大和漢方堂ブログ

大和漢方堂ブログです。気軽に漢方相談できる大和漢方堂からのお知らせ

伝統生薬研究会に参加

2017-02-27 16:15:20 | 日記

昨日 日曜日

京都・滋賀・奈良・3県合同

勉強会に行って来ました

会場は京都駅を出て

すぐの所にありました

駅を出ると京都タワーが

目の前にあり

可愛い平安神宮が

お出迎えしてくれました

《江戸から読みとく こころと病と救心感應丸氣》

と云う題で 神戸の《漢方芍薬堂》足立 正吾先生

が講演して下さいました

《感應丸氣》の主成分である 麝香(ジャコウ)

牛黄(ゴオウ)龍脳(リュウノウ)等は

江戸時代中期以降に富山・奈良県の大和・滋賀県

の近江の売薬で全国に広まっていったそうです

天武天皇の時代に《牛玉》の記載があったり

正倉院展の時に展示される事もあります

それ以前は《高貴薬》として

一部の人達だけの物だったのでしょう

 

先生は漢字で《心》ではなく 《こころ》

こころ=腹であり 腹が立つ 腹を読む

腹を据える 腹の虫が収まらない 等々の

言葉から そう考えられるとの事。。なるほどね~

[麝香は三蟲を去る]のムシは

ギョウチュウ・回虫・コウチュウだけ

で無く 虫ずが走る 虫が好かない 

エヘン虫=気うつのムシも

考えられるとの事でした

鎖国時代の生薬の流通ルート 

入手経路 家康が自分で生薬を

作った話は有名ですが 

毒を盛られた時の頓服として

作られた薬に入っていて

純金を大量に使ったそうで

口の中でサッと溶けたそうです

《感應丸氣》に使われている量より

もっと沢山の量が配合されていて

古い書物には 飲んで房事をするな

使いすぎない様に使用量に注意

死にそうな時1回2gとか3gとか

スゴイ量が記載されていたようです

高価な物なのに大量に使えるって

なんて贅沢な・・

オランダ人のシーボルトが

龍脳・麝香を使っていた記載がある

とか《神農本草経》《本草綱目》の話

香辛料に生薬の話 興味深く

有意義な楽しい講演でした

講演の後 皆で楽しくお食事を頂き

「又 合同勉強会をしましょう」と約束して帰りました

講師の足立先生 京都・滋賀・奈良の先生達 有り難うございました

 

 

コメント

目まいがして気分が悪い

2017-02-25 13:40:18 | 日記

今日は洗濯日和になっています

毛糸やドライマークの物も

洗ってスッキリしました

畦道に小さな青いイヌフグリが

地面にくっ付く様に咲いていました

風はまだまだ冷たいです

 

朝の片づけを終えた頃

『目まいがしてシンドクテ・』と

60中頃の女性が来られました

「血圧測りましょうか?」と言うと 

測りたくないとの事

『兎に角 目まいがして病院に行こうと思ったけれど

病院で待ってるのも辛いし 此処に入ってきた』と

仰るので 目まいの漢方薬を出そうと思うと

『何でも良いから早く効くのをちょうだい

胸が苦しくてたまらん・』と かなりつらそうなので

「A1コとB3コ飲まれますか?」とお聞きして

おさ湯で飲んで頂きました

背中をさすると イヤがらないので

ツボを軽く押してさすると 落ち着いて来たようです

病の勢いが強い時は 触られるのを嫌がります

『お宅はご主人と一緒でケンカする事無いですか?』

と 聞かれるので 

「腹の立つ時は傍から離れる 怒っても応えない人だから」

と言うと 

『家から出て行くの?』と 聞かれました

「店が有るから 出かけてる時に

お客さんに来て頂くと 御迷惑を掛けてしまうし

PCで資料作ったりして そちらに気が集中すると

怒っているのも何処かにいくし・・・

時々接客の邪魔もするから やり難いのよ」と私

お番茶が湧いたので 温かいのを飲んで頂きました

ご主人様の話を始められて

入って来られた時 首が揺れていたのが治まって

胸の痞えが取れた様です

夫が入って来たら

『主人の愚痴聞いてもらってますね』と 仰いました

『病院に行くつもりで出て来て 寄って良かったわ

シンドイの治まったわ・』と 仰るので

飲んで頂いた生薬の説明をすると

『病院に掛かってるし シンドクなったら又来るわ』

と仰って 1回分をお買い上げ頂きましたが・・

目まいして車の運転はダメでしょう・普段からの予防が大事ですよ・・

 

コメント

不整脈の女性

2017-02-24 16:15:33 | 日記

朝から寒かったのが 昼過ぎて お日様が照って来ました

家の中に居ると温かいけれど

外に出た夫が

「ジャンパー要るわ」

と中に入って来ました

風はまだ~冷たいです

お客様に頂いた

手作りのお雛様を飾りました

 

『下萌(したもえ)』という言葉が有るそうで

枯れ草の下から 新しい芽吹きをいうそうです

当帰の鉢に イソトマの若葉が伸びています

当帰の枯れ葉を干して お風呂に入れたら 

薬湯の香りがホンノリして良く温まりました

 

昨日の夜 74歳の女性が

心臓の手術をしてカテーテルが入っている

手術は成功して 退院して来たけれど

診察に行って 百貨店へ寄って

夕方帰って 御飯を食べていると気分が悪くなってきた

と ご主人に連れられて来られました

病院の診察結果は良かった様です

血圧138/68 脈拍68 心負担9452で正常です

血管の弾力が262(正常70~190)末梢抵抗は正常

う~ん・血管の弾力からいうと生薬Aだけれど

心臓の手術をされている事も考えて・・

動物生薬のミリ数の少ないのを さ湯で飲んで頂きました

ご主人様に 今までの経過等を お話して頂いていると

『胸の痞えが取れて楽になってきたわ』

と 奥様が仰いました

ご主人が

『そんなに早く効いてきたんか?』と 仰るので

「動物生薬は早く効くけれど高価なので 

病状のヒドイ時や 急ぐ時は動物生薬にして 

普段は植物薬にします

今は病院の治療効果が良かったのか 

血圧・心負担等正常なので 

飲んで頂いたので効果があったけれど

血圧・心負担が高いと此方になっていきます」

と 3種類と 植物薬を出して見て頂きました

『いくらする?』と 聞かれたので 其々の金額をいうと

『今飲んだので楽になった様だから 其れ貰って行くわ シンドなられたら困るし』

と 仰ってお買い上げ頂き 仲良く帰って行かれました

「手術の後は体力も落ちているので 人混みは避けた方がいいですよ・」

 

 

 

コメント

高血圧と痛み

2017-02-22 10:32:06 | 日記

今日は日射しも良くなっていますが

昨日の朝は雪が降って

とても寒かったです

今年は寒い日が

多い様に思いますね・

 

80歳位の女性が

息子さんに連れられて

来られました

お母さんが椅子に座ると

息子さんは帰って行かれました

血圧を測ろうと思うと 

『服を脱ぎ着するのに

腕が痛く 腰・膝・背骨

身体全体痛い』と

辛そうなので

測定は後にして

ツボを押さえました

手の平も終わって

「是でどうかしら」と言うと

上着を脱ごうとされて 痛く無く上着が脱げました

血圧測定をすると178/96 心負担も高く

入って来られた時 “血圧あがってるな”

と 思ったら お嫁さんとケンカしたらしいです

だから息子さんはスグ帰って行かれたのか・・

病院の血圧の薬を飲んでいて 是では高いので

店の動物生薬を飲んで頂き 30分後

再度測定すると156/72 心負担10567

「上はまだ高いけれど 下は正常 心負担正常に

なりましたよ 腹立てたら血圧上がるから」と 言うと

『解ってるけど 腹立つ事ばかりで・』

腰等骨の痛みで来て頂いているのですが

肩が痛いと仰ったのは初めてです

ケンカして気が上逆して 血圧が上がって

肩も痛くなってしまったのか?

「怒ってシンドなったら損ですよ」と言っていたけれど

[怒る・シンドなる]は[不の言葉]是ではダメだわ・と思って

子供の頃の思い出話などをお聞きしました 

暫らくして息子さんが迎えに来られる頃には 顔色も普通に戻って

『痛みも楽になり 足が軽くなった・ゆっくりさしてもらって』

と言って帰って行かれました 息子さんも間に入って タイヘンダワ・

 

 

コメント

手足のシビレ

2017-02-19 15:44:00 | 日記

今日は 朝から気持ちの良いお天気になっています

窓を開けると

金剛山・葛城山が

白く輝いていました

自転車で走ると

風はまだ冷たいです

梅や水仙の花が

開いてきました

 

朝から60代後半の姉妹が来られました

お姉さんが 昨年8月から手足がシビレテ辛くて 

病院でMRI 脊椎 頸椎 血液等の検査をして

何処も異常が無く 精神科でも異常が無いと言われ

ストレスだろうと言われたけれど?という感じでした

眠れない位痛く 歩くのも辛く ペンも持てなかったのが 

今は少しマシになっているけれど スッキリしないそうで

マッサージにも通われているそうです

ビタミン剤2種類 ケイレン・引き付けを鎮める薬

不安やだるさを解消する薬が出ていました

身長147cm 体重38kg痛みだして痩せたそうです

血圧等は正常で 血管の弾力が堅く 血流が少し悪いけれど

血液の相対量はそこそこありました

閉経が42歳で甲状腺機能低下症の薬も飲まれていました

閉経は『肝と腎・脾』が関係し ホルモンの低下は『腎虚』

老化も『腎虚』と考え 是は避けられない事ですが

いかに遅らせるかがアンチエイジングですよね・

朝・夕1包2回と 昼・寝る前1包2回の漢方薬を選びました

痛み・シビレをとる漢方薬は選ばず根本治療を目指しました

『歩くのが楽・軽くなったわ』と言いながら 妹さんに車に乗せてもらって帰って行かれました

 

 

 

コメント