとても好きになったし、
ジェームズとマイルズの関係にも深みが出ましたよね。

映画には出なかったいろいろな事を公開してくれているので良かったです。
英語という壁がありますが・・・・(泣)
削除シーンでフェリーの船長さんとジェームズが会話をしている場面があるのですが、
その会話が難しくて難しくてなかなか進みません。
My friend's father died when we were sixteen, cancer.
He was a writer. he was amazing. He was too young...but his books are still here...I haven't achieved anything.
I'm ready though, apart from that. Very little left to sort out.
と、いうジェームズのセリフがあるのですが、
最後の行をどう訳していいのか、ずっと考えています。
Mistyさん・・・・何かアドバイスありましたらよろしくお願いしますー。
ホビット…そう言えば… (Misty)
2016-09-24 22:23:01
こんばんは。ホビット…で、思わず納得&爆笑しちゃいました!そう言えば、かなり前にここで教えてもらってホビットのHonest Trailersを見たら、Γ旅が始まるまでに、既に~分が経過」みたいに言われてて笑った覚えが…そうですね、旅の前が長すぎると冗長になってしまったかも。

削除シーンに、船長さんとの会話なんてあるんですね。ますます深い…

最後の文は、thoughが途中に入ってるからややこしくなってるのかも。私は、ややこしい文はとりあえず直訳してみて、それから日本語を整えることを考えるんですが、これだと直訳がΓ(マイルズのお父さんの本のように)僕には残せるものが何もない。死ぬ覚悟はできてるんだけどね。その事を除いては。整理をつけないといけないことは、もうほとんど残っていない。」という感じかな…と思うので、私だったら、前の文と直接繋がってる感じのapart from that を先に訳して、あとの意味をまとめてしまって、Γ僕には残せるものが何もない。それだけが心残りだ。他のことはもう諦めがついてるんだけど。」のようにするかなと思います。あくまでひとつのアイデアですが…参考になれば嬉しいです。

ところで、海中のシーンですが、私にも官能的には全然見えなかったんですけど…それどころじゃなく辛いシーンだというのもあるんですが、ただ必死にしか見えなくて…ノベライズのあれは一体何だったんでしょうね。むしろそれ以外の場面から深い繋がりとかを感じましたが。dicoさんの、まーベネさんだし…に妙にナットク。ベネさんの役で唯一(?)官能的なのは、多分それをまったく意図していない某SHさんかも。 でも、もしかしてそれも過去形…?あ、自虐的(涙)
Re.ホビット…そう言えば… (dico)
2016-09-24 23:16:21
Mistyさん
わー、早速ありがとうございます!
Honest Trailers、そうなんですー、私もあれで妙に納得してしまいました。

船長さんとの会話は何だか哲学のようで、訳してみたもののよくわかりませんでした(苦笑)
アドバイス、本当にありがとうございます。
私も何となくざっくりと、覚悟ができてる、というような意味なのかなーと思いましたが
前の文章、仰る通り、thoughが入った前文がひっかかり、
Very little left to sort outをどうしたらいいのか途方に暮れてたんです。
「諦めがついてる」そっかー、なるほどです!
Mistyさんは本当にうまく繋げますよね。スゴイです!
参考と言うより、図々しいですがぜひ使わせてください。(多分事後承諾になってしまいます。すみません。)

海中のシーン、やっぱりですか?そうですよね。
どうしてあの場面のベネさんを見てあの結果になるのか、謎です。
やはり、そこまでの経緯を鑑みてるのでしょうか。
確かに某SHさん!でも過去形・・・それも同意です。くすん。
多分意図してない方がよいのかもですね。
それもベネさんらしいような気がしますけど。いえ、褒めてるんです(笑)
早いものであと2か月ちょっとでS4が解禁ですねー。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL