ちゃちゃ・ざ・わぁるど

日記と言うよりは”自分の中身”の記録です。
両親の闘病・介護顛末記、やめられないマンガのお話、創作小説などなど。

カミヤってる日々

2017年02月28日 20時22分23秒 | コミック・アニメ
もう2月終わるじゃないですか?!
一度も更新しないまま・・・なのもアレなので無理矢理?更新・・・

平日は極力PCを触らんようにしてました。
目と肩に優しくないから・・・

そして土日は・・・このところずーっとカミヤってました~

噛み合ってる、ではないです。神ってるでもないです。

「神谷ってる」!

はい、神谷浩史さんにツボりまくって
神谷さん関連アニメを見まくってました。。。

夏目友人帳
続 夏目友人帳
夏目友人帳 参
夏目友人帳 肆
夏目友人帳 伍
・・・ときて

荒川アンダー・ザ・ブリッジ


ノラガミ


ノラガミ ARAGOTO


・・・をコンプリート・・・

更に
荒川アンダー・ザ・ブリッジ×ブリッジ


文豪ストレイドッグス(これは主人公じゃないけど)


さよなら絶望先生 懺


化物語


ハチミツとクローバー・・・も主役なんですが
一話だけ観て
うん、好みじゃない・・・でオミットしました
単行本は5巻くらいまで読んだけど・・・


どんだけ主人公やってんですか、この人!!
凄い・・・・・・・・・

更新サボってる間に画像のアップロード方法が変わっていた・・・
でかい・・・。



そんなこんなで神谷ってる今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人の神谷さん

2016年08月06日 21時24分13秒 | コミック・アニメ
声優さんで神谷さんと言えば・・・

ちょい古い世代では思い出すのは神谷明さんでしょう。
イマドキ世代では思い浮かべるのは神谷浩史さんでしょう。

はい、どっちも好きな声優さんです。

一時親子?という噂もありましたが血縁関係はなし。

明さんの方はアニメ創世記とまではいかないけれど
カラーアニメ創世記近くで活躍された方。もちろん現役ですが
ちょっと最近はお目に・・・じゃない、お耳にかからないようで・・・。

でも一時は主役バリバリされてました。
ジャンプ系列が多いのも特徴か。

古いところから行くと横山光輝大先生の「バビル2世」! これは少年チャンピオンでしたね。

いや~、大好きでした、ロデムがwww!!

イヤイヤイヤ。
この自由自在に変身できる側近中の側近、普段はクロヒョウの姿をしている
ロデムに多少人気を喰われた感ありましたが(特に女性ファン)
でもカッコイイ系の主人公でした。
少年モノですが女の子のファンもかなり多かった名作です。

高橋留美子先生の最初の大ヒット作「うる星やつら」あ、これは少年サンデーだ。
主人公ではないけどレギュラーの面堂終太郎。

大金持ちのイヤミな奴だけど極度の閉所恐怖症で結局変人でしたわね。

珍しい、と思ったのが水島新司先生の「ドカベン」・・・少年チャンピオンや・・・
ドカベンの相棒(ドカベンが相棒?)エースの里中智。

へえ~、そうやったんや!! これも女性ファン多し!
水島先生曰く「ドカベンにはそれまで美男子がいなかったので出した」そうで。
登場した時はわりとスカしたナマイキ系のキャラだったけど
そのうちこなれていいキャラになりました、おいしい役でしたね。
ちなみに名前は水島先生と合作マンガも描く程の親交のある
女流漫画家の第一人者・里中満智子先生からとったもの。

そして、こっからジャンプキャラですよ、ゆでたまご先生の「キン肉マン」主人公のキン肉スグル。

メイ台詞「屁のつっぱりはいらんですよ」・・・いるかっ!!
荒唐無稽なジャンプらしい作品ながら見てしまう何かがある!
好きでしたよ、テリーマンとラーメンマンが!!www

忘れちゃならない武論尊先生&原哲夫先生の「北斗の拳」主人公のケンシロウ。

名台詞は言うまでもないアタタタタタターーーーーー!!! 
「お前はもう死んでいる」・・・そんなあほな。
さすが少年ジャンプだわ。

そしてこれも忘れちゃならない北条司先生の「シティーハンター」冴羽リョウ・・・この字出ないんだよね。

黙っていれば超カッコイイのにしゃべればマヌケでドバカ。
それ以降のジャンプのメインとなる主人公像のハシリではないかと思います。

この後、主役からは少々遠ざかるのは世代交代というやつでしょうか。
それまで正義のヒーローを主に演じてきた明さんの初の悪役は
何とこれ、武内直子先生のご存知「美少女戦士セーラームーンS」
セーラーサターン土萌ほたる(ともえほたる)ちゃんのお父さんで
原作では既に死んでいて体を乗っ取られた、アニメでは単に乗っ取られて最終的には元に戻った
マッドサイエンティスト(でも若くてスゴイ美形)土萌創一教授

ほたるちゃん登場までは顔をシルエットで隠す演出をされていましたが
その素っ頓狂なマッドサイエンティスト振りがめちゃめちゃ愉快でした。

正気に返ったあとのこの美形っぷり!

思わずたくさんアップしてしまった・・・

初の悪役に続いて初のダメなおっさん、声を潰した演技初挑戦だったのが
ご存知、青山剛昌先生の「名探偵コナン」毛利のおっちゃんこと毛利小五郎。

すったもんだがあって降板されてしまいましたが、
超人ぞろいのコナンにあって、このおっちゃんのダメっぷりは親しみがあってよいですな。
怪盗ルパンの生みの親モーリス・ルブランと
日本初の名探偵明智小五郎から名前を貰ったにしちゃマジ、ダメすぎるキャラですが
自分の身内や友人がからんだ事件になるといきなりカッコよくなる。
劇場版「水平線上の陰謀(ストラテジー)」はスッゲカッケーかったよ~。
ちなみにこれも少年サンデーでした。


毛利のおっちゃんの役を降板されて、明さんはあまりお見かけしなくなりましたが
交替するかのように現れたのが浩史さんです。

ちゃちゃが初めに認識したのは少年マガジンの
久米田康治先生作「さよなら絶望先生」の主人公糸色望(いとしきのぞむ)

な・・・なんですか、これ・・・と思った。口癖は「絶望したー!」の超ネガティブ高校教師。
時代設定は現代だけど”昭和85年”ごろだったり・・・。

まあ・・・イマドキのガチの深夜アニメですね。
それまで持っていたアニメに対する価値観を一変させられました。
ブラックコメディーというものも初めて知りました。
そしてこれが神谷浩史さんとの出会い??でした。

次に発見したのは少年ジャンプご存知尾田栄一郎先生「ONE PIECE」トラファルガー・ロー。

絶望するほどカッコイイ! めちゃええ役や! 
思いつきだけで出したキャラだったのに今やメインキャラの一人に!
神谷さんのやる役は主人公でなくても主役級になってしまう??

なにげに借りたDVDで発見してしまった浩史さんの次のメインキャラは
少年ジャンプSQ(スクエア・月刊誌)加藤和恵先生(女性です)「青の祓魔師(エクソシスト)」
悪魔サイドなのに人間の味方を一応はしている悪魔界ナンバーツーのメフィスト・フェレス。

・・・先日コミックス16巻セット本をブックオフで大人買いしてしまいました・・・
17巻も出てるけど・・・当分終わりそうにないけど。

そしてこれまた忘れてはならないよ、というか忘れてもらっては困るな、
少年ジャンプ、藤巻忠俊先生「黒子のバスケ」ラスボス?赤司征十郎!!

赤司様、とも呼ばれるこの帝王っぷり。

かと思うと・・・もういっちょ!

うっわ・・・・・・こりゃ女性ファン多いわ・・・

それにしても??
浩史さんの演じるキャラってものすごく上から目線キャラ多くね?
代表は赤司征十郎だけど。
「絶対は僕だ」「頭が高いぞ」「この僕に勝とうなどと100年早い」
うわあ・・・・中二・・・じゃない、すごい自信・・・。
これはまあ”もう一人の赤司”の方ですが。
元々の赤司はプライドは高いけどもっと謙虚ないい奴です。念のため。
メフィストもそうだし・・・ま、人間じゃないからねェ

ではこれは・・・少年サンデーは東毅先生作「電波教師」主人公鑑純一郎。

やりたいことしかできないYD病の・・・ぶっちゃけ超オタ教師(まんまですが。)
同じ教師でも殺せんせーとは全然違う・・・当たり前だが。
でもコイツも結構上から目線なんだよね・・・つか斜め上から目線?

そして、これも上から目線なのかな??

そう、なんと二代目ぶりぶりざえもん!!
伝説と化した故臼井義人先生「クレヨンしんちゃん」の変なキャラ・救いのヒーローぶりぶりざえもん。
初代なかの人塩沢兼人さん亡き後封印されていた声優の座に数年ぶりに着いたのは神谷浩史さんだった!
世間の皆様もこれには納得のキャスティングです。蘇りしぶりぶりざえもん!!
「私は常に強いものの味方だ!」懐かしい名台詞!
ただし「救い料百億万円」は言わなかった・・・ちょっと残念。

最後に紹介するのも少年ジャンプ、現在アニメ放映中の麻生周一先生の
「斉木楠雄のΨ難」(さいきくすおのサイなん)主人公斉木楠雄。

ギャグアニメなんですが主人公はほとんど90%以上無表情。
会話はすべてテレパシーで口も開かない。
神の如くなんでもできる最強の超能力者。
でも、これまでの超能力者ものの常識を完全に打ち崩した傑作だと思います・・・。
この作品のアニメ化が決まり声優陣が発表された時
主人公を神谷浩史さんがやると知って納得した人が大半ではないでしょうか。それくらいハマっている。
・・・ていうか、斉木って完全にイコールもう一人の赤司だよねー。


というわけで。明さんも浩史さんも
声優界の”神谷”さんはいずれも神やって話でした。

・・・駄洒落かよ!(そんなつもりやないんやけど~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年ジャンプな日々~暗殺教室その2

2016年07月11日 06時30分21秒 | コミック・アニメ
改めてまずこの絵から話を始めます。


松井優征先生原作 もう連載もアニメも実写版映画も終了しました。
コミックスも全巻発売終わりました。
鮮やかにもメディアミックスの終了時期をすべてほぼ同時に持って来た。
連載終了直後実写版映画を上映、アニメもほぼほぼ原作通りに進行して終了、
その直後にコミックス最終巻を発売。
・・・スケジューリングは全くお見事でした。
連載開始直後から各方面と話をつけ、すり合わせ、
通常話が逸れて全くの別物になる同時進行型メディアミックスを
ぶれることなく終わらせた。
オマケにこの秋総集編アニメ劇場版を上映するんですってぇ??
しかも公式スピンオフ傑作「殺せんせーQ(クエスト)」も同時上映ですってぇ??


・・・・・やるね✧

その「暗殺教室」連載第一話の扉絵兼コマであったこの見開き。


松井先生曰くに、ふとこの絵が浮かんだ・・・と。
生徒が朝の挨拶に先生に向かって一斉射撃をする。

この絵を描きたくて、ここからスタートしてこの物語を考えたのだそうです。
そう、連載第一回の、2・3ページ目で、すでにすべて目的達成したという・・・。
このシーンを描くにはどんな設定が必要か、
そして、この絵を描いて、すぐ後のほんの数ページを描いた瞬間、
このマンガのラストは哀しい物語になると理解した・・・と。

そうですねえ・・・確かに。

初めは何を目的に始まったのか、何を目指すのか
ぶっちゃけ、このマンガのジャンルはいったいなんやねん!!と疑問だらけでしたし
前作「魔人探偵脳噛ネウロ」ファンとしては
「あの松井先生のマンガやからきっとまた容赦ないスゴイ作品やろう」と思いつつも
「やっぱなんじゃこれァァァ・・・・・!!」とも思ったものでした。



けど、ギャグ系コメディ系のスタイルを纏った
実は中身は結構真面目な学園ものであり人の生き方を教える物語であり
最後は・・・・たとえはヘンですが
「手塩にかけて育てた家畜を自ら屠殺して喰らう農業科の実習生」のような
命の授業を描く物なのだ、と
やはり松井先生は読者に容赦ない作品をぶつけてきたな、と思いました。

そしてそれはその通りでしたね。

ここまでネタバレはまずいかな、と思って記事にせずにきましたが
ようやく書いていいかと思ったので・・・書きます、
この作品、名言はいっぱいありますが、
その中でも最もショックを受けた”名言”を・・・。



びっくりしました、ドキッとしました。
このひとことを連載本誌で見た時「殺られた!!」と心底思いましたとも・・・

少年マンガの王道とは、主人公やその仲間がいろんな試練を乗り越えて「強くなる」物語です。
その少年マンガにあって「弱くなりたい」なんて・・・・普通ありえない。

強くて頭脳明晰でイケメンすぎる殺せんせーの”前身”・天才暗殺者「死神」が
自身が強すぎたがために一番大切にしたかったものを守れなかったという
深い後悔の念から絞り出した言葉。

読み込めば読み込むほどにこの短い一言が突き刺さるようです。

「死神」だった頃、おそらくただ一度だけ幸せを感じたであろうこの瞬間

これを自らの手で壊してしまった、一生悔やんでも悔やみきれない思い、
「弱くなる」ことで手に入れたそれからの一年365日、

アニメの最終回のエンドカードがまた泣かせます。


欲を言えば、あの世とやらでの殺せんせーとあぐり先生のやり取りや、
「また二人で勉強しましょう」と約束した
二代目「死神」との勉強の日々を見てみたいものです。
二代目「死神」の最期の”微笑み”もよかった・・・


それにしても・・・・

これが!


これになるとかありえないだろ!www


あと、結構多くのみなさんがお気づきでしょうけど

二代目「死神」のコスチューム


ワールドトリガーのA級1位 太刀川隊のコスチュームとクリソツやんか~!www


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年ジャンプな日々~ワールドトリガー その3

2015年10月11日 15時10分19秒 | コミック・アニメ
まさかの放送延長!!

元々アニメ化された時点で、すぐに原作に追いつくのは目に見えていました。
何しろコミックス6巻くらいでアニメスタートしましたし。
普通は最低でも12巻くらい出てからやるもので。
まさかのスターシステムか・・・と危惧していたら
ちゃんと原作通り。
アニメ一年やれば絶対に追いつくペースだったから
一年やって一旦切って、別のアニメ作品を入れて
(例えばトリコとか)
来年原作がたまったところで再開か、と踏んでたら

オリストで放送延長ですか!・・・ほほう・・・やるね✧



さて、それはそれとして

何でこのワールドトリガーは後でじわじわ面白く感じるようになるのか。
にわかマンガ・アニメ評論家のちゃちゃ考察。

マンガやアニメの面白さは
キャラクターの作り込みで7割が決まるのだ(ちゃちゃ独断)。
そしてこの作品もそのキャラの作り込みが実はかなり深いのである。

ストーリーやアクション、世界観の派手さだけでは良い作品は生まれない。
基本はやっぱりキャラクターをどれだけしっかり立てているかでしょう。
それも、「影の生活」がどれだけ深いか、です。
描かれていない部分がどれだけ丁寧に作られているかで全然違ってきます。
キャラ表作って克明に設定する作家さんもいれば
雰囲気だけで直感的に作ってしまう作家さんもいますが(それを天才と言う)
ワートリ作者の葦原先生はしっかりキャラ表作り込むタイプ。
家庭環境、生い立ち、性格、血液型、誕生日と星座(架空)、好きな物、
クセ、学業成績、ファッション、信条、そして・・・・

これは他の作者さんでは見たことない、アニメでは見られないけど
「セリフを入れるフキダシの枠線のカタチと仮名使いの違い」!!

今回はそのセリフについて語ってもよろしいですかな?


古今・・・東西はわからないけど、
よくある表現としては吹き出しはセリフの状況で代わります。
普段はゆるい曲線、叫ぶときは刺々しい破裂するような形、

みたいな。
電話の向こうやスピーカーを通すときは直線的に

・・・などなど。

でも、ワートリは、そういう基本的な変化ももちろん多用されているけど
普段の普通のセリフでも、キャラによっていくつかのパターンがある。

例えば真面目系ORクール系キャラはかっちりした線、八角形。
上記のとおりマイクやスピーカーを通した声もそう。

オサム、忍田さん、レイジさん、とりまる、城戸司令、
風間さん、木虎、鋼さん、二宮さんなどなど・・・
但し例外もあり。ヒャッハー系の太刀川さん、
すぐキレる諏訪さんも八角形。

殆どのキャラに使われる従来型の楕円形。





遊真、千佳ちゃん、迅さん、小南先輩、嵐山さん、出水先輩など・・・ほとんどの人。

ちょっとお茶目系またはお調子者系はふかふかわたあめ型。



しおりちゃん、茜ちゃん、太一、

人間ではないので二重線。

レプリカ、エネドラット(?)

キャラの性格をまずフキダシの形で軽く表現。

また、これはどのマンガでも言えることですが
セリフのマジメ度・重要度によって
字の大きさや太さが変わるのは昔から普通に使われてる手法ですが
近年デジタル化が進んだので、
書体そのものをバラエティーに富ませるのはもはや常識的な常套手段。
昔はゴシックと明朝くらいしかなかったのにねえ。
書体の使いわけでセリフに埋め尽くされたコマでも
誰が喋ってるのか見分けがつく。
本筋とは関係ないあまり重要でないつぶやきに
書き文字が使われるのも常套手段の一つ。
佐々木倫子先生などは巧みに多用していてそれが面白かったりしますが
ワールドトリガーではまず使われていないようです。


それから、遊真が他のキャラを呼ぶ時の名前の字にもさりげなく特徴があります。
遊真は異世界からやってきたので(少なくともお父さんはこっちの世界の人だったみたいですが)
こっちの世界の、オサムとチカ、迅さん以外の人の名前を
主にひらがなで呼ぶ。
これもアニメではわからないけど
原作を読んでいるとなるほど、と面白い
これは多分遊真とそれぞれのキャラの距離感を表しているように思います。

こういうストーリーとは直接関係ない技法を意識して読んでみるのも
ワートリを楽しめる要素のひとつかな、と。

ストーリーやキャラの深読み以外にもいろんな面白さが秘められているみたいです。

う~ん、ワートリ・・・やっぱ、やるね。✧
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年ジャンプな日々~ワールドトリガー その2

2015年08月14日 04時06分27秒 | コミック・アニメ
今、本誌は夏休み合併号で、更にワートリは次回休載です。
だもんで、この後の展開を勝手に想像して次回掲載までを凌ぐことにしました。
てことで、今回の記事は思いきりネタバレしています。

基準は現在週刊少年ジャンプリアルタイム掲載。
従ってアニメ派・コミック派でネタバレいやだ派の方はご注意ください。

もちろん・・・ワートリファンの方でないとわかんない話です・・・スミマセン。
今回はコア・・・でもないけどオタク談義ってことで。


お題はアニメの方でも既にこちら側に捕らわれの身になっています、
「アフトクラトルのヒュースはこれからどうなるのか?!」



まず横道にそれますが玉狛支部の林藤支部長って・・・

「鋼の錬金術師」に出てくる”ヒューズ中佐”にクリソツですよね!

中の人も同じ藤原啓治さんだしwwwほぼ同一人物やん。
好きです、藤原さん!! 
例:「銀魂」服部全蔵 「ぬらりひょんの孫」奴良鯉半
  「クレヨンしんちゃん」野原ヒロシ。

さて本題・・・・

結論・・・ヒュースは玉狛第二の隊員になる! オワリ!



いや、それしかないでしょ。

今、玉狛第二はランク戦に挑んでいてしかもかなり劣勢、
三雲隊長早くもベイルアウト!!

そしてそれを支部で観戦している迅とヒュース・・・。

いやあ、ヒュース、不器用シリアス系の意地っ張りクソマジメキャラですが
ここにきてじたばたしても仕方ないからか、結構馴染んでますよね。
相変わらず言葉は辛辣で心を閉ざしたままではありますが
迅の挑発?に乗って玉狛第二の勝負の賭けに乗ったりして・・・

お互い負けた方が可能な限り何でも言うことを一つ聞く。
迅は「分の悪い賭けは嫌いじゃない」らしいけど・・・

今、戦況はどう見ても玉狛第二は負けそう。

しかるに、もし玉狛が負けてヒュースが迅に何を要求するか考えると
迅は「おれが預かっているお前のトリガーを返してもいい」などと言いましたが
だからヒュースも賭けに乗ったんですが
仮にトリガー返してもらってもヒュースは何もできないでしょ。
何しろ一人きりだもの。味方は誰もいない。
何とか頑張ってアフトクラトルへ行ったとしても向こうでも敵扱いれる。
何しろ「当初の予定どおり」こちらの世界に置き去りにされたのだから。

ヒュースの生きる道はボーダーと手を組んでアフトクラトルに攻め込むしかないはず。
とすれば一番の早道は遠征部隊と行動を一にすること。
遠征部隊と一緒になるには、本部じゃ難しいだろうけど
ここ玉狛支部のメンバーとして遠征部隊に選抜されれば文句は言われないはず。
ということは・・・玉狛第二は幸か不幸か戦力は空閑一人に頼っている状態で
どうしてももう一人強力な、できればアタッカーが欲しいことろ。
じゃあ、これはもうヒュースを隊員にするしかないじゃない。
利害も一致するわけだし。

で、結論。ヒュースは玉狛第二の隊員になる!!!


迅にはその未来が見えているんじゃないでしょうか。


ただ、その経過はちょっとわかんないな~。

玉狛第二が今のランク戦に勝利すれば迅はヒュースに
隊員になれと言うでしょう。
でも、この戦況では勝利は難しいし、ストーリー展開の演出としても
この辺で一度こてんぱんに負けといた方が良い流れです。
そして負けたら迅はヒュースの言うことなんでもきいてやると言った、だから
もしヒュースが玉狛第二のメンバーになるとすれば
それはヒュース自身が自分から言い出す展開にならなければならない。

でも・・・玉狛第二を見下している(実際まあ弱いけど)ヒュースが
「俺をここの隊にいれろ」なんて言うかなあ・・・。
この辺がどうなるか、ちょっと見ものです。


イヤイヤイヤ、ヒュースはきっと隊員になりますよ。
そしてA級に上がってエネドラのキャラをトレースしたラッドとともに
アフトクラトルに攻め入るぞ~!!

捕虜として玉狛支部でゴロゴロしてても退屈だしね!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加