☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中。

「浅田家!」

2020年10月15日 | ★★★★

2020/10/02公開 日本 128分
監督:中野量太
出演:二宮和也、黒木華、菅田将暉、風吹ジュン、平田満、渡辺真起子、北村有起哉、野波麻帆、妻夫木聡

それは、
一生に一枚の
家族写真。

STORY:幼い頃から写真を撮るのが大好きだった浅田政志は、家族全員を巻き込んで製作したユニークな写真集で写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞する。これをきっかけに、ようやく写真家として軌道に乗り出した矢先、東日本大震災が発生する。被災地に向かった政志は、その被害の大きさを前に、写真家の自分に果たして何ができるのか自問してしまう... (allcinemaより)


自身の両親と兄を被写体に起用し、全員で消防士やレーサーなどさまざまな職業に扮するユーモラスな家族写真を収めた異色の写真集『浅田家』で木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家・浅田政志の実体験を描いたホーム・ドラマ。監督は『湯を沸かすほどの熱い愛』『長いお別れ』の中野量太。

予告編でのコスプレ家族写真が面白そうだったので気になってた...やっと鑑賞。監督さんは今回初めてかな。実話とのことで、こんなユニークなそして素敵な家族がいるとはホント素敵な家族だなーと。お兄さんも嫌々ながらも弟のお願いを聞いてくれてる 笑。政志の写真好きはお父さんの影響だったし、ユニークな撮り方もお父さん譲りだったとは 笑。

とっても撮っても素敵な作品だった!!
家族がテーマで、浅田家をはじめ、様々な家族の絆が描かれている。前半は浅田家に笑い、後半は切ないエピソードもあったけど心温まる物語だった。そして…浅田家のオチもそれいいのか?と思うけど、なんかほっこりしちゃうのよね。

家族自体も家族写真も最初から独特だった‪。それに政志が腕に刺青して帰ってきた時の母親の反応には驚いた‪w。普通は借りられないものを借りちゃったりノリの良さが最高。そういう家庭に育ったからこそ普通とは違った写真家になったんだろうなぁ。

本物の写真集が見てみたくなったわ。
エンドロールでは映画の浅田家写真が流れるだけど本物が見たかったかな。そこは買って?‪w

この作品を観て家族のアルバムをちゃんと作っとかないとと思った人も多いのではと思う。
観て良かった^^*

鑑賞日:2020/10/13


コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「望み」 | トップ | 「ナイル殺人事件(1978)」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2020-10-20 21:24:45
映画のラスト1枚、病院のカットのみが本物の浅田家による者みたいです。
あと、今回の役者による家族写真、チラシに「撮影:浅田政志」と入ってるので本物が撮った写真みたいなのでした。トリッキーなことよるのう。
こんばんわ (にゃむばなな)
2020-10-23 23:38:06
表彰式での家族全員で賞状を受け取る写真も好きですわ。
ああいうことをやってくれる理解ある家族っていいですよね。
ふじき78さんへ (yukarin)
2020-11-03 16:19:20
最後の1枚そうでしたね。でも劇中と全く同じでしたね。
あの家族写真はご本人なんですね~面白い!!
本物の写真をもっと見たいですわぁ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2020-11-03 16:22:45
表彰式の写真良かったですよね!
本当に素晴らしい家族ですね~ちょっと変わってるけど 笑
映画の世界ではなく実際にいるからすごいですよね。

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事