SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2021.07.20 東京オリンピック・パラリンピック 富士市文化プログラム 3か国音楽コンサート@富士市文化会館ロゼシアター
◇2021.07.20 SPEAKER STACK第4話、寄稿しました。

ラトビアの春分祭、Lielā diena/ リエラー・ディエナ

2021年03月20日 | ラトビア情報
今日は春分の日。
ラトビアではLielā diena/ リエラー・ディエナと呼ばれ、季節の節目の日です。
春分祭では猫柳、色を付けた卵、ブランコが必須アイテムです。

猫柳では親しい人のお尻を叩きます。
叩きながら唱える言葉は、日本の節分の「鬼は外、福は内」のように
「猫柳のように丸く、小枝のように柔らかく、昇る日のように美しくあれ。病気は外へ、健康は内へ。」
ふさふさの部分の丸さが太陽、ひいては健康で満ち足りた状態を表しています。


次に玉ねぎの皮で染めたゆで卵。
このゆで卵でこつんとぶつけ合って今年を占う「卵の戦い」を行います。
卵の丸みで太陽=永遠の命を表現しています。
※この卵の作り方は過去のブログをご参照ください。


最後にブランコ。
ブランコを漕ぐことで夏に蚊やウマバエに刺されないようにと願います。
ブランコの描く軌道で太陽の移動する軌道を表しています。


春分が終わるといよいよ春本番。
夏に向けて季節は進みます。
コメント

ラトビアの立春祭、Meteņi/ メテニ

2021年02月03日 | ラトビア情報


今日は立春。
ラトビアでもMeteņi/ メテニという季節の節目の日です。
写真の仮装は大地を目覚めさせてくれるBudēļi/ブデーリという存在。
田畑を練り歩き、豊穣の神Jumis/ユミスを覚醒させ、この年の豊穣をもたらしてくれます。
同時に家々を練り歩き、枝の束で女性のお尻を叩きます。
枝の束で叩かれた女性には健康と出産の可能性がもたらせれます。
繁栄をもたらし春の到来を示唆するブデーリたちはとても喜ばしい存在なのです。

また、越冬の始まりである立冬祭、冬真っ只中の冬至祭と併せて続いた仮装行列はこの日を持って終了します。
春はすぐそこまで来ています。
コメント

ラトビアとリガについて

2020年05月12日 | ラトビア情報
今更ですが・・・、きちんとブログで書いたことがなかったので、『ラトビア』と『リガ』について紹介しておきたいと思います♪




正式名称 :Latvijas Republika/ラトビア共和国、EU加盟国、公用語はラトビア語、通貨はユーロ。

北ヨーロッパ、バルト三国の中央に位置し、北海道の約77%の国土に200万人弱の人々が暮らす小さな国です。
国土の半数以上を森が占め、河川や湖が点在する自然豊かな土地で、稀少な動植物も生息しています。
最高峰でも標高312mしかないため、少し高いところへ登ると美しい大地がどこまでも広がるのを感じることができます。
北海道を彷彿とする四季があり、新芽が芽吹く緑眩しい春、花の咲き誇る色鮮やかな夏、黄金色に輝く紅葉の秋、白と黒のコントラストが眩い白銀の冬と季節はめぐります。
ラトビア人はこうした四季の移ろいに添った生活の楽しみ方を熟知しており、春先は白樺の樹液ジュースを採取し、夏はベリー摘みに出かけ、秋はキノコ狩りへ出かけます。
多くの人が田舎に別宅を持っていて、都会で暮らす人々も時間があれば自然の中で過ごします。

緯度が高く、夏と冬で日照時間が大きく異なる為、古来より太陽の動きを重要視し、その節目に祭祀を行ってきました。
特に夏至祭は民族衣装を身に纏って盛大にお祝いする代表的なお祭りです。
こうしたお祭りで欠かせないのが「歌」で、ラトビア人は「歌う民」と呼ばれています。
日々の生活、年中行事、冠婚葬祭の全てが詰まった民謡「ダイナ」は100万篇以上あると言われ、その自然観や伝統の結晶です。
ユネスコ無形文化遺産でもある「歌と踊りの祭典」は5年に一度開催され、フィナーレでは何と15,400人の大合唱が空気と一体となって深夜まで響き渡ります。
 
また、その豊かな自然や穏やかで忍耐強い国民性を背景にして、ミトンに代表される編み物、麻やウールの織物、樫や林檎の木などから作られる木製品、柳編みのバスケットなど美しい手仕事でも溢れています。




首都 Rīga/リガ。

リガは中心部にある旧市街全体が世界遺産で、ハンザ同盟時代から残る建築群が中世の雰囲気を今に伝える情緒ある街です。
馬車の轍の跡が残る細い路地や、時間をかけて丸くなった敷石からは歴史の積み重ねを感じ、「城通り」「職人通り」といった通りの名前からは当時の様子に思いを馳せることができます。
夜の街灯に照らされたり、雨に濡れて輝く石畳にはまた別の美しさが。
西側を流れるダウガヴァ川の対岸から旧市街を眺めると、教会の尖塔が立ち並ぶパノラマ風景を楽しめます。
また、頻繁に花束を贈る習慣があるラトビア人にとって花は生活の一部。
世界トップレベルのオペラやオーケストラなどの音楽も身近で楽しめる環境にあるので、旧市街はただ中世の面影を残すだけではなく、花や音楽、滲み出るラトビアの奥深い伝統文化が重なり合って独特の雰囲気を作っています。

更には世界最多の棟数を誇るアールヌーボー建築群やラトビア独特の木造建築群がリガの街に色を添えており、これらも世界遺産の一部を構成しています。
クリスマスツリー発祥の地というとっておきの一面もあります。

コメント

ラトビア独立回復記念日30周年

2020年05月04日 | ラトビア情報


今日5月4日はラトビアの独立回復記念日です。
1918年11月18日に歴史上初めて独立を果たし華やかな時代が続いたラトビアでしたが、
1940年6月に旧ソ連の占領が始まりその時が止まりました。
その後苦難の時代が続きましたが1989年8月バルト三国の国民が手を繋いだ人間の鎖による独立運動を契機に、
1990年の今日、旧ソ連からの独立回復を宣言しました。

今年は30周年の節目の年。
本来なら例年より一層盛大に祝賀イベントが開催されたと思いますが、
今年は皆さんそれぞれがお家でお祝いすることでしょう♪

Apsveicu, Latvijas Republikas neatkarības atjaunošanas 30. gadadienā!
コメント

リガのお勧めスポット

2020年04月29日 | ラトビア情報
旧市街の雰囲気だけでも充分楽しめるリガですが、リガの面白さの真骨頂は旧市街以外にあります。
リガの人達は本当にお洒落!!
唸るセンスでリノベーションされたカフェやレストラン、心躍るイベントなどが沢山あります。
ラトビアにゆっくり滞在される方は、旧市街を出てディープな本当のリガを楽しんでみて下さい♪

観光客の方も行きやすいスポットを紹介してみたいと思います。

Kalnciema kvartāls
http://www.kalnciemaiela.lv
毎週土曜日開催のファーマーズマーケットが人気です。
サマーシーズンには毎週木曜日の夜にコンサートも。


Spīķeru kvartālls
https://www.spikeri.lv
リノベーションされた煉瓦倉庫に囲まれたスペースで
サマーシーズンを中心にフードイベントや蚤の市などが開催されます。


Berga bazārs
http://www.bergabazars.lv
同名のホテルを中心とした小さな高級ショッピングセンターです。
サマーシーズンによくオープンエアコンサートが開催されます。


Miera iela
https://www.facebook.com/Mieriela/
アーティストが多く住んでいるエリアです。
カフェやバー、チョコレートで有名なLaimaのチョコレート博物館があります。


Kaņepes kultūras centrs
https://www.facebook.com/Zoo.KKc
ローカルなリガっ子で賑わうカフェ・バーが一体となった中庭付きの建物です。
カルチャーイベントなども開催されています。


Ķīpsala
特に何があるという訳でもないのですが、ダウガワ川と木造建築群に挟まれた通りにはコロコロの石畳・・・。
北端にはレストランもあるのでお散歩すると心地良いです。


Tallinas ielas kvartāls
https://www.facebook.com/Tallinasielaskvartals/
まだ行ったことがないのですが、ディープなリガらしいスポットが出来ているそうです。
次回ラトビア訪問時に行ってみます!
コメント