サモワールを囲んで

日本ユーラシア協会愛知県連ブログ

ウクライナ語講座開講!

2015年07月26日 | ロシア語講座
今年10月から始まる179期ロシア語講座に「ウクライナ語講座」が開かれます!

10月17日(月)開講で 毎週月曜日の13時30分から15時までです。
講師は今年の特別講座の講師でもある ウクライナ人のイーゴリ・ダツェンコさん。


この素敵な先生にウクライナ語を習いましょう!

日本語堪能なダツェンコ先生に 文字から始めてゆっくりと丁寧に教えていただきます。
ウクライナ語とロシア語は同じスラブ語系に属している近い言葉と言われていますが
ウクライナ語はロシア語より格がひとつ多く、発音も違います。



ウクライナ語とロシア語との違いについてはこちらも参照してください。

受講料は来年3月までの20回のレッスンで45000円です。
皆様のご参加をお待ちしております。
コメント

ロシア語特別講座 申し込み受け付け始まる!

2015年07月21日 | ロシア語特別講座
大変お待たせしました!
今年の夏のロシア語特別講座のお申込み受付が始まりました!

今年のロシア語特別講座は9月6日(日)に開催されます。特別講師は昨年に続いてイーゴリ・ダツェンコ先生です。

午前中は恒例の朗読大会です。各自レベルに合わせて選んだテキストを先生の指導のもとで1時間じっくり読む練習をした後
参加者全員の前で朗読します。ロシア語初心者の方はもちろん、学習歴の長い方も力点の位置を間違えて覚えていたり、
発音に自己流の癖がついていたりすることがあるもので この講座では先生に丁寧にチェックしてもらえるのが好評です。


午後からはポルタワ生まれのダツェンコ先生に同郷のウクライナの作家ゴーゴリの初期の名作「ジカーニカ近郷夜話」
についてお話していただきます。この作品は魔法使いや悪魔が登場する不思議なお話の連作です。ちょっと間抜けな
悪魔が登場するユーモラスな場面もあり、暗くて怖い話もあり、当時のウクライナの風俗や習慣や美しい自然も描かれ
ていてとても魅力的な読み物です。読んだことのない方はぜひ一度日本語で読んでからおでかけください。
いささか古めかしい訳ですが 岩波文庫に「ディカーニカ近郷夜話」(平井肇訳)があります。

講演の後は3グループの分かれての授業です。
初級者対象の山崎タチアナ先生の授業では「旅先で病気になったら?」という設定で体の部位や病状の訴え方などを
学習します。ベテランの山崎先生によるやさしい言葉を使ってのロシア語だけの授業です。

毎年大好評の難波先生の文法復習講座は今年は「ロシア語動詞 - 完了体と不完了体のはじめの一歩」です。
ロシア語の難関の一つ「完了体と不完了体」については以前にもこの講座のテーマに取り上げられていますが
「少し専門的になりすぎたかも」(難波先生の談)ということで今回はもう一度基本に戻ってしっかり復習します。

ダツェンコ先生の上級者対象の会話の授業では「自分の言いたいことをロシア語で表現する」、「自分から話すこと」を
目指してロシア語の表現を学びます。

夏の一日、たくさんロシア語を読み、話し、聞いて、実力アップを目指しましょう!
参加費は2500円 (日ユ協会会員とロシア語講座受講生:2,000円)です。

午後からのご参加も歓迎します。(参加費は 2000円、受講生と会員は1500円)

詳細はこちらをごらんください。
コメント