acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

阿武隈川・南沢

2010年08月09日 00時13分02秒 | 山行速報(沢)
阿武隈川・南沢に行ってきました。

ホンモノの夏がやってきた!
久しぶりの熱い夏。入道雲が眩しい。
こりゃあ、沢しかあんめぇよ。
「じりじりと焼けるアスファルトに嫌気が差した末の山行でした。」


阿武隈川

メンバ-は、久しぶりのMさん、Aさん。そしてsak。
アプロ-チも良く、入渓まで30分たらず。
当会のS子さん執筆のガイド頼りに。

程よく滝登り。
たまにロ-プを出したり、仕舞ったり。


F2の登り


F1は問題なく直登
F2・8mY字状が実際の核心か?ロ-プを引いて水流右を直登&トラバ-ス。残置ありⅢ+。
F3は直瀑。左岸を巻く
F4、水流右。念のためロ-プ。支点もある。
F5は左岸のルンゼ状もいけるが、水流左壁のカチを拾っていくのも楽しい。足をすべらせ、ヒヤッとする場面も。
あとは登れそうなところを気の向くままに登ろう。


南沢大滝

F10の南沢大滝(30m)
右岸にしっかりした踏み後。クライミングもワンポイントであとは木の根ピッチの様相。
高度感はあるものの、困難はない。


快適に登るAさん


スラブを行く(細かい落石注意!)

奥の二俣は右俣をチョイス。
枯れ枝がうるさいが急な細ナメを行く。
最後は急斜面のスラブ。岩屑が多く、油断はできない。
たまらず右の茂みに活路を見出す。


すぐに山頂だった

そこからわずかで登山道。
先には甲子山山頂標がすぐそこ。ほぼ山頂にダイレクトというのはなんだかチョットお買い得感。

山頂で大休止。旭岳が雲間に見え隠れ。
ふと携帯を見れば、山岳会のメ-リングリストでは、来週末、南沢に行こうという計画で賑わっていた。
と、いうことは我々は先発隊か偵察隊かな?なんて暢気さ。
事によると本隊は昼に「流しそうめん」をやるらしい。流石!

下山は甲子温泉まで1時間ほど。
アプロ-チといい、下山といい、とてもお手軽。
滝登攀もほど良い間隔で、程よい緊張感。一服の涼にはもって来いだ。
下山後の甲子温泉もgoodです。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナルミズ沢(宝川本流) | トップ | 穂高岳縦走 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。