比良探検隊閑話

琵琶湖をのぞむ比良山系の主峰 武奈ヶ岳を中心とした山行記録「比良探検隊」番外編。

利根川:利根大堰で鮭(サケ)の遡上を見る!

2006-11-27 | よもやま話
2006年11月26日(日)、利根大堰に行く。

鮭の遡上が見られるということで、半信半疑であたっが、そう遠くもないので行くことにした。

ここは、3年前、少年2人とともにチャリで来たところだ。関連記事はこちらへ


来てビックリ。遡上するために作られた水路に鮭がたくさんいる。


【遡上用に作られた水路】


地下に行く階段を降りると、遡上用に作られた水路がガラス張りで見られる観察室がある。写真は1匹であるが、鮭は何匹もおり、水路を上から見ると、鮭が飛びはねるのが見える。


【観察室で見られる元気な鮭】


ここで、観察室の入り口にあった「鮭の遡上について」を原文のまま記します。


-------------------------------------------------------------------------
サケは、利根川の上流で卵からかえると、利根川を下り海へ行きます。
そして、アラスカやベーリング海などの北方の海を回遊しながら、どんどん大きくなって、大人のサケになると再びふるさとの利根川へ戻ってきます。

大人のサケになるまで、4年~6年ほどかかり、その間海を1万キロも回遊するそうです。秋になり、生まれ故郷の利根川に戻ったサケは、利根川上流を目指して力強く遡上していきます。

そして、利根川の上流へ行きつき卵を産むのですが、卵を産んでだいたい1週間ほどで死んでしまいます。サケは、4,000個もの卵を一度に生みます。しかし、再び利根川に戻ってくるには、4,000個のうちたった2~3匹ほどしかいません。

利根川は、サケの遡上する南限と言われています。


前日までのサケの遡上数
2278匹
-------------------------------------------------------------------------


【利根大堰】


【ここは危険! マイクで注意される子供たち】
コメント (2)

恒例! 東秩父村大内沢みかん狩り! 2006

2006-11-04 | みかん狩り
今年も、東秩父村大内沢のみかん狩りに行ってきた。(2006年11月4日(土))
自宅を8時40分出発、途中渋滞があり、10時40分ころ到着。

紅葉はまだ早いようです。

今年で10年連続。いつもの「見晴園」に行きましたが、今年は30年やっていて初めての不作。お客さんに迷惑がかかるということで、みかんの販売だけで、みかん狩りはやっていないようです。確かに、いつもはオレンジ色のみかんでいっぱいなのが今年はほとんどありません。


【今年はみかん狩りを中止した見晴園 2006年11月4日現在】


営業している近くのみかん園に行きましたが、どうも今年は全体的に不作らしく残念です。
(みかん狩りはできます。)

それでも、「見晴園」には帰りに寄り、お茶と煮物などをご馳走になり、来年もまた、ここかなという気持ちになりました。

近くの「ふれあい牧場」で昼食をとり、その後、これまた恒例の「世界一小さな釣り堀りセンター」で岩魚釣りに興じます。


【ふれあい牧場のカボチャ。 左は108kgもあるようです。】


いつもは、塩焼きですが、今年はから揚げ2匹、3匹が塩焼きです。


【世界一小さな釣り堀りセンター】



【一番右がビックサイズの岩魚】



一緒に行った友人一家は釣った岩魚に子ども(卵)が入っていて、それも醤油漬けでいただきました。

岩魚の卵を食べられるのはとても珍しいとのこと。この季節ならではということです。


【精力がつくという岩魚の卵】

とても「精力」がつくということですが、今日は疲れたので早く寝ることにします。。。
コメント

十三夜

2006-11-03 | よもやま話
11月3日(金)は十三夜


写真は11月3日(金)PM9:00に撮影したものです。




コメント