朗読教室ブログ「海のまち朗読館」

湘南の朗読教室「海のまち朗読館」の講師がつづります。

「手袋を買いに」を朗読する時に

2018-11-10 21:06:46 | 朗読作品

今日は、湘南モールカルチャーの朗読クラスがありました。

いまこちらでは、新美南吉「手袋を買いに」を読んでいます。

このお話は朗読ファンにとても人気があり、朗読会で最もよく読まれている作品の一つだと思います。

カルチャーでは「発表朗読」のお稽古をしているので、ある程度広い場所のお客様の前で朗読する前提で読むことになります。

ライブで読む場合と、録音で読む場合は、聴く方の環境も違うので、読み方も変わるわけですね。

今日は冒頭部分を一人づつ読みました。

このお話のナレーション部分は、状況を実況中継で説明している。

中継者は、狐の親子を愛情のあるまなざしで観ている。

そこで、読み手は、心の中の明るい面をベースにして読み続けることになります。

冬の夜、雪がたくさん降っているところに行ったことがありますでしょうか。

その雪は真夜中過ぎにやみ、明け方にはすでに太陽が輝き、子狐がほら穴から出た時は、

眩しいほど雪に反射して輝いていました。

何時ころでしょうか。

冬だから日の出は遅いですね。

太陽がすっかり顔を出すのは7時過ぎにはなるでしょう。

こんな風に、できるだけ具体的に物語の情景を描き、自分の頭のスクリーンに映します。

「母ちゃん!目に何か刺さった!抜いて頂戴!早く早く!!」

「!」は私が付けました(笑)。

きっとすごく痛かったのです。

まだ1歳にもならないので、経験も少なく、「痛い」→「足の裏にとげが刺さった」的な反応なのでしょうね。

だから「目に何か刺さった!」と、とっさに思ったわけです。

足にとげが刺さった時はいつもママが抜いてくれて、痛みが取れるから、この時もとっさにお母さんを呼びました。

―と、こんな風に、一行づつ物語を読み解いていくのですね。

「まっしろなゆきが、どっさりふった」のところは、韻的なリフレインを生かすと生き生きと表現できます。

「すっと」映る虹、「どたどた、ざーっ」と上から落ちてくるパウダースノー、落ち切る前に舞うさらさらした雪が「ふわーっ」と降ってくる。

擬音は思い切りよく、おなかに力を入れて表現するとリアリティを増しますね。

こんな解釈だけが正しいわけではないですが、このお話を読むときにはご参考にされてください。

朗読の楽しさは、一人ですべてを演出できることではないでしょうか。

丁寧に読みこむほどに、物語のなかにはいって、一緒に遊ぶことができるように思います(^O^)

 

 


朗読検定4級受検講座のお知らせ

2018-10-31 22:58:53 | 朗読検定

11月に4級講座を開くことになりました。

今回は、1回2時間の講座を2回行い、筆記の回答を作り、録音まで仕上げます。

通常は1時間半×3回の講座が今回2時間×2回となりますので、

お忙しい方、遠方の方、今月中に仕上げたい方にお勧めです。

 

【4級受検講座】藤沢教室

■日時 11/6(火)13時~15時・11/21(水)15時~17時

■場所 朗読検定協会認定教室「海のまち朗読館」にて

■定員3名 *現在空席がございます。

■費用 講座代金18000円 テキスト代802円 受験料4320円

*初めて「海のまち朗読館」をご受講される方は別途入会金5000円です。

お申し込みはこちらまでお願いします。↓

info@uioai.com


順散歩・鵠沼海岸1

2018-10-30 20:22:18 | 鵠沼海岸

順散歩・鵠沼海岸!

街歩きの人気テレビ番組にあやかって、講師の名前を使い「順散歩」と名付けてみました。

「海のまち朗読館」のある小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅は、とても小さい駅です。

海まで歩いて7,8分、地下道くぐると10分かかるかな?

この町の特徴は、1年中ふつうに水着姿の人がはだしで歩いていることでしょうか。

お庭にシャワーが付いているお家も多いです、波乗りするんだな~、とすぐわかります。

写真は、「CHANOMA」という薬膳カフェ。

こちらでは「キーマカレー」に、薬膳スープを付けてテイクアウトしてくれます。

茅ヶ崎に住む実家の母が、大好きな味なので、よく買って持っていきます。

一週間に1回は食べますね(^O^)

踏切からすぐのところにある、シックな雰囲気が魅力のお店です。

 


4人クラス・いま読んでいる作品

2018-10-28 21:30:58 | 朗読作品

「海のまち朗読館」の朗読4人クラスでは、4月の朗読リサイタルに向けて、この秋から作品のお稽古を行っています。

今年は初の試みとして、長い作品をいくつかのクラスで読んでいただく演出も考えて作品を選びました。

ちょっとご紹介させていただきますね。

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治 パンジー組・桃組・アネモネ組・カメリア組
「よだかの星」宮沢賢治  ダリア組
「器量のぞみ」宮部みゆき 桔梗組・アイリス組
「入れ札」菊池寛  ストック組・プリムラ組
「雪女」小泉八雲  クロッカス組
「仙人」芥川龍之介 マーガレット組

どのクラスも一通り読み終えて、これから読み込みに入ります。
どの作品も、「一人で読みきる」ことを目標に仕上げていきますので、それぞれが「自分のレパートリー」に加えていただけるよう、しっかりお稽古させていただきます。
これが年内いっぱい続く感じですね。
年が明けてからは、全体の中での役割を果たす読みに移っていきます。

今度のリサイタルでも、ピアニストでシンセサイザー奏者の早希さんが各作品をサポートしてくださることになりました。
効果音や音楽など、時間をかけてオリジナルの作品に仕上げていく作業をお願いします。

今年のリサイタルでシンセサイザーを弾く早希さん。

早希(from Cloth)
埼玉県出身。3歳からピアノを始め、主にクラシックを弾く。
高校生の時、当時習っていたピアノの先生から
コードやアドリブを教わり、ポピュラー音楽に目覚める。
昭和音楽大学短期大学部ポピュラー音楽コースを卒業。
在学時にヴォーカル&ピアノのユニット「Cloth(クロス)」を結成。
ライブ活動の他、ネットライブの生配信やYouTubeで動画の公開をしている。


秋のコンテナガーデン

2018-10-25 20:13:33 | flowers


「海のまち朗読館」のある湘南では、よく晴れた、カラッとした空気の気持ちよい日が続いています。
9月の終わりの台風で、木々の葉が潮で焼けて落ちてしまったために、
もみじや萩が裸になって、いつもなら秋を満喫する植物たちもさびしそう。
庭の花々も全滅してしまったので、がっかりして、もうお花を育てるのは無理かも、としばらく静かにしていたのですが、
気候も良くなり、蚊もいなくなり(^O^)、土いじりがしたくなって、ここ毎日お花を植えています。
今植えて、4月いっぱい綺麗に咲いてくれるお花たちを、寄せ植えにしてみました。

パンジー、ビオラ、ガーデンシクラメン、アリッサム、ストック、プリムラは、真冬で雪が降っても元気に咲き続けてくれますから、
皆様にもお勧めです。
ヘデラ、シュガーバイン、ワイヤープランツ、シロタエギク、コクリュウ、チェッカーベリー、ハクリュウ、ベアグラス、初雪蔓などのリーフを、鉢のふちに、外側に倒すように合わせると、チャーミングですね。

子育てがすっかり終わってしまったので、数年前からお花と猫を育てることに愛情を注いでいる感じです(^^ゞ
どうも、過剰に、夢中になっていると思う時もあります(^_^;)

「海のまち朗読館」にいらして下さる生徒様の中には、お花に詳しい方もいらっしゃって、色々と教えていただくのも楽しみです。
クリスマスまでの間に、もう少しお花を増やしてみたいですね。


朗読を通して私たちが想うこと

2018-10-14 21:11:21 | 海のまち朗読館

10月に入り暑い日が続いていましたが、ここ数日でめっきり秋が深まってまいりましたね。

朗読にも良い季節になりました。

「海のまち朗読館」では、朗読の前にボイストレーニングを行うのですが、腹式呼吸でゆっくり息をするので、とても暑くなるのです。

汗をかくので新陳代謝に良いのですが、夏は大変ですから、これからの季節はだいぶ楽になります(*^_^*)

思い切り呼吸して、力強い呼気で地声を出すのは気持ちよいものです。

身体を整えて声を出すことは、心身の健康にも役に立ちます。

深い呼吸から生まれる声は、自分の心を気持ちの良い解放感で満たしてくれます。

心の奥にしまっていた色々な感情が、洗われて、ホッとする瞬間は、気持が軽くなるのでわかります。

息を、強く長く吐き、ゆっくり吸い、喉を開けてはっきりと、胸に響く地声を出すことで、それが可能になる時があるものです。

過去や未来に安心感を抱き、自分自身に対する信頼感が、朗読によってもたらされたなら素晴らしいですね。


海のまち・冬休み朗読会2018

2018-10-11 20:34:03 | ライブ

クリスマスを前にした土曜日、藤沢で朗読会を開きます!

どなたでもご出演になれます。

この機会に、自分の好きな作品を声に出してじっくり読んでみませんか?

自分の朗読を披露したり、他の方の朗読を聴いたり、朗読仲間のできる楽しい朗読会です。

「海のまち朗読館」に通っていらっしゃらない方にも気軽にご参加いただけます。

皆様にお目にかかれますのを楽しみにしております。

****

12月15日土曜日 13時~15時  藤沢ミナパークにて。(下方に地図があります)

お好きな9分以内の作品を朗読されてください。

参加費は3000円です。

ご希望の方は、info@uioai.com までご連絡くださいませ。

 


発表朗読ワークショップのお知らせ

2018-10-10 21:05:30 | 発表朗読ワークショップ

お待たせしました!今年最後の「発表朗読ワークショップ」をクリスマス前に開きます。

今回は時間をたっぷり使い、全員がすべての役を体験して物語を遊ぶ、充実のワークショップです。

朗読は初めての方も、このワークショップに過去参加していただいたことのある方も、縦横斜めの距離感と方向性を身につけて、衝撃のストーリーを一緒に体験しましょう!

*誠に申し訳ございませんが、現在、この講座はお申し込みの受け付けを中止させていただきました。

 次回は2月を予定しています。楽しみにお待ちくださいませ<(_ _)>

日時:2018年12月15日(土) 

場所:藤沢ミナパーク

人数:10人まで(小学生からご参加になれます)

参加費:10000円(テキスト代込み・過去に参加して既にテキストをお持ちの方は9000円です)

お問い合わせ:info@uioai.com

朗読劇じゃないし群読でもない、シンプルだけど引力があり、読むだけなのに華がある。

それが「発表朗読」(^O^)です!

どなたでもご参加になれます。今回は「注文の多い料理店」で遊びます。

呼吸、発声、発音、滑舌から初めて、約20分の朗読ステージを完成させます。

中高の演劇部や放送部の顧問の先生には、このワークショップをそのまま学校で

行っていただくと、大変面白い経験になると思いますのでお勧めです(*^^)v。

朗読教室の先生方もよろしかったらぜひどうぞ。

もちろん大学生サークルの出しものとしても使えます。

安心してください、「発表する場がない方」も大歓迎です!


朗読劇「注文の多い料理店」

2018-09-30 20:31:17 | カルチャーセンター

今日は、湘南モールカルチャーセンターの発表会でした。

「海のまち朗読館」のカルチャークラスでは、毎月第2土曜日に2時間のおけいこをしています。

今年の1月から練習している「注文の多い料理店」を、今日は8人で上演しました。

冒頭、2人の紳士が山の中で「RESTAURANT WILD CAT HOUSE」を見つけ、意気揚々と中に入るシーン↓

クリームを顔や手足に塗るように、と書かれた張り紙にいぶかしがる紳士たち↓

山猫たちが犬の襲来に驚き、何もかもが消えてしまったあとで↓

マイクを使った朗読は初めてで、戸惑いつつも、いつも以上に「物語に入り込んだ」朗読になりました。

「みんなで一つの物語を作り上げるのがこんなに楽しいなんて!」「また朗読劇をやりたい!」「朗読がこんなに面白いものだったなんて!」

たくさんのお客様が観てくださる中、おけいこの成果を発揮することができました。


湘南モールカルチャーセンター発表会

2018-09-17 21:53:54 | カルチャーセンター

「海のまち朗読館」湘南モールカルチャー教室では、9/30(日)の発表会に、初めて出演することになりました!

月に1回のクラスなので、なかなか発表会に出ることが難しいのですが、今年は発表会前日にクラスがあるため、仕上げのおけいこができることから、出演を決めました。

演目は宮沢賢治「注文の多い料理店」です。

メンバーは8人。

皆様張り切って練習を重ねてくださっています。

ぜひ、観覧においで下さい!

9/30(日)だいたい15:25~15:45

湘南モールカルチャー2階 コミュニティーホール