日本の食文化・和食が世界無形文化遺産に認定。食文化に深く根ざした伝統料理の大切な麹は「国菌」に定められています。

日本の誇る和食「WASHOKU」の美味しさとヘルシーは世界で高く評価され麹の不思議な料理力を世界に向けて情報発信します。

今評判のわさび茶、愛飲しています。

2011年09月03日 | 一般社団法人丹波ふるさとネット
今評判のわさび茶、愛飲しています。ほんとおいしいです。

わさびは、すべて加工します。花・茎・葉・根っこの部分、ほかすとこがなくてすべて有効活用できます。今回は葉の有用活用です。

必見!ワサビ葉の効力

プレスリリース「島根県産ワサビ葉に抗肥満作用!」
プレスリリース「武庫川女子大学薬学部と共同研究 ワサビ葉の新たな機能性を確認」


「ワサビの葉で肥満防止」日経新聞(中国版)平成21年3月3日号に掲載されました。

「食の情報源」日本食糧新聞 平成21年3月27日号に掲載されました。

わさび葉の研究成果が世界的権威のある「Food Chemistry」に論文掲載されました。(平成22年1月15日)

健康雑誌「わかさ」で「わさび葉茶」が紹介されました。
 2010年5月号 2010年7月号 2010年8月号

//////////////////////////////////////////////////////////////////

下記の記事は健康栄養素材研究所さんのプレスリリースの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワサビは、刺身やそばに欠かせない香辛料です。

その辛味成分が有する抗菌効果や消臭作用に注目した製品が開発され、その他にも発ガン抑制効果、血栓予防効果などの多くの機能性があることがこれまでの研究で明らかにされています。

しかし、非辛味成分の機能性についてはほとんど知られていませんでした。

この度、島根県産業技術センターは、島根大学医学部との共同研究で、繊維質で硬く、辛味成分も少ないため、利用価値が少なかった夏場のワサビ葉に着目して機能性検証を行った結果、

ワサビ葉の熱水抽出物に、抗肥満に関する機能性として「前駆脂肪細胞の分化抑制効果」を見出すとともに、マウスにおける「体重増加抑制効果」を確認しました。

また、形態的にも脂肪細胞中の中性脂肪の蓄積が抑制されていることが確認されました。

さらに、ワサビ葉熱水抽出物の抗肥満作用は、遺伝子レベルでも確認されています。

ワサビ葉乾燥粉末によるヒトによる臨床試験も実施されており、アディポネクチンの増加傾向も確認されました。

これらの研究結果は、本年3月の日経新聞や日本食糧新聞などマスコミでもとりあげられました。

また、実験の詳細については、今秋に世界的権威のある雑誌「Food Chemistry」に論文掲載されることが決まっています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加