SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

ワークショップのお知らせ:Herbal Tea Mandala Workshop

2022年10月23日 | イベント情報


SUBARUで取り扱っているハーブティー農家のEvitaさんが初来日するにあたり、ワークショップを開催することになりました!
常日頃から自然の旨味が詰まった美味しいハーブティーをお客様にお楽しみいただいていますが、昨年はバーチャルツアーも行いました。
農園への再訪がなかなか叶わなかったのですが、日本で、そしてSUBARUで再会でき、一緒にワークショップを企画できることが本当に嬉しいです!

ハーブティー大国ラトビアのプロから直接手ほどきを受ける滅多にない機会ですので、是非ご参加ください!(要ご予約)

****************

Herbal Tea Mandala Workshop ー ハーブティー・マンダラ ワークショップ ー

Evitaさんより:
このワークショップでは9種類のハーブについて学びます。
その後、得た知識とご自身の感覚を用いて5種類のハーブを選んで曼荼羅を描くようにブレンドし、オリジナルハーブティーを作ります。
ハーブティーを試飲した後は、パックに入れてお持ち帰りいただけます。
このワークショップを通じて、自然との繫がりを感じ、ハーブが皆様の日常生活をサポートしてくれるようにと願っています。

日時:2022年11月17日(木) ①12:00ー13:30 ②14:00ー15:30
場所:SUBARU店内(神戸市須磨区衣掛町4-2-12 内田ビル2F)
費用:5,000円(税込み、ハーブ代等一式含む)
ご予約:subaru_zakka@ybb.ne.jp ①か②のご希望時間とお名前、お電話番号をお知らせください。
当店からお返事をお送りした時点でご予約完了とさせていただきます。
各回5名様ずつ、先着順です。

※ラトビアより材料を持参してくださいますので、特段の事情がない限りキャンセルはご遠慮ください。
※感染症対策へのご協力をお願いいたします。

【講師 Evita Lūkina(エヴィタ・ルーキナ)さん】
ラトビアの大自然に囲まれたハーブ農園Ozoliņi(ウアゾアリニ)は2001年からLauku tēja(ラウク・テーヤ)というブランド名のオーガニックティーを生産しています。
2013年に農園を受け継いだ彼女は、ハーブの栽培から収穫までの全作業の他、世界中から訪れるゲストにハーブの特性や活用法、ラトビアのハーブティー文化を紹介しています。
2019年には農園の取り組みが国に認められ、「ラトビアン・ヘリテージ」として承認されました。
また、イギリスのストーンブリッジ・カレッジで薬草学を学び、2021年にハーバリストのディプロマを取得しています。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ラトビアの木工兼バスケット... | トップ | 「世界のおみやげ図鑑」に店... »

コメントを投稿