比良探検隊閑話

琵琶湖をのぞむ比良山系の主峰 武奈ヶ岳を中心とした山行記録「比良探検隊」番外編。

第32回 おしば美術展 @ さいたま市立大宮図書館

2006-05-28 | よもやま話
武蔵の国一ノ宮「大宮氷川神社」 (このブログ内参考ページはこちらです。)

その参道にある「大宮図書館」で「第32回 おしば美術展」が開かれた。
(2006年5月24日(火)~28日(日)まで開催)

「大宮おしば美術同好会」会員20人により、身近な植物の押し花色紙額約130点が展示されている。


図書館のすぐ近くの「氷川だんご」はうまいよ!

コメント (2)

見沼くらしっく館主催 「お米物語 2006」【田植え】編

2006-05-22 | お米物語
旧坂東家住宅見沼くらしっく館」恒例の「お米物語」に昨年に続き参加

何せ、楽しい体験+けんちん汁(戴けない日もあるが)+無料、と三拍子そろっている。

今年は昨年と少し内容が違うようだが、
1.田植え
2.田の草取り
3.のろし(稲架)作り
4.稲刈り
5.脱穀
そして、12月に餅つきがある。

5/20(土)予定であったが、大雨の天気予報のため、翌日21日(日)に延期。
当日は朝から五月晴れで、やる気まんまん、ボルテージは上がる!

出席確認後、集合の合図で、係りの人を中心に集まる。


2つの班に分かれ、いざ、田んぼへ。
1列見本の苗が植えられており、そのあとは田んぼの端から端まで、一本のひもが敷かれて、植える場所を示される。その手前に苗を5本程度持って土の中へ差し込む。1つのラインが終われば、各自一歩下がり、ラインが一定の幅まで下がる。そしてまた、ラインに沿って植えていく。それを繰りかえしていく。



天気もよく、気分も最高だが、首すじが焼けてしまった。
5月1日、雪まだ深い谷川岳の山行による日焼けが残っているのに、また、焼けたようだ。

田植えの後、先生(名前を忘れてしまった)より、お話あり。
そうそう、苗は昨年同様、もち米である。

記憶に残っているのは、どこの農家も田植えは一大行事で、それが終わると、「さなぶり」といって、稲が立派に育つよう、苗をまつり、普段食べることのない、赤飯を炊いたり、豆腐をけんちん汁に入れて作って、酒宴が催されたとのこと。


お米物語の何がよいかって、そう「季節感」があることだ。

次の草取りは7月。きっと、その後のビールはうまいぞ!
(昨年は草取りは2回あったが、地味な作業で参加者が少なかった。そのため今年は1回なのか???)



追伸
今日は、ハードスケジュール。
3時からは埼玉スタジアムで浦和レッズVS横浜Fマリノス戦。

田植えの後、そのまま直行。レッズのワシントンがハットトリックを決め4-2で勝った。

ゴールデンウィークに、急にサッカーが見たくなったが、既に席は完売。
やっと、お気に入りのカード、レッズVSマリノス戦のチケットが取れて喜んでいたが、すでにワールドカップ代表が決まった後で、代表選手は合同合宿。
そのせいか、観客は4万3千人くらい、前回見に行ったレッズVSジュビロ戦はもう1万人くらい入ったな。だが、相変らずレッズの応援すごかった。
コメント

長いゴールデンウィークも終わり、仕事モードへ

2006-05-07 | よもやま話
今年の長かったゴールデンウィークも最終日。

明日から仕事しなきゃ!

田植えも始まった!

今年も、田植えから稲刈り、脱穀まで体験できる「お米物語 2006」に申し込んだ。参加費無料。楽しい体験ができそうだ。
コメント

三浦半島最南端 城ヶ島探索

2006-05-06 | よもやま話
5月5日(金)、神奈川県三浦半島の最南端にある城ヶ島に行きました。

天気よし、しかしながら、風が強く海は荒れていました。

京急で終点の「三崎口」まで行き、そこからはバスで城ヶ島へ。

まずは、城ヶ島灯台を見学。灯台よりも、そこから見える海がきれいでした。
途中、「海の幸」をうまそうに焼いている売店には人だかりができていました。


海岸にある草地で昼食をとり、その後は岩場から「水仙コース」なるハイキングコースを歩く。
だが、少しでも高いところがあれば、登りたくなる我々はこんなところでも「藪こぎ」します。


ここは「海う」の繁殖地で有名とのこと。
写真の半島の下半分くらいが白くなっていますが、それは「海う」の糞だそうです。


少し早い夕食ですが、三崎といえば、「まぐろ」。街のいたるところに「まぐろ」の看板。「磯」という店で「まぐろ中とろ丼」(1,200円)を食す。もちろん、生ビール付き。うまい!

今日も天気がよく、また焼けた。家に帰ると額が剥けていました。
コメント

国営武蔵丘陵森林公園で気球にのる!

2006-05-04 | よもやま話
5月4日(木)、起床4時15分。

埼玉県東松山市にある国営武蔵丘陵森林公園のイベントで気球にのれる。一人500円。
先着100名までということで、早朝より起き、出発。

運動広場で整理券が配られる。中央口、北口、西口、南口が同時に開門。ダッショで運動広場へ走る。

我チームは南口に7時15分に並ぶ。もちろん、一番だ。

開門(9時)と同時にダッシュ。なんと、我チームの若手が運動広場受付に2番で到着。

私は悠々と、運動広場へ。そして、「ご苦労!」

毎年2日間開催されるらしい。昨年は風が強く、2日とも中止。

今年は昨日(5/3)と今日の2日間。
なんと、今日1番をゲットした人は昨日、自分の2~3人前で締め切られ、今日はリベンジ、そして、1番。
そうとう気合入ってるな!

今日は天気もよく、ここ森林公園も人がいっぱい、大混雑である。
紫外線もきつく、焼けたな~
コメント

ゴールデンウィーク まだ雪残る 谷川岳山行

2006-05-03 | 関東の山
久々の山行。
ゴールデンウィーク谷間の平日5月1日(月)、谷川岳に行って来ました。

天神平スキー場は春スキーを楽しむ若者で賑わっていました。

「肩の小屋」も営業中。 詳しくは「比良探検隊」の山記録をご覧下さい。

天神尾根からの登山者は平日とあって、10名くらいだったでしょうか。
夏場の休日は渋滞になりますが・・・
コメント (2)

「緑のヘルシーロード」をサイクリング。途中の総寺院のぼたん満開

2006-05-01 | よもやま話
4月30日(日)急遽、「緑のヘルシーロード」をサイクリング。

「緑のヘルシーロード」は見沼代用水沿いに、行田市大字須賀の利根大堰を起点として、鴻巣市、騎西町、菖蒲町、白岡町、蓮田市、上尾市、さいたま市をとおり、川口市のグリーンセンタ-まで総延長56.5kmを走っています。

2003年5月3日、自宅より利根大堰まで約36kmを走破し、今回は自宅より終点の川口グリーンセンターまでの約20kmを走り、起点から終点まで走破したことになる。

コース途中にある通称ぼたん寺こと「総寺院」では牡丹が満開でした。


竹林も見事でした。竹の子は育ち過ぎか?
コメント