扉への道

泉明 香鈴(せんめい かりん)申します。
香り善き、鈴音(りんね)を拠り所に、「今」を明め「ここ」に在る

産まれること、生まれること、死ぬこと、亡くなること、

2016年03月31日 12時56分29秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++

最近、私の叔母さんが亡くなり父親の血の繋がりが私たち子供だけに、親からすれば子供は子供であり子供に対する接し方がある訳で姉や嫁とは違うと思う。

本人はとうとう俺、ひとりになってしまったとボソリ

話をわかってくれる人はやはり人生の支えになる訳でひとりで歩くのはイバラ過ぎると思うが、父もいい歳であるので自分でも分かってはいるみたい。


葬儀を終えふと考えてみた。


産まれること、生まれること、死ぬこと、亡くなること、


精神世界では「うま」れないし「し」なない
私も経験は出来ないから理解は出来ないが分かっているし、産まれれば動くが死ぬと止まることも事実であるの。


考えた事は、死んだ後に残った肉体は何か?と言うことであるの。

産まれたときは母親の細胞と父親の細胞が化学反応を起こし分裂を繰り返し形成されているし見たときは動いている。


動かなくなった肉体は言わば動かなくなった車のようだったが、感情的にはそんな冷たい事は思えない訳だが思ってしまった自分もいる。




死んだ本人は悲しまない。

残った私たちが悲しんでいる。

悲しんでいる人見てつられた部分もあるがこれは冷めている訳でもなく、元に還ったと思ったので叔母さんを見ても還ったんだと認識した。

確かに感情と過去の思い出が悲しさを出し泣けてきたがこれもまた仕方ないとこである。



今、書いてて、ふと思った。







亡くなった人に触れてない。




なぜだろう?



お婆ちゃん、母親、叔母さん


血の繋がりがある人ばかりなのにどうして遺体に触れなかったのだろう?分からないままにしておこう。


産まれること、死ぬことの感覚はなってみないと分からないし伝えることのできないこと。
言わば、独り占め出来る事柄であるので、とりあえず、死ぬときの楽しみとして取っておこう



色々な葬式を経験して唯一分かったことが、人間は生きている時しか無いってこと。
相手が死んでしまっては伝えることもできない。後悔するぐらい、後悔で涙を流すぐらいなら、生きている時に伝える事をお勧めする。

いつかはお互い死んでしまう訳だから。



出来れば苦労無いけどね。




皆様が、常に「いま」に在りますように
コメント

突き付けられる現実

2016年03月25日 11時56分17秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++


時々、gooblogのアクセス解析を1週間見れるようになる時に観覧数と訪問数を確認するときに、大体がbotである。

分かってはいるが、意外にショックである(笑)


まだまだ、私も修行が足らんのである(笑)

――――――――――――――――

思考や意識を越えた先を考えると言う矛盾を今、試みているところで経験したことのない「死」についてもどこまで考えれるかを試している。

皆様が、常に「いま」に在りますように
コメント

だるまさんが転んだ♪

2016年03月11日 10時33分54秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++

だるまさんが転んだ♪

だるまさんが転んだ♪

オニは、「だるまさんが転んだ」と言いって、相手を見るまで分からないですね。

観測した事が真実になる、相手がどんな動きをしているのか?何をしているのかなんて分からない「だるまさんが転んだ」と言って振り向くまでは。

極端に考えれば、オニはどんな動きをしてようと、振り向いて観測した時に相手が動いてるか止まってるかのみ知ればいいこと。

ここなのです。

私たちは、観測があってそれが現実になる。見えないのは現実にならない。
人が、「あいつ、動いてた」と言っても自分が観測していないかぎり、それは、相手の現実であり自の現実ではない。

この世は、十人十色の現実がありそれが無限大にに絡み合って世界ができている――――――――膨大なスクリーンに。
脳で観測したもの、想像したもののみ、創造する。



起きる事は、何もしなくても起きる!


起きない事は、どれだけ考えても起きない!


皆様が、常に「いま」に在りますように
コメント

死が決まっているなら。

2016年03月08日 16時51分59秒 | 気づき
「はじめ・・・」にを読んでもらえる とうれしいです。

そして、深く「気づき」を体験したもの合わせて読んでもらえるとうれしいです。 「人生のシステム」
+++++++++++++++++++++++++++++++
病気などで、「余命~」とドラマ等であったり現実であったりと切なく、寂しくなることだと思いますが、もし、実際に正確に余命が分かってしまった時は私たちはどう行動するのでしょうか?

生まれた時に数字として決まっているのです。



考えるだけでも嫌になって生きたく無くなりますし、もしかして、犯罪に手を染めてしまいそうですね。

知らぬが仏とはこう言うことかもしれません。

そして、知らない事が可能性を無限大に増幅させているのではないのでしょう。


私だったら............いまの職業につかず、余計に引きこもり気づいた時には寿命が来てる――――――かな。

―――――――――――幕―――――――――――

つい最近、信号待ちでお婆ちゃんが歩いているのを見て想う。



「私たちはいつまで、生かされるのか」



皆様が、常に「いま」に在りますように
コメント (2)

お知らせ(*´ω`*)

2016年03月08日 16時33分27秒 | 気づき
Skype ID

go_to_a_gate

です。

今度、サムネを統一させるので探しやすくなります。

コメントに書いた上でコンタクト追加してもらえると助かります。


未だに作ってどうしようと思っています(笑)
コメント