SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

(撮影:2013.06 Limbaži)





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.03.16 体験ギフトの「SOW EXPERIENCE」で各種ワークショップを掲載中!→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◆2019.09.17 神戸市須磨区に移転オープン!!
◇2020.03.13 『TRANSIT47号 バルトの光を探して』に協力しました。
◇2020.11.18 リトルプレス 『SUBARUのラトビア紀行 Lodziņš Nr.1』発刊しました!
◇2021.07.20 東京オリンピック・パラリンピック 富士市文化プログラム 3か国音楽コンサート@富士市文化会館ロゼシアター
◇2021.07.20 SPEAKER STACK第4話、寄稿しました。

SPEAKER STACK第4話、寄稿しました。

2021年07月20日 | メディア情報


SPEAKER STACK第4話を寄稿しました。
ラトビアで初めて工房巡りをした2010年のことを回想しながら書きました。
ドキドキ興奮したことを覚えています。
お時間がございましたらどうぞご一読ください。

『ラトビアで初の商談』
コメント

「ホッと!HANSHIN」に掲載していただきました。

2021年05月26日 | メディア情報


阪神電車の沿線情報紙「ホッと!HANSHIN」の6月号でSUBARUも紹介していただきました。
特集記事『わくわくするモノとの出会い!途中下車ディスカバリー。』のコーナーで、山陽月見山駅沿線のお店として掲載されています。
阪神電車各駅に設置されていますのでどうぞお手に取ってご一読ください。
また、特集記事はWEB上でもご覧いただけます。

ホッと!HANSHIN 6月号
発行:阪神電気鉄道株式会社
コメント

「co・opステーション」に掲載していただきました。

2021年05月10日 | メディア情報


本日発売の「co・opステーション 2021年6月号」でSUBARUも紹介していただいています。
雑誌なかほどにある『暮らし×雑貨』コーナーにて1ページ丸ごと記事にしていただいています。

ちなみに今号の特集記事は『たのしい!新緑ハイキング』。
今の時期にピッタリですので、是非コープこうべさん店頭でお買い求め下さい。

co・opステーション 2021年6月号
発行:生活協同組合コープ神戸 
コメント

SPEAKER STACK第3話、執筆しました。

2021年03月11日 | メディア情報


SPEAKER STACKの第3話を執筆しました。
近年人気のラトビアの民芸市について、初めて行った2010年のことを回想しながら紹介しています。
民芸市とは?という根本的なことについても少し書きましたので、どうぞご一読ください。

手仕事の聖地 − ラトビアの民芸市
コメント

2/10(水)、関西テレビ「よ~いドン!」に出演します。

2021年02月08日 | メディア情報


2月10日(水)午前中に放送される関西テレビ「よ~いドン!」に出演します。
『となりの人間国宝さん』のコーナーで、山陽電車・月見山駅周辺がロケ地だったそうです。
ぜひご視聴ください!

関西テレビ「よ~いドン!
2021年2月10日(水) 9:50-11:15


<後日談>
番組ではラトビアの写真をふんだんに使っていただきました!嬉しい!
また、『となりの人間国宝さん』にも認定していただきました。
織田信成さん、番組の皆様ありがとうございました。






尚、誰も興味がないと思いますが…、番組ではなぜか42歳と紹介されましたが44歳です。
(友人にサバ読みしてると思われたら恥ずかしいので書いておきます・・・。)

※山陽電車・月見山駅の近隣として取り扱っていただきましたが、電車でお越しの際はJR須磨海浜公園駅が便利です。
コメント