集成・兵隊芸白兵

 平成21年開設の「兵隊芸白兵」というブログのリニューアル。
 旧ブログ同様、昔の話、兵隊の道の話を続行します!

サバキ、ふしぎ発見!(軸と移動とサバキとワタシ?その2)

2018-06-04 10:01:15 | 芦原会館修行記
 とっても長く、分かりにくい文章となった第1回ですが ゴメンナサイm(__)m 
 とかなんとか謝罪しながら、第2回も激長の文章となってしまい…大変申し訳なく思っておりますが、それでも「読んでやろう」という奇特で優しい方は、お付き合いよろしくお願いいたします。

 前回の「その1」記載内容をものすごく短くまとめますと、以下の2点になります。

【要点①】
 スポーツ等のパフォーマンスにおいて必要な「横回転運動」とは、
・1回転、あるいはそれに近い回転数の中で「タメ→加速→出力」を行うものであること
・必ず移動を伴うものであること
の2条件を満たすものである。
【要点②】
 しかし、昭和の末期ごろまでは、その「横回転運動」の機序を、おおむね
①移動する→②目的とする移動場所に停止し、ガッツリ居つく→③居ついた場所で回転運動を行ってパワーを出力する
といった、一軸回転をもってしか説明ができていなかった

 今回は、芦原会館が【要点②】の旧弊を廃し、【要点①】で掲げた「理想の横回転運動に拠る打撃」を如何にソフト化したか、という点についてお話しします。

 まず何といっても大書特筆したい「芦原カラテの軸を制する試み」は、昨今、伝統派・フルコンを問わず、凡そカラテと名の付くところでは「最新鋭の技術!」として頻繁に取り上げられている、「外に軸を作る」と形容されるパフォーマンスを、どこよりも早くソフト化したことです。

 「外に軸を作って殴る、蹴る」という動作ですが、打撃系格闘技をしておられない方の中には「?」と首を傾げる方も多いと思います。
 これを定義づけることはなかなか難しいのですが…浅学非才を承知で、あくまでもワタクシ個人による「外に軸を作って殴る」の定義づけは、以下の通りとなります。
【定義1】「軸」の位置は、自分の現在所在位置ではなく、相手を殴るのに適した距離・間合いであること。
【定義2】【定義1】に挙げた「距離・間合いを取る」ことの根拠が、相手の動きにより、無目的に何気なく呼応する性質のよるものではなく、あくまでも自己の予測・判断に基づくものであること。
【定義3】身体の移動で得たパワー(前進慣性など)をロスすることなく、正確に「殴る力」に転換できる動きであること。

 芦原カラテをやっておられる、あるいはやっておられた方は「基本の4ステップ」を当然ご存知のことと思いますが…実は、この「基本の4ステップ」と、これとタイアップしたパンチこそ、「外に軸を作って殴る」の3定義を見事に満たし、かつ、それを万人に理解できる言語と手法で広めた、おそらく格闘技界では初の試みであったのではないか、と思います。

 芦原カラテにおける「軸と横回転」を考える際、ワタクシが特に重要と位置付けたいのは①②のステップです。
(ご存じない方のためにお話ししますと、相手の右ストレート系の攻撃に対し、自分から見て左側にインステップする動きが①、相手の左ストレート系の攻撃に対し、自分から見て右側にインステップする動きが②と呼ばれるステップになります(詳しくは「実戦!芦原カラテ」の書籍などを参考にしてください))。

 ①のステップを使ったパンチのサバキ、だいたい入門すれば白帯の初期段階に習うものですが、文字に起こすとこんな感じです。
①受けが右ストレート打つ→②取りが外受けから①のステップで相手のアウトサイドに入る→③アゴ等に右ストレートを返す
 「初心の型①」の2の挙動としても知られる、一見何でもなさそうな動きですが、実は「外に軸を作る」ということと、それに関連する驚きの秘密が隠されているのです。

 上記のステップ→パンチと、その動きに対する定義の合致性について考えます。
 ①のステップは相手の動きに応じ、的確な位置に占位、反撃の一打を繰り出すというものです。
 今では「何だそんなもん、当たり前じゃないか」と思うかも知れませんが、実はサバキが創設される以前の空手の技術書を見ると、「その場で留まって受ける」「その場で留まって殴る」というものばっかりでした。これは本稿の記載に当たり、4冊ほどの当時の技術書を確認しましたので、間違いありません。
 これはおそらく、殴るときの回転と軸を、一軸の理屈でしか理解してなかったことによる悲喜劇であるとは思いますが…それにしてもヒドイ(-_-;)。

 この「ステップ→パンチ」を一体化することで生まれるメリットを書き出すと、「外に軸を作った攻撃」の定義との合致性がバッチリと見られます。以下に、その合致性と理由を列挙します。
・相手を的確に叩ける位置にステップすることで、自分が打撃を出力する際における「軸」の意識を、自分の今いる地点ではなく、相手を的確に叩ける位置に飛ばすことができる(【定義1】)。
・その場に居座って迎撃するのではなく、自分から動いてタイミングを取るため、カウンターを取りやすくなる(【定義2】)。
 サバキが「相手の動き&自己の予測に基づくカウンター」であることは先代も著書で認めているところです。
 以下、「空手に燃え空手に生きる」(芦原英幸・講談社)からの引用。
「攻めの基本はカウンター。芦原カラテの攻めはすべて動きながらのカウンターをとる。」
「自分も動きながら、動く相手をカウンターで決めるには、タイミングが重要になる。」
「たとえばクレー射撃でも、的を撃つとき、動く的めがけて撃っても当たらない。なん分の一秒か先に的がくるだろう軌道上の仮定の一点を狙って撃つ。そうして初めて命中させることができる。」
・①のステップ、ポジショニングをすることにより、自分から見て相手を「真正面」あるいは「真横」でなく(←「真正面」「真横」からの突き蹴り、特に突きは、威力がだいぶ落ちます)、一番パンチの指向性が高まる、身体の略中央で捉えることができるようになるため、前進慣性の乗った、最も威力あるパンチを打つことができる(【定義3】)。
 
 …なかなか文章ではうまく表現できませんが、このように、芦原カラテのステップ&ポジショニングによる攻撃は、相手の攻撃の先を読み、「外に軸を作った攻撃」によるカウンター攻撃を取ることができるという機序を有しています。
 今一度言いますが、何も考えず、相手の出方に応じて何気なく移動して叩く、ということを「外に軸を作る」とはいいません。
 相手の攻撃を十分予測し、主体性を以てステップ(移動)し、そのステップした先でしっかりとした軸を作り、パワーロスの無い攻撃をすることこそが「外に軸を作る」です。
 そのことを、「ステップ&ポジショニング」という分かりやすいソフト、あるいは「まずはインファイトせよ!」という単純明快な言葉で、そのソフトを「解説」するあたり、先代のすごさを感じずにはいられません。

 …実はこの「軸とサバキ」、まだまだ続きます。あと2つほどまだ語りたい「発見」があるんです…楽しみにしている人はあんまりいないと思いますが、個人のやっているブログゆえ、読みたい方はよろしくお願いいたしますm(__)m

コメント (4)

サバキ、ふしぎ発見!(軸と移動とサバキとワタシ?その1)

2018-06-01 20:18:39 | 芦原会館修行記
 今回の「サバキ、ふしぎ発見!」は、予告通り「軸」について考察したいと思います。内容をもっと具体にお話ししますと「スポーツパフォーマンスとしての回転運動と、その中心軸に関するウンチクを中心に語るサバキ」みたいなお話しなのですが…原稿を書き始めますと、その専門性・複雑性に5回くらいくじけそうになりました(-_-;)。
 記載内容にはいちおう、事実の誤認などがないよう細心の注意を払っておりますが「読みにくい」「クドい」「わけがわからん」という点については、広い心でご理解いただきますよう、伏してお願い申し上げます。

 凡そ、球技・格闘技など各種運動競技(以下、スポーツ等と呼称します)におけるパフォーマンスの形態を煎じ詰めれば、「移動」と「横回転運動」に集約されると言っても過言ではないでしょう。
 球技であれば手足を振る、あるいは道具を持った腕を振るといった各種のスイング、投球動作。格闘技なら突き蹴り。これらの動作は全て横回転運動が基となっている、ということは、今更説明の必要もないですね。もっと厳密に言えば短距離のダッシュなどの「移動」すらも、ある種の「横回転運動」と言えなくもないでしょう(;^ω^)。
 ただ、ひとくちに「回転運動」と申しましても、単に軸を中心にクルクル回る、機械の回転軸のような「回転」と、スポーツパフォーマンスで見られる「回転」はかなり異なります。
 スポーツパフォーマンスに必要な「回転」にあって、機械などの「回転」にない特色を挙げますと、以下の2点になりましょうか。

 ひとつは「少ない横回転運動に伴って生まれるパワーを、どこか一点に指向・収斂させなければいけない」ということ。
 機械のシャフト等に必要な回転運動に必要なことは、「等速の回転を同じ場所でいつまでも円滑に続けること」ですが、スポーツ等に必要な回転運動は、1回転あるいはそれに近い少ない回転中で「タメ→加速→出力」を円滑に行うもの。同じ「回転」という言語こそ使いますが、全く異質なものです。
 「タメ」を作り出す方法は数々ありますが、同じ場所で何回転もクルクル回って回転のパワー溜めるということは、スポーツ等の競技の特性上、全く得策ではありません。おそらく「何度も回転し、回転パワーでタメをつくる」スポーツパフォーマンスと言ったら…せいぜい円盤投げとハンマー投げくらいのものでしょう。野球なんかその場で3回回ったら、三振になっちゃいますよね(;'∀')。
 
 いまひとつは、「移動を伴って行わなければならない」ということ。
 ある時は相手の動きに、ある時はボールの動きに追従して的確に自分の身体を移動させ、的確な場所で回転運動をしなければ、回転運動自体にいくらパワーがありあまっていても、全く無意味です。
 その場に留まって単に横回転運動をしているように見える野球のバッティングですら、よくよく見てみるとタマに追従するため、あるいは打球の指向方向を定めるため、打者は上下や左右に微細な「移動」をしています。ましてやその他のスポーツの回転運動においてをや…

 再度の記載になりますが、スポーツ等のパフォーマンスにおいて必要な横回転運動とは、①1回転、あるいはそれに近い回転数の中で「タメ→加速→出力」を行うものであること②必ず移動を伴うものであること、ということをまずはご記憶頂きたいと思います。

 上記の条件を二つながら両立させるための回転運動を確立しようと仮定した場合、まず、「軸の移動」のファクターを満たさない回転運動、すなわち、ひとつの軸をガッチリ固定し、その1軸のみを以て回転のパワーを出力するという回転運動は、最初から考えの埒外に置かれるようになる…。
 ここまで読んできた諸賢は、すぐその点にお気づきになると思います。
 しかし面白いことに、スポーツ等の世界では、「動く軸と出力の収斂を二つながら両立する回転」という命題を、なぜか永年に亘り、上記「埒外の発想」、つまり「一つのガッチリ固定した軸の回転」の理屈のみを以て解説することが常態化していました。
 簡単に言えば、こういう機序です。
①移動する→②目的とする移動場所に停止し、ガッツリ居つく→③居ついた場所で回転運動を行ってパワーを出力する

 …確かに、「横回転運動」のイメージだけはしやすい。
 しかし、この①~③の機序を正確に履行しますと、①→②の間には「回転軸を安定させるため、移動の応力を全て止めないといけない」、②→③の間には「全くの静止状態、ゼロポジションから、改めて回転の応力を生み出さなければならない」という状況が否応なく現出します。当然、パフォーマンス全体にかかる時間は無駄に長くなりますし、パワーだって中途半端なものにしかなりえないでしょう。
 昔は、スポーツパフォーマンスに必要な回転と、ただの回転を混同したバカ指導者による誤った指導により、その選手生命を損壊したガキンチョや、スポーツに嫌気がさしてスポイルするようになったガキンチョが、実に多数存在しておりました。
 中には天才的な人物もおり、指導者からは「一軸の回転」を教えられても、それを全く無視して独自の回転運動を確立して成功した人もいますが、それは全て「個人の技能」のレベルで終わってしまい、集団知とか、組織だったソフトウェアにはなりえていませんでした。

 平成もそろそろフタケタになろうか、というころになってようやく「スポーツ等における回転運動は、必ず移動を伴うもの」「少ない回転動作で、より大きなパワーを生み出すようにするもの」ということに、少数の目敏い指導者が気づくようになりました。
 で、実はその「目ざとい指導者」の中に先代館長と、その研究の精華であるサバキも当然含まれているという…(;^ω^)。
 ちょっとイントロダクションが長くなりすぎましたので、その「精華」の部分は、次回に回したいと思います。
コメント (3)

「サバキ・ふしぎ発見!」の予告のようなもの(;^ω^)

2018-05-15 19:05:23 | 芦原会館修行記
 現在、「サバキ・ふしぎ発見!」の下書きをしている最中ですが…今回のお題は「外側に軸をつくる」「体の軸を二軸にする」という、昨今、格闘技をはじめ、スポーツ界では広く認知されつつある、あの現象です(;^ω^)。

 「二軸」「外に軸を作る」を認知したのは1年ばかり前。ボクシングの技術書と、某空手の大先生のDVDが発端でした。
 その理論をふまえつつ、自己のグラップリングや他流派打撃経験などの経験を組み合わせてサバキを何度も見直したところ…ワタクシが芦原の現役時代に、なぜ「投げ」、特に巻き込み投げがヘタクソであったのか、サバキのときに投げを打とうとした相手と、単なるつかみ合いになって袖がビリビリとなったのか(-_-;)、「あの瞬間」にだけ、巻き込み投げがキレイに極まったのか…という原因が、突如電撃のように氷解しました。
 そのキーワードこそが「外に軸を作る」「二軸」と呼ばれる、昨今ようやく言語化されたムーブメントだったのです。

 ただでさえ低能なアタマをひねり、この「サバキと二軸」を、なんとかわかりやすい文章にすべく苦悩しておりますが…もともとがバカ頭なので、かなり苦慮しております。

 全く期待せず、今しばらくお待ちいただければ幸甚に存じますm(__)m
コメント (3)

サバキ、ふしぎ発見!(サバキと立ち関節技の複雑な関係?その2)

2018-04-03 08:55:46 | 芦原会館修行記
 前回の続きです。
 「立ち関節技による相手の制圧」における最大の落とし穴…実はそのアンサーは、その1の冒頭に掲げた「どうあがいても、人間の生理に反することなのでムリ」という話につながってくるわけです(;^ω^)。

 人間の関節は原則、蝶番のような動きだけではなく、いくばくかの回転運動もできるようになっています。
 立ち関節技を主軸とする格闘技では、当然と言えば当然ですが、技をかける関節は手首・肘の両関節となります。

 ここでは肘関節を例に挙げますが、肘は蝶番のような動きを伴う伸展・屈曲以外にも、前腕部が回転することに伴う回内・回外の動作も司っています。
(この回内・回外運動は「肘関節の動きの一部」として取り上げるものと、「橈尺関節の運動」として別途取り上げるものもあります(;^ω^)が、本稿では肘関節運動の一部としてお話を続けます。)
 ですから、肘関節を「蝶番を逆さにへし曲げるように」施術したとしても、ちょっと前腕を回内あるいは回外させることで、容易にその応力を分散させ、施術を不可能とすることができますし、また、肘の上方には人体でも数少ないボールジョイント(球状関節)である肩が存在します。いくら肘に圧をかけても、肩がその衝撃を吸収してしまう方向に施術すると、施術の労はすべてムダになる…そういうことが容易に発生するのです。
(肘関節技は原則、施術点が肩関節より頭方であった場合、ほぼ無効となります。)
 肘関節のみならず、手首も全く同じ…というか、手首の方が的が小さく、また、可動域もひろいぶん、手首関節を極めようとすれば、肘以上の困難を極めることは間違いありません。
 ことほど左様に、3Dの動きをする関節を、3D状態のまま捉え、極めるというのは困難なのです。
 

 プロレスの神の異名を取り、セメントでもメチャクチャ強かったとされるカール・ゴッチの格言にこんなのがありました。「牛も倒さねば料理できぬ」。
 これは関節技というものの真理をピタリと言い当てた名言です。
 関節技を極めようと思えば、立位で関節が3D状態で可動する状態で極めきられるものではない。正確に極めたければグランドに持ち込み、相手の関節可動域を可能な限り2Dに近づける。これによって関節の可動域が立位より制限され、技が極まり易くなる。そういうことです。

 ここまで話せば諸賢にはもうおわかりでしょう。
 極めるまでに困難を極め、しかも所要時間が半端ではなくかかる立ち関節技を使用して相手を完全に制することは、「スピード第一」「確率論第一、効率論第二」を旨とする「実戦必勝原則」から、明らかにかけはなれているのです。
 例えていえば、立ち関節で実戦を勝ち抜こうというのは、その1の冒頭お話しした「水を飲まない兵隊」「寝ない兵隊」と同レベルの「人体の生理に反する行為」であり、事実上不可能なのです。
 だからこそ、「立ち関節技による制圧を目指した格闘技」は、いつも出ては消え、出ては消えするばかりで、ひとつの大きな技術体系として確立しえなかったのです。

 先代はそうしたことをいち早く察知し「立ち関節は、掛けるに難しく逃げるに容易。そんなものをわざわざ使用して制圧を試みるのは時間のムダであり、相手の反撃を容易にするだけ!どうしても極めたければ、とりあえず倒してから!」と、熟慮の末、そう結論付けたのではないでしょうか。
(「実戦!芦原カラテ3」の本には護身として関節系の技が掲載されているので、先代が関節を研究していたことは明らかです。しかし、これらはあくまでも「打撃を食らわせる前段階の崩し」としての関節技であり、「極めきって制圧する」性質の技として紹介されているわけではありません。)

 …なんだかサバキの話というより、立ち関節技の効果に関する小論文みたいになっちゃって申し訳ないのですが、関節技の何たるかもわからないまま、単なる見た目だけで「芦原のサバキは合気道の影響」だの、「サバキは少林寺の影響」だのおっしゃられる方は是非一度、関節技というものの本質と意義を再点検してから発言して頂きたいものだ、と、本稿を記しながら感じた次第でございます。
コメント (4)

サバキ、ふしぎ発見!(サバキと立ち関節技の複雑な関係?その1)

2018-04-02 12:20:34 | 芦原会館修行記
 人間は、100年くらい前までは不可能と言われたことを次々に克服し、驚くべき進化を遂げてきました。本当にすごいものです。
 しかしその反面、もともとが人間の生理に反することであるため、いくら研究しても希求しても、ダメ・ムリ・不可能ということも厳然として存在します。極端な例を挙げれば、アメリカやナチスが進めた「水を飲まない兵隊の研究」や「眠らない兵隊の研究」なんかがそうですね。

 話は少し飛んで、サバキの話に移ります。
 ちょい前の「サバキ、ふしぎ発見!」でもお話ししましたが、「芦原会館は投げを多用するから、合気道の影響を受けている」とか、「関節技のような技を利用するから、少林寺拳法から影響を受けている」などと訳知り顔に話している人が、いまだにかなりの数存在します。
 確かに、サバキに「投げ技」は多数存在します。これは実に多彩かつ実戦的であり、真に一驚に値します。
 ただ、「芦原は合気道や少林寺から技術的影響を受けた」というのであれば、立位の状態で関節の曲がる方向の逆側に応力を加え、痛みを与えて相手を制するいわゆる「立ち関節技」も、投げ同様に存在しなければならないはずです。
 また、立ち関節技が真に実戦に有効なものであれば、当然サバキに立ち関節技、あるいはそのエッセンスが含まれていてしかるべきなのですが、しかし、少なくとも私の知る範囲で、「立ち関節技を使用したサバキ」は見たことがありません。 
 なぜ先代は、一般的には「制圧には非常に有効」と称される立ち関節技をサバキに採用したなかったのか?今回の「ふしぎ発見!」はそこにスポットを当てて行きたく存じます。

 立ち関節の最大にして最高の利点は「うまく技が極まれば、小さな人間、非力な人間であっても、大きな相手や武器を持つ相手を制することができる」ということ。
 確かに、立ち関節技の模範演武では、わずかな動きで大きな人間があっという間に投げ飛ばされ、あるいは関節を極められた痛みに悶絶し…といった絵面が展開され、「おお!」と感嘆する方も多いと思います。
 実はこれまで日本のみならず、先ほど掲げた「立ち関節最大最高の利点」を体得すべく、様々な人が世界中で様々な流派を起こし、研究してきました。
 海外での「究極の立ち関節を目指した動き」で、いちばん有名なものとといえば、スモール・タニこと谷幸雄(1880-1950)がロンドンで着火し、20世紀ごく初頭のヨーロッパで一大ムーブメントを巻き起こした柔術ブーム。名探偵シャーロック・ホームズが「バリツ」という東洋の柔術使いだった、という設定は、このムーブメントに乗っかったものだった、というのは有名な話ですね。
 コナン・ドイルのみならず、東洋の小男が極める関節技で大の男がひっくり返る!倒れる!というのは、西洋人にも一種の驚きをもって受け止められ、大きなブームを呼んでおります。
 また、ロシアの国技・サンボの創始者はワシリー・オシェプコフですが、もうひとり、サンボの創始に尽力があったとされるビクトル・スピリドノフなる人物は、このヨーロッパ柔術ブームに乗っかって世の中に登場しております(労作「ロシアとサンボ」(和良コウイチ著・晋遊舎)では、ビクトル・スピリドノフのサンボ創始への関与は否定され…って、すみません、話が脱線しました(;^ω^))。

 このように立ち関節技は、上記例示の「ヨーロッパ立ち関節ブーム」のみならず、一定の周期で「万能説」が唱えられ、それに踊る人を生んでおります…が、なぜか「立ち関節万能説」に立拠したムーブメントはいずれも、ほんとうに一過性のムーブメントで終息してしまっています。
 約束事に終わらず、皆が納得する「立ち関節技による制圧技術」というものが確立されたという話を、私は寡聞にして知りません。
 
 …このまま「立ち関節最大の欠点・落とし穴」についてお話ししたいところではあるのですが…一気に話すとメッチャクチャ長くなりますので、今回はいちどここでお話を切り、次回「立関節最大の落とし穴と、サバキに立ち関節がない理由」をお話ししたいと思いますm(__)m

コメント (3)