風録blog

風のごとく過ぎ去る日々を録したい

本:県庁おもてなし課

2013-05-03 14:57:47 | Weblog
題名:県庁おもてなし課
著者:有川 浩
発行所:角川文庫

ゴールデンウィークのお楽しみで「県庁おもてなし課」と言う小説を読んだ。
来週には映画も公開されるようである。
県庁のお役所仕事批判をテーマにしていて重たいが、有川浩(女性)という作家の軽いタッチで
描かれていて、かつ恋愛も盛り込まれていて、GW読書としては良い。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« イノベーション・オブ・ライフ | トップ | 本:キャパの十字架 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-05-04 10:54:20
TBさせていただきました。
またよろしくです♪

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

県庁おもてなし課/有川浩 (本と映画、ときどき日常)
いったいこれはどこまでが実在していて、どこまでがフィクションなんだ…? と思考を巡らしながら読みました。 その答えは最後にある程度あったんだけど☆ 高知県に”実在する”「おもてなし課」 観光復興のため、お役所仕事と民間の狭間で右往左往する人達のお話。 ...