☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

大統領の執事の涙

2016年07月19日 | ★★★+

【LEE DANIELS' THE BUTLER】 2014/02/15公開 アメリカ 132分
監督:リー・ダニエルズ
出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、アラン・リックマン、ロビン・ウィリアムズ、マライア・キャリー、アレックス・ペティファー

すぐ目の前で、世界が動いていた

彼は、見ていた。
7人の大統領に仕えた黒人執事
世界の中心(ホワイトハウス)の知られざる物語

STORY:奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。幼くして南部の農園で働くセシル・ゲインズは、白人に父親を殺された後、ハウス・ニガー(家働きの下男)として登用され、白人に仕える作法を叩き込まれる。やがて町に出たセシルは、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボーイとなる。そして、そこでの仕事ぶりが認められ、ついにホワイトハウスの執事に大抜擢される... (allcinemaより)


ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズを主人公に、公民権運動やベトナム戦争など彼の目から見たアメリカの歴史を描いた伝記ドラマ。監督は『プレシャス』などのリー・ダニエルズ。

地元で公開されてたけど観られなかった作品でちょっと前にBSで放送してたので観ました。途中にCMが入ってるのでカットはありましたが不満なく観られました。

歴代大統領7人に仕えた執事ってすごい。それぞれ性格も違うからいろいろと苦労があったでしょうね。でも黒人差別の酷い時代に生きてきたセシルはかなり幸運の人ですよね。盗みに入った家がきっかけで今があるわけで、あのまま追い出されてたらどんな人になってたんだろう...。

いつもの自分の顔と白人に対しての顔と2つの顔を持たないといけない時代....複雑。今はあの時代からは良くなってきても、差別絡みの事件が頻発、差別もまだあるしいつまでたっても平行線。差別がなくなる日はこないんでしょうかね、、、

かなり淡々としているので感動ものとまでにはならないのかなーと思ってましたが、見終わった後にジーンとしてくる作品でした。主人公のセシルが淡々と仕事をこなしていてあまり感情を出さないからかもしれないけど。でもこの白人用の顔を持つことで未来があったという...。

それぞれの大統領役が豪華な顔ぶれでした。この中にはもういらっしゃらない俳優さんもいますが、、、。それぞれ見た目も雰囲気も似ていたけど、特にアラン・リックマンのレーガン大統領が良かった。ジェームズ・マースデンのケネディ大統領も良かったー。

アメリカ公民権運動というと難しそうですがわかりやすく描かれていたので観やすかったです。

★★★.8
鑑賞日:2016/07/17

 

大統領の執事の涙 [DVD]
フォレスト・ウィテカー,オプラ・ウィンフリー,ジョン・キューザック,ジェーン・フォンダ,アラン・リックマン
KADOKAWA / 角川書店

コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 殺されたミンジュ | トップ | 「テミンPremium Showcase「... »

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・...
大統領の執事の涙 (風に吹かれて)
豪華キャストでアメリカ現代史 公式サイト http://butler-tears.asmik-ace.co.jp 監督: リー・ダニエルズ  「プレシャス」 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 1920年
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと...
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler (勝手に映画評)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。 物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、...
アメリカ現代史~『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで ...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな~と改めて思い知る。
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執...
大統領の執事の涙 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリ...