日本の食文化・和食が世界無形文化遺産に認定。食文化に深く根ざした伝統料理の大切な麹は「国菌」に定められています。

日本の誇る和食「WASHOKU」の美味しさとヘルシーは世界で高く評価され麹の不思議な料理力を世界に向けて情報発信します。

一度作るとハマる!自家製 果実酢・フルーツビネガー

2013年06月26日 | 健康、ダイエットに効く食材

■一度作るとハマる!
■自家製 果実酢・フルーツビネガー

簡単作り方 まとめ

内臓脂肪を燃やす!
ラクラクまとめ作り果実酢レシピ
更新日: 2013年06月04日RSS
матунаоさん
222


■お酢の効果は?

酸味成分、クエン酸が体内で糖分を代謝し、エネルギーにかえる。
疲労物質を分解し、体内に蓄積されるのを防ぐので、老廃物が減り血行もアップ。
また

殺菌効果や解毒作用、血流を良くする働きや、消化不良の改善などあるため、
夏バテ防止にも!

※注意点
お酢をドリンクとして飲むときは、
食前に飲まず、食事中か食後に飲むようにしましょう。
お酢ドリンクを飲むと食欲が増して、よけいに食べてしまうこともあるからです。

バナナ酢でヤセル・フルーツ酢・バナナ酢で美味しくダイエット

http://www.guppa.net/bananasu.html



■基本の作り方


容器に氷砂糖、フルーツを交互に入れ、酢を入れる。
ふたを閉めて2週間ほど置く。

お酢:砂糖:果物=1~2:1:1の分量

*早く作りたいときは、レンジで30秒チンして一晩置く


*腐敗防止には

(1) ビンは熱湯を満たしてから乾燥させて使う

(2) 果肉が液面の上に大きく飛び出ていると
雑菌がつきやすいので、ときどきかきまぜ、
できるだけ切り口が液で覆われるようにする

(3) 透明感のあるフルーツビネガーを作るため、果実は2週間ほどで取り出す。

・ビンは常温で保存。窓際や火のそばなどには置かない
・酢によって金属の蓋が錆びるので、ビンと蓋の間にラップを挟んでしめる。

■砂糖などの分量は自分好みに

黒酢を使うとまろやかでコクのある味わいに

http://www.cocodecow.com/forest/goods/images/p/800873.jpg
りんご酢、白ワインビネガーならよりフルーティーに


http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/lmaster/cabinet/kenko206/e204459h_l.jpg


砂糖は、氷砂糖のほかに きび糖・黒糖など等お好みで

http://img.allabout.co.jp/gm/article/15043/satou-main.jpg

柑橘系には、氷砂糖のかわりにハチミツもおすすめ


http://www.loope.co.jp/cl/uploads/misato00100101.jpg

バナナは、氷砂糖のかわりに黒砂糖がおすすめ◎

http://www.ofcosmetics.co.jp/img/glossary/material_k_kurosato.jpg

■基本の飲み方

水で割る

http://blog.multi-pure.jp/images/bottled_water.jpg

炭酸水で割る


http://www.ametyan.com/%E7%82%AD%E9%85%B8%E6%B0%B4.jpg

牛乳や豆乳で割る

http://www.freestyle-splash.co.jp/column/images/img5_1.jpg

美味しいヨーグルト風味の飲み物になりおすすめ◎

カクテルにする


http://www.yomogi-izumiya.com/blog/img/img244_file.jpg

ヨーグルトやアイスにかける


http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/item/1003_iks.jpg

■インテリアにもなる おすすめ おしゃれ保存容器(キャニスター)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一度作るとハマる!自家製 果実酢・フルーツビネガー

2013年06月26日 | 健康、ダイエットに効く食材

■一度作るとハマる!
■自家製 果実酢・フルーツビネガー

簡単作り方 まとめ

内臓脂肪を燃やす!
ラクラクまとめ作り果実酢レシピ
更新日: 2013年06月04日RSS
матунаоさん
222


■お酢の効果は?

酸味成分、クエン酸が体内で糖分を代謝し、エネルギーにかえる。
疲労物質を分解し、体内に蓄積されるのを防ぐので、老廃物が減り血行もアップ。
また

殺菌効果や解毒作用、血流を良くする働きや、消化不良の改善などあるため、
夏バテ防止にも!

※注意点
お酢をドリンクとして飲むときは、
食前に飲まず、食事中か食後に飲むようにしましょう。
お酢ドリンクを飲むと食欲が増して、よけいに食べてしまうこともあるからです。

バナナ酢でヤセル・フルーツ酢・バナナ酢で美味しくダイエット

http://www.guppa.net/bananasu.html



■基本の作り方


容器に氷砂糖、フルーツを交互に入れ、酢を入れる。
ふたを閉めて2週間ほど置く。

お酢:砂糖:果物=1~2:1:1の分量

*早く作りたいときは、レンジで30秒チンして一晩置く


*腐敗防止には

(1) ビンは熱湯を満たしてから乾燥させて使う

(2) 果肉が液面の上に大きく飛び出ていると
雑菌がつきやすいので、ときどきかきまぜ、
できるだけ切り口が液で覆われるようにする

(3) 透明感のあるフルーツビネガーを作るため、果実は2週間ほどで取り出す。

・ビンは常温で保存。窓際や火のそばなどには置かない
・酢によって金属の蓋が錆びるので、ビンと蓋の間にラップを挟んでしめる。

■砂糖などの分量は自分好みに

黒酢を使うとまろやかでコクのある味わいに

http://www.cocodecow.com/forest/goods/images/p/800873.jpg
りんご酢、白ワインビネガーならよりフルーティーに


http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/lmaster/cabinet/kenko206/e204459h_l.jpg


砂糖は、氷砂糖のほかに きび糖・黒糖など等お好みで

http://img.allabout.co.jp/gm/article/15043/satou-main.jpg

柑橘系には、氷砂糖のかわりにハチミツもおすすめ


http://www.loope.co.jp/cl/uploads/misato00100101.jpg

バナナは、氷砂糖のかわりに黒砂糖がおすすめ◎

http://www.ofcosmetics.co.jp/img/glossary/material_k_kurosato.jpg

■基本の飲み方

水で割る

http://blog.multi-pure.jp/images/bottled_water.jpg

炭酸水で割る


http://www.ametyan.com/%E7%82%AD%E9%85%B8%E6%B0%B4.jpg

牛乳や豆乳で割る

http://www.freestyle-splash.co.jp/column/images/img5_1.jpg

美味しいヨーグルト風味の飲み物になりおすすめ◎

カクテルにする


http://www.yomogi-izumiya.com/blog/img/img244_file.jpg

ヨーグルトやアイスにかける


http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/item/1003_iks.jpg

■インテリアにもなる おすすめ おしゃれ保存容器(キャニスター)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットに効く意外な食材6つ「チーズ」と「豚肉ステーキ」「アイスコーヒー」

2013年06月24日 | 健康、ダイエットに効く食材
ダイエットに効く意外な食材6つ「チーズ」と「豚肉ステーキ」「アイスコーヒー」

これはほんと意外でしたが今後の参考にさせていただきましょう。

ダイエットに効く意外な食材6つ「チーズ」と「豚肉ステーキ」「アイスコーヒー」

提供:マイナビウーマン 10 6

ダイエットに効く意外な食材6つ「チーズ」と「豚肉ステーキ」「アイスコーヒー」 海外セレブのように、ほどよく筋肉のついたペタンコおなかは女子の憧れ。

その憧れのおなかに向けてダイエットに励んでいる人ほど、本当に必要な栄養素を見失いがち。意外すぎる「ペタンコおなか」のための食材をご紹介!

1. グレープフルーツ
ルイジアナ大学が行った実験によると、特にダイエットを意識していない成人女性の多くが、1日3回半分に切ったグレープフルーツを12週間食べ続けた結果、1.5キロ痩せたそう。原因ははっきりしていないそうだが、研究員らは、胃が酸性になり消化が遅くなることで「腹持ち」がよくなった結果なのだと予想している。

2. アイスコーヒー
カフェインを摂(と)っていない人と比較して、脂肪燃焼率が19%も高いという結果が出ている。最近出回っているカフェインを一気に摂取できてしまうエネルギードリンクは「体に残りにくい」ので、カフェインはできるだけゆっくり飲めるアイスコーヒーから摂(と)ろう。朝が1番良いそうだが、少ない量を何回かに分けて飲むのも効果的だそう。

3. ポークチョップ(豚肉のステーキ)
豚肉には脂肪燃焼には必要不可欠なカルニチンという成分が豊富に含まれており、タンパク質も豊富。そして免疫力を高めてくれるミネラル成分のセレニウムが牛肉の5倍、鶏肉の2倍も含まれているのだ。1日に約180gのポークチョップを食べている人は、ダイエット中に筋肉を失わずに痩せることができるそう。


4. リンゴ

ペンシルベニア大学の実験では、昼食前にリンゴを1個食べた人たちは、いつもよりも187kcal低い昼食を食べたそう(ちなみにリンゴ1個128kcal)。腹持ちの良さも注目されており、食べるのに「かむこと」を要するリンゴはダイエットには欠かせないフルーツなのだ。


5. チーズ
脂肪だらけのイメージが強いチーズは筋肉作りには最適の食べ物なのだそう。デンマークで行われた実験結果によると、たとえ1日に280gのチーズを3週間食べ続けたとしても、悪玉コレステロールの数値に変化は見られないそうだ。

6. たまご
1日3回の食事では「朝」のカロリーを1番多く摂(と)ることが大切。朝食を多く食べる人はカロリー消費をうまくでき、おなかが満たされる時間が長いのだ。たまごはそんな朝食にもってこいの食材。タンパク質の豊富なたまごは欠かさずに食べよう。朝食に20?30gのタンパク質を摂(と)るのが理想的。

参考記事:
6 Essential Belly Foods
http://eatthis.menshealth.com/slide/grapefruit-0?slideshow=105940#sharetagsfocus




この記事のURL:http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620/3962334#3962334
コメント
この記事をはてなブックマークに追加