松ちゃんのデジカメ遊び

デジカメ撮影に好奇心旺盛なおじさん。主に、風景、お祭り、花など。カメラはオリンパス E-M1MarkⅡ

奥会津金山町 霧幻峡

2020-07-26 09:34:13 | 

霧幻峡 早三橋から只見川上流方向(午前7時過ぎ)

 

先週の日曜日、前々から行きたいと思っていた奥会津の霧幻峡へ。ここはかつて生活の足として只見川を渡る渡し船があったところを、「霧幻峡の渡し」の名称でよみがえらせたもので、特に7月~8月は川霧が発生するので幻想的な風景が人気となっている。

早朝の川霧を期待し、ひたすら車を走らせ7時前にはカメラマンが数名いた早三橋に到着。案の定、川面は深い霧に包まれて幻想的な光景が広がっていた。ここによく通っているという方から、船は9時からしか出ないよとの情報。それまでに霧が晴れなければいいな等と思いながら、教えてもらった撮影ポイントで川霧が煙る光景を楽しむことに・・・

 

早三橋から

場所を変えて三更船着き場から早三橋を

 

 

三更船着き場には船が出番を待っていた

いろいろと構図を変えて・・・

 

対岸には早戸温泉が見える

もう一つ教えてもらったポイントへ移動したが・・・白一色、川面がみえない

戻ってみると、船頭さんが来て渡しの発着場の早戸船着き場へ向かって行った

早戸船着き場 船頭さんの後ろ姿を撮らせてもらった  

9時過ぎ、霧がだいぶ晴れてきた頃の出船 霧が比較的出ている川の上流へ向かっていった

下流の三更船着き場方向

初めての霧幻峡、最初にしては霧も出たのでラッキーだった。ちょっと残念だったのは、船が出る時間帯にもう少し霧が残ってくれれば・・・と。

この霧幻峡も含めて、只見川沿いの景観は紅葉の時期も期待がもてるところだ。

 

■HPはこちら   https://www.mattyan-photo.net/

にほんブログ村 写真ブログへ

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする