SUBARUのラトビア便り。

神戸にあるラトビア雑貨専門店SUBARUの店主がラトビア共和国やお店のこと、自身の活動について綴っています。

(撮影:2016.06 ラトビア野外博物館 民芸市)





お知らせ
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.09.01 ラトビア音楽ユニット「ウズマニーブ」の情報はコチラから。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!。→
◇2018.04.20 大阪保険医雑誌 2018年4月号 に寄稿しました。
◇2018.05.24-06.28 29書房@布屋ビル/大分県大分市→
◇2018.06.01-06 フィンツアー合同企画 ラトビア森の民芸市6日間、開催しました。→
◇2018.11.25 こうべガーデンカフェ@須磨離宮公園、ラトビア押しの一日になります♪

◆店主出産のため2018年5月上旬より当分の間休業させていただくこととなりました。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただきますようよろしくお願い申し上げます。詳しくはコチラをご覧ください。

ラトビア紹介のパンフレットを作ってみました。

2018年06月14日 | お知らせ


時間が出来たら取り掛かりたいと思っていたことの一つ、ラトビアを紹介するパンフレットの作成。
様々な面から魅力があるラトビア、SUBARUの趣向と違う関心をお持ちの方でも楽しめるラトビアについて
手っ取り早く伝えることのできるものがあればいいなぁと常日頃から思っていました。
産休に入って時間ができたので一気に作成!
お渡しできるのは復帰後になりますが、機会があるごとにお配りしたいと思っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『SUBARUプロデュース ラトビア森の民芸市6日間』のレポート

2018年06月12日 | イベント情報(旅行関連)
ラトビア雑貨の専門店SUBARUプロデュース ラトビア森の民芸市6日間』が無事に終了したということで、
フィンツアーさんからたくさんお写真をいただきました。
私は産休中のため同行できなかったのですが、添乗員さんやフィンツアースタッフの皆様、通訳さん、
ラトビアの皆さんおかげで大きなアクシデントもなく終えることができました。
心配だったお天気にも恵まれたようで安堵しています。
いただいた写真で私の妄想を含むツアーレポートを書きたいと思います。

往復はフィンエアーを利用。ラトビアへ行くのに一番早くて便利!
成田、中部、関空からヘルシンキ直行便が出ていて、短い待ち時間でリガ行きの飛行機に乗り換えることができます。


今回のホテルも旧市街南端にあるHotel Avalonを利用。
朝食のビュッフェメニューの種類が豊富だったそうです。


ツアーのタイトルにもなっている民芸市!
森の中にある広い広い会場です。


民芸市ではラトビアのあらゆる伝統工芸品や作家さんによる手仕事を買うことができます。
あまりのブースの多さに高揚感は一気にマックスに!
デモンストレーションを見学できるブースもあります。


































食べ物を販売しているブースも色々ありますので、味の思い出も買うことができます。




お買い物の合間に是非楽しんでいただきたいのがステージプログラム!
ラトビアに伝わる音楽やフォークダンスを楽しめます。


それと通常の博物館エリア!
中には調度品が並び、民族衣装を着たスタッフの方が暮らしているかのように室内にいるので
ラトビアの昔の生活を垣間見ることができます。


お腹が減ったらフードコートエリアへ!
出来たてほやほやのラトビアの郷土料理を指差しで注文できます。




今回のツアーでは民芸市は1日滞在or1.5日滞在とお選びいただきました。
民芸市以外の時間はリガ市内観光です。
丸ごと世界遺産の旧市街は歴史の重みがあり、どこを切り取っても絵になる美しい街です。






旧市街の街歩きに疲れたらカフェで休憩がおススメです。


民芸市1日滞在コースの方は、翌日にラトビア人の台所・中央市場なども観光していただきました。




ツアーのもう一つの目玉、バスケット職人さんのサマーハウスへ!
リガを離れた自然のど真ん中にあるサマーハウスにてラトビア人の夏の過ごし方を感じていただきました。
バスケットの素材である柳の畑の見学やトレー作りのワークショップにもチャレンジ!
皆さんとても上手に作っていたと職人さんからも連絡がありました。














最後の夜の晩餐は旧市街にある大人気レストラン、3 Pavaru restoransにて。
美味しさ、サーブ、雰囲気、どれをとってもお勧めのレストランです♪




・・・という訳で、今年もツアーを終えることができました。
このツアーを通じて、美しいラトビアの国土とそこで毎日をきちんと暮らすラトビアの人々のこと、
辛い歴史をくぐり抜けたラトビア人が誇りに思い大切にしていることを感じていただけたらと願っています。
私のこうした思いを組んで半年以上に渡りきめ細かいケアをしてくださったフィンツアーの皆様、ラトビアの皆様、
そしてツアーにご参加いただいた皆様、気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました!!!

来年2019年もツアーを企画予定ですので、気になる方がいらっしゃいましたら心のご準備をお願いします♪


余談ですが、今年建国100周年を迎え、5年に一度開催の「歌と踊りの祭典」があるラトビア。
今年しか買えないこのような記念のお買い物も楽しめます!
これからラトビアにいらっしゃる方はこのスペシャル・イヤーを存分にお楽しみください。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせ:カゴのある暮らし展@阪急うめだ本店

2018年06月06日 | イベント情報


『バルト三国と北欧の夏至祭』に引き続き、本日より「スーク暮しのアトリエ」にてバルト三国や沖縄のカゴ・木工品等が特集されています。
ラトビアのバスケットを中心にお届けしていますので、その美しい手仕事を是非ご覧ください。

*会場 阪急うめだ本店 10F「うめだスーク」北街区 暮しのアトリエ

*会期 2018年6月6日(水)-12日(火)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラトビアのカゴバッグと雑貨展 SUBARU pop up@zee、始まりました!

2018年06月01日 | イベント情報
札幌市にあるzeeさんでのイベント、『ラトビアのカゴバッグと雑貨展 SUBARU pop up@zee』が本日より始まりました!
zeeさんから届いた写真で店内の様子をご紹介したいと思います。

zeeさんはセンスの光るお洋服のセレクトショップのお店。
その落ち着いた空間にラトビアの手仕事も溶け込んでいてとても嬉しいです♪




手編みのバスケットや一点ずつこだわって作られている木製キッチンツール、


丈夫なリネンの織物や


ラトビアの伝統文様が織り込まれたビーズアクセサリー、


手編みのミトンや手編み用キット、著書「持ち帰りたいラトビア」もお届けしています。


いずれも職人さんの手でしっかりと作られた飽きのこないアイテムばかりです。
北海道の皆様、zeeさんに足をお運びいただきどうぞじっくりとご覧ください!

*会場 北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6 レクシブ裏参道5F zee(ゼー)
    http://zee-sapporo.com/

*会期 2018年6月1日(金)-10日(日) 12:00~19:30
    (定休日 水曜日、毎月第一木曜)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせ:ラトビアのカゴバッグと雑貨展 SUBARU pop up@zee/札幌市中央区

2018年05月25日 | イベント情報


札幌にあるとっても素敵なお洋服のセレクトショップ、zeeさんでイベントをさせていただくことになりました。
デザイナーさんや作家さんと直接お会いになってセレクトされている上質な品々が並ぶ店内に、ラトビアの手仕事も一緒に並べていただけます。
お届けするのはラトビアの職人さん達が一点ずつきちんと作りあげたバスケットや織物、木製キッチンツール、編み物などの手工芸品。
いずれも素朴で丈夫、末永くご愛用いただけるものばかりです。
ぜひこの機会に直接お手に取ってご覧ください。

*会場 北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6 レクシブ裏参道5F zee(ゼー)
    http://zee-sapporo.com/

*会期 2018年6月1日(金)-10日(日) 12:00~19:30
    (定休日 水曜日、毎月第一木曜)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29書房@布屋ビル、始まりました!

2018年05月24日 | イベント情報
大分市の布屋ビルさんでのイベント『29書房』が本日より始まりました!
布屋ビルさんのこだわりが詰まった期間限定の図書室です。
会期は一カ月以上ありますので、繰り返し訪れてじっくりとお楽しみください。

布屋ビルさんから届いた店内の様子をちらり。


日本で発行されたラトビア絵本の展示コーナー。
絶版の絵本もありいずれも非売品ですが、会場にてゆっくりお読みください。


数点ですが、ラトビアのエコバッグも販売していただいています。



『29(fuku)書房』

*会場 大分県大分市中央町3-6-29 布屋ビル別館

*会期 2018年5月24日(木)-6月28日(木) 10:00-18:00
    火・水休み、金曜日のみ20時まで営業

古本、エコバッグ、作家物販売
本のレンタル
ラトビアの絵本(日本語訳)の展示

イベントの様子は布屋ビルさんのブログでお楽しみください。
https://nunoyabiru.exblog.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせ:バルト三国と北欧の夏至祭@阪急うめだ本店

2018年05月23日 | イベント情報


5月30日(水)から1週間阪急うめだ本店10F「うめだスーク」で開催される『バルト三国と北欧の夏至祭』に出店します。
バルトの国々で大切にされている夏至のお祭りテーマに、それぞれの国の素朴で温かみあるハンドクラフトが並びます。
SUBARUからはラトビアの手編みミトンやキット、バスケット、木製キッチンアイテム、織物、陶器、オーナメント等をお届けします。
著書「持ち帰りたいラトビア」やラトビア伝統音楽のCDも♪
バルト三国の夏を感じに、ぜひ会場に足をお運びください。

*会場 阪急うめだ本店 10F「うめだスーク」中央街区パーク

*会期 2018年5月30日(水)-6月5日(火)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせ:29書房@布屋ビル/大分県大分市

2018年05月19日 | イベント情報
いつもお世話になっている大分市の布屋ビルさんでの企画展にちょこっと参加させていただきます。
タイトルが「29書房」、テーマが「本」のこのイベントでは、布屋ビルさんに期間限定の小さな図書館が出現します。
管理人さんオススメ本の紹介やレンタル、外国の絵本の展示やお客様の持ち寄りによる古本販売、
本を入れるのにぴったりなカバンの販売など、本好きさんにはたまらないイベントです。
お近くの方はぜひお立ち寄りください。



*会場 大分県大分市中央町3-6-29 布屋ビル別館
    http://nunoyabiru.exblog.jp/

*会期 2018年5月24日(木)-6月28日(木) 10:00-18:00
    火・水休み、金曜日のみ20時まで営業


今回SUBARUからはラトビアのエコバッグを少しだけ納品しています。
他に展示用として日本で発行されたラトビアの絵本をお預けしています。
日本語で出版されているラトビアの絵本はこれが全てのはず。
今まで自分のコレクションにしていましたが、今回布屋ビルさんでお披露目の機会をいただきました。
絶版の絵本もありいずれも非売品ですが、会場でじっくりとご覧ください!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Instagramより商品紹介(2018.04-05)

2018年05月07日 | 商品紹介
まもなく産休に入るため、昨日の営業を持って実店舗はお休みに入りました。
爽やかなお天気が続いたGW、古くからのお客様や遠方からのお客様、友人、お世話になった方々など大勢の方にご来店いただきました。
本当にありがとうございました!

4-5月にInstagramにアップした写真を使った商品のご紹介です。
売り切れのものもありますが、SUBARUで取り扱っているアイテムの雰囲気をお伝えできればと思っています。
一部商品はオンラインショップでもお買い上げいただけますのでよろしくお願いいたしますm(__)m
(※産休の為、オンラインショップは5月9日(水)を最終営業日とさせていただきます。)

白樺のオーナメント、鳥笛、リネン/コットンのクロス。イースターを意識しました♪


白樺細工のサイコロ、木とバスケットの小皿、ビンテージの刺繍ハンカチ、リネン/コットンのテーブルクロス。


リネン製手織りのストール。


手編みのドイリー、ビンテージの水差し。


バスケット、ビンテージのハンカチと陶製人形。


洋梨型のトレイ兼カッティングボート、ラトビア文様のオーナメント、リネンのテーブルセンター。


あちこちの工房で作ってもらったバスケットたち。


ラトビア・ミトン柄で編まれた枕カバー、ラトビア文様入りコースター、フクロウの陶製置き物。


リネンのテーブルクロス、S&Pラック、くるみ割りキノコ、ビンテージのラトガレ陶器とリーヴァーニガラス。


バスケットとリネン製手織りのストール。


リネン/コットンのテーブルクロス、オークのレードル、ラトビアの伝統的なリボン・プリエヴィーテス。


バスケットとリネン製手織りのストール。


ラトビア文様と琥珀が付いた木製飾り皿、リーヴァーニガラス、いずれもビンテージ品。


バスケット、木製カトラリー、紙製コースター、リネン/コットンのクロス。


手織りのテーブルセンター、ヴィンテージのクルゼメ陶器、ネズの木のコースター。


手織りのテーブルセンター、ハンノキの鍋敷き、ラトビアの伝統的なアクセサリー。



今後の予定ですが、産休期間中に幾つかイベントへの参加が決まっています。
詳細が確定次第、こちらのブログでお知らせいたします。
また、オンラインショップ、演奏・講演活動、事務所業務は今年の初秋に、実店舗は来年2019年の春に再開を予定しております(保育園事情によりますが…)。
復帰の際には新たな目線も加えながらラトビアの手仕事や文化をより理解し、お伝えできればいいなぁと思っています。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


【CM】
①絶賛(?)発売中の著書『持ち帰りたいラトビア: SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』もよろしくお願いいたします!
全国大手書店やAmazon等でお買い求めいただけます。

②ラトビア音楽ユニット「ウズマニーブ」の1stミニアルバムが昨年10月にリリースされました!
AmazonやCDショップ店頭でお取り寄せしていただけます。
また、iTunesamazonデジタルミュージックではダウンロードでお買い求めいただけます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

SUKOYAKAペッパー

2018年05月01日 | メディア情報


京都府内の病院で配布されているSUKOYAKAペッパー2018年5・6月号の「名作待合室」のコーナーで、著書『持ち帰りたいラトビア』を紹介していただきました。
今号のインタビューに登場しているラトビアのバスアイテム専門店LATVIA HAZESTENDERSのオーナー様にご紹介いただきました。
京都府下の皆様、機会がございましたら是非ご一読ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加