草木と花の彩景

【立山の麓から】のガーデンフラワー紹介および自然とのふれあいによる山野草・樹木・風景等を綴っています。

ダイヤモンド剱 ~富山・氷見浜から

2010-01-27 22:55:37 | 投稿・公開記事写真から
職場の先輩Kさんより、MLで頂きました北アルプス【剱岳】の日の出の写真を掲載させて頂きます。
富山・氷見浜からの日の出で、7時13分ダイヤモンド剱が輝きました。
        【日の出前の雪煙あがる剱岳】
        
        【ダイヤモンド剱
        
年に数回しかない自然の厳しくもあり、美しい光景だと思います。
        【BY HERAI】

        
コメント

富山のビューポイント紹介

2009-11-25 23:56:18 | 投稿・公開記事写真から
今日は予定を変更して、自然愛好家MLの知人より、素適な写真アップありましたので、紹介いたします。
富山・氷見から写された立山連峰からの日の出です。
左の三角の山は剱岳、右の台形の山は、立山です。 (Kさんの提供写真)
        

        【唐島】・・・・冷え込みが厳しく、けあらしが立ち上っていました。(Kさんのコメント)      
        

            高岡古城公園・・・モミジの紅葉 Sさんの提供写真。
            

高岡古城公園の紅葉は、見頃を迎えているようです。
また、立山黒部アルペンルートは、もう暫くで閉山し、来春まで静寂な世界に包まれます。
              【BY 立山の麓から】

よろしければ、ランキング【季節の花】をクリックして下さいね。
                        にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
コメント (6)

超神秘現象【環水平アーク】 ~梅雨空に輝く自然~

2009-07-27 23:50:19 | 投稿・公開記事写真から
まだまだ梅雨が続く予報ですが、梅雨明けいつでしょうか。
毎日のぐずついた天気に疲れさえ感じますが、MLに素適な写真が載っていましたので紹介します。
なを、掲載写真については、本人の了解を得ています。

          【立山(雄山)の環水平アーク】・・・・・・ナチュラリストいちなな会  長谷川さん提供。
環水平アーク・・・高層の雲の中に浮かぶ氷の結晶に、太陽光が屈折して起こる光学現象との事です。
雄山山頂の神を輝きだす、非常に珍しい神秘現象であった。

          
        【梅雨の晴れ間の槍・穂高眺望】・・・・ナチュラリストいちなな会 鷲さん提供
         

            【遥かなチョウカイアザミ】・・・・鳥海山にて。 自然に親しもうML 鎌仲さん提供。
            

筆者の撮ったものも掲載しました。
         【有峰の森に生きて】・・・・なんだかある動物に似ていないかしら。
         森に抱かれてこのように生きていく樹木、素晴しいですね。
         (樹木名は、少し離れていたので確認していませんがブナかな。今度確認します。)
         

              【BY 立山の麓から】

よろしければ、ランキング【季節の花】をクリックして下さいね。
                        にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ 
コメント (10)

オオイヌノフグリ等の開花 ~富山・氷見~ 

2009-02-05 22:28:48 | 投稿・公開記事写真から
今年の冬は、地球温暖化の影響でしょうか。 気温は高く、天気の良い日も多い。
この時期、立山連峰の日の出が、こんなに多く眺望出来るのも例年にない事です。

                 前庭にて7時20分頃撮影・・・日の出位置が主峰【立山】に近づきつつある。
                 

                 【凍てづくイヌツゲ】
                 

富山・氷見のKさんから届いた早春を告げる花々を掲載します。
氷見は、美味しい魚の産地で知られているが、富山でも暖かい地域であり、海浜・平地・山地等多種の植物を見ることが出来る。
最近の暖冬により、例年よりも相当早く、早春の花が開花したようです。

                 【オオイヌノフグリ】
                 

                          【ハコベ】  
                          

                     【ヒメオドリコウソウ】
                     

                      【タネツケバナ】
                      

氷見での開花をKさんがいち早く伝えていますが、【立山の麓から】は、まだまだ眠りについています。
週末はまた雪が降りそうで、オオイネノフグリ等の開花は、まだ先です。

  by 【立山の麓から】

よろしければ、ランキング【季節の花】をクリックして下さいね。
                        にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
応援有難うございます。皆様のクリック・・・凄く励みになっています。
 
コメント

立山彩景【白銀の弥陀ヶ原】

2008-11-22 23:20:55 | 投稿・公開記事写真から

  今日は予定を変更して、メーリングで知人が投稿されました白銀の【立山・弥陀ヶ原】を掲載します。
先日の寒波により、室堂は3mの積雪があるとの事で、バスは弥陀ヶ原までの運行となっています。

写真の樹木は【オオシラビソ】【ダケカンバ】【ミヤマハンノキ】等である。

【by herai】

 

コメント

カワセミは、凛々しい。

2008-11-04 23:14:23 | 投稿・公開記事写真から
今朝、日鳥連富山県支部の野鳥定例観察会が、環水公園で行なわれ、参加させて頂きました。
約14種類の野鳥が観察されましたが、お目当てはやはり【カワセミ】であった。

【環水公園の中にある野鳥観察舎】


【カワセミ】・・・・ナチュラリストいちなな会のY・Nさんが、粘って?素晴しい写真を撮りましたので、紹介します。


地元のK放送㈱が取材にきました。
お昼と夕方・・・2回放送されたようです。


【シャリンバイ】・・・観察舎の廻りに植えてあるシャリンバイの実、野鳥が好きなのでしょうか?

=by herai=
コメント

立山3彩景

2008-10-19 00:45:06 | 投稿・公開記事写真から
 メーリングに投稿された自然の素適な写真を掲載します。

立山連峰の夜明け・・・T氏 
(私と同じ日に撮っています)


TKKさんからの提供写真。 


立山周辺でのホソバツルリンドウ・・・・Sさん

コメント

初雪の立山!!

2008-09-28 02:29:02 | 投稿・公開記事写真から
 昨日の朝、初雪をかぶった立山連峰を平野から眺望出来ましたが、立山ボラティアガイド「りんどう会」で同じ所属のK・Kさんから、室堂から撮りました素晴しい写真を頂きました。
立山はもう冬支度、高山植物を謳歌した夏は過去のものとなり、早いサイクルで季節は移ってきています。
初雪と紅葉の立山は見応えがあり、是非訪れたいです。

【初雪の立山】


【初雪の浄土山】


【ミクリガ池】・・・うっすらと白いのは雪です。


【オヤマリンドウ】・・・寒さにもめげず?華麗に咲いています。


【薬師岳も雪】

=by herai=
コメント

素晴しき【彩雲】

2008-07-16 22:23:41 | 投稿・公開記事写真から

 昨日立山連峰上空に、雲に虹のような光の帯が出来る【彩雲】と言われる現象が現れた。

弥陀ヶ原自然観察に出かけていた知人【N】さんが、この現象に出会い、カメラに収め紹介してくれました。

地元のK新聞にも、この【彩雲】が記載されていましたが、折角ですのでブログに載せました。


彩雲は、吉兆の雲とされているようです。
=herai=
コメント

杉巨樹日本一? 富山【洞杉】

2008-06-04 19:36:26 | 投稿・公開記事写真から
今日は、【自然に親しもう!】MLのメンバーである貴代美さんから、富山・魚津【洞杉】の投稿記事を紹介します。


===============================================================
昨日、ずっと会いたいと思っていた洞杉に会いに行ってきました。
最初に出逢ったのは幹周りが10mはあるのではないかと思われるスギとは思えない生命力の巨樹。 
掴まれそう・・・。躍動感というより恐怖感というか おどろおどろしてて切迫感が・・・右下に川が流れているのだが、川岸の急斜面で風雪に耐える為に大きな岩を2つ抱え込むような姿勢で育っていった老大木は、その容姿も異様で1本の木から曲がりくねった幹が何本も株立ちして圧巻。

洞杉群は、平成元年に北陸電力の片貝川南又発電所建設に伴う周辺の植生調査で知られるようになったタテヤマスギの群生地。
過去には一部を勝手に伐採したり、幹に傷を付けたりするケースがあったらしいよ。

いよいよ最大の洞杉との対面! w(゜0゜*)w オォー!!! 
大きな岩の上に寝そべる姿。完全に森にとけ込んでいて、全体がどうなっているか分からん。



どこをどう測ると幹周り30mになるのかも分からない複雑な形。
空洞が別の洞と繋がっていたり、幹がうねっていたり・・・。
カチャカチャに着生植物があって、もはやスギを母体とした別の生命体のよう。
とにかく太い。ぐるっと一回りしてみると、見る角度が少し違っただけで、まったく別の表情を見せるのである。




洞杉のある魚津市片貝川上流南又谷(県定公園(平成17年8月指定))は
毛勝山(2414)、猫又山(2378)、釜谷山(2415m)僧ガ岳(1855)等、
北アルプスの急峻な山麓にあって、豪雪地帯でもある。
片貝川の勾配は8.5%という日本有数の暴れ川でもある。
ここで生き抜くため、立山杉の根は、巨大な岩を抱え込むように囲み、根同士が接着して幹を支えるように根元の安定を図ったのだろうか。
枝は雪の重みを減らすため、下向きに広がり雪を滑らせる。
豪雪地帯の杉は風雨に耐えるため、背丈を伸ばさず、横に広がる。
ねじれ曲がった太い根元、掴まれそうな恐怖感と切迫感は洞杉たちの生命の源であ
り、永い年月の象徴である。
造形の不思議と神秘に感動する。曲がりくねった根は数百年かかって石を抱えることができたのだろう。
しっかりと石を抱え、その上を跨いだ巨大な幹はなにものにも動じない強さがある。

千年以上も豪雪に耐えている強さに感嘆する。
生き抜くために巨岩や巨石を抱え込み、時に逃げられ・・・。
厳しい気候に耐え抜く勇気、生きる執念を感じる。

千年以上も生き抜くため、環境に順応して生態も変えてきた洞杉に敬服する。
挑戦、順応、寛容に欠ける我をあらためて思う。
洞杉に、たくさんの癒しと、生きる力をもらいました。ありがとう。
コメント