SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

ミグラテールにて連載中!





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◇2022.11.14 『ラトビアのミトン200』誠文堂新光社より刊行!→
◇2023.08.04 ミグラテールにて連載「SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅」が始まりました!→

ミグラテール『SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅』新着記事のお知らせ

2024年04月03日 | メディア情報


「つくる」を楽しむ手芸と手仕事のWebマガジンMigrateur ミグラテール(誠文堂新光社運営)にて最新記事が公開されました。

手仕事大国ラトビアを旅する際のお楽しみの一つがお買い物。
特にバスケットのお買い物は外せません。
そこで、日本で一番有名であろうラトビアのバスケット職人さんご一家が経営する工房と宿泊施設を紹介します。
ラトビアを旅行される際にご参考にぜひ!

vol.15 手仕事に出会えるおすすめショップ ⑤Pinumu Pasaule ⑥Kalndaķi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ライブ出演のお知らせ:ハレステンマ2024 7th北欧の森音楽会@嬉野ふるさと会館前広場

2024年04月02日 | イベント情報


とっても楽しそうな音楽イベントにお声かけいただきました!
ラトビア音楽ユニットウズマニーブで出演させていただきます。
北欧音楽ファンの皆様に、ラトビアの伝統音楽も好きになっていただけるよう頑張ります。
GWですので是非お出かけください。晴れますように!


ハレステンマ2024  7th北欧の森音楽会

ハレステンマ HARE Stammanは”ホクモリ”でお馴染みの屋外参加型音楽イベント『北欧の森音楽会』の新呼称。
スウェーデンスタイルの参加型音楽イベント。
北欧音楽のステージ、北欧音楽、ダンスのワークショップ、アルスペル(全員合奏)など、北欧伝統音楽を通じてみんなが楽しめるイベントです。
誰でも参加できるのがハレステンマ。ステージを見たりワークショップに参加したり、セッションしたりして思い思いにお過ごしください。
楽器が出来る方はぜひ楽器持参でご参加ください♪

日時:2024/5/3(金祝)Open 11:30 |Start12:00 (16:30終了予定)
会場:嬉野ふるさと会館前広場 三重県松阪市嬉野権現前町423-88
入場料:前売・予約2,500円/当日3,000円 ※小学生以下無料
主催:北欧の森音楽会実行委員会
お問い合わせ:サハラブルー info@saharableu.com/0598-22-1174

※イベント詳細やタイムスケジュール、チケットの入手につきましては公式HPをご覧ください。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月の営業日

2024年03月31日 | お知らせ


※都合により4月17日は臨時休業いたします。

ついに春の陽気が!
お出かけついでにぜひお立ち寄りください。


【お知らせ】
「ラトビアの台所」展
会場:大分県別府市小倉4組-3 A:GOSSE
会期:2024年4月19日(金)-27日(土)


ハレステンマ2024  7th北欧の森音楽会
会場:嬉野ふるさと会館前広場 三重県松阪市嬉野権現前町423-88
日時:2024/5/3(金祝)Open 11:30 |Start12:00
公式HP
(ウズマニーブで出演します。)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イベントのお知らせ:「ラトビアの台所」展@大分県別府市 A:GOSSE

2024年03月29日 | イベント情報


いつもお世話になっているCountryMarketさんプレゼンツのイベントです。
会場は1年半ぶり、大分県別府市の超人気パン屋さんのアーゴスさん。
ラトビアのキッチンツールを主役にするイベントを開催したいと、CountryMarketさんが企画を温めてくださいました。
手にしっくり馴染む木製品などいかがでしょうか?

====================

「ラトビアの台所」展

緑豊かな大地で暮らしてきたラトビアの人々。
台所まわりで必要なものは、自然の産物を材料にして作りだしてきました。
素材を熟知したラトビアの職人さんたちが生み出す木製キッチンツール、バスケット、織物などは日々の暮らしを豊かにしてくれます。
日本の食卓にもなじむ手仕事をぜひご活用ください。

会場◇大分県別府市小倉4組-3 A:GOSSE
会期◇2024年4月19日(金)-27日(土) 9:00-18:00 ※21日(日)・22日(月)は店休日
企画◇CountryMarket1991
提供◇SUBARU

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラトビアからバスケットが届きました!

2024年03月28日 | 商品紹介
来月のイベントに向けてオーダーしていたバスケットが先日到着しました。
(イベントについては改めてお知らせします♪)



卓上で使いやすいサイズ、しかも可愛いデザインのものが入荷しています。


トレイやじゃがいも用(!)も届きました。


ラトビアのバスケットは丈夫で水洗いOKなのでキッチン回りでもどこでも本当に重宝します。

ハンドル付きのバスケットを拡大してご紹介♪












それぞれデザインに可愛いチャームポイントがあります。

SUBARU店頭のほか、準備ができたものからオンラインショップへも順次掲載します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミグラテール『SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅』新着記事のお知らせ

2024年03月20日 | メディア情報


「つくる」を楽しむ手芸と手仕事のWebマガジンMigrateur ミグラテール(誠文堂新光社運営)にて最新記事が公開されました。

今日は春分。ラトビアでも季節の節目の大切な日です。
ラトビアではどのように祝うのか、もうすぐやってくるイースターにも触れていますので、是非ご一読ください。

vol.14 ラトビアの伝統的な春分祭とイースター
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「勇士ラチプレシス」

2024年03月17日 | ラトビア情報


勇士ラチプレシス。
日本で、日本語で、最初に出版されたラトビアの物語です。
1953年に講談社の世界名作全集(ほかは、トム・ソーヤ―の冒険、ガリバー旅行記、アーサー王物語などの誰もが知るような名作ばかり!)の一つとして出版されました。

歌う民の国、ラトビア。
原文は4800篇のダイナ(民謡)で、詩人 Andrejs Pumpurs(アンドレイス・プンプルス、1841-1902)が文学作品「Lāčplēsis/ラーチュプレーシス」としてまとめあげました。
ラトビアでの初版の発刊は1888年のことでした。
まだ独立国家としてのラトビアは誕生していませんでしたが、ちょうどラトビア人が民族として覚醒し始めた頃のことです。
ラトビアの人々の間で伝わってきた民謡から生まれたこの作品は、英雄譚でありながら、ラトビア人の心を代弁しているかのような唯一無二の大切な物語なのです。


この本の存在を知って以来ずっと欲しいと思っていましたが、古い本なので流通しておらず、インターネットで探しても見つかりませんでした。
が、ついに!ウギス・ナステビッチさんの情報提供のおかげで入手することができました!
届いた時の興奮たるや・・・。










挿絵は有岡一郎氏ですが、巻頭には原本の絵も4点掲載されていました。


長編なのでまだ読めていないのですが、邦訳版の著者の袋一平氏による前書きと那須辰造氏による解説に感動しました。
邦訳版が出版された1953年といえば、旧ソ連占領下の時代。
旧ソ連を構成する共和国の一つとしてではなく、ラトビアという国と民族とその文化への深い敬意と理解が伝わってきました。
情報が正確に届かなかったであろう時代のご尽力に心が打ち震えます。



とても貴重な宝物がまた一つ増えました。
気になる方がいらっしゃいましたらお声かけください。

そして!ウギス・ナステビッチさん用にさらに貴重な初版を入手。
一時的に私の手元に「勇士ラチプレシス」が2冊も揃うというミラクルが起こっています!




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラトビアの伝統的なオーナメント作り

2024年03月15日 | ラトビア情報
昨年ラトビア滞在時にオーナメント作りの教室で作ってきたパーツたち。
そのまま手付かずだったのですが、色々落ち着いたのでようやく完成させました!

太陽を表すオーナメント・サウリーテ。大きいのは変形型!


折に触れて解説していますが、プズリも作りました。


プズリの隅に毛糸を結び、「より」をほどきました。


サウリーテとプズリを組み合わせ。


大きいサウリーテに取り付け。


中央部のパーツは周囲より大きめで、プズリも2つ使用。


それを中央部に取り付け。


天井から吊るせるように、上部に毛糸をセット。


じゃーん!完成!大満足!




お店には他の作品と併せて飾っていますので、ご来店の際にはじーっとご覧ください♪


※私の作品はいずれも非売品です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

店頭での決済手段拡大のお知らせ

2024年03月13日 | お知らせ


世の流れから随分遅くなりましたが、店頭でのお支払いの決済手段が増えました!
操作にまごつくと思いますが、よろしくお願いいたします。

※オンラインショップでは電子マネーやQR決済はご利用いただけません。
お振込かクレジットカード決済にてお買い物ください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミグラテール『SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅』新着記事のお知らせ

2024年03月06日 | メディア情報


「つくる」を楽しむ手芸と手仕事のWebマガジンMigrateur ミグラテール(誠文堂新光社運営)にて最新記事が公開されました。

職人さん探訪記その5です。
今回紹介するのはバスケット職人のウルディスさんですが、もうこの世にはいらっしゃいません。
闘病中だと聞いたのは、コロナの制限で渡航できずにいた2022年の7月26日。
そしてお会いできないまま1カ月後の8月27日にお亡くなりになりました。
ラトビアの職人さんの歴史の一部として、ウルディスさんという優れた職人さんがいたことを何らかの形で記録として残したいと思い、ご家族の許可を得てこの記事を書きました。
私の勝手な自己満足ではありますが、ご一読いただけましたらありがたく思います。

vol.13 職人さん探訪記その5 バスケット職人ウルディスさん
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする