集成・兵隊芸白兵

 平成21年開設の「兵隊芸白兵」というブログのリニューアル。
 旧ブログ同様、昔の話、兵隊の道の話を続行します!

霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守伝(第33回・黄金時代の早大と、飛び込んだオッチャン)

2018-01-21 20:36:24 | 周防野球列伝
 昭和2年4月、オッチャンは早稲田大学予科学生として入学。晴れて天下の「ワセダ」の一員となりました。
 当時の大学には、学部に進学する前段階としての予備教育を行う機関として、2年制または3年制の「予科」というものが存在しました。
 オッチャンが入学した昭和2年当時は、官立高等学校、公立大学、私立大学のほとんどが3年制を採用しており、早大については大学令(大正7年12月6日勅令第388号)によって大学に昇格したことを受け、大正9(1920)年、他大学の予科に相当するものとして、早稲田大学早稲田高等学院(現在も同校名にて存在)を設置しました。おそらくオッチャンはこちらの学生として、予科時代を過ごしたものと思われます。
 これとは別に、当時の各大学には「専門学校令(明治36年勅令第61号)」に拠って設置された3年制の「専門部」というのがあり、野球部の部員の多くは試験の難しい予科ではなく、専門部に籍を置いている者がたくさん存在したようです。
 戦前の選手の入学・卒業年次を調べておりますと、6年在学する者もいれば、3年で出ていく者もおり、かなり混乱を生じますが、その原因は、こうした戦前独特の学制によるものなのです。

 当時、東京―下関駅間に就役していた急行列車は、同区間をまる1日かけて結んでいました。オッチャン宅の最寄り駅が岩国駅(現・岩徳線西岩国駅。現在のJR山陽本線岩国駅「麻里布駅」と呼称)と考えた場合、東京に到着するまでにはおそらく20時間以上を要したと思います。
 長い時間揺られに揺られ、オッチャンはやっとこさ、東京にやってきました。

 オッチャンはあずかり知らぬことですが、このころの早大野球部は絶頂期にありました。
 大正14年9月、早大は5年ごとに交換招聘対戦を繰り返していた宿敵・シカゴ大学を日本に招いての対戦に2勝1敗2分けと勝ち越し、明治43年から続く因縁の対決を初めて制しました。
 また同年は東京帝大が正式参画し、天下晴れて「東京六大学野球連盟」が発足した年(春は東京帝大試験参加。秋より正式参加)でもありましたが、早大は東京帝大が正式参加した秋のリーグを制し、翌15年秋も優勝。
 これとは別に、19年ぶりに復活した早慶戦(復活初年度の14年度早慶戦はリーグ戦に組み込まれず、別途開催)も、大正14年は2戦全勝、15年春も2戦全勝、同年秋は2勝1敗でいずれもこれを制しております。

 選手は投手に竹内愛一(京都一商)や藤本定義(松山商)、捕手に伊丹安廣(佐賀中)、内野手に水原義雄(高松中)、井口新次郎(和歌山中)、根本行都(龍ヶ崎中)、山崎武彦(鳥取一中)、外野手に氷室(改姓・芥田)武夫(姫路中)、瀬木嘉一郎(横浜商)、河合君次(岐阜中)などの強力メンバーをそろえていました。
 特に打撃陣はすさまじく、大正14年春は水原、同年秋は氷室、15年春は伊丹と、3期連続で早大が最高打者(=首位打者)を獲得するほどの破壊力。

 それよりなにより、何といっても当時の早大の強さの支柱となっていたのは、大正9年から6年間、監督を任されていた飛田忠順(新聞記者転向後の筆名・穂洲)が完成させた「武士道野球」です。
 当時、定職にもつかず、野球の監督だけをしているというのは、世間から見れば「遊び人」のそしりを免れないものでした。
 また飛田は、第1回のシカゴ大学遠征時早大の主将でしたが、シカゴ大学に惨敗を喫した挙句、続いて行われた関西遠征では三高に敗れ、中学チーム相手に苦戦するなどの失態を重ねたため、引責辞任させられたという経緯がありました。そのため監督就任に際しては、重鎮OB橋戸信がこれを渋るなどしたそうです。
 しかし飛田は、のちに新聞記者としても活躍するクレバーな頭脳から、データを詳細に分析した理論的な野球を考察するいっぽうで日本野球の元祖・一高の「死の練習」を忘れてはならないと訴え、他に数倍する猛練習をもって肉体・精神の修養を行うとする武士道精神を野球に導入。前途有為の選手を鍛えに鍛え上げたのでした。
 その練習振りは周囲から「虐待」と非難されるほどであり、ノックが終わるとどの選手も立ち上がれなかったほどであったそうですが、確実な理論に裏打ちされた猛練習は、周囲の偏見や白眼視を見事に吹き飛ばし、見事大輪の花を咲かせたわけです。
 
 「つや消しの坂東武者」と形容されたバンカラな校風と「武士道野球」。これが見事にマッチした当時の早大野球部はまさに意気天を衝くばかりであり、第一次黄金時代と言って差し支えない時期を迎えていました。

 当時17歳のオッチャンは、そんな凄まじいところに単身飛び込んでいったのです。

【第33回・参考文献】
・「早稲田大学野球部五十年史」飛田穂洲編 早稲田大学野球部発行
・「東京六大学野球連盟結成90周年シリーズ⑥ 早稲田大学野球部」
ベースボールマガジン社
・「日本の野球発達史」広瀬謙三 河北新報社
・「ニッポン野球の青春」菅野真二 大修館書店
・フリー百科事典ウィキペディア「大学予科」「早稲田大学早稲田高等学院」「大学令」「専門学校令」「山陽本線優等列車沿革」の項目
コメント

霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守伝の加筆訂正について(その2)

2018-01-20 22:16:43 | 周防野球列伝
 第8回、オッチャンが柳井中学に転校してきたところ及び、第14回、柳井中学が甲子園初出場を決めた山陽大会決勝の描写に関し、昔の資料が発掘できたことに伴い、一部加筆しました。
 また、柳井中学の甲子園出場に伴い、広陵ファンがやってしまったと伝説になっている「ハラキリ騒動」の詳細が明らかになったため、第15回及び第28回についても一部加筆訂正しておりますのでご確認ください。

 ついに戦前伝説の野球雑誌「野球界」をひもとくことができました!
コメント

社会・会社での流行りものナマス斬り!(その1 コンプライアンスバカにつける薬)

2018-01-15 19:51:59 | 兵隊の道・仕事の話
 社会・会社での流行りものに対し、流行に疎い兵隊がイチャモンをつけるという企画。第1回目は「コンプライアンス(法令順守)」についてです。

 スマホの発達に伴い、いまや素人さんがどこでも映像や音声を記録でき、「一億総監視社会」になっている昨今、コンプライアンスを踏み外した行為をすれば、スマホにより即座に証拠化され、さらし者にされます。
 そうなれば社会や組織に大きなダメージが来て、社会的な信用が台無しになりますし、それよりなにより、複数以上の人間が面突き合わせていくうえで、自分勝手な動きを防ぎ、円滑な業務・人間関係を構築する上で、コンプライアンスというのは重要である…この辺の理屈は私でもわかります。

 ただ、各会社や組織において、その「コンプライアンス」なるものが仕事の活力を生み出したとか、高いレベルでの綱紀の粛正を生み出したとか、高い業務成績を生み出した、なんて話は一切聞きません。これはうちの会社でもそうですし、その他の会社でもそうだと思うのですが…

 コンプライアンスというものが会社や組織において、健全な活力や綱紀粛正になかなか効果を発揮しない(あるいはうわべだけ、発揮しているように見せかける)理由ですが、私がうちの会社を定点観察し続けて出した結論としては「コンプライアンスを守らせる人間の精神・頭脳のレベルが極めて低劣」ということに集約されると思います。

 何事にもよらず、物事を完遂する上で、やらされる方の辛苦は半端ないものがあります。そしてやらされる方は、その労苦から逃げることはできません。ひとこと「強制」といっていい。
 問題なのは、これを命じ、やらせる方の人間が「手下にやらせるミッション」に対し、当事者意識と高い責任意識を持って見守ることができるかできないか、という点になります。
 高い当事者意識を持つ人間は、物事を完遂させるため、手下を使う労苦と責任から逃げない。当然共用しあう。しかし、無責任でバカな奴は、その責務をへ弊履の如く打ち捨て、自らは決して傷つくことのない高みから「ヤレ!ヤレ!」とだけ言う。
 こうしたヤツは「クソ管理職」のレッテルを貼られても文句をいうべきではないでしょうが…現実にはこんな上長のほうが多いのが実態です。
 手下にはアレを守れ、これを守れ、何かが起きれば再発防止策を出せとイキりつつ、田舎の中学校の校則も真っ青、社会人に成文化して守らせることが恥ずかしいような内規を頑迷に押し付ける。そのくせ自分はそれらを守る気もなく、何かがあれば「オレの仕事はコンプライアンスを手下に守らせることだ」などと開き直る。

 これはあくまで余談であり、世代で人をくくってはいけないのですが、現在管理職を務めている人間はかつて「新人類」などと呼ばれ、バブルの恩恵を全身に受けた無責任世代です。そんな奴らが「コンプライアンス」…笑わせてくれます。だいいち、この程度の倫理観しか持たない野郎の下で、法令順守なんかできるでしょうか??????バカバカしくて無理ですね(-_-;)。
 もっと面白いのが、そうした無責任上長の腰ぎんちゃくとなって、私たち兵隊に「コンプラ研修」と称し、偉そうに研修資料のペーパーを読んでいるザコ野郎です。金魚グソ人間はいつの時代も見苦しく生息していますが、本当に噴飯の念を禁じ得ません( ´艸`)。

 逆説的にいえば、コンプライアンスを守らせるのはとても簡単です。上長が手下に対し、自分の行動で「正義」「誠意」「責任」「高い倫理観」を見せることです。それができないヤツが人の上に立つ地位を目指してはいけないし、人の上に立ってもいけない。しかし、残念ながら今も昔も、自己制御への倫理観の低い受験秀才が、自分ができもしない「コンプライアンス」を振り回し、手下に押し付けている…これが実態なのではないでしょうか。少なくともうちの会社は、間違いなくそうした状態にあります。

 今一つ、「コンプライアンスバカ」を生み出す土壌についてお話ししますと「命をかけて体得する技術が尊ばれる職場には少なく、そうでない職場には多く跋扈する」という点です。
 消防、自衛隊、警察などは何にせよ「体と命を張った技術」がウリであり、どんなゴマスリ野郎でも、この大原則を崩すことはできません。私も仕事柄、自衛隊や警察の優れた方とお会いする機会がありましたが、辺りの人を払うような殺気と雰囲気があり、積んできた修練の数々が語らずともわかるような雰囲気がありました。こういう方なら、つまらない「コンプライアンス」を喧しく唱えずとも、手下が勝手に守ってくれるでしょう。

 ただうちの会社は、そうした「命を懸けて体得する技術」が常にごみのように粗略に扱われ、その技術者は隠れキリシタンのように弾圧されるというなんとも腐った会社風土があります。こんな土壌から「背中で語る上司」は、絶対に出ることはないでしょう。

 コンプライアンス。なんとも罪深い言葉に思えてなりません。

 
 
 
  

  

 
コメント (3)

「岩国の隠れた?忘れられた名将」と黒獅子旗(その5)

2018-01-13 10:20:53 | 周防野球列伝
 8月1日の開幕に向け、岡村さんら永幸からの補強選手が専売に合流したのは「7月の半ばを過ぎた暑い日の朝」であったと「青春」にはあります。
「私たちはシメナワにつれられて、千葉街道の稲毛にある『専売公社千葉』のグラウンドにいった。特別な儀式もあいさつもなく、練習がはじまった。」(「青春」より)
 当初は補強選手の気安さから?、中途の段階までは「私はまだお客さんの気分だった」「だからのん気に評論家のような気分でチームを見ていた(「青春」より)」岡村さんですが、専売の正捕手から、驚くようなことを告げられます。
 専売の正捕手は、岡村さん(当時20歳)からひと世代離れた、大連中学出身のベテラン捕手でした。

 確かに岡村さんも不思議に感じていました。
 全体練習は日に日に厳しくなり、当初は柔和だった宮武三郎監督の顔が徐々に険しくなっていく。おなじ永幸から参加した坂本、松本両選手も専売の選手同様、容赦なく叱責される。そんな中、宮武監督はなぜか岡村さんだけには「ヘーイ、ミスターハチロオオオ」と、いつもふざけた顔で近寄ってくる。なぜ?
 この問いに、専売の正捕手はこう答えます。
「監督さんは、お前を使うつもりなんだ」
「だから、お前の一番の武器の、ものおじしない不敵なところを、潰したくないんだろう。」(ともに「青春」より)。

 さすがの岡村さんも、さすがにこの一言は大いにプレッシャーを感じたようです。
 大会を控えて選手は総員合宿となります。岡村さんはその他大勢の部屋で雑魚寝ではなく、専売のエース小宮圭三郎と同室の二人部屋をあてがわれるという最高の待遇…なのに岡村さんは「専売の守備の要を任される」というプレッシャーにむしばまれ、「私は寝つきが悪くなった。食欲もなくなった。」「打撃の調子も悪くなった。初日に宮武監督をよろこばせた打球はどこかに行ってしまった」(「青春」より)と、コンディション最悪のまま、抽選会の日を迎えます。
 抽選の結果、専売は3日目の第3試合となりました。相手は吉原市(現・静岡県富士市)代表・大昭和製紙。
 吉江英四郎投手、海部和夫内野手、石井藤吉郎・荒川宗一外野手といった早大OBで固めた大昭和製紙は、この前々年の昭和28年に行われた第24回都市対抗を制した強力チーム。早大閥以外にも若きエース黒柳巽、プロ野球・東急フライヤーズから転向の強打者・北川桂一郎といった強力選手を擁し、「山静の暴れん坊」と恐れられ、この大会も大阪市(全鐘紡)、八幡市(八幡製鉄)、横浜市(日本石油)などと並び、優勝候補の一角と目されていました。

 いきなり大昭和との対戦!「この報せは、ほかの選手たちも落胆させた。優勝候補を喰ってやろう、ヒトアワ喰わすか、というほどのチームではないことを、誰もが知っていたからである(「青春」より)。」
 ところが宮武三郎監督はひとり「人気チームが相手だ。おまけにナイターだ。後楽園は満員になる」と喜んでいたそうです。さすが大物…!
 第26回都市対抗野球の開催は、翌日に迫っていました。

【参考文献】
・「青春・神宮くずれ異聞 宮武三郎と助っ人のわたし」 大島遼(岡村寿)著 防長新聞社
・「都市対抗野球60年史」 日本野球連盟 毎日新聞社

コメント

応援とは身勝手でいいのですか?いいのです!

2018-01-09 21:52:22 | 集成・兵隊芸白兵雑記
 わが愛する広島東洋カープが好調を維持するようになり、2年が経過しました。その強さのため、最近はマツダに応援に駆け付けるファンの数も激増。「カープ=弱い」という地獄の時期を長く過ごし、ガランガランの広島市民球場が強く印象に残っているファン歴32年の私にとって、なんとも隔世の感がございます。
 最近はテレビに新聞に雑誌に「私はカープをこんなに応援してます!」みたいな応援自慢の記事がよく見受けられるようになり、それはそれで大したものだと思いますが…今日は「ファン歴ばっかり長いひねくれカープファン」による応援に関する持論を展開したいと思います。

 応援対象の目に、そして人の目に付くように派手に応援し、応援対象に対する愛を全開にする応援ができる方というのは、とても立派だと思います。私にはそれだけの熱心さも、深い愛もないからです(;^ω^)。
 ただ忘れていただきたくないのは、そうした応援というのは、応援対象への無償の愛をアピールする行為であると同時に、応援対象に対する「愛」をある意味押し付けるという、自分勝手で身勝手な行為という側面も存在します。一歩間違えればドン引き、上滑りの懸念が大いにあるということも失念してはいけません。
 ある物事を応援をするのには、特別な資格が必要なわけじゃない(ファンクラブとかはありますが(;^ω^))のですが、たまに「●●をするから立派なファン」「しないからお前はファンじゃない」なんていう色分けをする方がいると仄聞します。
 こうした行為はある意味、「応援は自分勝手」ということの遊び心の部分を理解せず、自己愛の原理主義に走った結果であり、そういったことをする方を見たり仄聞したりするたび、ちょっと悲しい気持ちになります。

 とはいえ私も恥ずかしながら、若い頃には自分勝手なカープ愛を叫ぶだけの「自分勝手な応援」を、今は亡きボロい旧広島市民球場でしたりしておりました。が、今はもう、完全にやめております。というか、もう長らくカープ一軍の公式戦のナマ観戦自体をしておりません(二軍の試合や社会人との練習試合はしょっちゅう球場観戦してますが(;'∀'))。
 じゃあどこで観戦しているのかといえば、J-SPORTSに加入している居酒屋を見つけて、そこで酒飲みながら応援…というより、戦力分析をしながらしんみりと観戦?しています(;^ω^)。
 野球場でおそろいのユニホームに身を包んで、皆で声を枯らせて応援する愛もあるなら、居酒屋でしんみりと観戦する愛があってもいいのです。何しろ応援とは身勝手で自分勝手な行為なのですから…(;^ω^)。

 あと私はいまひとつ、応援に関する哲学として「弱くてどうしようもない時期こそ応援する。成果が出たら一歩引く」ということを大切にしております。
 花は咲き、花は移ろう。満開に咲いた花の下にはたくさんの酔っ払いが寄ってきますが、その酔っ払いはそれまで花を植え、水をやり、コヤシをやった人のことを顧みることはない。花が咲かない時期に注目して声援を送り、花が咲いたら一歩引く…。

 私は何事にもよらず、そうした「ひねくれ応援哲学」を堅持しています。だから大好きなカープを応援する場合でも、人に「私は応援してます、見て下さい!」的に応援することはしません。負ければちょっとだけガックリし、勝てば酒場で「グッ!」とこぶしを握り、勝利を寿ぐ生中を注文する程度の応援でいいのです。何しろ応援は、身勝手で自分勝手いいのですから(;^ω^)。
コメント (3)