SUBARUのラトビア便り。

ラトビアの伝統・人・自然・暮らし、全てが大好きな店主がお店のことや自身の活動、ラトビアについて綴っています。

ミグラテールにて連載中!





*お知らせ*
◇2016.03.15 『持ち帰りたいラトビア:SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅』誠文堂新光社より出版しました。→
◇2017.07.28 駐日ラトビア共和国大使より感謝状を拝受しました。→
◇2017.10.25 ウズマニーブ1stミニアルバムをリリースしました。→
◇2018.09.20 ラトビア投資開発庁のパンフレットを執筆しました。→
◇2018.09.26 関西日本ラトビア協会の常務理事を拝命しました。→
◇2022.11.14 『ラトビアのミトン200』誠文堂新光社より刊行!→
◇2023.08.04 ミグラテールにて連載「SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅」が始まりました!→

ミグラテール『SUBARU店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅』新着記事のお知らせ

2024年05月15日 | メディア情報


「つくる」を楽しむ手芸と手仕事のWebマガジンMigrateur ミグラテール(誠文堂新光社運営)にて最新記事が公開されました。

前回ラトビアのハーブティー文化を紹介しましたが、今回は生産者さんの訪問記録を書きました。
SUBARUで取り扱っているハーブティーの産地、ウアゾアリニ農園です。
一風変わったワークショップ体験についても書いていますので、ぜひご一読ください。

vol.18 生産者さん探訪記その1 ウアゾアリニ・ハーブ農園


◆「SUBARU」店主 溝口明子のラトビアの手仕事をめぐる旅 バックナンバー◆ 
vol.1 「森の民芸市」レポート(前編)
vol.2 「森の民芸市」レポート(後編)
vol.3 ラトビアの手仕事の歴史(前編)
vol.4 ラトビアの手仕事の歴史(後編)
vol.5 職人さん探訪記その1 バスケット職人アンドリスさん
vol.6 職人さん探訪記その2 白樺細工職人カスパルス・マダラご夫妻(前半) (後半)
vol.7 職人さん探訪記その3 ニッターのギタさん
vol.8 職人さん探訪記その4 プズリと織物の職人アウスマさん(前半) (後半)
vol.9 ラトビアの伝統的な冬至祭とクリスマス
vol.10 手仕事に出会えるおすすめショップ ①SENĀ KLĒTS(セナー・クレーツ) ②Hobbywool(ホビーウール)
vol.11 手仕事に出会えるおすすめショップ ③TĪNES(ティーネス) ④ETMO(エトモ)
vol.12 格別の手仕事、ラトビアの手編みミトン
vol.13 職人さん探訪記その5 バスケット職人ウルディスさん
vol.14 ラトビアの伝統的な春分祭とイースター
vol.15 手仕事に出会えるおすすめショップ⑤Pinumu Pasaule(ピヌム・パサウレ) ⑥Kalndaķi(カルンダキ)
vol.16 ラトビア式サウナ「ピルツ」の楽しみ方
vol.17 ハーブティーのある暮らし
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする