SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2021.07.20 東京オリンピック・パラリンピック 富士市文化プログラム 3か国音楽コンサート@富士市文化会館ロゼシアター
◇2021.07.20 SPEAKER STACK第4話、寄稿しました。

2019年夏 ラトビア滞在日記 その7 (最終回)

2019年09月08日 | 《19'夏 ラトビア滞在》
長々と書いて来た滞在日記もようやく最終回です。


ラトビアでの夏休み5日目。
子供にお友達ができました♡


この日から2晩職人さんのサマーハウスで過ごしたのですが、
サマーハウスへの道中、魚の燻製屋さんに連れていってもらいました。


「ここよりフレッシュ(?)な燻製(?)はない!」と職人夫妻も太鼓判。


この自然豊かな場所がサマーハウスです。


私達はこの建物でお泊まり。


まずは夕食。先ほどの燻製魚ですが本当に美味しい!!!


料理上手なお母さんお手製の夕食。
パンも手作りです。


この日はいよいよLīgo/夏至祭の日。
一番長かった日の太陽が沈むのを海岸で見届けました。




浜辺からの帰り道、お母さんが特別な野花を見つけてくれました。
『nakts vijole/夜のヴァイオリン』という花で、レッドリストに載っている希少種だそうです。
その名が表すように、夜の間だけ芳醇で香しい匂いを発する花で、この期間だけ開花するそうです。
本当に甘~い良い香りでした!!


サマーハウスに戻ってから焚き火。歌って踊って飲んでの時間です。
ラトビアの民謡では「夏至祭の日に眠るものは夏の間中眠ることになる」と歌われており、老いも若きも夜中まで楽しむ日です。


焚き火を囲みながら寝転がって空を見上げると美しい夜空が広がっていました。



夏休み6日目。
サマーハウス探検です。




産みたての卵をとらせてもらいました!


ブランコ遊びや


ボート遊びも!


今回の夏休みのメインイベント、子供の一歳の誕生日。


たくさんの御馳走を用意してくれました。
初めてザリガニを食べましたが、タラバガニみたいで美味しかったです。


ラトビアの夏至祭休暇に産まれた息子は「小さなヤーニスくん」。


皆さんに素晴らしいお祝いパーティーを開催してもらいました!




お祝いの後はピルツ!ピルツとはラトビア式のサウナの事。
火をくべて熱々になった部屋にはこれまた熱々の石があり、この石に水をかけて蒸気を発生させるのがラトビア流です。
葉っぱがついた状態の白樺や樫の枝で身体を叩いたりもします。
ピルツ→池で泳ぐを3回繰り返して身体の内部からリフレッシュできました。
特に池で泳ぐのが最高に気持ち良かったです!


こうして私達家族にとって特別な日が暮れていきました。



夏休み7日目。
昼食は前日の釣り組の釣果が登場!美味しかったー!


2泊3日のサマーハウス滞在を終えてリガに戻ります。
鉄道駅にはコウノトリが!さすがラトビア。
この時期のラトビアではたくさんのコウノトリを見ることができます。




線~路は続く~よ~♪


ラトビア最終夜は人気のValtera restorānsにて夕食。


創作ラトビア料理をコースで堪能。
ラトビアの食事は本当に美味しい!











夕食後は旧市街やダウガワ川畔を散歩して帰宅しました。
やっぱりリガは美しい!





夏休み8日目、いよいよ帰国の日。

現在リガ空港のターミナルCにはラトビアのハイセンスなアイテムの展示コーナーがあります。
搭乗前にぜひお立ち寄りください!


約一ヶ月のラトビア生活、やりたい事、やらなければならない事、全部出来ました!
ラトビアの皆さんや家族の支えのおかげです。
家族と一緒にラトビアで過ごすことができ、また子供の1歳の誕生日をお祝いでき、最高の思い出になりました。

後ろ髪をひかれながら、また、帰国後の様々なプロジェクトに思いを馳せながらラトビアを後にしました。


コメント

2019年夏 ラトビア滞在日記 その6

2019年08月14日 | 《19'夏 ラトビア滞在》
6月のラトビア滞在日記、あと2回で終わりそうです。

少し早い夏休み。
家族がラトビアにやって来ました。


初日は旧市街観光と・・・


またまたKalnciema ielaのstreet food festivalへ。


美味しい!



ラトビアでの夏休み2日目。
旧市街のレストランで友人とランチタイム。


プチ・クルーズへ。
旧市街の淵にある運河〜ダウガワ川を抜けて周遊するコースです。


運河沿いの緑を抜けて、中央市場を下から眺めて、ダウガワ川から旧市街のパノラマを眺めることができるので観光におススメです♪


ショッピングモールにこの日限定で立っていた市にてお買い物。


ラトビアらしい食材をあれこれゲット。


夕飯も友人と旧市街のレストランへ。
浮かれ気分でオープンエアーのビアレストランで蜂蜜ビールを飲みました。


ザ☆観光地なレストランでしたが、お料理もおいしかったです。



ラトビアでの夏休み3日目。
この日も友人とランチタイムからスタート。


昼は「緑の市」へ。
これは夏至祭の準備の為に開かれる市で、毎年この時期に大聖堂広場で開催されます。




夏至祭に欠かせない食材や沢山の花、ハンドクラフトのお買い物、音楽やフォークダンスのステージも楽しめます。






子供を抱きかかえてフォークダンスに参加♪


夜は友人宅へ。
パンケーキを山盛り作ってくれていたのでパクパク頬張りながら楽しい夜は更けていきました。


次々とビール瓶も空に!


ちなみにラトビアでは祝日としての夏至祭は6月23-24日ですが、この日が天文学的な夏至の日でした。
23:10でもこの明るさ!



夏休み4日目。
初めて鉄道博物館に行きました!




室内展示では昔の駅舎をミニチュアで再現したものや




昔の計器類の展示、


実際に昇れる車両などがありました。


屋外展示では実際使用されていた数々の車両が展示されていました。




そばで見ると大きい!


何が何やら!


夜は友人宅へ。
4時間もかけて料理やケーキを準備してくれていました。
‪じっくり焼かれた柔らかい豚肉料理、蒸された野菜、ポテト、ルバーブのジュース・・・


そしていちごのケーキ、‬どれも本当〜に美味しかったです!
この日も夜遅くまで楽しいお喋りが続きました。



翌日からはいよいよ夏休みのハイライト、夏至祭です。
滞在日記最終回でレポートします。



コメント (1)

2019年夏 ラトビア滞在日記 その5

2019年08月03日 | 《19'夏 ラトビア滞在》
すっかり日が空きましたが6月のラトビア滞在日記、意地でも最後まで書こうと思います!

長閑な風景を楽しみながら向かったのはラトビア北東部の町Valmiera/ヴァルミエラ。


ヴァルミエラのバスターミナル。


目的は民族音楽のフェス、SVIESTS!!
ずっと行ってみたかったフェスだったのですが、ありがたいことにオーガナイザーにご招待いただきました。




昼間はフォークダンスとマーケットなどが。


子供たちが遊べる場所も。


もちろんフード&ドリンクも。


会場となったのは歴史あるクラフトビールのValmiermuiža。
会場が会場だけあって、手作りビールも!




夕方から深夜にかけてはメインステージのコンサートでした。


タイムスケジュールが素敵♪


トップバッターは大好きなバンドIļģi!
ラトビアのポストフォークロア音楽を築いた大御所です。


MONSTA&LaimaのZeMeも!


途中で大掛かりなファイヤーアトラクション。






ラストは"Pagānu gadagrāmata” による圧巻のステージ!!
壮大なパフォーマンスに今でも興奮が冷めません。
私のクアクレの先生もメンバーだったので勝手に鼻高々。
Tautumeitasのアスナーテさんもメンバーでした。
ラトビアの民族音楽は最高だ!!!と感じた瞬間でした。


マーケットでは職人さんたちに、ステージ回りではミュージシャンたちに、と知り合いにも多く会うこともできて、最高の夜でした。



一夜明け、せっかくヴァルミエラまで行ったので町を散策しました。
ガウヤ川沿いにあるのどかで美しく歴史ある町です。






町の中心には13世紀に建てられたリーヴ人の城址も残っています。
現在は博物館も。











続いて目指したのは家族経営の小さなハーブティー農家。
近隣の小さな集落まで未舗装の道を車で15分という立地。


お家は鳥のさえずりや虫の声しかしない大自然の中にありました。


これがハーブ園。色々な種類のハーブが育てられていました。


収穫したハーブを乾燥させます。


裁断して、、、


保存中。


見学の後は森を抜けて敷地内にある湖へ。






足を水につけて寝転がると心も体も解放されました。


のんびり休憩してからお家に戻るとランチタイム!


午後からはハーブティーブレンドのワークショップも体験させてもらいました。


心が感じたままに5種類のハーブティーを選んで自分流に並べます。
私は見た目ではなく匂いを嗅いで選びました。
その方が身体が必要とする成分を選べそうな気がしました。


並べたハーブティーをしばらく愛でてからブレンドして、オリジナルティーが完成しました!
疲れが溜まっていた身体に沁みました。



今回の滞在でラストになるアンシス先生のクアクレのレッスン。


コードチェンジの中でも苦手な運指を一発で見破られました。
民謡を奏でつつ、自分の音を模索しつつ、運指の練習も怠らずに頑張ろうと思います!
この日も「飲み込みがかなり早い」と褒められたのですっかりその気です( ^ω^ )



Kīpsalaにあるお洒落なレストランHercogsで日本人会♡
Kīpsalaは見応えある木造建築物が並ぶエリアです。


サマーシーズンは川縁のテラス席が超絶おススメ!


もちろんお料理も美味しくて見目麗しいです。




美しい夕暮れと大きな月が昇る中お散歩しながら帰り、楽しい夜になりました。











ここからは少し早い夏休み。
ヘルシンキで家族と合流するためリガ空港へ。
写真映えするスポットが出来ていました。



・・・滞在日記その6へ続きます。
コメント

2019年夏 ラトビア滞在日記 その4

2019年07月12日 | 《19'夏 ラトビア滞在》
ちょっと間が空きましたが、引き続き6月のラトビア滞在日記です。

陶器の工房と打ち合わせ。
食器類は輸入する際に食品衛生法の検査をパスする必要がある上に通関手続きなども大変!
しかも破損によるロスがあるので長い間輸入を中断していたのですが、少しずつ再開することにしました。
素敵なものをオーダーしてきましたのでどうぞお楽しみにー!



バスケット&木工品の工房へ。
新作を含めてあれこれオーダーしました。




ペパーミント&レモンのハーブティをいただきながらあれこれお喋り。
驚いたことに、6月1日-2日に開催された民芸市を手伝っていた娘さんがその3日後に出産して3日間で退院し、
この日6月11日には工房の手伝いをしていました!!
動いてる方が気持ちも身体も楽だと言っていましたが、びっくり!!!
生まれたばかりの赤ちゃんが本当に可愛かったです♡



仕入れと打ち合わせを兼ねてミトンのアトリエへ。
あれこれチョイスしてきました。


私は全く編み物が出来ないので、どうやったらこんなに美しくきっちり編めるのだろうと羨望の眼差し。
見事な作品に惚れ惚れします!



ラトビアの民族衣装を守り、最近ではラトビアの伝統的なミトンを世界を相手に普及活動を行なっているSenā klētsにて打ち合わせ。
2つのプロジェクトが進行中です。むふふ。
民族衣装にまつわるお買い物も楽しめる上に、ラトビア各地の民族衣装やミトンの展示が圧巻なのでリガに来たら是非訪れてほしいところです♪



オーナメント教室へ!


通い始めて丸6年、出会った頃は小学生だったゲルマンス君がすっかり大人になっていて感慨深いものがありました。


この日も色々制作したのですが、うち一つは教室の設立50周年(!)を記念して今年10月に開催される展示会用に提出してきました。
ネットでしか見れないけど、展示会が楽しみです!!!





毎週土曜日開催のファーマーズ・マーケットで人気のKalnciema ielaへ。
サマーシーズンは毎週木曜日の夜にコンサートが開催されていますが、
プラス今は毎週水曜日の夜にストリート・フード・フェスティバルも開催されています。
フードフェスは毎回テーマが決まっていて、この日はイタリアン。


釜焼きの出来立てピザや美味しいスイーツを堪能してきました。
屋外で食べるご機嫌な夕食でした♡
ラトビア人はこういうイベントをオーガナイズするのが上手だなぁとつくづく感じました!



シニアの皆さんのフェス、Zelta ritmiへ。
通常のフェスティバルと同様のハンドクラフト、ステージ、フード、ワークショップの他に・・・








健康関連のブースが結構あって賑わっていたのが少し微笑ましかったです。


健康セミナーも大盛況!



イェルガワのラトヴィーテ先生のところにてクアクレのレッスン。
イェルガワには宮殿跡に入った大学など美しい建物が色々あります。


夏至祭にまつわる民謡をたくさん教えてもらいました。
そしてアレンジを加える上で大切なポイントを教わり、ラトビアの民謡を大切にしようと改めて心に誓いました!



旧市街をちょっとだけ出てティータイム。
日本に長く留学していた頑張り屋さんの女性と会いました。
このテルバタス通りの一角目にはお洒落でモダンなラトビア雑貨のお店とカフェが数軒ですが並んでいます。
旧市街以外のリガも楽しみたい方は手始めにいかがでしょうか?(^-^)



ラトビア民謡の父、Krišjānis Barons/クリシュヤーニス・バロンスの博物館に行ってきました。


博物館フロアにあがる階段の窓のステンドグラスの美しいこと!


この方がバロンス氏。
ラトビアの大地で口承で伝わってきたダイナという民謡を、ラトビア全土を回って書き起こして体系化して編纂した偉人です。
ラトビアの伝統を尊敬し、音楽を演奏している身としては引き締まる思いがしました。


バロンス氏が実際に暮らしていた部屋に当時の作業机や体系化して民謡を書き納めた「民謡の棚」のレプリカなどが展示されています。
氏の名前がついているKr.Barona通り3-5にありますので、興味のある方は行ってみてください!






ちなみにかつて私がリガで暮らしていた時のアパートはKr.Valdemāra通りに面していたのですが、この方がヴァルデマールス氏!
バロンス氏と交流があったようで写真が展示されていたのですが、やっと会えた!という気持ちになりました☆



6月14日は特別なコンサートへ。
1941年のこの日、何の罪もない15,000人以上のラトビア人が当時のソ連当局によって家畜用車輌に詰め込まれシベリアに送られ、その後も大量流刑は続きました。
この日は喪章のついた国旗が掲げられ、様々な追悼コンサートも開催されました。
私はラトビア人協会会館で開催されたコンサートへ。
演目はカンタータ 『Dievs,Tava zeme deg!/神よ、あなたの大地が燃えている!』。


本当に胸を打つ素晴らしいコンサートでした。
余りにも感動したので終演後に衝動的に指揮者の方に声を掛けてしまいました。
指揮者のお父様もシベリアに送られたそうで「感情的になってしまいました。」との言葉が返ってきて、何も言えませんでした。


・・・滞在日記はまだまだ続きます。



コメント

2019年夏 ラトビア滞在日記 その3

2019年06月17日 | 《19'夏 ラトビア滞在》
引き続き滞在日記です。


日本の旅行会社の視察団の方々とMiela ielaにあるカフェに行ってきました。
この通りはアーティストが集まるエリアで、世界で一番ヒップスターな地区に選ばれた事もあります。
どうしても短期滞在になりがちなラトビアですが、噛めば噛むほどの国なので少しでも長く味わえるツアーが増えますように!
ちなみにリガは居心地のいいカフェがいっぱい!カフェ巡りも楽しいですよ♪



取引先のCDレーベルオーナーの自宅へ。
新作アルバムを色々仕入れてきました。


お喋りしながら出してくれた黒パンと手作りバターが美味しすぎてやめられず…。
黒パンは焼けた時だけオープンするという古都ツェースィスにあるパン屋さんのものだそうです。
もう一回食べたい…!


滞在中にちょうど最新アルバムが届きました!
ラトビアのポストフォークロア音楽のコンピレーションアルバムSVIESTS8です。


今秋来日する大御所バンドAuļiのメンバーとも運良く知り合う事ができました♪
日本公演をとても楽しみにしているそうです。
レーベルのオーナ夫妻、Auļiのメンバーと届きたてのCDを持って記念撮影。



Baznīcu naktsというイベントへ。
「教会の夜」という意味で、ラトビア中のあちらこちらの教会が夜間に開放されて、コンサートやエクスカーションなどが行われました。
私はまず聖ヨハネ教会での小編成のオーケストラと合唱団によるコンサートへ。
ラトビアを含む5ヶ国のララバイが演奏され素晴らしかったです!!


続いてリガ大聖堂でのパイプオルガンコンサートとキャンドルサービスへ。


荘厳な音色が五臓六腑に響きました!


今回は演奏の様子がモニターに映し出されたので、奏法が見えて面白かったです。


フィナーレのキャンドルサービスでは初めて真っ暗な教会を経験しました。
キャンドルに火を灯すと何とも言えない神秘的な空間に。


その後、ミサが始まったので会場を後にしました。
このイベントは毎年第一金曜日に開催されていますので是非♪
https://baznicunakts.lv



この時期のお楽しみの一つ、蚤の市へ。
ラトビアの古いもの、周辺国から流れてきたものなど、お宝ザクザク!
馴染みのおじいさんに再会できて嬉しかったです。



ちょっとした打合せを兼ねてミトンのイベントへ。




熟練のニッターさんが丹精込めた編んだミトンは本当に美しい!!





フォークダンスグループDandariの2ndアルバムを記念したフォークダンスの集いに行ってきました。


生演奏のBGMと長時間のフォークダンスパフォーマンス。
途中美味しいケータリングサービス休憩を挟み、見学者も一緒に踊りながらの楽しい楽しい夜でした!
この空気を少しずつでも日本で表現したいです。



友人と朝食へ。
何気ない一言でこれまで何度も気持ちを楽にさせてくれた大切な友達です。
ちなみにラトビアのパン屋さんは対面で注文するのが一般的。
たいていイートインもできるので手軽にお腹を満たしたいときに重宝します。



ダウガワ川対岸にあるĀgenskalna tirgus(市場)へ。


市場としてはリノベーション中で規模も小さいのですが、毎週末にテーマを持ってイベントを開催しています。
この日は蚤の市と、、、


ブラスバンドのコンサート。



クアクレのレッスンへ。
初めて教わるアンシス先生、惜しみなく色々なテクニックを教授してくれました。
自分の音を模索中の私にとって、目から鱗の連続で鼻血が出そうになりました!
育児を言い訳にせず、帰国してからも練習に励みたいと心から思いました。
そしてやっぱりこの楽器が大好きだと改めて深く感じました!



レッスンのかけもち。
午後からは以前から習っている師匠、ラトヴィーテ先生のところへ。
リガを離れ、煉瓦造りが目立つ美しい町、イェルガワにて。




夏至祭にまつわる民謡をあれこれ教えてもらいました。
アレンジの仕方も色々教わり、スティックを使う方法も教わりました!
楽しかった!!



・・・滞在日記はまだまだ続きます。
コメント (2)