サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

第18回料理サークル「ペチカ」例会報告

2018年12月04日 | ペ-チカ
12月1日(土)午後5時半から東生涯教育センターの料理室で第18回ペチカ例会が
開かれました。今回はアリビーナ・ブレンコーワ先生のご指導で 19名が 4グループに
分かれて「魚のパイ」とヴィネグレット(ビーツのサラダ)を作りました。

ロシア語では рыбный пирог と винегрет です。

サハリン出身のアリビーナ先生です。


まずパイ生地を作りましょう!
人肌に温めた牛乳にドライイースト、卵、砂糖、塩を入れて軽く混ぜ、ふるった小麦粉を
加えてゴムベラでよく混ぜます。だいたい混ざったら手でこねて生地がまとまってきたら
柔らかくしたバターを加えてこねます。
ふわりとラップをかけてタオルで保温して暖かい場所で45ー50分発酵させます。


今日はフィリングに塩鮭を使います。(先生のふるさとのサハリン風パイです)。骨を取って包丁で細かく切ります。
玉ねぎは薄く切って透明になるまで炒めます。


生地がだいたい2倍に膨らんだところで打ち粉をふった台に取り出し、少量を飾り用に
残して 二つに切ります。まずそのひとつを台に広げて麺棒で伸ばしていきます。
だいたい天板の大きさになったらクッキングペーパーを敷いた天板にのせ、
その上に塩鮭と玉ねぎを広げます。


もう一方の生地も同様にに伸ばします。これが蓋になります。ふたをかぶせたらまわりの生地ををぴったり重ねて折り込みます。


残しておいた生地はクッキー型で抜いてパイの上にのせます。
ナイフの先で穴をあけ 15分ほど暖かい場所で休ませ、上に卵黄を塗って照りをつけます。

210-220度に熱したオーブンで20分ほど焼きます。
焼けました!


デザインはそれぞれ個性的ですね。こちらのグループはдед мороз (ロシアのサンタクロース)をイメージしたそうです。


焼きたてのパイにはバターを塗っておきます。


今度はサラダです。
ビーツ、丸ごとゆでたジャガイモ、ニンジン、きゅうりのピクルス、たまねぎなど材料は
すべて小さなキュービック型に切ります。この時大きさをそろえると仕上がりがきれいです。

今回はアリビーナ先生お手製の発酵キャベツもここに加えています。

全部をボウルにいれて塩コショウ、サラダオイル、きゅうりのピクルスの汁で味付けします。

今回はすでに水煮にしてあるパック入りのビーツを使ったので簡単!
「えっ、これだけ?マヨネーズで合えたりしないんですか?」と驚きの声が。
はい、これでできあがりです!

さあ、焼きたてのパイを切ってみましょう。鮭のピンク色がきれいですね。


アリビーナ先生がシベリアのハーブティーを持ってきてくださいました。брусника(コケモモ)入りです。


何より楽しみな試食の時間。Приятного аппетита !


ヴィネグレットにパセリを飾って。


初めて参加された方たちから
「ロシア料理ってボルシチしか知りませんでした。」
「生の玉ねぎは苦手ですが このサラダでは気になりませんね、」
「ビーツは初めて食べました。」
「ロシアのパイって 小麦粉とバターを混ぜるのじゃなくて イーストを使うんですね!」
「ビーツって名古屋で買えますか? どこに売っていますか?」

今回のビーツはゆでてパックされたもので イオン(スーパー)にあるそうです。
生のビーツは名古屋ではなかなかみつかりませんが 岐阜県や長野県では時々
売られています。また通販でお取り寄せもできます。

アリビーナ先生から
「みなさん よくがんばりました。新年にはこのおいしいパイでおもてなしを
してくださいね。」とメッセージをいただきました。

コメント

第97回ロシア語サロン報告 「ピローゴヴォ建築博物館」

2018年11月29日 | ロシア語サロン
11月18日(日)午後2時よりロシア語教室で台97回ロシア語サロンが開かれました。
ゲストは ウクライナ人でキエフ出身のタチアナ・サエンコ先生です。



今回のお話のテーマはキエフにある野外の建築博物館「ピローゴヴォ」です。
1976年に開館、ピローゴヴォはここにある村の名前だそうです。

150ヘクタールの敷地にウクライナ全国から集められた300軒以上の
建物が点在しており、16世紀から20世紀にかけてのウクライナの農村の
建物や暮らしの様子を見ることができます。

先生はたくさんの写真を見せてくださいました。
話題になったのは農家の壁が中も外も真っ白なこと。いったい材料には
何が使われたのでしょう?農民たちが自分で建てた家ですから手近に
あって安価なものであったはずです。
それは粘土と石灰、それに馬糞(!)なのだそうです。

「馬糞は臭くありませんよ、その中に草や藁が含まれているので壁を
補強することができました。家の骨組みは男性が作り、壁は女性たちが
塗ったのです。」

藁ぶきの屋根が日本の古い家に似ていることや 上に寝ることができる
大きな暖炉のことも話題になりました。

ピローゴヴォでは展示されている家の中の調度品も学芸員がその地方と
時代にふさわしいものを選んで揃えていること、金属加工や陶芸、手芸などの
実演が見られること、市が立ってウクライナ料理を食べたり、伝統的な
楽器の演奏や歌が聞けるなどテーマパークのような場所でもあります。
広々した園内の丘の上では天気の良い日はピクニックもいいでしょう。


また ダーチャの話題から 「現在でもロシアやウクライナでは家を自分で作ってしまう人たちが
多くいる、配線や下水道もプロに頼まないでできるのはなぜ?」という質問も出ました。
ソ連時代にはアパート住まいをしている都市生活者たちには郊外に土地が与えられ、彼らはそこに
畑を作り、小屋を建てて休暇を過ごしました。その小屋は自分たちで建てたのです。

サエンコ先生のお話ではそれも文化で 女の子は縫物や料理ができなければならないと同様に
男の子は大工仕事ができなければならないとされて、小さい時からお父さんに教えられて
いる、そして親戚が家を建てる時には必ず手伝いに行って大工仕事や電気のことを習って
いるものだ、ということでした。

キエフやこのピローゴヴォに行ったことのある人、キエフに住んでいた人も
参加され 楽しい話ができましたが参加者はちょっと寂しく5名でした。


コメント

11月のロシア語サロンのご案内

2018年10月27日 | ロシア語サロン

11月18日(日)午後2時から久しぶりにロシア語サロンが開かれますので
お知らせします。

ロシア語サロンは旧ソ連の国々の方をゲストに招いて、ロシア語での短いスピーチの
後にゲストを囲んでおしゃべりをする小ぢんまりした会です。
小さなロシア語教室を会場に 紅茶とお菓子のティータイムもあり、和気あいあいと
やっています。「ロシア語サロン」ではありますが ロシア語を勉強してない方も
来られます。(通訳付きです。ご心配なく)

生のロシア語をたっぷり聞きたい方、勉強中のロシア語を使って話をしてみたい方は
もちろんですが、ロシア語がわからなくてもロシアや旧ソ連の国に興味のある方
でしたら どなたでも歓迎です。ぜひ一度おでかけください。

今回のゲストはウクライナ人のタチアナ・サエンコ先生です。

お話のテーマは「ピローゴヴォ建築博物館」

博物館といってもこちらはなんと面積が150ヘクタールもある広大な場所に
様々な時代のウクライナの建築物が展示されている野外博物館なのだそうです。

写真をごらんください。

ここはキエフのはずれにあって 交通が不便な上、広大な敷地内の移動は基本的に徒歩!
(あるいは馬車!)だそうでまるでハイキングのような見学になりそうですね。

水車小屋や教会のほか、かわいい農家もあって内部の見学もでき、当時の生活の
様子を見ることができます。猫もたくさんいるそうです。

こんなかわいいおうちにお邪魔してみたいですね。


                 第97回ロシア語サロン


1.時   2018年11月18日(日) 午後2時―4時
2.場所 愛知民主会館 3階ロシア語教室
            東区葵1-22-26 Tel:052-932-7211            
            (地下鉄東山線新栄町駅2番出口より徒歩2分)

3.ゲスト タチアナ・サエンコ さん

キエフ言語大学卒業後母校で教鞭をとる。その後フルブライト研究員
としてペンシルヴェニア大学で研究、キエフで外国人学生にロシア語
を教えた経験もあり。現在は名古屋大学 文学部非常勤講師。
                                
4.お話のテーマ 「ピローゴヴォ建築博物館」

5. 参加費 1200円(日本ユーラシア協会員は800円)
お申し込み : 日本ユーラシア協会愛知県連合会
名古屋市東区葵1丁目22-26
電話 :052-932-7122
                 Mail: kokoshka2011@gmail.com
(お申し込みはできるだけメールでお願いします。)

*都合により、都合によりゲストやテーマを変更することがあります。
コメント

ロシア料理サークル「ペチカ」第18回例会開催のお知らせ

2018年10月23日 | ペ-チカ
お待たせしました!ロシア料理サークル「ペチカ」の第18回例会が12月1日(土)に
開かれます。今回はおなじみのアリビーナ・ブレンコーワ先生に 「魚のパイ」と
ヴィネグレット(ビーツとジャガイモのサラダ)の作り方を習います。

ヴィネグレットは定番のロシア料理、ゆでたビーツ、ジャガイモ、ニンジンに
玉ねぎやきゅうりのピクルスなどで作ります。野菜の組み合わせや切り方にも
人によってさまざまなヴァリエーションがあります。


作り方は難しくありませんが、名古屋で作るとしたら一番の難関がビーツが
みつからないこと。最近は皮をむいてゆでたビーツが真空パックで売られて
いることもありますが、、、やっぱり生のビーツとはおいしさが違います。

岐阜や長野の八百屋には売られていることもあり、また最近は通販でも
手に入れることができます。
ロシアでは非常によく使われる野菜で ビーツを使ったおいしい料理も
たくさんあります。
まずヴィネグレットをお試しください!

時:12月1日(土)17:30-20:30
会場:東生涯学習センター 一階 料理室
 
  (名古屋市東区葵1-3-21 ☎ 052-932-4881)
参加費:2200円(日ユ協会員は1700円)

講師:アリビーナ・ブレンコーワさん
   サハリン出身、日本ユーラシア協会愛知県連ロシア語講座講師
   ロシア料理サークル「ペチカ」で料理の指導に当たる他
   ロシア語人形劇の人形や背景の制作も担当するアーティスト

定員:25名
申し込み期限:2018年11月21日(水)17時(ただし定員になり次第締め切ります)
持参するもの:エプロン、三角巾、布巾3枚、筆記用具、お持ち帰り用容器

お申し込みは日本ユーラシア協会愛知県連事務局までメール、または電話、ファックスで。
事前に参加費の納入をお願いします。参加費の納入をもって受付完了といたします


申し込み:mail :kacchan4@gmail.com

☎:052-932-7211

郵便振替口座:00820-8-16593 日本ユーラシア協会愛知県連合会
三菱UFJ銀行 栄町支店 0391365

11月22日(木)までにキャンセルのご連絡がなく お休みされた場合は
参加費はお返しできません。

コメント

イワーノフカからのかわいいお客様を迎えて

2018年07月14日 | イヴェント
7月7日(土)午後5時半から愛知民主会館で 「イワノフカ少年少女アンサンブル」の歓迎会が開かれました。

イワノフカってどこにあるのでしょう?そして彼らはどうして日本に来たのでしょう?

イワノフカはロシアアムール州の首都ブラゴベシェンスク(ハバロフスクから北西に500キロほど入ったところ)近郊に
ある村です。

1994年 シベリア抑留者の墓参に行った全国抑留者補償協議会の方がこのイワノフカを訪れた際に
ロシア革命直後の1919年にこの村で日本軍による村民虐殺事件があったことを知らされました。

学校の日本史の授業では20世紀の歴史はあまり詳しく教えられません。日本の「シベリア出兵」に
ついては多くの日本人がよく知らないのが現状です。

岐阜県揖斐川町の勝善寺ご住職の横山周導さんはご自身も抑留者で 抑留者の墓参を続けて
おられましたがこの事件を知り、「ロシアと日本の親善友好を進める会」を立ち上げて
10年間にわたり毎年墓参団と共にイワノフカを訪問しこの事件の犠牲者と抑留者の
慰霊と現村民との交流を続けてこられました。

横山さんの活動についてはこちらをご覧ください。

今回はこの「ロシアとの友好新鮮を進める会」の招きでイワノフカにある芸術学校の生徒のアンサンブルが
来日しました。約1週間の日程で揖斐川町でのコンサートを始め、平和公園のロシア人墓地や三重県鈴鹿の大黒屋
光太夫記念館などを訪問、様々な交流活動の合間にちょっとだけ観光(動物園と大須でショッピング)もあったそうですが
彼らの滞在期間中は雨ばかりだったのはほんとうに気の毒でした。
8日には帰国ということで この少年少女アンサンブルとイワノフカの村長、芸術学校の校長と先生を最後の夕食にご招待しました。 

最初に日本ユーラシア協会の合唱団ミールが日本語とロシア語でロシアの歌を歌って歓迎します。
ロシア人の子供たちは ロシア風の衣装でロシア語で歌う日本人にちょっとびっくり、、


子供たちは10歳から17歳までいずれもイワノフカの芸術学校で楽器の演奏や歌やダンスを学んでいます。
ピアノはもちろん、ロシアの伝統的な楽器バララライカやドムラ、さらに木製のスプーンをカスタネットのように
鳴らして演奏する曲も披露されました。


11歳のエヴェリーナちゃんがソロで「カリンカ」を歌います。


ミニコンサートのフィナーレは村長さん(右端のピンクのスカートの女性)や先生もいっしょに故郷「イワーノフカ」の歌を熱唱!


お食事はビュッフェでした。慣れない食べ物は食べないだろうということで子供たちにはサンドイッチや唐揚げなどを用意、
フルーツやロシア風のお菓子の差し入れもありました。


子供たちはシャイで自分たちだけで固まってしまい、日本人はやはりシャイなので日本人ばかりで話していて
つまらないので 子供たちに自己紹介してもらいました。歌や楽器の演奏やダンスが大好き、日本に印象を
聞くとみんなが「町が清潔できれい、みんな親切!」とうれしいことを言ってくれました。

大人たちはワインや日本酒も飲んでだんだん緊張もほぐれ、最後はイワノフカの先生にアコーディオンで伴奏を
お願いして 日露の大合唱になりました。
「カチューシャ」「灯」「ぐみの木」「モスクワ郊外の夕べ」「カリンカ」と日本人におなじみのロシア民謡が
響き渡りました。


雨ばかりでお気の毒でしたが 日本にいい印象を持って帰ってくれたことを祈ります。
今年も8月に日本からの墓参団がイワノフカを訪問されるとのこと。「楽しみにして待っています!」
と村長さんから暖かいお言葉がありました。









コメント