☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中。

「蜜蜂と遠雷」

2019年11月03日 | ★★★★2005-2019

2019/10/04 公開 日本 118分
監督:石川慶
出演:松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、ブルゾンちえみ、福島リラ、斉藤由貴、鹿賀丈史

STORY:3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として世界から注目を集める芳ヶ江国際ピアノコンクール。母親の死をきっかけに表舞台から消えていたかつての天才少女・栄伝亜夜は、復活を期してコンクールに挑もうとしていた。そんな彼女の前に立ちはだかるのは、バックボーンもピアノとの向き合い方も三者三様のコンテスタントたちだった... (allcinemaより)

私はまだ、
音楽の神様に
愛されている
だとうか?


史上初となる直木賞&本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸の傑作ベストセラーを実写映画化した音楽青春ドラマ。国際ピアノコンクールを舞台に、それぞれに事情を抱えながら大会に挑む4人の若手ピアニストの葛藤と成長を描く。監督は『愚行録』『点』などの石川慶。

ピアノは大好きなので気になってたけれどタイミングが合わずやっと観てきました。ピアノコンクールのお話なのでほぼ全編にわたってピアノの音色が響き渡り贅沢な時間でした。実際のはよくわからないけれどコンクールはただ弾くだけではないのですね...大変。

てっきりメインキャストたちが優勝を目指して火花を散らしあうお話なのかと思っていたら....意外にさわやかでしたねぇ。お互いをリスペクトし合ったり....そういうもん??

原作は未読。でもこの物語を活字で表現しているのは凄いですね。それを映画化してしまうのも凄い。天才ピアニスト少女の復活物語としては普通だけど、作品の雰囲気はとっても良かったです。ピアノやオーケストラを大音量で聴けることからしても劇場鑑賞のための作品ですね。

鑑賞日:2019/11/02
※TOHO cinemas free passport #12


コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マチネの終わりに」 | トップ | 東武ワールドスクウェアに行... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピアノの旋律… (BROOK)
2019-11-06 13:51:16
原作未読なのですが、映画版は原作のエピソードを省いてあるみたいです。

ピアノシーンは俳優本人が本当に弾いているようでした♪
ストーリー展開も素敵で、最後まで見入ってしまいましたよ。
Unknown (ふじき78)
2019-11-09 20:07:53
ああいう演奏を聞くと本当にピアノは打楽器だなあと思いますね。
BROOKさんへ (yukarin)
2019-11-10 10:34:18
時間の限られた中では省かれてしまうのは仕方がないですね。
俳優さんたちもかなり練習したのでしょうけど、音は違くても手だけアップだけというよりちゃんと弾いてる全体が映るのが良かったです。
ふじき78さんへ (yukarin)
2019-11-10 10:37:29
確かに鍵盤をたたくという点では打楽器ですよね。
実際でも女性でも弾いてる時の腕が細いながらも筋肉がすごいですもん。鍛えないと弾けませんよねぇ。

コメントを投稿

★★★★2005-2019」カテゴリの最新記事