自然素材の家 natural craft home

自然素材で快適な暮らし。人に優しい住まいづくり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インターパークモデルハウス

2016-02-22 08:27:04 | ナチュラルな家
無事に構造見学会も終わり、大工さんも2階のパイン天井を仕上げていきます。

北側斜線のかかってる部屋は地回りを下げているので天井が勾配になり火打ち梁が絡んできます。

大工さんの腕の見せ所なのですが勾配が4寸のため意外と大変です。(大工さんは関所と言っています)



で、張りじまいにもう1カ所関所をこなし出来上がりがこんな感じ



これで2階の天井は完了です。いよいよ床張りに入ります。

2階の主寝室は桐の床材(厚み15)で張っていきます。桐床は浮造りになっていて足触りがとてもいいんです。

しかも暖かい。合板フローリングとは比べ物になりません。ただし柔らかいので傷や凹みはできやすい。

また桐はタンニンと言う成分で黒ずんできます。伸び縮みもある。



材料の長所と短所を知って使用しないと無垢材は使えません。

大工さんも材料を吟味して施工します。入ってきた材料をただ使うのではなく木の目を見たり反りを見たり節を見たり。

なので当社は大工さんの工期は10坪1ヶ月ほどです。(一人で施工が基本)

ローコスト住宅では1ヶ月半から2ヶ月工期なんてのもあります。何人かで施工すれば可能ですが同じ施工が出来るかが疑問です。

もっとも手間も少ないのでしょうが・・・



コメント

インターパーク構造見学会

2016-02-15 10:39:51 | ナチュラルな家
2月13日と14日に構造見学会を実施いたしました。

予想を上回る多数のご来場有難うございました。

今回はセルローズ断熱を実際見て触って頂きまた構造材の選び方や種類を説明させていただきました。

家を建てるうえで参考にして頂ければ幸いです。



一生に一度の大きな買い物でもありイベントでもあります。
お施主様と楽しくそして真面目に造りあげて行くそんな小さな工務店です。

「日本の風土に合った木の家、四季を感じながら快適に過ごせる空間作り」

時にはお施主様とドアを塗ってみたり塗り壁を仕上げてみたり(意外と出来ちゃいます)参加することで
かなり愛着がわきます。
少数精鋭なので年間多くは出来ません。やろうと思えば出来ますがやりません。
なぜなら100%良い家が出来ないのを知っているからです。

5月中旬には完成見学会も予定しております。
ご縁のあったお客様と楽しく真面目に最高の家造りをしていきたいと思います。

PS ご来場頂きましたお客様、誠に有難うございました。

コメント

インターパークモデルハウス

2016-02-08 18:05:01 | ナチュラルな家
今日は塗装の話

今回は1階と2階のイメージを変えるべく1階の化粧材に色を入れてみる事にしました。
いつもならナチュラルにいくのですがちょっと冒険です。(モデルハウスなのでチャレンジ!)
使用する塗料は東新林業オリジナル塗料のウッドライフです。
浸透性の自然塗料で木の性質を最大限生かしてくれます。



尚且つ当社のオリジナル色にすべくココア色とクリア色を調合していきます。
(ただ薄くしてるだけと思ってる方。正解です。)
ココア色だけですとちょっと暗くなるので調合です。比率はヒ・ミ・ツ!



塗るというより染み込ませるイメージで塗っていきます。
塗って20分ほど放置すると艶がなくなりマットな感じになっていきます。
頃合いを見て拭きあげていきます。これを2回繰り返します。
(たぶん塗装の親方は木と会話して頃合いを決めてる)
で、塗ったのがこんな感じ。




うぅ~んマンダム!

濃淡がハッキリでてエクセレント!

ってことで2月13日・14日構造見学会を開催いたします。

お待ちしておりま~す。



コメント

インターパークモデルハウス

2016-02-05 15:49:06 | ナチュラルな家
引き続き断熱の話

今日はいよいよセルロース断熱の吹き込みです。
が、その前に2階根太間の通気止め及び断熱のこぼれ止めです。隙間はウレタンで補強します。



すべての隙間をチェックし不織布を張っていきます。

                             

ぱんぱんに吹き込んでいきますので柱、間柱の少し内側に不織布を施工します。柱面に不織布を張ると柱と不織布の間に断熱材が入り込み
壁を張った時に不陸が出来てしまいます。

さぁ~吹き込み開始です。専用の機械で規定の圧でセルロースを送り出します。




古紙とホウ酸を混ぜたセルロース断熱は王子製袋のダンパックを使用します。



ノズルを壁に差込吹き込んでいきます。隅々まで行き渡るようにプロの職人さんが一心不乱に作業します。



で、パンパンに吹き込み施工が完了したのがこちらです。

ちょっとわかりづらいかなぁぁ

実際に見てもらいたいですね~

ってことで来週の13日(土)、14日(日)の2日間構造見学会を実施いたします。
いろんな断熱材がありますがその長所・短所を見比べて参考にして頂ければきっと・・・
コメント

インターパークモデルハウス

2016-02-03 17:36:43 | ナチュラルな家
さて今日も断熱のお話

いよいよメインの断熱材施工が近づいてきましたよ~ってことで下処理状況です。
当社がお勧めする断熱材はセルロースファイバー。古紙から出来てるエコでなおかつ自然素材。
性能は高性能グラスウール(16K)と同じ位ですがしっかり充填できるので安定した性能が出せます。
施工前にはカウンターや棚などの下地また通気止めやこぼれ止めを取り付けるのでちょっぴり手間です。


勾配天井部は垂木の下にこぼれ止めのベニヤを張り隙間をウレタンで塞いでいきます。
                          
          
                                            

換気ダクトや開口部の隙間もウレタンで塞ぎます。
その他配線部や細かい隙間も塞ぎます。


後は細かいところをチェックしいよいよ明日から割り布張りです。
そして明後日はセルロースの吹き込みです。
現場は体感できるほど暖かくなるんですよ。

親方の動きが滑らかになりそうです。  ぷぷぷ...
 

コメント