AMASHINと戦慄

~STARLESS & AMASHIN BLOG~
日々ブログレッシヴに生きる

ほんとうにスラッシュ祭り(一日目)

2018年02月20日 | コンサート
先週のTTF疲れがいまだ抜けぬ今日この頃(歳ですわ)。
そろそろ今年ついに10周年を迎えた『TRUE THRASH FEST 2018』のレポをしたためねばなりますまい。

TTF10周年として、今回は連休3Days!
出演バンドは、RAZOR、SACRIFICE、BLOOD FEAST、HIRAX、AT WARなど、今までTTFを盛り上げてくれたヘッドライナークラスの(他のフェスでは考えられませんが)スラッシュ勢に加え、とうとう最終日にスペシャルゲスト枠としてTANKARDという今までにない大物の出演まで決定した。
そりゃあ、全国の、いや、近隣諸国のスラッシャーどもが騒然となったことは想像に難くない。
3日通し券がソールドアウトとなり、焦った私も3日目だけは早めにチケット確保しておきましたよ。
んで、初日もせっかく観たことないSACRIFICEやBLOOD FEASTも来るんだし観ておこうかとチケットを確保。


久方ぶりに江坂に着いてまず愕然としたのが、会場の入り口であるパチンコ屋がドン・キホーテに変わっていたこと。
あれ?ホンマに会場ここやったっけ?と一瞬焦りました。
まぁライブ終わった後とかにドリンクとかすぐに買えてこっちの方が便利。



TTF初日の客入りは微妙。まぁいつも通りのTTFって感じ。
でもまだ出店とかは少なくて、各出演アーティストの物販と、パッチ屋に最近恒例のグモーバーガーが出店していたくらい。



スラドミやTTF行ったら必ずといっていいほど遭遇する東京のスラッシュマニアくんもやっぱ来てた。
大量のアナログレコードをひっさげて(サインしてもらうため)。やっぱこの人はイカれているなと思った。
同時開催の川崎のスラッシュ・ドミネーションなど目もくれずこっちに飛んできたんだと。
そりゃそうだ。最近のスラドミの面子はスラッシャーをなめてるとしか思えない。


大阪の老舗スラッシュメタルバンドREVERGEがちょうど始まったのでフロアへと赴く。


まぁまぁお客さん入ってて、外人もチラホラおる。ステージダイブもやってる。
そしてモッシュサークル。
私としては2年越しとなるモッシュ。つまりWHIPLASH(TTF2016)以来。
ピットの中に突入した瞬間、鳥肌と久方ぶりにモッシュできたことへの言い知れぬ歓喜がこみあげてきた。やっぱ身体がずっとこの瞬間を待ちわびていたのだ。
ただし、やっぱ息はすぐにあがった。
REVERGEのVoの人が「ようこそスラッシュ・ドミネーションへ!」と言ってたのがうけた。
あてつけかな?


続いて、アメリカ産クサれB級スラッシュメタルバンド、BLOOD FEASTの登場。


へんなSEが流れ一発目いきなり1st『KILL FOR PLEASURE』から「THE DARKSIDE」。
みんなそれぞれ齢を重ね、小汚いガラ悪そうなオッサンになってしまったが、ボーカルだけが髪フサフサで肌に若干のツヤがあると思ったら、やっぱり最近加入したメンバーだった。
オリジナルVoと違って、歌に全く抑揚がなくギャーギャーわめいてるだけでかなりイケてなかったのが残念。
「BLOOD LUST」の最後のスクリーム連呼は再現してた。

なぜか常にセンターを陣取るベースとギター。



そしてカナダのSACRIFICEが登場。
一発目2nd『FORWARD TO TERMINATION』のイントロから「Terror Strikes」がきたときは鳥肌が立った。


最初2nd完全再現かと思ったが、3rdや最近の曲(「Hiroshima」やった)なども織り交ぜながらの2nd曲中心のセトリ。
一番興奮したのが「Afterlife」がきたとき。この曲の疾走感はモッシュせずにはおれんですよ。

今回、一番クールな佇まいで昔と変わらずのあの個性的な歌声を聴かせてくれたのが、ギターヴォーカルのロブ。
他のVoのみたいに客席に笑顔もピックもふりまくことなく、ただひたすら演奏をこなす。
シャウトも昔のままでカッコよすぎた。正直惚れた。


そしてフロアから外人の客が「Reanimation!!」とコールし、ま、PVも制作されてるのでおそらくSACRIFICEの代表曲なのであろうこの曲でシメ。


んで、TTF初日の大トリは同じくカナダのレジェンドRAZOR。


まぁ小生、RAZORは2nd『EVIL INVADERS』くらいしか知らんのやけども、セトリも割とこの作品からが多くてやっぱこの作品が代表作なのかなと。
しかし、このフェスの客、RAZOR好き多いな。その辺からしてついていけない。
ただ、にわかの私でもわかったのが、今のヴォーカルがやっぱオリメンでなかったこと。
あのかすれたような、絞り出すようなスクリームが、オリジナルと全然違ったからだ。

オリメンか判断つきかねたのが、カナディアンスラッシュ界屈指のリフメイカーと呼ばれていたこの人。
今じゃ西成区あたりをうろついてそうな虎党のオッサンになってしまった・・・
ただ、あのジョリジョリの剃刀リフサウンドは健在!間違いない!彼だ!



あの~、カルロさんですよね?



最後の「Evil Invaders」ではこんな感じ。ようゆわんわ。
「アチャー!」「オオサカサイコー!!」



今回このTTFで、B級スラッシュの外タレレジェンド3バンドのライブを一気に拝むことができたが、やはりオリジナルメンバーが揃った(風貌が変わり過ぎて見た目は全然わからんが)SACRIFICEが一番よかった。
なによりVoがオリジナルであることが強い。


今日の1曲:『The Entity』/ SACRIFICE
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウジャアー

2018年02月10日 | やっぱりメタル!!
さて、大阪名物TTF前夜となった今宵。
もうなにも書くつもりはなかったんやけど、BLOOD FEASTの1987年作の1st『KILL FOR PLEASURE』聴いてたらなんか無性に言及したくなってきて。


とにかく見てよ。この「おじゃましまんのやわぁ~~あああ」みたいな頭の悪そうなジャケット。
安心して下さい。本当にこのジャケまんまの音楽性ですので。
まぁ当時のB!誌なら軽く20点、いや、10点以下の評価でこき下ろされてたことは想像に難くない。

曲名も見てよ。

「Cannibal」、「Vampire」、「The Evil」と、小学生低学年レベルのネーミングですよね。

サウンドは劣悪そのもの。
シャリシャリのギターリフ、おまけになにも考えていないようなギターソロ。ドタドタしたドラム。ベースはニブく歪んでいる。
ヴォーカルも粗暴そのものだが、エクソダスのポール・バーロフとスティーヴ・ゼトロ・スーザを足して2で割った感じにも聞こえる(まぁポールほどトチ狂ってはいないが)。
そして全編にわたって暴虐性剥き出しでわめきちらしている。




ただ、不思議なもので、この頭の悪そうな感じがだんだんとクセになってくる。
少なくとも、最近のポップになったTANKARDの作品や、ゴリゴリになったSACRIFICEの作品よか聴いててよっぽど楽しめる。

あと、カップリングの88年のミニアルバム『FACE FATE』になるととたんにサウンド、演奏共にクッキリかつシッカリしてて聴きやすくなっている。
1stからの数曲をリメイクしているが、演奏面ではほぼアレンジなし。B級感はそのままに。




BLOOD FEASTは3年前にもTRUE THRASH FESTに出演しており今回は2度目。
その初来日公演、TTFに参加したクサれスラッシュマニアどもの間ではなかなかの評判を得ていたと聞いている。
だから私もなんとなく大本命のSACRIFICEよりも期待していたりする。


明日のライブ、江坂ミューズのモッシュピットでこんなねーちゃんと一緒に盛り上がれたらなぁと。



今日の1曲:『BLOOD LUST』/ BLOOD FEAST
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復習

2018年02月07日 | やっぱりメタル!!
ひき続き、TANKARDについて。

タンカードと言えば、私が中学から高校にかけて夢中になったジャーマンスラッシュメタルバンド。
まぁだいたいデストラクションと同時期くらいで、ソドムやクリエーターよりも聴くのは早かった。
だから、ベストを含む初期の作品はだいたいアナログで買いそろえてた。




上の作品以降は全くといっていいほどタンカードの作品を聴いてこなかった薄情すぎる私ですが、10代の頃はそれなりにタンカード愛に溢れていたんだってことがこれでわかっていただけたかと。

これらの中でも、とりわけよく聴いてたのが3rd『The Morning After』であったかと。
まぁ、のっけからスタスタスタスタと勢いで突っ走るノリ、そしてどうでもいいギターソロがひっきりなしに繰り返されるパターンは、先の2作となんら変わらないんであるが、所々にユニークなアクセント(カウベルなど)や曲展開を挿入するなどして、ほんとうにほんのわずかだが、それなりに幅の広がりを見せている。
オリヴァーのドラミングもさらに強靭になっており、特にグラインドナンバー「Mon Cheri」でのブラストは強烈である。
で、この作品が好きなあまりというわけでもないんだが、アナログを含め同じものを4枚も所持してるってのは、どうかしてると思われるかもしれない。
『クリムゾン・キングの宮殿』じゃないんだから。


まず、アナログプレーヤーが使えなくなって多分どっかの中古屋で買ったCD。
まだドイツが東西に分かれていた時代にプレスされた旧規格の西ドイツ盤。



『The Morning After』と『Alien』のカップリング2 in 1CD。
こいつはつかまされたって感じ。商品届いた時、やけにジャケットの印刷が薄いなぁと訝しげに思ったんだが・・・
リマスターって書いてあったから購入したのに、音のレベルが旧盤と全く変わらず。



先月TTF主催者のレコード店ROCK STAKKがバンド直で仕入れたデジ仕様の最新リマスター盤。
うん、今度こそ間違いなくリマスター!
ただ、今回はムダに『The Morning After』と『Alien』のディスクが分けられてある。
いや、そこはひとつにまとめといてよ!かさばるし、資源がもったいないから!



まぁでも、ライブでこのアルバムから演奏されるのは、おそらくタイトル曲くらい(だいたい最近のセトリみてたら初期作品はいずれもタイトル曲くらいしか演ってないからなぁ)。
初期作品はタイトル曲以外にいい曲いっぱいあるんやけどなぁ・・・

まぁ言うてもしゃーないけどね。




今日の1曲:『The Morning After』/ Tankard
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予習

2018年02月04日 | やっぱりメタル!!
大阪名物TTF開催まで、あと一週間を切っちゃいましたね。

懸念してた通り、TANKARDの出演する最終日はソールドアウト。
さすが大御所メジャースラッシュメタルバンド。動員力が違う。
いやいや、あの狭いハコに日本中、いや世界中のタンカードフリークどもが駆けつけるとなると、こりゃめちゃめちゃモッシュやりにくくなりまっせ。
かつてのS.O.D.初来日公演ときみたいに、ギュウギュウ詰めの肉弾戦になりそうで今からちょっと憂欝。




それにしても、タンカードは今までアルバムを出し過ぎている。
昨年もバンド結成35周年記念アルバム『ONE FOOT IN THE GRAVE』(17作目)をリリースしているので、一応購入しときました(もう全部は無理)。
タンカードの新作を買ったのは、実に30年振りくらいになるだろうか?

ジャケットには相も変わらず酒を携えたマスコットのエイリアンが登場していて、その音楽の方向性にいささかのブレも進歩もないことを如実に窺わせている。
ただ、オリジナルメンバーは、現在ボーカルのゲレとベースのフランクのみ。
スコットは短髪(普通のオッサン)に、ゲレは昔の3倍くらいに膨れ上がってしまった。まぁもちろんビールの飲みすぎであろう。




新作『ONE FOOT IN THE GRAVE』は相も変わらずのタンカードらしいスラッシーな内容。
ただ、演奏力が昔と比べていたって落ち着きが備わり、なんだか丸いサウンドになってしまった。
当時はどうでもいいデタラメなギターソロがひっきりなしに鳴りまくっていたが、現在のギタリストはいたってメロディアス。
楽曲全体もゲレの歌もなんだかやけにキャッチーになってしまった。
そして、曲の間中だいたい鳴っているツーバスのサウンドがやたら耳触り。
タンカードはやっぱスタスタじゃないとねぇ。





今日の1曲:『One Foot In The Grave』/ TANKARD
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

い・け・に・え!

2018年01月28日 | やっぱりメタル!!
さて、大阪名物TTFもいよいよ2週間後に迫りました。
まぁ私はいわゆるマニアではないハンパなスラッシャーなので、TANKARDの出演する最終日だけ見れりゃいいやと思っていたのですが、ムラムラと1日目も参加しちゃろうかという気になりまして、チケットの方確保してまいました。

10周年の豪華面子。3日間行く人身体もつんかいな。



一日目の個人的大本命は、なんつってもSACRIFICE。
SACRIFICEつっても、彼らが世に出てきた80年代の同じ頃に、日本にも同姓同名のSACRIFICEっつースラッシュメタルバンドが存在していてややこしいのだが、今回TTFに出演するのはカナダのバンドの方。




彼らの名作といえば、よくわからない魑魅魍魎なカヴァーイラスト(なんか烏天狗とかおる)が印象的な2nd『Forward To Termination』(1987)といってほぼ間違いないだろう。
音質はかなりチープ。演奏力事体はまだ発展途上の段階で、それゆえガムシャラに疾走するパターンが多く、スローダウンするととたんにドラムのリズムが怪しくなるといったこの時代ならではのハードコアパンク成分濃いめのスラッシュメタルを展開している。
ギターヴォーカルのロブは苦虫を噛み潰したようなダミ声で歌い、最終的にはヒステリックに雄叫びを挙げるという定番のスタイル。
楽曲はそれぞれ特色をしっかりと持った良スラッシュナンバーが揃っており、モッシュにはもってこいのツボをおさえた展開も十二分に備えている。
これらのことをひっくるめて、つまるところ、理想的で丁度いいB級グルメなスラッシュアルバムなのである。


で、時勢に逆らえず、90年代なかばに消滅してしまったSACRIFICEであるが、なんの気まぐれか、2009年にオリジナルメンバーで再結成、16年振りにアルバムも制作している。
まぁとりあえず購入したのだが、当時これを聴いたときはかなり落胆させられたのを覚えている。
ホンマに同じメンバーか?ほとんど別バンドやんけ!と。
ちなみにメンバーの容姿も現在のArtilleryのスタッツァー兄弟と同じ運命をたどっている。



決して悪い作品ではない。演奏レベルが格段にアップしており、サウンドも分厚く最近の若いスラッシュメタルバンドとも十二分にタメを張れるレベルである。
初期の頃のようなパンキッシュな部分は鳴りを潜め、モダンにしてゴリゴリでザックザクのリフ、そしてヴォーカルのロブの声がものすごくイカつくなってしまった(ほぼガテラル)。

まぁそりゃ彼らも長年バンドやってりゃ(やってたのか?)巧くなるだろうし、機材やレコーディング環境も昔と比べようもないくらいハイスペックになってるから仕方のないことなのだが。
それを昔のようなチープでシャリシャリな感じでって言う方が無理があるよな。
彼らだって当時、なにも好き好んで劣悪な環境でレコーディングしてたわけじゃないだろうし、その時持てる演奏レベルでレコード作ってたんだから。
ただ、なんか楽曲がつまらない。音がカチっとしすぎててサウンドがゴリゴリで、それが逆に発想の枯渇をごまかしてるような・・・
メタルコアみたいなジャケットも気に入らない。


今回のTTF、2Days出演のバンドはどっちか一日スペシャルなセットでやってくれるとのこと。
まぁなんかのアルバム完全再現みたいなことと思われるが、SACRIFICEは是非2nd完全再現で!




今日の1曲:『Terror Strikes』/ Sacrifice
コメント
この記事をはてなブックマークに追加